Azure Stack Hub 内で開発環境を設定する

Windows 10、Linux、または macOS のワークステーションを使用して Azure Stack Hub 向けのアプリケーションを開発できます。 この記事では、次のことについて説明します。

  • Azure Stack Hub 内でご自分のアプリを実行するさまざまなコンテキスト。
  • Windows 10、Linux、または macOS のワークステーションを設定するための手順。
  • Azure Stack Hub 内でリソースを作成してアプリにデプロイするための手順。

Azure Stack Hub のコンテキストとご自分のコード

Azure Stack Hub 内で多くのタスクを実行するスクリプトおよびアプリを記述できます。 ただし、次の 3 つのモードにスコープを制限することをお勧めします。

  1. 1 つ目のモードでは、Azure Resource Manager テンプレートを使用して Azure Stack Hub 内にリソースをプロビジョニングするアプリを作成できます。 たとえば、仮想ネットワークと、ご自分のアプリをホストする VM を作成する Azure Resource Manager テンプレートを構築するスクリプトを記述できます。

  2. 2 つ目のモードでは、REST API と、ご自分のコードで作成した REST クライアントを使用して、エンドポイントを直接操作します。 このモードでは、API に要求を送信することによって仮想ネットワークと VM を作成するスクリプトを記述します。

  3. 3 つ目のモードでは、ご自分のコードを使用して、Azure Stack Hub 内でホストされるアプリを作成できます。 ご自分のアプリをホストするインフラストラクチャを Azure Stack Hub 内に作成したら、ご自分のアプリをインフラストラクチャにデプロイします。 通常、環境を準備してから、そこへご自分のアプリをデプロイします。

サービスとしてのインフラストラクチャとサービスとしてのプラットフォーム

クラウド プラットフォーム製品として、Azure Stack Hub は次の両方をサポートしています。

  • サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)
  • サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)

IaaS と PaaS はどちらも、ご使用になる開発用マシンの設定方法を示します。

IaaS は、ネットワーク機器、ネットワーク、およびサーバーに由来するデータセンターの各パーツの仮想化です。 Web サーバーをホストしている VM にアプリをデプロイする場合は、IaaS モデルの中で作業していることになります。 このモデルでは、Azure Stack Hub が仮想機器を管理し、アプリは仮想サーバー上に配置されます。 Azure Stack Hub リソース プロバイダーでは、ネットワーク コンポーネントと仮想サーバーがサポートされます。

PaaS ではインフラストラクチャ レイヤーが抽象化されるため、アプリをエンドポイントにデプロイすると、そこでアプリが実行されます。 PaaS モデルでは、コンテナーを使用してアプリをホストした後、そのコンテナーを実行するサービスにコンテナー化されたアプリをデプロイすることができます。 また、アプリを実行するサービスに直接アプリをプッシュすることもできます。 Azure Stack Hub を使用して、Azure App Service と Kubernetes を実行できます。

Azure Stack Hub Resource Manager

前述の 3 つのモードと PaaS または IaaS は、Azure Stack Hub バージョンの Azure Resource Manager によって有効になります。 この管理フレームワークを使用して、Azure Stack Hub リソースをデプロイ、管理、監視できます。 1 回の操作で複数のリソースをグループとして操作できます。 Azure Stack Hub Resource Manager の使用の詳細については、「Azure Stack Hub での API バージョンのプロファイルの管理」を参照してください。

Azure Stack Hub SDK

Azure Stack Hub では、Azure Stack Hub バージョンの Azure Resource Manager を使用します。 任意のコードを使用して Azure Stack Hub Resource Manager を操作できるように、次のようなさまざまな SDK が用意されています。

開始する前に

環境の設定を始める前に、次のものが必要です。

  • Azure Stack Hub ユーザー ポータルにアクセスします。
  • ご使用のテナントの名前。
  • ID マネージャーとして、Azure Active Directory (Azure AD) と Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) のどちらを使用しているかを確認すること。

Azure Stack Hub について質問がある場合は、お客様のクラウド オペレーターに問い合わせてください。

Windows 10

Windows 10 マシンを使用している場合は、PowerShell 5.0 と Visual Studio を使用できます。 また、Azure Stack Development Kit (ASDK) を使用している場合は、VPN 接続を使用してお使いの環境に接続できます。

ご使用になるツールを設定する

  1. PowerShell の設定を行います。 手順については、Azure Stack Hub Powershell のインストールに関するページを参照してください。

  2. Azure Stack Hub ツールをダウンロードします。 手順については、「GitHub からの Azure Stack Hub ツールのダウンロード」を参照してください。

  3. ASDK を使用する場合は、インストールし、Azure Stack Hub への VPN 接続を構成します。

  4. Azure CLI をインストールして構成します。 手順については、Azure Stack Hub での Azure CLI による API バージョンのプロファイルの使用に関するページを参照してください。

  5. Azure Storage Explorer をインストールして構成します。 Storage Explorer は、Azure Stack Hub ストレージのデータを操作できるスタンドアロンのアプリです。 手順については、「Azure Stack Hub サブスクリプションまたはストレージ アカウントに Storage Explorer を接続する」を参照してください。

ご使用になる統合開発環境をインストールする

  1. ご使用になるコード ベースや好みに応じて、統合開発環境 (IDE) をインストールします。

    • Visual Studio Code (Python、Go、NodeJS)。 code.visualstudio.com からご使用のマシンに Visual Studio Code をダウンロードします。
    • Visual Studio (.NET/C#)。 visualstudio.microsoft.com から Visual Studio Community Edition をダウンロードします。
    • Eclipse (Java)。 eclipse.org から Eclipse をダウンロードします。
  2. ご自分のコード用の SDK をインストールします。

Linux

Linux マシンを使用している場合は、Azure CLI と Visual Studio Code、またはお好みの統合開発環境を使用できます。

Note

Linux マシンと ASDK を使用する場合、ご使用のリモート マシンが ASDK と同じネットワーク内にある必要があります。 仮想プライベート ネットワーク接続を使用して接続することはできません。

ご使用になるツールを設定する

  1. Azure CLI をインストールして構成します。 手順については、Azure Stack Hub での Azure CLI による API バージョンのプロファイルの使用に関するページを参照してください。

  2. Azure Storage Explorer をインストールして構成します。 Storage Explorer は、Azure Stack Hub ストレージのデータを操作できるスタンドアロンのアプリです。 手順については、「Azure Stack Hub サブスクリプションまたはストレージ アカウントに Storage Explorer を接続する」を参照してください。

ご使用になる統合開発環境をインストールする

  1. ご使用になるコード ベースや好みに応じて、統合開発環境 (IDE) をインストールします。

    • Visual Studio Code (Python、Go、NodeJS)。 code.visualstudio.com からご使用のマシンに Visual Studio Code をダウンロードします。
    • Visual Studio (.NET/C#)。 visualstudio.microsoft.com から Visual Studio Community Edition をダウンロードします。
    • Eclipse (Java)。 eclipse.org から Eclipse をダウンロードします。
  2. ご自分のコード用の SDK をインストールします。

macOS

macOS マシンでは、Azure CLI と Visual Studio Code、またはお好みの統合開発環境を使用できます。

Note

macOS マシンと ASDK を使用する場合、ご使用のリモート マシンが ASDK と同じネットワーク内にある必要があります。 仮想プライベート ネットワーク接続を使用して接続することはできません。

ご使用になるツールを設定する

  1. Azure CLI をインストールして構成します。 手順については、Azure Stack Hub での Azure CLI による API バージョンのプロファイルの使用に関するページを参照してください。

  2. Azure Storage Explorer をインストールして構成します。 Storage Explorer は、Azure Stack Hub ストレージのデータを操作できるスタンドアロンのアプリです。 手順については、「Azure Stack Hub サブスクリプションまたはストレージ アカウントに Storage Explorer を接続する」を参照してください。

ご使用になる統合開発環境をインストールする

  1. ご使用になるコード ベースや好みに応じて、統合開発環境 (IDE) をインストールします。

    • Visual Studio Code (Python、Go、NodeJS)。 code.visualstudio.com からご使用のマシンに Visual Studio Code をダウンロードします。
    • Visual Studio (.NET/C#)。 visualstudio.microsoft.com から Visual Studio Community Edition をダウンロードします。
    • Eclipse (Java)。 eclipse.org から Eclipse をダウンロードします。
  2. ご自分のコード用の SDK をインストールします。

次のステップ

アプリを Azure Stack Hub 内のリソースにデプロイするには、「Azure Stack Hub 向けの一般的なデプロイ」を参照してください。