Azure Stack Hub 向けの開発Develop for Azure Stack Hub

Azure Stack Hub 環境へのアクセス権がなくても、アプリの開発にすぐに取り掛かることができます。You can get started developing apps today, even if you do not have access to an Azure Stack Hub environment. Azure Stack Hub では、お使いのデータセンターで実行されている Microsoft Azure サービスが提供されます。つまり、Azure Stack Hub で同じ Azure ツールとプロセスを使用して、開発できるということです。Azure Stack Hub delivers Microsoft Azure services that run in your datacenter, which means you can use the same Azure tools and processes to develop on Azure Stack Hub.

開発の考慮事項Development considerations

いくつかの準備をして次のトピックのガイダンスに従えば、Azure を使用して Azure Stack Hub 環境をエミュレートできます。With some preparation, and using the guidance in the following topics, you can use Azure to emulate an Azure Stack Hub environment.

  • Azure で、Azure Stack Hub にデプロイできる Azure Resource Manager テンプレートを作成できます。In Azure, you can create Azure Resource Manager templates that are deployable to Azure Stack Hub. 移植性が確保されたテンプレートの作成について詳しくは、テンプレートに関する考慮事項をご覧ください。See template considerations for guidance on developing templates to ensure portability.
  • Azure と Azure Stack Hub 間には、サービスの可用性とサービスのバージョン管理に違いがあります。There are differences in service availability and service versioning between Azure and Azure Stack Hub. Azure Stack Hub ポリシー モジュールを使用して、Azure サービスの可用性やリソースの種類を Azure Stack Hub で使用できるものに制限できます。You can use the Azure Stack Hub policy module to restrict Azure service availability and resource types to what is available in Azure Stack Hub. サービスを制限することで、Azure Stack Hub で使用できるサービスにアプリが依存することを確実にします。Constraining services ensures that your apps rely on services available to Azure Stack Hub.
  • Azure Stack Hub クイックスタート テンプレートは、Azure と Azure Stack Hub の両方にデプロイできるテンプレートを開発する方法を示す一般的なシナリオ例です。The Azure Stack Hub quickstart templates are common scenario examples that show how to develop templates deployable to both Azure and Azure Stack Hub.

次のステップNext steps

Azure Stack 開発の詳細については、次の記事をご覧ください。For more information about Azure Stack development, see the following articles: