Azure Stack Hub でコンテナーを使用するための Kubernetes をデプロイする

注意

Kubernetes Azure Stack Marketplace 項目のみを使用して、概念実証としてクラスターをデプロイします。 Azure Stack でサポートされている Kubernetes クラスターの場合は、AKS エンジンを使用します。

この記事の手順に従えば、1 回の連携した操作で Kubernetes のリソースをデプロイおよび設定することができます。 この手順では、Azure Resource Manager ソリューション テンプレートを使用します。 Azure Stack Hub のインストールに関する必要な情報を収集し、テンプレートを生成してから、クラウドにデプロイする必要があります。 Azure Stack Hub テンプレートでは、グローバルな Azure で提供されているのと同じマネージド型の AKS サービスは使用されません。

Kubernetes とコンテナー

Azure Stack Hub 上の AKS エンジンによって生成された Azure Resource Manager テンプレートを使用して、Kubernetes をインストールできます。 Kubernetes は、コンテナー内のアプリケーションのデプロイ、スケーリング、および管理を自動化するためのオープンソース システムです。 コンテナーはイメージに含まれます。 コンテナー イメージは仮想マシン (VM) と似ていますが、VM とは違って、コンテナーには、コード、コードを実行するためのランタイム、特定のライブラリ、および設定など、アプリケーションを実行するために必要なリソースのみが含まれています。

Kubernetes は、次の目的で使用できます。

  • 数秒でデプロイできる極めてスケーラブルかつアップグレード可能なアプリケーションを開発する。
  • アプリケーションの設計を簡素化し、異なる Helm アプリケーションによって信頼性を向上させる。 Helm は、Kubernetes アプリケーションのライフサイクルをインストールおよび管理するのに役立つオープン ソースのパッケージ化ツールです。
  • アプリケーションの正常性を簡単に監視および診断する。

クラスターをサポートするノードに必要なコンピューティングの使用量にのみ課金されます。 詳細については、「Azure Stack Hub での使用量と請求」を参照してください。

コンテナーを使用するための Kubernetes をデプロイする

Azure Stack Hub で Kubernetes クラスターをデプロイする手順は、ご使用の ID 管理サービスによって異なります。 Azure Stack Hub のインストールで使用される ID 管理ソリューションを確認します。 ご使用の ID 管理サービスを確認するには、Azure Stack Hub 管理者に問い合わせてください。

クラスターへの接続

これで、クラスターに接続する準備ができました。 マスターはクラスター リソース グループ内にあり、k8s-master-<sequence-of-numbers> という名前です。 マスターに接続するには SSH クライアントを使います。 マスターでは、Kubernetes のコマンドライン クライアントである kubectl を使ってクラスターを管理できます。 方法については、Kubernetes.io をご覧ください。

クラスターへのアプリのインストールと展開には、Helm パッケージ マネージャーも役に立ちます。 クラスターでの Helm のインストールと使用の方法については、helm.sh をご覧ください。

次のステップ

Kubernetes ダッシュボードの有効化

Kubernetes を Marketplace に追加する (Azure Stack Hub のオペレーター)

Azure Active Directory (Azure AD) を使用して Azure Stack Hub に Kubernetes をデプロイする

Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を使用して Azure Stack Hub に Kubernetes をデプロイする

Azure における Kubernetes