基本パターンのデプロイの概要

これらの各パターンには、ガイダンス、Azure Resource Manager テンプレート、およびチュートリアルが含まれています。 これらのパターンをサードパーティ アプリと共に使用して、Azure Stack でまだサポートされていないオファリングを作成できます。 たとえば、オペレーターは、多くの場合、1 つの Azure Stack Hub インスタンスに仮想プライベート ネットワーク (VPN) を設定する際の複雑さに対応し、複数の環境にまたがる VPN を作成することはほとんどありません。 Azure Stack Hub の前にロード バランサーを作成してワークロードを管理しようとすると、オペレーターが問題に遭遇することがあります。 次のガイダンスを使用すると、運用環境に対応したワークロードを解放するためのデプロイ時間を短縮できます。

ネットワーク

ネットワーク パターンを使用すると、Azure Stack Hub を使用して仮想ネットワーク ピアリングを作成する手順がわかります。 仮想ネットワーク ピアリングを使用すると、2 つの仮想ネットワークを接続し、1 つのネットワークとして見せることができます。 複数の仮想ネットワーク間のサイト間接続は、リモートおよびルーティング サービス (RRAS) を介して実現されます。 RRAS を使用すると、Windows 仮想マシン (VM) をルーターとして機能させることができます。 これらのスクリプトを使用すると、1 つの Azure Stack Hub リソース グループ内のリソース グループ間、サブスクリプション間、および 2 つの Azure Stack Hub インスタンス間に 2 つの仮想ネットワークをデプロイできます。 Azure Stack Hub およびグローバル Azure にスクリプトをデプロイできます。

各記事では、次のような一般的な考慮事項について説明します。

  • スケール
  • 帯域幅
  • セキュリティ
  • ビジネス継続性
仮想ネットワーク ピアリング VPN Load Balancer
VM との仮想ネットワーク ピアリング
VM との仮想ネットワーク ピアリング
オンプレミスへの VPN を設定する
オンプレミスへの VPN のセットアップ
F5 ロード バランサー
F5 ロード バランサー
FortiGate との仮想ネットワーク ピアリング
FortiGate との仮想ネットワーク ピアリング
仮想プライベート ネットワーク
仮想ネットワークから仮想ネットワークへの接続
VPN トンネル (GRE) を作成する
VPN トンネル (GRE) を作成する
複数サイト間 VPN を設定する
複数サイト間 VPN を設定する
VPN トンネル (IPSEC) を作成する
VPN トンネル (IPSEC) を作成する

Storage

Azure Stack Hub でストレージのオプションを増やすには、ストレージ パターンを使用します。 Azure Stack Hub では、ストレージは有限です。 既存のデータセンター内のリソースに接続します。 Azure Stack Hub に Windows VM を作成して外部 iSCSI ターゲットに接続する手順を確認してください。 マルチパス I/O (MPIO) などの主要な機能を有効にして、VM と外部ストレージ間のパフォーマンスと接続を最適化する方法を学習できます。

iSCSI ストレージ ストレージを拡張する
iSCSI ストレージに接続する
iSCSI ストレージに接続する
データセンターを拡張する
データセンターを拡張する

Backup

バックアップとディザスター リカバリー パターンを使用すると、サブスクリプション内のすべてのリソースを Azure または別の Azure Stack Hub インスタンスにコピーできます。 これらのパターンでは、Commvault のライブ同期を使用して、VM の内部に保存されている情報を別の環境にレプリケートすることを考慮しています。 ストレージ アカウントとバックアップ ストレージ アカウントを作成してデータを送信するスクリプトがあります。 モジュール Azure サブスクリプション レプリケーターを使用すると、リソース レプリケーションを調整できます。また、さまざまなリソースを処理するようにプロセッサをカスタマイズできます。

バックアップ コピー
Commvault を使用して Azure Stack Hub で VM をバックアップする
Commvault を使用して Azure Stack Hub で VM をバックアップする
サブスクリプション リソースをコピーする
サブスクリプション リソースをコピーする
Azure Stack Hub でストレージ アカウントをバックアップする
Azure Stack Hub でストレージ アカウントをバックアップする

GitHub のサンプル

テンプレートは Azure Intelligent Edge Patterns GitHub リポジトリにあります。

次のステップ

Azure のハイブリッド パターンとソリューションのドキュメント