Azure Kinect ビューアーAzure Kinect Viewer

インストール済みツール ディレクトリの下で k4aviewer.exe と指定 (たとえば C:\Program Files\Azure Kinect SDK vX.Y.Z\tools\k4aviewer.exe、ここで X.Y.Z はインストールされている SDK のバージョン) して見つかる Azure Kinect ビューアーは、次のような目的ですべてのデバイス データ ストリームを視覚化する場合に使用できます。The Azure Kinect Viewer, found under the installed tools directory as k4aviewer.exe (for example, C:\Program Files\Azure Kinect SDK vX.Y.Z\tools\k4aviewer.exe, where X.Y.Z is the installed version of the SDK), can be used to visualize all device data streams to:

  • センサーが正しく動作していることを確認する。Verify sensors are working correctly.
  • デバイスの配置に役立てる。Help positioning the device.
  • カメラの設定を試してみる。Experiment with camera settings.
  • デバイス構成を読み取る。Read device configuration.
  • Azure Kinect レコーダーで行われた記録を再生する。Playback recordings made with Azure Kinect Recorder.

Azure Kinect ビューアーの詳細については、Azure Kinect ビデオの使用方法に関するページを参照してください。For more information about Azure Kinect viewer, watch How to use Azure Kinect video.

Azure Kinect ビューアーはオープンソースであり、API の使用方法の例として使用できます。Azure Kinect Viewer is open source and can be used as an example for how to use the APIs.

ビューアーを使用するUse viewer

ビューアーは、センサーからのライブ データ、または記録されたデータ (Azure Kinect レコーダー) の 2 つのモードで動作できます。The viewer can operate in two modes: with live data from the sensor or from recorded data (Azure Kinect Recorder).

アプリケーションを開始するStart application

k4aviewer.exe を実行してアプリケーションを起動します。Launch the application by running k4aviewer.exe.

起動されたビューアー アプリケーションを示すスクリーンショット。

ライブ データでビューアーを使用するUse the viewer with live data

  1. [Open Device](デバイスを開く) セクションで、開くデバイスの シリアル番号 を選択して開きます。In the Open Device section, select the Serial Number of the device to open. このときデバイスが見つからない場合は、 [Refresh](更新) を選択します。Then, select Refresh , if the device is missing.
  2. [Open Device](デバイスを開く) ボタンをクリックします。Select the Open Device button.
  3. [Start](開始) を選択すると、既定の設定でデータのストリーミングが開始します。Select Start to begin streaming data with the default settings.

記録されたデータでビューアーを使用するUse the viewer with recorded data

[Open Recording](記録を開く) セクションで、記録されたファイルに移動してこれを選択します。In Open Recording section, navigate to the recorded file, and select it.

デバイス ファームウェアのバージョンを確認するCheck device firmware version

次の図に示すように、構成ウィンドウでデバイス ファームウェアのバージョンにアクセスします。Access the device firmware version in the configuration window, as shown in the following image.

ビューアーを使用したデバイスのファームウェア バージョンの確認

たとえば、この例では、深度カメラの ISP は FW 1.5.63 を実行しています。For example, in this case, the depth camera ISP is running FW 1.5.63.

深度カメラDepth camera

深度カメラ ビューアーには、次の 2 つのウィンドウが表示されます。The depth camera viewer will show two windows:

  • 1 つ目は、IR 輝度を示すグレースケール イメージである アクティブ輝度 と呼ばれます。One is called Active Brightness that is a grayscale image showing IR brightness.
  • 2 つ目は、 深度 と呼ばれ、その深度データが色分け表示されます。The second is called Depth , which has a colorized representation of the depth data.

次に示すように、深度ウィンドウのピクセルにカーソルを置くと、深度センサーの値が表示されます。Hover your cursor, at the pixel in the depth window, to see the value of the depth sensor, as shown below.

深度ビュー

RGB カメラRGB camera

次の画像は、カラー カメラ ビューを示しています。The image below shows the color camera view.

RGB ビュー

ストリーミング中に、構成ウィンドウから RGB カメラの設定を制御できます。You can control RGB camera settings from the configuration window during the streaming.

RGB カメラ コントロール

慣性測定装置 (IMU)Inertial Measurement Unit (IMU)

IMU ウィンドウには、加速度計とジャイロスコープという 2 つのコンポーネントがあります。The IMU window has two components, an accelerometer and a gyroscope.

上半分は加速度計で、メートル/秒2 の直線加速度が示されています。The top half is the accelerometer and shows linear acceleration in meters/second2. これには重力による加速度が含まれているため、テーブル上に平らに置かれていれば、Z 軸にはおそらく約 -9.8 m/s2 と表示されます。It includes acceleration from gravity, so if it's lying flat on a table, the Z axis will probably show around -9.8 m/s2.

下半分はジャイロスコープの部分で、回転運動をラジアン/秒で示しますThe bottom half is the gyroscope portion and shows rotational movement in radians/second

モーション センサー ビュー

マイクMicrophone input

マイク ビューには、各マイクで聞き取られた音声の表現が表示されます。The microphone view shows a representation of the sound heard on each microphone. 音声がない場合は、グラフには何も表示されず、それ以外の場合は、濃い青色の波形の上に淡い青色の波形が重ねて表示されます。If there's no sound, the graph is shown as empty, otherwise, you'll see a dark blue waveform with a light blue waveform overlaid on top of it.

濃色の波は、そのタイム スライスにわたってマイクによって検出された最小値と最大値を表します。The dark wave represents the minimum and maximum values observed by the microphone over that time slice. 淡色の波は、そのタイム スライスにわたってマイクによって検出された値の二乗平均を表します。The light wave represents the root mean square of the values observed by the microphone over that time slice.

マイク入力ビュー

ポイント クラウドの視覚化Point cloud visualization

3D で視覚化された深度により、指示されたキーを使用してイメージ内を移動できます。Depth visualized in 3D lets you move in the image using instructed keys.

深度ポイント クラウド

同期制御Synchronization control

複数のデバイスの同期を構成するときに、ビューアーを使用して、スタンドアロン (既定)、マスター、または下位モードとしてデバイスを構成することができます。You can use the viewer to configure the device as standalone (default), master, or subordinate mode when configuring multi-device synchronization. 構成を変更する場合、または同期ケーブルを挿入/取り外す場合は、 [Refresh](更新) を選択して更新します。When changing configuration or inserting/removing synchronization cable, select Refresh to update.

外部同期制御

次のステップNext steps