Azure Active Directory B2C カスタム ポリシーで要求変換技術プロファイルを定義する

注意

Azure Active Directory B2C で、カスタム ポリシーは、主に、複雑なシナリオに取り組む用途向けに設計されています。 ほとんどのシナリオで、組み込みユーザー フローを使用することをお勧めします。 まだ行っていない場合は、Active Directory B2C でのカスタム ポリシーの概要に関する記事で、カスタム ポリシー スターター パックの詳細を確認してください。

要求変換技術プロファイルにより、出力要求変換を呼び出して、要求の値を操作したり、要求を検証したり、一連の出力要求の既定値を設定することができます。

Protocol

Protocol 要素の Name 属性は に設定する必要があります。 handler 属性には、Azure AD B2C により使用される、プロトコルハンドラー アセンブリの完全修飾名が存在する必要があります

次の例は、要求変換技術プロファイルを示してます。

<TechnicalProfile Id="Facebook-OAUTH-UnLink">
    <DisplayName>Unlink Facebook</DisplayName>
    <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.ClaimsTransformationProtocolProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />
  ...

出力クレーム

OutputClaims 要素は必須です。 技術プロファイルにより返される出力要求を、少なくとも 1 つを指定するようにしてください。 次の例は、出力要求で既定値を設定する方法を示しています。

<OutputClaims>
  <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="ageGroup" DefaultValue="Undefined" />
  <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="ageGroupValueChanged" DefaultValue="false" />
</OutputClaims>

出力要求変換

OutputClaimsTransformations 要素には、要求を修正したり新しい要求を生成したりするために使用される OutputClaimsTransformation 要素のコレクションが存在する場合があります。 次の技術プロファイルは、RemoveAlternativeSecurityIdByIdentityProvider 要求変換を呼び出します。 この要求変換は、AlternativeSecurityIds のコレクションからソーシャル ID を削除します。 この技術プロファイルの出力要求は、 に設定されている identityProvider2、および facebook.com ID の削除後にこのユーザーに関連付けられたソーシャル ID のリストが存在する AlternativeSecurityIds です。

<ClaimsTransformations>
  <ClaimsTransformation Id="RemoveAlternativeSecurityIdByIdentityProvider"
TransformationMethod="RemoveAlternativeSecurityIdByIdentityProvider">
    <InputClaims>
      <InputClaim ClaimTypeReferenceId="IdentityProvider2"
TransformationClaimType="identityProvider" />
      <InputClaim ClaimTypeReferenceId="AlternativeSecurityIds"
TransformationClaimType="collection" />
    </InputClaims>
    <OutputClaims>
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="AlternativeSecurityIds"
TransformationClaimType="collection" />
    </OutputClaims>
  </ClaimsTransformation>
</ClaimsTransformations>
...
<TechnicalProfile Id="Facebook-OAUTH-UnLink">
    <DisplayName>Unlink Facebook</DisplayName>
    <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.ClaimsTransformationProtocolProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />
    <OutputClaims>
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider2" DefaultValue="facebook.com" AlwaysUseDefaultValue="true" />
    </OutputClaims>
    <OutputClaimsTransformations>
        <OutputClaimsTransformation ReferenceId="RemoveAlternativeSecurityIdByIdentityProvider" />
    </OutputClaimsTransformations>
    <UseTechnicalProfileForSessionManagement ReferenceId="SM-Noop" />
</TechnicalProfile>

要求変換技術プロファイルにより、任意のユーザー体験のオーケストレーション手順から、要求変換を実行できます。 次の例では、オーケストレーション手順は、Facebook-OAUTH のリンク解除 などの、いずれかのリンク解除技術プロファイルを呼び出します。 この技術プロファイルでは、要求変換技術プロファイル RemoveAlternativeSecurityIdByIdentityProvider が呼び出されます。これは、ユーザーのソーシャル ID の一覧を含む新しい AlternativeSecurityIds2 要求を生成し、同時にコレクションから Facebook ID を削除します。

<UserJourney Id="AccountUnLink">
  <OrchestrationSteps>
    ...
    <OrchestrationStep Order="8" Type="ClaimsExchange">
      <ClaimsExchanges>
        <ClaimsExchange Id="UnLinkFacebookExchange" TechnicalProfileReferenceId="UnLink-Facebook-OAUTH" />
        <ClaimsExchange Id="UnLinkMicrosoftExchange" TechnicalProfileReferenceId="UnLink-Microsoft-OAUTH" />
        <ClaimsExchange Id="UnLinkGitHubExchange" TechnicalProfileReferenceId="UnLink-GitHub-OAUTH" />
      </ClaimsExchanges>
    </OrchestrationStep>
    ...
  </OrchestrationSteps>
</UserJourney>

Metadata

属性 必須 説明
IncludeClaimResolvingInClaimsHandling いいえ 入力と出力の要求について、要求の解決を技術プロファイルに含めるかどうかを指定します。 指定できる値: true または false (既定値)。 技術プロファイルで要求リゾルバーを使用する場合は、これを true に設定します。

検証技術プロファイルの使用

要求変換技術プロファイルを使用すれば、情報を検証できます。 次の例では、LocalAccountSignUpWithLogonEmail という名前の自己宣言された技術プロファイルが、ユーザーにメールを 2 回入力するように依頼してから、Validate-Email という名前の検証技術プロファイルを呼び出して、メールを検証しています。 Validate-Email 技術プロファイルは、要求変換 AssertEmailAreEqual を呼び出して、emailemailRepeat の 2 つの要求を比較し、指定された比較により等しくない場合は、例外をスローします。

<ClaimsTransformations>
  <ClaimsTransformation Id="AssertEmailAreEqual" TransformationMethod="AssertStringClaimsAreEqual">
    <InputClaims>
      <InputClaim ClaimTypeReferenceId="email" TransformationClaimType="inputClaim1" />
      <InputClaim ClaimTypeReferenceId="emailRepeat" TransformationClaimType="inputClaim2" />
    </InputClaims>
    <InputParameters>
      <InputParameter Id="stringComparison" DataType="string" Value="ordinalIgnoreCase" />
    </InputParameters>
  </ClaimsTransformation>
</ClaimsTransformations>

要求変換技術プロファイルは、AssertEmailAreEqual 要求変換を呼び出します。これは、ユーザーが入力したメールが同じであることを宣言します。

<TechnicalProfile Id="Validate-Email">
  <DisplayName>Unlink Facebook</DisplayName>
  <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.ClaimsTransformationProtocolProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />
  <InputClaims>
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="emailRepeat" />
  </InputClaims>
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
  </OutputClaims>
  <OutputClaimsTransformations>
    <OutputClaimsTransformation ReferenceId="AssertEmailAreEqual" />
  </OutputClaimsTransformations>
  <UseTechnicalProfileForSessionManagement ReferenceId="SM-Noop" />
</TechnicalProfile>

自己宣言された技術プロファイルは、検証技術プロファイルを呼び出して、UserMessageIfClaimsTransformationStringsAreNotEqual メタデータで指定されたエラー メッセージを表示できます。

<TechnicalProfile Id="LocalAccountSignUpWithLogonEmail">
  <DisplayName>User ID signup</DisplayName>
  <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.SelfAssertedAttributeProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />
  <Metadata>
    ...
    <Item Key="UserMessageIfClaimsTransformationStringsAreNotEqual">The email addresses you provided are not the same</Item>
  </Metadata>
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="emailRepeat" />
    ...
  </OutputClaims>
  <ValidationTechnicalProfiles>
    <ValidationTechnicalProfile ReferenceId="Validate-Email" />
  </ValidationTechnicalProfiles>
</TechnicalProfile>