Azure AD B2C を使ってサンプル WPF デスクトップ アプリで認証を構成する

この記事では、サンプルの Windows Presentation Foundation (WPF) デスクトップ アプリケーションを使用して、Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) 認証をデスクトップ アプリに追加する方法について説明します。

概要

OpenID Connect (OIDC) は、OAuth 2.0 を基盤にした認証プロトコルです。 OIDC を使用して、ユーザーを安全にアプリケーションにサインインさせることができます。 このデスクトップ アプリのサンプルでは、OIDC 認可コード Proof Key for Code Exchange (PKCE) フローで Microsoft Authentication Library (MSAL) を使用します。 MSAL は、デスクトップ アプリへの認証と認可サポートの追加を簡略化する、Microsoft 提供のライブラリです。

サインイン フローでは、次の手順が実行されます。

  1. ユーザーがアプリを開き、[サインイン] を選択します。
  2. アプリによってデスクトップ デバイスのシステム ブラウザーが開き、Azure AD B2C に対する認証要求が開始されます。
  3. ユーザーがサインアップまたはサインインパスワードのリセット、またはソーシャル アカウントを使用したサインインを行います。
  4. ユーザーがサインインに成功すると、Azure AD B2C からアプリに認可コードが返されます。
  5. アプリによって次のアクションが実行されます。
    1. 認可コードが、ID トークン、アクセス トークン、更新トークンと交換されます。
    2. ID トークン要求が読み取られます。
    3. 後で使用できるように、トークンがメモリ内キャッシュに格納されます。

アプリ登録の概要

アプリで Azure AD B2C を使用してサインインし、Web API を呼び出せるようにするには、Azure AD B2C ディレクトリに 2 つのアプリケーションを登録します。

  • デスクトップ アプリケーションを登録すると、アプリは Azure AD B2C を使用してサインインできるようになります。 アプリの登録時に、リダイレクト URI を指定します。 リダイレクト URI は、ユーザーが Azure AD B2C で認証を行った後、Azure AD B2C によってリダイレクトされるエンドポイントです。 アプリの登録プロセスによって、デスクトップ アプリを一意に識別する "アプリケーション ID″ ("クライアント ID″ とも呼ばれる) が生成されます (たとえば "アプリ ID: 1″)。

  • Web API を登録すると、保護された Web API をアプリで呼び出すことができます。 この登録により、Web API のアクセス許可 (スコープ) が公開されます。 アプリの登録プロセスによって、Web API を一意に識別する "アプリケーション ID″ が生成されます (たとえば "アプリ ID: 2″)。 デスクトップ アプリ (App ID: 1) のアクセス許可を Web API スコープ (App ID: 2) に付与します。

アプリケーションの登録とアーキテクチャについて、次の図に示します。

Web API、登録、トークンを含むデスクトップ アプリの図。

Web API の呼び出し

認証が完了した後、ユーザーがアプリと対話すると、保護された Web API が呼び出されます。 その Web API では、ベアラー トークン認証が使用されます。 ベアラー トークンは、アプリによって Azure AD B2C から取得されたアクセス トークンです。 アプリでは、HTTPS 要求の Authorization ヘッダーでトークンを渡します。

Authorization: Bearer <token>

アクセス トークンのスコープが Web API のスコープと一致しない場合、認証ライブラリでは正しいスコープの新しいアクセス トークンが取得されます。

サインアウト フロー

サインアウト フローには、次の手順が含まれます。

  1. アプリから、ユーザーがサインアウトします。
  2. アプリによってそのセッション オブジェクトがクリアされ、認証ライブラリによってそのトークン キャッシュがクリアされます。
  3. アプリによってユーザーが Azure AD B2C サインアウト エンドポイントに移動し、Azure AD B2C セッションが終了されます。
  4. ユーザーが再びアプリにリダイレクトされます。

前提条件

.NET デスクトップ開発で Visual Studio 2019 を実行しているコンピューター。

手順 1: ユーザー フローを構成する

ユーザーがアプリにサインインしようとすると、ユーザー フローを介した承認エンドポイントへの認証要求がアプリによって開始されます。 ユーザー フローによって、ユーザーのエクスペリエンスが定義および制御されます。 ユーザーがユーザー フローを完了すると、Azure AD B2C によってトークンが生成され、ユーザーはアプリケーションにリダイレクトされます。

ユーザー フローまたはカスタム ポリシーの作成をまだ行っていない場合は、作成します。 手順を繰り返して、次のように 3 つの個別のユーザー フローを作成します。

  • サインインと サインアップを結合したユーザー フロー (例:)susi。 このユーザー フローでは、パスワードを忘れた 場合のエクスペリエンスもサポート されています。
  • プロファイル編集 ユーザー フロー (例: edit_profile) 。
  • パスワードのリセット ユーザー フロー (例: reset_password)。

Azure AD B2C は、 B2C_1_ ユーザー フロー名の前に付加されます。 たとえば、susiB2C_1_susi になります。

手順 2: アプリケーションを登録する

デスクトップ アプリと Web API アプリケーションの登録を作成し、Web API のスコープを指定します。

手順 2.1: Web API アプリを登録する

Web API アプリの登録 (App ID: 2) を作成するには、次の手順に従います。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. ご自分の Azure AD B2C テナントが含まれるディレクトリを必ず使用してください。 ポータル ツールバーの [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) アイコンを選択します。

  3. [ポータルの設定] | [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) ページの [ディレクトリ名] の一覧で自分の Azure AD B2C ディレクトリを見つけて、 [切り替え] を選択します。

  4. Azure portal で、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。

  5. [アプリの登録] を選択し、 [新規登録] を選択します。

  6. アプリケーションの名前を入力します (my-api1 など)。 [リダイレクト URI][サポートされているアカウントの種類] を既定値のままにします。

  7. [登録] を選択します。

  8. アプリ登録が完了したら、 [概要] を選択します。

  9. アプリケーション (クライアント) ID の値を記録しておきます。これは、後で Web アプリケーションを構成するときに使用します。

    Web A P I アプリケーション ID の取得方法を示すスクリーンショット。

手順 2.2: Web API アプリのスコープを構成する

  1. 作成した my-api1 アプリケーション (App ID: 2) を選択して、その [概要] ページを開きます。

  2. [管理][API の公開] を選択します。

  3. [アプリケーション ID URI] の横にある [設定] リンクを選択します。 既定値 (GUID) を一意の名前 (例: tasks-api) に置き換え、[保存] を選択します。

    Web アプリケーションで Web API のアクセス トークンを要求するときに、API に対して定義する各スコープのプレフィックスとしてこの URI を追加する必要があります。

  4. [この API で定義されるスコープ] で、 [スコープの追加] を選択します。

  5. API への読み取りアクセスを定義するスコープを作成するには:

    1. [スコープ名]tasks.read を入力します。
    2. [管理者の同意の表示名] で、「Read access to tasks API」を入力します。
    3. [管理者の同意の説明] で、「Allows read access to the tasks API」を入力します。
  6. [スコープの追加] を選択します。

  7. [Add a scope (スコープの追加)] を選択し、API への書き込みアクセスを定義するスコープを追加します。

    1. [スコープ名] に「tasks.write」を入力します。
    2. [管理者の同意の表示名] に、「Write access to tasks API」を入力します。
    3. [管理者の同意の説明] に、「Allows write access to the tasks API」を入力します。
  8. [スコープの追加] を選択します。

手順 2.3: デスクトップ アプリを登録する

デスクトップ アプリの登録を作成するには、次の手順を実行します。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [アプリの登録] を選択し、 [新規登録] を選択します。
  3. [名前] には、アプリケーションの名前を入力します (たとえば desktop-app1)。
  4. [サポートされているアカウントの種類] で、 [Accounts in any identity provider or organizational directory (for authenticating users with user flows)]((ユーザー フローを使用してユーザーを認証するための) 任意の ID プロバイダーまたは組織のディレクトリのアカウント) を選択します。
  5. [リダイレクト URI] で、[パブリック クライアント/ネイティブ (デスクトップとデスクトップ)] を選択して、URL ボックスに「https://your-tenant-name.b2clogin.com/oauth2/nativeclient」と入力します。 your-tenant-name を、実際の テナント名 に置き換えます。 その他のオプションについては、「リダイレクト URI を構成する」を参照してください。
  6. [登録] を選択します。
  7. アプリ登録が完了したら、 [概要] を選択します。
  8. 後にデスクトップ アプリケーションを構成するときに使うために、アプリケーション (クライアント) ID を記録しておきます。 デスクトップ アプリケーション ID が強調表示されたスクリーンショット。

手順 2.4: デスクトップ アプリに Web API に対するアクセス許可を付与する

アプリ (アプリ ID: 1) にアクセス許可を付与するには、次の手順をおこないます。

  1. [アプリの登録] を選択し、作成したアプリを選択します (アプリ ID: 1)。

  2. [管理] の下にある [API のアクセス許可] を選択します。

  3. [構成されたアクセス許可] の下で [アクセス許可の追加] を選択します。

  4. [自分の API] タブを選択します。

  5. Web アプリケーションへのアクセス許可が必要な API を選択します (アプリ ID: 2)。 たとえば、「my-api1」と入力します。

  6. [アクセス許可] で、 [タスク] を展開し、前に定義したスコープを選択します(たとえば、tasks.readtasks.write)。

  7. [アクセス許可の追加] を選択します.

  8. [<テナント名> に管理者の同意を与えます] を選択します。

  9. [はい] を選択します。

  10. [最新の情報に更新] を選択し、両方のスコープの [状態] に、Granted for ...(... に付与されました) と表示されていることを確認します。

  11. [Configured permissions (構成済みのアクセス許可)] の一覧からスコープを選択し、スコープの完全な名前をコピーします。

    読み取りアクセス許可が付与されたことを示す、[Configured permissions (構成済みのアクセス許可)] ペインのスクリーンショット。

手順 3: サンプル Web API を構成する

このサンプルでは、デスクトップ アプリが Web API に対して使用できる、関連するスコープを持つアクセス トークンを取得します。 コードから Web API を呼び出すには、次の手順を実行します。

  1. 既存の Web API を使用するか、新しいものを作成します。 詳細については、「Azure AD B2C を使用した独自の WEB API での認証の有効化」を参照してください。
  2. Web API を構成したら、その Web API エンドポイントの URI をコピーします。 次の手順でその Web API エンドポイントを使用します。

ヒント

Web API がなくても、このサンプルを実行できます。 この場合、アプリはアクセス トークンを返しますが、Web API を呼び出すことはできません。

手順 4: WPF デスクトップ アプリのサンプルを取得する

  1. .zip ファイルをダウンロードするか、GitHub リポジトリからサンプル Web アプリケーションをクローンします。

    git clone https://github.com/Azure-Samples/active-directory-b2c-dotnet-desktop.git
    
  2. Visual Studio で、active-directory-b2c-wpf ソリューション (active-directory-b2c-wpf.sln ファイル) を開きます。

手順 5: サンプル デスクトップ アプリを構成する

active-directory-b2c-wpf プロジェクトで、App.xaml.cs ファイルを開きます。 App.xaml.cs クラス メンバーに、使用している Azure AD B2C ID プロバイダーに関する情報が含まれています。 デスクトップ アプリでは、この情報を使用して Azure AD B2C との信頼関係を確立し、ユーザーのサインインとサインアウトを行い、トークンを取得して検証します。

次のクラス メンバーを更新します。

キー
TenantName Azure AD B2C テナント名の最初の部分 (例: contoso.b2clogin.com)。
ClientId 手順 2.3 のデスクトップ アプリケーション ID。
PolicySignUpSignIn 手順 1 で作成したサインアップまたはサインイン ユーザー フローあるいはカスタム ポリシー。
PolicyEditProfile 手順 1 で作成したプロファイル編集ユーザー フローまたはカスタム ポリシー。
ApiEndpoint (省略可能) 手順 3 で作成した Web API エンドポイント (例: https://contoso.azurewebsites.net/hello)。
ApiScopes 手順 2.4 で作成した Web API のスコープ。

最終的な App.xaml.cs ファイルは、次の C# コードのようになります。

public partial class App : Application
{

private static readonly string TenantName = "contoso";
private static readonly string Tenant = $"{TenantName}.onmicrosoft.com";
private static readonly string AzureAdB2CHostname = $"{TenantName}.b2clogin.com";
private static readonly string ClientId = "<web-api-app-application-id>";
private static readonly string RedirectUri = $"https://{TenantName}.b2clogin.com/oauth2/nativeclient";

public static string PolicySignUpSignIn = "b2c_1_susi";
public static string PolicyEditProfile = "b2c_1_edit_profile";
public static string PolicyResetPassword = "b2c_1_reset";

public static string[] ApiScopes = { $"https://{Tenant}//api/tasks.read" };
public static string ApiEndpoint = "https://contoso.azurewebsites.net/hello";

手順 6: デスクトップ アプリを実行してテストする

  1. NuGet パッケージを復元します

  2. F5 キーを選択し、サンプルをビルドして実行します。

  3. [サインイン] を選択してから、Azure AD B2C のローカルまたはソーシャル アカウントを使用して、サインアップまたはサインインします。

    サインイン フローを開始する方法を示すスクリーンショット。

  4. サインアップまたはサインインに成功すると、WPF アプリの下部ウィンドウにトークンの詳細が表示されます。

    Azure AD B2C アクセス トークンとユーザー ID を示すスクリーンショット。

  5. [API の呼び出し] を選択して、Web API を呼び出します。

次の手順

Azure AD B2C を使用して WPF デスクトップ アプリの認証オプションを構成する方法をご覧ください。