Azure Active Directory B2C でカスタム ポリシーを使用して AD FS を OpenID Connect プロバイダーとして追加する

"開始する前に"、[ポリシーの種類の選択] セレクターを使用して、設定するポリシーの種類を選択します。 Azure Active Directory B2C には、ユーザーがアプリケーションを操作する方法を定義する 2 つの方法 (定義済みのユーザー フローを使用する、または完全に構成可能なカスタム ポリシーを使用する) があります。 この記事で必要な手順は、方法ごとに異なります。

前提条件

AD FS アプリケーションを作成する

Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) で AD FS アカウントを持つユーザーのサインインを有効にするには、AD FS でアプリケーション グループを作成する必要があります。 詳細については、「AD FS 2016 以降で OpenID Connect を使用する Web アプリケーションを構築する」を参照してください

アプリケーション グループを作成するには、以下の手順に従います。

  1. [サーバー マネージャー][ツール] を選択してから、 [AD FS の管理] を選択します。
  2. [AD FS の管理] で、 [アプリケーション グループ] を右クリックし、 [アプリケーション グループの追加] を選択します。
  3. アプリケーション グループ ウィザードの [ようこそ] 画面で、以下を実行します。
    1. アプリケーションの [名前] を入力します。 たとえば、「Azure AD B2C application」とします。
    2. [クライアント/サーバー アプリケーション] で、 [Web アプリケーション テンプレートにアクセスする Web ブラウザー] テンプレートを選択します。
    3. [次へ] を選択します。
  4. アプリケーション グループ ウィザードの [ネイティブ アプリケーション] 画面で、以下を実行します。
    1. [クライアント識別子] の値をコピーします。 クライアント識別子は、お使いの AD FS アプリケーションの ID です。 アプリケーション ID は、この記事の後の方で必要になります。
    2. [リダイレクト URI] に「https://your-tenant-name.b2clogin.com/your-tenant-name.onmicrosoft.com/oauth2/authresp」と入力し、[追加] をクリックします。 カスタム ドメインを使用する場合は、「https://your-domain-name/your-tenant-name.onmicrosoft.com/oauth2/authresp」と入力します。 your-tenant-name を実際のテナントの名前に、your-domain-name を実際のカスタム ドメインに置き換えます。
    3. [次へ][次へ] の順に選択し、再度 [次へ] を選択して、アプリ登録ウィザードを完了します。
    4. [閉じる] を選択します。

アプリ要求を構成する

この手順では、AD FS アプリケーションから Azure AD B2C に返される要求を構成します。

  1. [アプリケーション グループ] で、作成したアプリケーションを選択します。

  2. アプリケーションのプロパティ ウィンドウの [アプリケーション] で、 [Web アプリケーション] を選択します。 次に、 [編集] を選択します。 Screenshot that shows how to edit a web application.

  3. [発行の変換規則] タブを選択してから、 [規則の追加] を選択します。

  4. [要求規則テンプレート] で、[LDAP 属性を要求として送信] を選択し、[次へ] を選択します。

  5. [要求規則名] を指定します。 [属性ストア]で、[Active Directory] を選択し、以下の要求を追加します。

    LDAP 属性 出力方向の要求の種類
    User-Principal-Name upn
    Surname family_name
    Given-Name given_name
    Display-Name name

    [出力方向の要求の種類] ドロップダウンには、一部の名前が表示されないことに注意してください。 手動で入力する必要があります (ドロップダウンは編集可能です)。

  6. [完了] を選択します。

  7. [Apply](適用)[OK] の順に選択します。

  8. [OK] を再度選択して作業を終了します。

AD FS を ID プロバイダーとして構成する

  1. Azure AD B2C テナントの全体管理者として Azure Portal にサインインします。

  2. ご自分の Azure AD B2C テナントが含まれるディレクトリを必ず使用してください。 ポータル ツールバーの [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) アイコンを選択します。

  3. [ポータルの設定] | [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) ページで Azure AD B2C ディレクトリを [ディレクトリ名] リストで見つけ、 [Switch] を選択します。

  4. Azure portal の左上隅にある [すべてのサービス] を選択してから、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。

  5. [ID プロバイダー] を選択してから、 [新しい OpenID Connect プロバイダー ] を選択します。

  6. [名前] を入力します。 たとえば、Contoso です。

  7. [メタデータ URL] には、AD FS OpenID Connect 構成ドキュメントの URL を入力してください。 次に例を示します。

    https://adfs.contoso.com/adfs/.well-known/openid-configuration 
    
  8. [クライアント ID] には、前に記録したアプリケーション ID を入力します。

  9. [スコープ] で、openid を入力します。

  10. [応答の種類] で、[id_token] を選択します。これにより、[クライアント シークレット] がオプションになります。 汎用 OpenID Connect ID プロバイダーを追加する際のクライアント ID とシークレットの使用についてご覧ください。

  11. (省略可能) [ドメインのヒント] に、「contoso.com」と入力します。 詳しくは、「Azure Active Directory B2C を使用した直接サインインの設定」をご覧ください。

  12. [ID プロバイダー要求のマッピング] で、次の要求を入力します。

    • ユーザー ID: upn
    • 表示名: unique_name
    • : given_name
    • : family_name
  13. [保存] を選択します。

ユーザー フローに AD FS ID プロバイダーを追加する

この時点では、AD FS (Contoso) ID プロバイダーは設定されていますが、どのサインイン ページでも、まだ使用できません。 AD FS ID プロバイダーをユーザー フローに追加するには、次のようにします。

  1. Azure AD B2C テナントで、 [ユーザー フロー] を選択します。
  2. AD FS ID プロバイダー (Contoso) を追加するユーザー フローを選択します。
  3. [ソーシャル ID プロバイダー] から [Contoso] を選択します。
  4. [保存] を選択します。
  5. ポリシーをテストするには、 [ユーザー フローを実行します] を選択します。
  6. [アプリケーション] には、以前に登録した testapp1 という名前の Web アプリケーションを選択します。 [応答 URL]https://jwt.ms と表示されます。
  7. [ユーザー フローを実行します] ボタンを選択します。
  8. サインアップまたはサインイン ページで、 [Contoso] を選択して Contoso アカウントでサインインします。

サインイン プロセスが成功すると、ブラウザーは https://jwt.ms にリダイレクトされ、Azure AD B2C によって返されたトークンの内容が表示されます。

AD FS を ID プロバイダーとして構成する

ユーザーが AD FS アカウントを使用してサインインできるようにするには、AD FS を、Azure AD B2C がエンドポイント経由で通信できる相手のクレーム プロバイダーとして定義する必要があります。

  1. TrustFrameworkExtensions.xml を開きます。

  2. ClaimsProviders 要素を見つけます。 存在しない場合は、それをルート要素の下に追加します。

  3. 新しい ClaimsProvider を次のように追加します。

    <ClaimsProvider>
      <Domain>contoso.com</Domain>
      <DisplayName>Contoso</DisplayName>
      <TechnicalProfiles>
        <TechnicalProfile Id="Contoso-OpenIdConnect">
          <DisplayName>Contoso</DisplayName>
          <Protocol Name="OpenIdConnect" />
          <Metadata>
            <Item Key="METADATA">https://your-adfs-domain/adfs/.well-known/openid-configuration</Item>
            <Item Key="response_types">id_token</Item>
            <Item Key="response_mode">form_post</Item>
            <Item Key="scope">openid</Item>
            <Item Key="HttpBinding">POST</Item>
            <Item Key="UsePolicyInRedirectUri">0</Item>
            <!-- Update the Client ID below to the Application ID -->
            <Item Key="client_id">Your AD FS application ID</Item>
          </Metadata>
          <OutputClaims>
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="issuerUserId" PartnerClaimType="upn" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" PartnerClaimType="given_name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" PartnerClaimType="family_name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" PartnerClaimType="unique_name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider" PartnerClaimType="iss"  />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="authenticationSource" DefaultValue="socialIdpAuthentication" AlwaysUseDefaultValue="true" />
          </OutputClaims>
          <OutputClaimsTransformations>
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateRandomUPNUserName" />
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateUserPrincipalName" />
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateAlternativeSecurityId" />
          </OutputClaimsTransformations>
          <UseTechnicalProfileForSessionManagement ReferenceId="SM-SocialLogin" />
        </TechnicalProfile>
      </TechnicalProfiles>
    </ClaimsProvider>
    
  4. [メタデータ URL] には、AD FS OpenID Connect 構成ドキュメントの URL を入力します。 次に例を示します。

    https://adfs.contoso.com/adfs/.well-known/openid-configuration 
    
  5. client_id を、アプリケーションの登録で取得したアプリケーション ID に設定します。

  6. ファイルを保存します。

ユーザー体験を追加する

この時点では、ID プロバイダーはセットアップされていますが、サインイン ページではまだ使用できません。 独自のカスタム ユーザー体験がない場合は、既存のテンプレート ユーザー体験の複製を作成してください。そうでない場合は、次の手順に進みます。

  1. スターター パックから TrustFrameworkBase.xml ファイルを開きます。
  2. Id="SignUpOrSignIn" を含む UserJourney 要素を見つけ、その内容全体をコピーします。
  3. TrustFrameworkExtensions.xml を開き、UserJourneys 要素を見つけます。 要素が存在しない場合は追加します。
  4. コピーした UserJourney 要素の内容全体を UserJourneys 要素の子として貼り付けます。
  5. ユーザー体験の ID の名前を変更します。 たとえば、「 Id="CustomSignUpSignIn" 」のように入力します。

ユーザー体験に ID プロバイダーを追加する

これでユーザー体験ができたので、ユーザー体験に新しい ID プロバイダーを追加します。 最初にサインイン ボタンを追加してから、ボタンをアクションにリンクします。 アクションは、前に作成した技術プロファイルです。

  1. ユーザー体験内で、Type="CombinedSignInAndSignUp" または Type="ClaimsProviderSelection" を含むオーケストレーション ステップ要素を見つけます。 これは通常、最初のオーケストレーション ステップです。 ClaimsProviderSelections 要素には、ユーザーがサインインに使用できる ID プロバイダーの一覧が含まれています。 要素の順序により、ユーザーに表示されるサインイン ボタンの順序が制御されます。 ClaimsProviderSelection XML 要素を追加します。 TargetClaimsExchangeId の値をフレンドリ名に設定します。

  2. 次のオーケストレーション ステップで、ClaimsExchange 要素を追加します。 ID を、ターゲットの要求交換 ID の値に設定します。TechnicalProfileReferenceId の値を、前に作成した技術プロファイルの ID に更新します。

次の XML は、ID プロバイダーを使用したユーザー体験の最初の 2 つのオーケストレーション ステップを示しています。

<OrchestrationStep Order="1" Type="CombinedSignInAndSignUp" ContentDefinitionReferenceId="api.signuporsignin">
  <ClaimsProviderSelections>
    ...
    <ClaimsProviderSelection TargetClaimsExchangeId="ContosoExchange" />
  </ClaimsProviderSelections>
  ...
</OrchestrationStep>

<OrchestrationStep Order="2" Type="ClaimsExchange">
  ...
  <ClaimsExchanges>
    <ClaimsExchange Id="ContosoExchange" TechnicalProfileReferenceId="Contoso-OpenIdConnect" />
  </ClaimsExchanges>
</OrchestrationStep>

証明書利用者ポリシーを構成する

証明書利用者ポリシー (例 SignUpSignIn.xml) は、Azure AD B2C が実行されるユーザー体験を指定します。 証明書利用者内の DefaultUserJourney 要素を検索します。 ID プロバイダーを追加したユーザー体験 ID と一致するように ReferenceId を更新します。

次の例では、CustomSignUpSignIn ユーザー体験について、ReferenceIdCustomSignUpSignIn に設定しています。

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="CustomSignUpSignIn" />
  ...
</RelyingParty>

カスタム ポリシーをアップロードする

  1. Azure portal にサインインします。
  2. ポータル ツール バーにある [ディレクトリ + サブスクリプション] アイコンを選択し、Azure AD B2C テナントを含むディレクトリを選択します。
  3. Azure portal で、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。
  4. [ポリシー][Identity Experience Framework] を選択します。
  5. [カスタム ポリシーのアップロード] を選択し、変更した 2 つのポリシー ファイルを拡張ポリシー (TrustFrameworkExtensions.xml など)、証明書利用者ポリシー (SignUpSignIn.xmlなど) の順序でアップロードします。

カスタム ポリシーのテスト

  1. 証明書利用者ポリシー (B2C_1A_signup_signin など) を選択します。
  2. [アプリケーション] には、前に登録した Web アプリケーションを選択します。 [応答 URL]https://jwt.ms と表示されます。
  3. [今すぐ実行] ボタンを選択します。
  4. サインアップまたはサインイン ページで、 [Contoso] を選択し、Contoso アカウントでサインインします。

サインイン プロセスが成功すると、ブラウザーは https://jwt.ms にリダイレクトされ、Azure AD B2C によって返されたトークンの内容が表示されます。

次のステップ

AD FS トークンをアプリケーションに渡す方法を確認します。