Azure AD Domain Services - Azure 仮想ネットワークの DNS 設定を更新する

タスク 4: Azure 仮想ネットワークの DNS 設定を更新する

前の構成タスクで、ディレクトリの Azure AD Domain Services を正常に有効にしました。 次のタスクでは、仮想ネットワーク内のコンピューターがこれらのサービスに接続してそれを使用できるようにします。 仮想ネットワーク上で Azure AD Domain Services を使用できる&2; つの IP アドレスを指すように、仮想ネットワークの DNS サーバー設定を更新します。

メモ

ディレクトリの Azure AD ドメイン サービスを有効にしたら、ディレクトリの [構成] タブに表示される Azure AD ドメイン サービスの IP アドレスをメモしておきます。

Azure AD Domain Services を有効にした仮想ネットワークの DNS サーバー設定を更新するには、次の構成手順を実行します。

  1. Azure クラシック ポータル (https://manage.windowsazure.com) に移動します。
  2. 左側のウィンドウで、 [ネットワーク] ノードを選択します。

    [Virtual Networks] ノード

  3. [Virtual Networks] タブで、Azure AD ドメイン サービスを有効にした仮想ネットワークを選択してプロパティを表示します。
  4. [ 構成 ] タブをクリックします。

    [Virtual Networks] ノード

  5. [DNS サーバー] セクションで、Azure AD ドメイン サービスの IP アドレスを入力します。
  6. ディレクトリの [構成] タブの [ドメイン サービス] セクションに表示されていた両方の IP アドレスが入力されていることを確認します。
  7. この仮想ネットワークの DNS サーバー設定を保存するには、ページの下部にあるタスク ウィンドウで [保存] をクリックします。

    仮想ネットワークの DNS サーバー設定を更新します。

メモ

仮想ネットワークの DNS サーバー設定の更新後、ネットワーク上の仮想マシンが、更新された DNS 構成を取得するのにしばらく時間がかかる場合があります。 仮想マシンがドメインに接続できない場合は、仮想マシンの DNS キャッシュをフラッシュすることができます (例: 'ipconfig/flushdns')。 このコマンドにより、仮想マシンの DNS 設定が強制的に更新されます。

タスク 5 - Azure AD ドメイン サービスとのパスワード同期を有効にする

次に、 Azure AD Domain Services とのパスワード同期を有効にします。