Azure Active Directory の概念実証戦略: 概要Azure Active Directory Proof of Concept Playbook: Introduction

この記事では、Azure AD の概念実証 (PoC) に関するさまざまな機能を検索するためのガイドラインを提供します。This article provides guidelines to explore different Azure AD capabilities in a Proof of Concept (PoC). このドキュメントの対象読者は、ID アーキテクト、IT プロフェッショナル、およびシステム インテグレーターですThe intended audience of this document is Identity Architects, IT Professionals, and System Integrators

この戦略の使用方法How to use this Playbook

  1. [テーマ] セクションを使用して、ニーズに合わせて関心のある領域を選択します。Use the Theme section and pick the area(s) of interest based on your needs.
  2. ビジネス目標に合致するシナリオを選択して、PoC の範囲を決定します。Scope the PoC by choosing the scenarios that align with your business goals. 短い方が良くなります。The shorter the better. 実現するための困難を最小限にしながら、関係者に有益になるようにするために、範囲は簡潔で正確に設定することをお勧めします。We recommend doing it as short and concise as possible to convey the value to the stakeholders while minimizing the complexity to realize it.
  3. シナリオを理解し、自身の環境にどのような意味があるか把握するために、[実装] セクションを使用します。Use the Implementation section to understand the scenarios, and what would they mean for your environment. シナリオごとに、設定方法 (構成ブロックと呼びます) とシナリオ間の移動の仕方を説明します。In each scenario, we describe how to set it up (what we call Building Blocks), and how to navigate the scenarios.
  4. 構成ブロックごとに、おおよその所要時間と、必要な前提条件について説明します。Each building block explains the pre-requisites needed, as well as an approximate time to complete. これによって計画プロセスが実行しやすくなります。This can help you during the planning process.
  5. 上記の 1~3 に基づいて、実行する環境を定義します。Based on 1-3 Above, define the Environment in which to execute. ユーザーが良好な体験感覚を得られるような運用環境になるように努めていただくことをお願いします。We encourage to strive for a production environment to get a good feel of the experience for your users.
  6. 競合する要件がある場合は、次の便利なトレードオフ マトリックスを使用してください。When having conflicting requirements, use this helpful tradeoff matrix
    • テーマを中心とした値を表示するTheme-centric showing of value
    • シナリオを円滑に準備、設定、および実行するSmoothness to prepare, to set up, and to execute the scenarios
    • 対象となるシナリオの実行時間をできるだけ短くするMinimal time to execute the target scenarios
    • 制約内での運用環境の実現可能性をできるだけ高めるAs close to production as feasible within your constraints

注意

この記事全体では、便宜上、特定のサード パーティ製の数種類のアプリケーションと製品をサンプルとして取り挙げています。Throughout this article, you will see some specific third party applications and products mentioned as examples for convenience. Azure AD では、アプリケーション ギャラリーで、ニーズや環境に応じて使用できる多数のアプリケーションをサポートしています。Azure AD supports thousands of applications in our application gallery that you can use based on your needs and environment.

プレイブックの手順Playbook Steps

  1. はじめにIntroduction
  2. 内容Ingredients
  3. 実装Implementation
  4. 構成要素Building Blocks