変換Transformations

変換を使用すると、クラウド プロビジョニングを使用した Azure Active Directory (Azure AD) との属性の同期方法の既定の動作を変更できます。With a transformation, you can change the default behavior of how an attribute is synchronized with Azure Active Directory (Azure AD) by using cloud provisioning.

このタスクを実行するには、スキーマを編集してから、Web 要求を使用して再送信する必要があります。To do this task, you need to edit the schema and then resubmit it via a web request.

クラウド プロビジョニング属性の詳細については、「Azure AD スキーマについて」を参照してください。For more information on cloud provisioning attributes, see Understanding the Azure AD schema.

スキーマを取得するRetrieve the schema

スキーマを取得するには、「スキーマの表示」に説明されている手順に従います。To retrieve the schema, follow the steps in View the schema.

カスタム属性のマッピングCustom attribute mapping

カスタム属性のマッピングを追加するには、次の手順に従います。To add a custom attribute mapping, follow these steps.

  1. スキーマを Visual Studio Code などのテキスト エディターまたはコード エディターにコピーします。Copy the schema into a text or code editor such as Visual Studio Code.

  2. スキーマで更新するオブジェクトを見つけます。Locate the object that you want to update in the schema.

    スキーマ内のオブジェクト

  3. ユーザー オブジェクトで ExtensionAttribute3 のコードを見つけます。Locate the code for ExtensionAttribute3 under the user object.

                            {
                                "defaultValue": null,
                                "exportMissingReferences": false,
                                "flowBehavior": "FlowWhenChanged",
                                "flowType": "Always",
                                "matchingPriority": 0,
                                "targetAttributeName": "ExtensionAttribute3",
                                "source": {
                                    "expression": "Trim([extensionAttribute3])",
                                    "name": "Trim",
                                    "type": "Function",
                                    "parameters": [
                                        {
                                            "key": "source",
                                            "value": {
                                                "expression": "[extensionAttribute3]",
                                                "name": "extensionAttribute3",
                                                "type": "Attribute",
                                                "parameters": []
                                            }
                                        }
                                    ]
                                }
                            },
    
  4. company 属性が ExtensionAttribute3 にマップされるようにコードを編集します。Edit the code so that the company attribute is mapped to ExtensionAttribute3.

                                     {
                                         "defaultValue": null,
                                         "exportMissingReferences": false,
                                         "flowBehavior": "FlowWhenChanged",
                                         "flowType": "Always",
                                         "matchingPriority": 0,
                                         "targetAttributeName": "ExtensionAttribute3",
                                         "source": {
                                             "expression": "Trim([company])",
                                             "name": "Trim",
                                             "type": "Function",
                                             "parameters": [
                                                 {
                                                     "key": "source",
                                                     "value": {
                                                         "expression": "[company]",
                                                         "name": "company",
                                                         "type": "Attribute",
                                                         "parameters": []
                                                     }
                                                 }
                                             ]
                                         }
                                     },
    
  5. スキーマを Graph Explorer にコピーして、 [要求の種類][PUT] に変更し、 [クエリの実行] を選択します。Copy the schema back into Graph Explorer, change the Request Type to PUT, and select Run Query.

    クエリを実行する

  6. 次に Azure portal で、クラウド プロビジョニング構成に移動し、 [プロビジョニングを再開する] を選択します。Now, in the Azure portal, go to the cloud provisioning configuration and select Restart provisioning.

    プロビジョニングを再開する

  7. しばらくしてから、Graph Explorer で次のクエリを実行して、属性が設定されていることを確認します: https://graph.microsoft.com/beta/users/{Azure AD user UPN}After a little while, verify the attributes are being populated by running the following query in Graph Explorer: https://graph.microsoft.com/beta/users/{Azure AD user UPN}.

  8. これで、値が表示されます。You should now see the value.

    値が表示されます

関数を使用したカスタム属性マッピングCustom attribute mapping with function

より高度なマッピングでは、データを操作し、組織のニーズに合わせて属性の値を作成できる関数を使用できます。For more advanced mapping, you can use functions that allow you to manipulate the data and create values for attributes to suit your organization's needs.

このタスクを実行するには、上記の手順を実行してから、最終的な値の作成に使用する関数を編集します。To do this task, follow the previous steps and then edit the function that's used to construct the final value.

式の構文と例の詳細については、「Azure Active Directory における属性マッピングの式の書き方」を参照してください。For information on the syntax and examples of expressions, see Writing expressions for attribute mappings in Azure Active Directory.

次のステップNext steps