方法:すべての Azure Active Directory ユーザーがマルチテナント アプリケーション パターンを使用してサインインするHow to: Sign in any Azure Active Directory user using the multi-tenant application pattern

多くの組織にサービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリケーションを提供する場合、すべての Azure Active Directory (Azure AD) テナントからのサインインを受け入れるようにアプリケーションを構成できます。If you offer a Software as a Service (SaaS) application to many organizations, you can configure your application to accept sign-ins from any Azure Active Directory (Azure AD) tenant. この構成は "アプリケーションのマルチテナント化" と呼ばれます。This configuration is called making your application multi-tenant. すべての Azure AD テナントのユーザーは、アプリケーションで自分のアカウントを使用することに同意すれば、そのアプリケーションにサインインできるようになります。Users in any Azure AD tenant will be able to sign in to your application after consenting to use their account with your application.

独自のアカウント システムを使用するか、他のクラウド プロバイダーの他の種類のサインインをサポートする既存のアプリケーションがある場合、任意のテナントからの Azure AD サインインの追加は簡単です。If you have an existing application that has its own account system, or supports other kinds of sign-ins from other cloud providers, adding Azure AD sign-in from any tenant is simple. アプリを登録し、OAuth2、OpenID Connect、または SAML を使用してサインイン コードを追加し、アプリケーションに [Microsoft でサインイン] ボタンを配置するだけです。Just register your app, add sign-in code via OAuth2, OpenID Connect, or SAML, and put a "Sign in with Microsoft" button in your application.

注意

この記事では、Azure AD のシングル テナント アプリケーションの構築に慣れていることを前提としています。This article assumes you’re already familiar with building a single tenant application for Azure AD. 慣れていない場合は、開発者ガイドのホーム ページにあるいずれかのクイックスタートから始めます。If you’re not, start with one of the quickstarts on the developer guide homepage.

アプリケーションを Azure AD マルチテナント アプリケーションに変換する手順は、次の 4 つだけです。There are four simple steps to convert your application into an Azure AD multi-tenant app:

  1. アプリケーション登録をマルチテナントに更新するUpdate your application registration to be multi-tenant
  2. /common エンドポイントに要求を送信するようにコードを更新するUpdate your code to send requests to the /common endpoint
  3. 複数の issuer 値を処理するようにコードを更新するUpdate your code to handle multiple issuer values
  4. ユーザーおよび管理者の同意について理解し、コードに適切な変更を加えるUnderstand user and admin consent and make appropriate code changes

それでは、各手順の詳細を見ていきましょう。Let’s look at each step in detail. また、サンプル「Azure AD と OpenID Connect を使用して Microsoft Graph を呼び出すマルチテナント SaaS Web アプリケーションを構築する」に直接移動することもできます。You can also jump straight to the sample Build a multi-tenant SaaS web application that calls Microsoft Graph using Azure AD and OpenID Connect.

登録をマルチテナントに更新するUpdate registration to be multi-tenant

既定では、Azure AD の Web アプリケーション/API の登録はシングル テナントです。By default, web app/API registrations in Azure AD are single tenant. 登録をマルチテナントにするには、Azure portal のアプリケーション登録の [認証] ウィンドウで [サポートされているアカウントの種類] スイッチを見つけて、 [任意の組織のディレクトリ内のアカウント] に設定します。You can make your registration multi-tenant by finding the Supported account types switch on the Authentication pane of your application registration in the Azure portal and setting it to Accounts in any organizational directory.

Azure AD でアプリケーションをマルチテナントにするには、そのアプリケーションのアプリ ID URI をグローバルに一意なものにする必要があります。Before an application can be made multi-tenant, Azure AD requires the App ID URI of the application to be globally unique. アプリ ID URI は、プロトコル メッセージでアプリケーションを識別する手段の 1 つです。The App ID URI is one of the ways an application is identified in protocol messages. シングル テナント アプリケーションの場合、アプリ ID URI はそのテナント内で一意であれば十分です。For a single tenant application, it is sufficient for the App ID URI to be unique within that tenant. これに対してマルチテナント アプリケーションの場合、Azure AD が全テナントから該当するアプリケーションを特定できるように、アプリ ID URI がグローバルで一意になっている必要があります。For a multi-tenant application, it must be globally unique so Azure AD can find the application across all tenants. グローバルな一意性を確保するため、アプリ ID URI には Azure AD テナントの検証済みドメインと一致するホスト名が含まれていなければならないという条件が存在します。Global uniqueness is enforced by requiring the App ID URI to have a host name that matches a verified domain of the Azure AD tenant.

既定で、Azure Portal で作成されたアプリには、アプリの作成時にグローバルに一意のアプリ ID URI が設定されますが、この値は変更することができます。By default, apps created via the Azure portal have a globally unique App ID URI set on app creation, but you can change this value. たとえば、テナントの名前が contoso.onmicrosoft.com である場合、有効なアプリケーション ID URI は https://contoso.onmicrosoft.com/myappのようになります。For example, if the name of your tenant was contoso.onmicrosoft.com then a valid App ID URI would be https://contoso.onmicrosoft.com/myapp. また、テナントの検証済みドメインが contoso.com である場合は、有効なアプリケーション ID URI は https://contoso.com/myapp のようになります。If your tenant had a verified domain of contoso.com, then a valid App ID URI would also be https://contoso.com/myapp. アプリ ID URI がこのパターンに従っていないと、アプリケーションのマルチテナントとしての設定が失敗します。If the App ID URI doesn’t follow this pattern, setting an application as multi-tenant fails.

注意

ネイティブ クライアントの登録と Microsoft ID プラットフォーム アプリケーションは、既定でマルチテナントです。Native client registrations as well as Microsoft identity platform applications are multi-tenant by default. このようなアプリケーション登録については、マルチテナントにする操作を行う必要はありません。You don’t need to take any action to make these application registrations multi-tenant.

/common に要求を送信するようにコードを更新するUpdate your code to send requests to /common

シングル テナント アプリケーションでは、サインイン要求はテナントのサインイン エンドポイントに送信されます。In a single tenant application, sign-in requests are sent to the tenant’s sign-in endpoint. たとえば、contoso.onmicrosoft.com のエンドポイントは次のようになります。https://login.microsoftonline.com/contoso.onmicrosoft.comFor example, for contoso.onmicrosoft.com the endpoint would be: https://login.microsoftonline.com/contoso.onmicrosoft.com. テナントのエンドポイントに要求が送信されることで、そのテナントのユーザー (またはゲスト) は当該テナントのアプリケーションにサインインできます。Requests sent to a tenant’s endpoint can sign in users (or guests) in that tenant to applications in that tenant.

マルチテナント アプリケーションでは、アプリケーションがユーザーのサインイン元のテナントを事前に知ることができないため、テナントのエンドポイントに要求を送信できません。With a multi-tenant application, the application doesn’t know up front what tenant the user is from, so you can’t send requests to a tenant’s endpoint. このため、要求は、すべての Azure AD テナントと多重通信するエンドポイントに送信されます。https://login.microsoftonline.com/commonInstead, requests are sent to an endpoint that multiplexes across all Azure AD tenants: https://login.microsoftonline.com/common

Microsoft ID プラットフォームは、/common エンドポイントで要求を受信するとユーザーのサインインを行い、結果としてユーザーのサインイン元のテナントを特定します。When Microsoft identity platform receives a request on the /common endpoint, it signs the user in and, as a consequence, discovers which tenant the user is from. /common エンドポイントは、Azure AD でサポートされるすべての認証プロトコル (OpenID Connect、OAuth 2.0、SAML 2.0、WS-Federation) に対応しています。The /common endpoint works with all of the authentication protocols supported by the Azure AD: OpenID Connect, OAuth 2.0, SAML 2.0, and WS-Federation.

その後のアプリケーションに対するサインイン応答には、ユーザーを表すトークンが含まれます。The sign-in response to the application then contains a token representing the user. アプリケーションは、トークンの issuer 値に基づいてユーザーのサインイン元のテナントを特定できます。The issuer value in the token tells an application what tenant the user is from. /common エンドポイントから応答が返された場合、トークン内の issuer 値はユーザーのテナントに対応しています。When a response returns from the /common endpoint, the issuer value in the token corresponds to the user’s tenant.

重要

/common エンドポイントはテナントや発行者ではなく、マルチプレクサーです。The /common endpoint is not a tenant and is not an issuer, it’s just a multiplexer. /common を使用する場合、アプリケーションのトークン検証ロジックを、このことを考慮するように更新する必要があります。When using /common, the logic in your application to validate tokens needs to be updated to take this into account.

複数の issuer 値を処理するようにコードを更新するUpdate your code to handle multiple issuer values

Web アプリケーションと Web API は、Microsoft ID プラットフォームからトークンを受信して検証します。Web applications and web APIs receive and validate tokens from Microsoft identity platform.

注意

ネイティブ クライアント アプリケーションにより、Microsoft ID プラットフォームにトークンが要求され受信する際に、API にトークンが送信され、API で検証が行われます。While native client applications request and receive tokens from Microsoft identity platform, they do so to send them to APIs, where they are validated. ネイティブ アプリケーションではトークンを検証しないため、トークンを不透明なものとして処理する必要があります。Native applications do not validate tokens and must treat them as opaque.

アプリケーションで Microsoft ID プラットフォームから受信したトークンが検証される仕組みを見てみましょう。Let’s look at how an application validates tokens it receives from Microsoft identity platform. シングル テナント アプリケーションは通常、次のようなエンドポイント値を取得します。A single tenant application normally takes an endpoint value like:

https://login.microsoftonline.com/contoso.onmicrosoft.com

そして、この値を使用して、次のようなメタデータ URL (この例では OpenID Connect) を作成します。and uses it to construct a metadata URL (in this case, OpenID Connect) like:

https://login.microsoftonline.com/contoso.onmicrosoft.com/.well-known/openid-configuration

さらに、この URL を使用して、トークンの検証に使用する 2 種類の重要な情報である、テナントの署名キーと issuer 値をダウンロードします。to download two critical pieces of information that are used to validate tokens: the tenant’s signing keys and issuer value. 各 Azure AD テナントは、次のような形をした一意の issuer 値を持ちます。Each Azure AD tenant has a unique issuer value of the form:

https://sts.windows.net/31537af4-6d77-4bb9-a681-d2394888ea26/

ここで、GUID の値は、テナントのテナント ID を名前変更できるようにしたものです。where the GUID value is the rename-safe version of the tenant ID of the tenant. 前述の contoso.onmicrosoft.com のメタデータ リンクを選択すると、ドキュメントでこの issuer 値を確認できます。If you select the preceding metadata link for contoso.onmicrosoft.com, you can see this issuer value in the document.

シングル テナント アプリケーションでトークンを検証する際、トークンの署名を、メタデータ ドキュメントからの署名キーに照らしてチェックします。When a single tenant application validates a token, it checks the signature of the token against the signing keys from the metadata document. このテストにより、トークン内の issuer 値が、メタデータ ドキュメント内で見つかった値に一致することを確認できます。This test allows it to make sure the issuer value in the token matches the one that was found in the metadata document.

/common エンドポイントはテナントに対応しておらず発行者でもないので、/common のメタデータの issuer 値を確認すると、実際の値の代わりに次のようなテンプレート URL が表示されます。Because the /common endpoint doesn’t correspond to a tenant and isn’t an issuer, when you examine the issuer value in the metadata for /common it has a templated URL instead of an actual value:

https://sts.windows.net/{tenantid}/

このため、マルチテナント アプリケーションでは、メタデータの issuer 値をトークンの issuer 値と照合するだけでは、トークンの検証を行うことができません。Therefore, a multi-tenant application can’t validate tokens just by matching the issuer value in the metadata with the issuer value in the token. マルチテナント アプリケーションには、issuer 値のテナント ID の部分に基づいて issuer 値が有効であるかどうかを判定するロジックが必要になります。A multi-tenant application needs logic to decide which issuer values are valid and which are not based on the tenant ID portion of the issuer value.

たとえば、マルチテナント アプリケーションで、アプリケーションのサービスにサインアップしている特定のテナントからのサインインのみを許可するには、トークンの issuer 値または tid 要求値のいずれかを調べて、サブスクライバーのリストにテナントが含まれていることを確認する必要があります。For example, if a multi-tenant application only allows sign-in from specific tenants who have signed up for their service, then it must check either the issuer value or the tid claim value in the token to make sure that tenant is in their list of subscribers. マルチテナント アプリケーションではユーザーのみを処理して、テナントに基づくアクセスの判定を行わない場合は、issuer 値を完全に無視することができます。If a multi-tenant application only deals with individuals and doesn’t make any access decisions based on tenants, then it can ignore the issuer value altogether.

マルチテナントのサンプルでは、Azure AD テナントでサインインできるようにするために、issuer の検証が無効化されています。In the multi-tenant samples, issuer validation is disabled to enable any Azure AD tenant to sign in.

Azure AD のアプリケーションにユーザーがサインインするには、そのアプリケーションがユーザーのテナントに表示される必要があります。For a user to sign in to an application in Azure AD, the application must be represented in the user’s tenant. このようにすることで、組織では、ユーザーがテナントからアプリケーションにサインインする場合に一意のポリシーを適用するなどの操作を行うことができます。This allows the organization to do things like apply unique policies when users from their tenant sign in to the application. シングル テナント アプリケーションの場合、この登録はシンプルであり、Azure portal でのアプリケーションの登録時に行われるものです。For a single tenant application, this registration is simple; it’s the one that happens when you register the application in the Azure portal.

マルチテナント アプリケーションの場合、最初のアプリケーションの登録は、開発者が使用する Azure AD テナントに保存されます。For a multi-tenant application, the initial registration for the application lives in the Azure AD tenant used by the developer. ユーザーが初めて別のテナントからこのアプリケーションにサインインすると、Azure AD により、アプリケーションで要求されるアクセス許可に同意するかどうかを尋ねられます。When a user from a different tenant signs in to the application for the first time, Azure AD asks them to consent to the permissions requested by the application. 同意した場合、アプリケーションを表す "サービス プリンシパル" と呼ばれるものがユーザーのテナントに作成され、サインインを続行できます。If they consent, then a representation of the application called a service principal is created in the user’s tenant, and sign-in can continue. また、アプリケーションに対するユーザーの同意を記録するデリゲートが、ディレクトリに作成されます。A delegation is also created in the directory that records the user’s consent to the application. アプリケーションのアプリケーション オブジェクトおよびサービス プリンシパル オブジェクトの詳細と、それらの関係については、アプリケーション オブジェクトとサービス プリンシパル オブジェクトに関するページを参照してください。For details on the application's Application and ServicePrincipal objects, and how they relate to each other, see Application objects and service principal objects.

単一層への同意を示しています

この同意は、アプリケーションから要求されるアクセス許可によって異なります。This consent experience is affected by the permissions requested by the application. Microsoft ID プラットフォームでは、アプリケーション専用アクセス許可と委任アクセス許可の 2 種類がサポートされています。Microsoft identity platform supports two kinds of permissions, app-only and delegated.

  • 委任アクセス許可を付与されると、アプリケーションは、サインイン済みのユーザーとして、そのユーザーが実行可能な操作の一部を行うことができます。A delegated permission grants an application the ability to act as a signed in user for a subset of the things the user can do. たとえば、アプリケーションに対し、サインイン済みユーザーのカレンダーを読み取る委任アクセス許可を付与できます。For example, you can grant an application the delegated permission to read the signed in user’s calendar.
  • アプリケーション専用アクセス許可は、アプリケーションの ID に直接付与されます。An app-only permission is granted directly to the identity of the application. たとえば、アプリケーションに、アプリケーションにサインインしているユーザーに関係なく、テナントのユーザーの一覧を読み取るアプリケーション専用アクセス許可を付与できます。For example, you can grant an application the app-only permission to read the list of users in a tenant, regardless of who is signed in to the application.

アクセス許可には、通常のユーザーが同意できるものと、テナント管理者の同意が必要なものがあります。Some permissions can be consented to by a regular user, while others require a tenant administrator’s consent.

アプリケーション専用アクセス許可では、常にテナント管理者の同意が必要になります。App-only permissions always require a tenant administrator’s consent. アプリケーションがアプリケーション専用アクセス許可を要求する場合に、ユーザーがそのアプリケーションにサインインしようとすると、このユーザーは同意できないことを示すエラー メッセージが表示されます。If your application requests an app-only permission and a user tries to sign in to the application, an error message is displayed saying the user isn’t able to consent.

一部の委任アクセス許可でも、テナント管理者の同意が必要になります。Certain delegated permissions also require a tenant administrator’s consent. たとえば、サインイン済みユーザーとして Azure AD に書き戻しを行うアクセス許可には、テナント管理者の同意が必要です。For example, the ability to write back to Azure AD as the signed in user requires a tenant administrator’s consent. アプリケーション専用アクセス許可と同様に、管理者の同意が必要な委任アクセス許可を要求するアプリケーションに通常のユーザーがサインインしようとすると、アプリケーションでエラーが発生します。Like app-only permissions, if an ordinary user tries to sign in to an application that requests a delegated permission that requires administrator consent, your application receives an error. アクセス許可に管理者の同意が必要かどうかは、リソースを公開した開発者により決定されており、リソースのドキュメントに記載されています。Whether a permission requires admin consent is determined by the developer that published the resource, and can be found in the documentation for the resource. Microsoft Graph API のアクセス許可に関するドキュメントには、管理者の同意が必要なアクセス許可が示されています。The permissions documentation for the Microsoft Graph API indicate which permissions require admin consent.

アプリケーションで管理者の同意が必要なアクセス許可を使用する場合、ジェスチャ (管理者がアクションを開始できるボタンやリンク) を設定する必要があります。If your application uses permissions that require admin consent, you need to have a gesture such as a button or link where the admin can initiate the action. 通常、この操作に対してアプリケーションから送信される要求は OAuth2/OpenID Connect 承認要求ですが、この要求には prompt=admin_consent クエリ文字列パラメーターも含まれています。The request your application sends for this action is the usual OAuth2/OpenID Connect authorization request that also includes the prompt=admin_consent query string parameter. 管理者が同意し、ユーザーのテナントにサービス プリンシパルが作成されると、以降のサインイン要求では prompt=admin_consent パラメーターは不要になります。Once the admin has consented and the service principal is created in the customer’s tenant, subsequent sign-in requests do not need the prompt=admin_consent parameter. 管理者は要求されたアクセス許可を許容可能と判断しているため、その時点からは、テナント内の他のユーザーが同意を求められることはありません。Since the administrator has decided the requested permissions are acceptable, no other users in the tenant are prompted for consent from that point forward.

テナント管理者は、通常ユーザーによるアプリケーションへの同意を無効にすることができます。A tenant administrator can disable the ability for regular users to consent to applications. 通常ユーザーによる同意が無効化された場合、テナントでアプリケーションを使用するには常に管理者の同意が必要になります。If this capability is disabled, admin consent is always required for the application to be used in the tenant. エンド ユーザーによる同意を無効化した状態でアプリケーションをテストする場合は、Azure portal[エンタープライズ アプリケーション][ユーザー設定] セクションで構成スイッチを見つけることができます。If you want to test your application with end-user consent disabled, you can find the configuration switch in the Azure portal in the User settings section under Enterprise applications.

prompt=admin_consent パラメーターは、管理者の同意を必要としないアクセス許可を要求するアプリケーションでも使用できます。The prompt=admin_consent parameter can also be used by applications that request permissions that do not require admin consent. この方法が使用される例として、アプリケーションで、テナント管理者が一度 "サインアップ" すると、その時点から他のユーザーが同意を求められないエクスペリエンスを必要とする場合があります。An example of when this would be used is if the application requires an experience where the tenant admin “signs up” one time, and no other users are prompted for consent from that point on.

アプリケーションが管理者の同意を必要とし、管理者はサインインしたが、prompt=admin_consent パラメーターが送信されない場合、管理者がアプリケーションへの同意に成功すると、自分のユーザー アカウントについてのみ適用されます。If an application requires admin consent and an admin signs in without the prompt=admin_consent parameter being sent, when the admin successfully consents to the application it will apply only for their user account. 通常のユーザーは、アプリケーションへのサインインも同意も実行できないままです。Regular users will still not be able to sign in or consent to the application. この機能は、他のユーザーのアクセスを許可する前に、テナント管理者がアプリケーションを調査できるようにしたい場合に役立ちます。This feature is useful if you want to give the tenant administrator the ability to explore your application before allowing other users access.

注意

一部のアプリケーションでは、初めは通常ユーザーによる同意を許可してから、その後管理者に対して、管理者の同意が必要なアクセス許可を要求する必要があります。Some applications want an experience where regular users are able to consent initially, and later the application can involve the administrator and request permissions that require admin consent. 現在、Azure AD の v1.0 アプリケーション登録でこの操作を実行する方法はありません。しかしながら、Microsoft ID プラットフォーム (v2.0) エンドポイントを使用すると、登録時ではなく実行時にアプリケーションでアクセス許可を要求できるため、このシナリオが可能になります。There is no way to do this with a v1.0 application registration in Azure AD today; however, using the Microsoft identity platform (v2.0) endpoint allows applications to request permissions at runtime instead of at registration time, which enables this scenario. 詳細については、Microsoft ID プラットフォーム エンドポイントに関するページを参照してください。For more information, see Microsoft identity platform endpoint.

一部のアプリケーションは多層化されており、それぞれの層が個別の Azure AD 登録で表されている場合があります。Your application may have multiple tiers, each represented by its own registration in Azure AD. たとえば、Web API を呼び出すネイティブ アプリケーションや、Web API を呼び出す Web アプリケーションなどです。For example, a native application that calls a web API, or a web application that calls a web API. どちらの場合でも、クライアント (ネイティブ アプリケーションまたは Web アプリケーション) は、リソース (Web API) を呼び出すアクセス許可を要求します。In both of these cases, the client (native app or web app) requests permissions to call the resource (web API). クライアントがユーザーのテナントに対する同意を得られるようにするには、アクセス許可を要求されるリソースがすべて、あらかじめユーザーのテナントに存在する必要があります。For the client to be successfully consented into a customer’s tenant, all resources to which it requests permissions must already exist in the customer’s tenant. この条件が満たされない場合、Azure AD は、最初にリソースを追加する必要があることを示すエラーを返します。If this condition isn’t met, Azure AD returns an error that the resource must be added first.

1 つのテナント内の複数の階層Multiple tiers in a single tenant

この処理は、論理アプリケーションが 2 つ以上のアプリケーション登録 (別々のクライアントとリソースなど) で構成されている場合に問題になる可能性があります。This can be a problem if your logical application consists of two or more application registrations, for example a separate client and resource. まずユーザーのテナントにリソースを追加するにはどうすればいいのでしょうか。How do you get the resource into the customer tenant first? Azure AD では、ワンステップでクライアントとリソースが同意されるようにすることによって、この状況に対応します。Azure AD covers this case by enabling client and resource to be consented in a single step. ユーザーには、同意ページにクライアントとリソースの両方によって要求されたアクセス許可の合計が表示されます。The user sees the sum total of the permissions requested by both the client and resource on the consent page. この動作を有効にするには、リソースのアプリケーション登録で、アプリケーションのマニフェストknownClientApplications というクライアントのアプリ ID を含める必要があります。To enable this behavior, the resource’s application registration must include the client’s App ID as a knownClientApplications in its application manifest. 次に例を示します。For example:

knownClientApplications": ["94da0930-763f-45c7-8d26-04d5938baab2"]

この方法については、この記事の末尾の「関連コンテンツ」セクションにある多層ネイティブ クライアントによる Web API 呼び出しのサンプルを参照してください。This is demonstrated in a multi-tier native client calling web API sample in the Related content section at the end of this article. 次の図は、1 つのテナントに登録されている多層アプリケーションのための同意の概要を示しています。The following diagram provides an overview of consent for a multi-tier app registered in a single tenant.

多層の既知のクライアント アプリへの同意を示しています

複数のテナント内の複数の階層Multiple tiers in multiple tenants

同様のケースは、アプリケーションの各層を別々のテナントに登録する場合にも起こります。A similar case happens if the different tiers of an application are registered in different tenants. たとえば、Office 365 Exchange Online API を呼び出すネイティブ クライアント アプリケーションを構築する場合を考えます。For example, consider the case of building a native client application that calls the Office 365 Exchange Online API. ネイティブ アプリケーションを開発するため、また開発後にユーザーのテナントでこのネイティブ アプリケーションを実行するために、Exchange Online のサービス プリンシパルが存在する必要があります。To develop the native application, and later for the native application to run in a customer’s tenant, the Exchange Online service principal must be present. この場合、開発者とユーザーは、テナントでサービス プリンシパルを作成するために、Exchange Online を購入する必要があります。In this case, the developer and customer must purchase Exchange Online for the service principal to be created in their tenants.

API が Microsoft 以外の組織によって作成されている場合、この API の開発者は、ユーザーがユーザーのテナントでアプリケーションに対して同意する手段を提供する必要があります。If it's an API built by an organization other than Microsoft, the developer of the API needs to provide a way for their customers to consent the application into their customers' tenants. 推奨される設計は、サード パーティー開発者向けに、サインアップを実装する Web クライアントとしても機能できるような API を構築することです。The recommended design is for the third-party developer to build the API such that it can also function as a web client to implement sign-up. これを行うには、次の手順を実行します。To do this:

  1. 前述のセクションに従って、API がマルチテナント アプリケーションの登録およびコード要件を実装していることを確認します。Follow the earlier sections to ensure the API implements the multi-tenant application registration/code requirements.
  2. API のスコープとロールの公開に加えて、登録に、"サインインとユーザー プロファイルの読み取り" アクセス許可 (既定で提供) が含まれていることを確認します。In addition to exposing the API's scopes/roles, make sure the registration includes the "Sign in and read user profile" permission (provided by default).
  3. Web クライアントでサインイン/サインアップ ページを実装し、管理者の同意のガイダンスに従います。Implement a sign-in/sign-up page in the web client and follow the admin consent guidance.
  4. ユーザーがアプリケーションに同意し、テナントにサービス プリンシパルと同意の委任のリンクが作成されたら、ネイティブ アプリケーションで API のトークンを取得できます。Once the user consents to the application, the service principal and consent delegation links are created in their tenant, and the native application can get tokens for the API.

次の図に、異なるテナントに登録されている多層アプリケーションの同意の概要を示します。The following diagram provides an overview of consent for a multi-tier app registered in different tenants.

多層の複数のアプリへの同意を示しています

ユーザーおよび管理者は、次の方法により、いつでもアプリケーションに対する同意を取り消すことができます。Users and administrators can revoke consent to your application at any time:

管理者が、テナント内のすべてのユーザーについてアプリケーションに対して同意した場合、ユーザーは個別にアクセス許可を取り消すことはできません。If an administrator consents to an application for all users in a tenant, users cannot revoke access individually. アクセス許可を取り消すことができるのは管理者のみであり、取り消しの対象はすべてのアプリケーションのみになります。Only the administrator can revoke access, and only for the whole application.

マルチテナント アプリケーションとアクセス トークンのキャッシュMulti-tenant applications and caching access tokens

マルチテナント アプリケーションでは、Azure AD で保護されている API を呼び出すアクセス トークンを取得することもできます。Multi-tenant applications can also get access tokens to call APIs that are protected by Azure AD. マルチテナント アプリケーションで Active Directory Authentication Library (ADAL) を使用する際によくあるエラーは、最初は /common を使用してユーザーのトークンを要求し、応答を受信してから、その後も /common を使用して同じユーザーのトークンを要求することです。A common error when using the Active Directory Authentication Library (ADAL) with a multi-tenant application is to initially request a token for a user using /common, receive a response, then request a subsequent token for that same user also using /common. Azure AD からの応答は /common ではなくテナントから送信されるため、ADAL ではトークンがテナントから送信されたものとしてキャッシュされます。Because the response from Azure AD comes from a tenant, not /common, ADAL caches the token as being from the tenant. ユーザーのアクセス トークンを取得するためのその後の /common への呼び出しでは、キャッシュ エントリが見つからないため、ユーザーはもう一度サインインするように求められます。The subsequent call to /common to get an access token for the user misses the cache entry, and the user is prompted to sign in again. キャッシュが見つからない問題を回避するために、サインイン済みのユーザーに対する以降の呼び出しは、テナントのエンドポイントに向けて行われるようにしてください。To avoid missing the cache, make sure subsequent calls for an already signed in user are made to the tenant’s endpoint.

次のステップNext steps

この記事では、任意の Azure AD テナントからユーザーをサインインさせることのできるアプリケーションを構築する方法を説明しました。In this article, you learned how to build an application that can sign in a user from any Azure AD tenant. アプリと Azure AD の間でのシングル サインオン (SSO) を有効にした後、Office 365 のように、アプリケーションを更新して Microsoft リソースによって公開される API にアクセスすることもできます。After enabling Single Sign-On (SSO) between your app and Azure AD, you can also update your application to access APIs exposed by Microsoft resources like Office 365. そのため、パーソナライズされたエクスペリエンスをアプリケーションに提供できます。たとえば、プロファイル画像や次の予定などのコンテキスト情報をユーザーに表示できます。This lets you offer a personalized experience in your application, such as showing contextual information to the users, like their profile picture or their next calendar appointment. Azure AD や、Exchange、SharePoint、OneDrive、OneNote などの Office 365 サービスへの API 呼び出しを行う方法の詳細については、Microsoft Graph API にアクセスしてください。To learn more about making API calls to Azure AD and Office 365 services like Exchange, SharePoint, OneDrive, OneNote, and more, visit Microsoft Graph API.