Azure AD 認証と承認のエラー コード

Azure Active Directory (Azure AD) セキュリティ トークン サービス (STS) から返される AADSTS エラー コードに関する情報をお探しですか。 AADSTS エラーの説明、修正、およびいくつかの推奨される回避策を見つけるには、このドキュメントをお読みください。

注意

この情報は暫定的なもので、変更されることがあります。 ご質問がありますか。またはお探しの情報が見つかりませんでしたか。 GitHub のイシューを作成するか、「開発者向けのサポート オプションとヘルプ オプション」で、ヘルプやサポートを受けるためのその他の方法を参照してください。

このドキュメントは、開発者と管理者向けのガイダンスとして提供されています。クライアント自体では決して使用しないでください。 エラー コードは予告なく変更される可能性があります。これは、より詳しいエラー メッセージを提供してアプリケーションを構築中の開発者に役立てていただくためです。 テキストやエラー コード番号に依存するアプリケーションは、時間の経過に伴い正常に機能しなくなります。

現在のエラー コード情報の参照

エラー コードとメッセージは変更される可能性があります。 最新の情報については、https://login.microsoftonline.com/error ページを参照して、AADSTS のエラーの説明、修正、およびいくつかの推奨される回避策を確認してください。

たとえば、"AADSTS50058" というエラー コードを受け取った場合は、https://login.microsoftonline.com/error で "50058" を検索します。 次のように URL にエラー コード番号を追加して、特定のエラーに直接リンクすることもできます。https://login.microsoftonline.com/error?code=50058

アプリケーションでのエラー コードの処理

OAuth2.0 仕様では、エラー応答の error の部分を使用して、認証中のエラーを処理する方法に関するガイダンスが提供されています。

サンプルのエラー応答を次に示します。

{
  "error": "invalid_scope",
  "error_description": "AADSTS70011: The provided value for the input parameter 'scope' is not valid. The scope https://example.contoso.com/activity.read is not valid.\r\nTrace ID: 255d1aef-8c98-452f-ac51-23d051240864\r\nCorrelation ID: fb3d2015-bc17-4bb9-bb85-30c5cf1aaaa7\r\nTimestamp: 2016-01-09 02:02:12Z",
  "error_codes": [
    70011
  ],
  "timestamp": "2016-01-09 02:02:12Z",
  "trace_id": "255d1aef-8c98-452f-ac51-23d051240864",
  "correlation_id": "fb3d2015-bc17-4bb9-bb85-30c5cf1aaaa7", 
  "error_uri":"https://login.microsoftonline.com/error?code=70011"
}
パラメーター 説明
error 発生したエラーの種類を分類するために使用でき、またエラーに対処するために使用する必要のあるエラー コード文字列。
error_description 認証エラーの根本的な原因を開発者が特定しやすいように記述した具体的なエラー メッセージ。 このフィールドをコードでエラーに対処するために使用しないでください。
error_codes 診断に役立つ STS 固有のエラー コードの一覧。
timestamp エラーが発生した時刻。
trace_id 診断に役立つ、要求の一意の識別子。
correlation_id コンポーネント間での診断に役立つ、要求の一意の識別子。
error_uri エラーに関する追加情報が含まれているエラー参照ページへのリンク。 これは、開発者による使用のみを目的にしています。ユーザーには提供しないでください。 エラー参照システムに、エラーに関する追加情報がある場合にのみ存在します。すべてのエラーで追加情報が提供されるわけではありません。

error フィールドには、いくつかの指定できる値があります。特定のエラー (デバイス コード フローauthorization_pending など) とその対処方法の詳細については、プロトコル ドキュメントのリンクおよび OAuth 2.0 仕様を確認してください。 いくつかの一般的なものを次に示します。

エラー コード 説明 クライアント側の処理
invalid_request 必要なパラメーターが不足しているなどのプロトコル エラーです。 要求を修正し再送信します。
invalid_grant 一部の認証情報 (承認コード、更新トークン、アクセス トークン、PKCE チャレンジ) が無効か、解析不能か、見つからないか、またはそれ以外の状態で確認できません 新しい承認コードを取得するには、/authorize エンドポイントへの新しい要求を試してください。 そのアプリのプロトコルの使用を確認および検証することを検討してください。
unauthorized_client 認証されたクライアントは、この承認付与の種類を使用する権限がありません。 これは、通常、クライアント アプリケーションが Azure AD に登録されていない、またはユーザーの Azure AD テナントに追加されていないときに発生します。 アプリケーションでは、アプリケーションのインストールと Azure AD への追加を求める指示をユーザーに表示できます。
invalid_client クライアント認証に失敗しました。 クライアント資格情報が有効ではありません。 修正するには、アプリケーション管理者が資格情報を更新します。
unsupported_grant_type 承認サーバーが承認付与の種類をサポートしていません。 要求の付与の種類を変更します。 この種のエラーは、開発時にのみ発生し、初期テスト中に検出する必要があります。
invalid_resource 対象のリソースは、存在しない、Azure AD が見つけられない、または正しく構成されていないために無効です。 これは、リソース (存在する場合) がテナントで構成されていないことを示します。 アプリケーションでは、アプリケーションのインストールと Azure AD への追加を求める指示をユーザーに表示できます。 開発中の場合、これは通常、誤って設定されたテスト テナント、または要求されているスコープの名前の入力ミスを示します。
interaction_required 要求にユーザーの介入が必要です。 たとえば、追加の認証手順が必要です。 ユーザーが必要なチャレンジをすべて完了できるように、この要求を対話的に、同じリソースで再試行してください。
temporarily_unavailable サーバーが一時的にビジー状態であるため、要求を処理できません。 要求をやり直してください。 クライアント アプリケーションは、一時的な状況が原因で応答が遅れることをユーザーに説明する場合があります。

AADSTS エラー コード

エラー 説明
AADSTS16000 SelectUserAccount - これは Azure AD によってスローされる割り込みで、ユーザーが複数の有効な SSO セッションの中から選択できるようにする UI が表示されます。 このエラーはかなり一般的で、prompt=none が指定された場合に、アプリケーションに返される可能性があります。
AADSTS16001 UserAccountSelectionInvalid - セッションの選択ロジックが拒否されているタイルをユーザーがクリックした場合に、このエラーが表示されます。 このエラーがトリガーされた場合、ユーザーはタイル/セッションの最新の一覧から選択するか、別のアカウントを選択することで、回復することができます。 このエラーは、コードの欠陥や競合状態が原因で発生することがあります。
AADSTS16002 AppSessionSelectionInvalid - アプリで指定されている SID 要件が満たされていません。
AADSTS16003 SsoUserAccountNotFoundInResourceTenant - ユーザーがテナントに明示的に追加されていないことを示します。
AADSTS17003 CredentialKeyProvisioningFailed - Azure AD はユーザー キーをプロビジョニングできません。
AADSTS20001 WsFedSignInResponseError - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS20012 WsFedMessageInvalid - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS20033 FedMetadataInvalidTenantName - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS28002 入力パラメーター スコープ '{scope}' に指定された値が、アクセス トークンを要求するときに有効ではありません。 有効なスコープを指定してください。
AADSTS28003 指定された認証コードを使用してアクセス トークンを要求する場合、入力パラメーター スコープに指定された値を空にすることはできません。 有効なスコープを指定してください。
AADSTS40008 OAuth2IdPUnretryableServerError - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS40009 OAuth2IdPRefreshTokenRedemptionUserError - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS40010 OAuth2IdPRetryableServerError - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS40015 OAuth2IdPAuthCodeRedemptionUserError - フェデレーション ID プロバイダーに問題があります。 この問題を解決するには、IDP に問い合わせてください。
AADSTS50000 TokenIssuanceError - サインイン サービスに問題があります。 この問題を解決するには、サポート チケットを開いてください
AADSTS50001 InvalidResource - リソースが無効になっているか、存在しません。 アプリのコードをチェックして、アクセスしようとしているリソースの正確なリソース URL を指定していることを確認します。
AADSTS50002 NotAllowedTenant - テナントでプロキシ アクセスが制限されているため、サインインが失敗しました。 自分が所有するテナント ポリシーの場合は、制限されたテナント設定を変更して、この問題を解決できます。
AADSTS500021 '{tenant}' テナントへのアクセスが拒否されました。 AADSTS500021 は、テナント制限機能が構成されており、ユーザーが、ヘッダー Restrict-Access-To-Tenant で指定されている許可されたテナントの一覧にないテナントにアクセスしようとしていることを示します。 詳細については、「テナント制限を使用して SaaS クラウド アプリケーションへのアクセスを管理する」を参照してください。
AADSTS50003 MissingSigningKey - 署名キーまたは証明書がないために、サインインが失敗しました。 アプリで署名キーが構成されていない可能性があります。 詳細については、エラー AADSTS50003 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。 問題が引き続き発生する場合は、アプリの所有者またはアプリ管理者に問い合わせてください。
AADSTS50005 DevicePolicyError - ユーザーが、条件付きアクセス ポリシーで現在サポートされていないプラットフォームからデバイスにログインしようとしました。
AADSTS50006 InvalidSignature - 無効な署名のため、署名の検証が失敗しました。
AADSTS50007 PartnerEncryptionCertificateMissing - このアプリのパートナー暗号化証明書が見つかりませんでした。 この問題を解決するには、Microsoft へのサポート チケットを開いてください
AADSTS50008 InvalidSamlToken - トークンに SAML アサーションがないか、正しく構成されていません。 フェデレーション プロバイダーに問い合わせてください。
AADSTS50010 AudienceUriValidationFailed - トークン オーディエンスが構成されていないため、アプリのオーディエンス URI の検証が失敗しました。
AADSTS50011 InvalidReplyTo - 返信アドレスがないか、正しく構成されていません。または、アプリに対して構成されている返信アドレスと一致しません。 解決方法として、この存在していない返信アドレスを Azure Active Directory アプリケーションに必ず追加するか、またはアクセス許可を持つ他のユーザーに Active Directory でアプリケーションを管理してもらいます。 詳細については、エラー AADSTS50011 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS50012 AuthenticationFailed - 次のいずれかの理由で認証に失敗しました。
  • 署名証明書のサブジェクト名が承認されていない
  • 承認されたサブジェクト名に一致する信頼された証明機関ポリシーが見つからなかった
  • 証明書チェーンが無効
  • 署名証明書が無効
  • テナントにポリシーが構成されていない
  • 署名証明書の拇印が承認されていない
  • クライアント アサーションに無効な署名が含まれている
AADSTS50013 InvalidAssertion - さまざまな理由によりアサーションが無効です。たとえば、トークンの発行者が有効期間内の API バージョンと一致しない、期限が切れている、形式が正しくない、アサーションの更新トークンがプライマリ更新トークンではない、などです。
AADSTS50014 GuestUserInPendingState - ユーザーの受諾が保留中の状態です。 ゲスト ユーザー アカウントがまだ完全には作成されていません。
AADSTS50015 ViralUserLegalAgeConsentRequiredState - ユーザーには法的年齢グループの同意が必要です。
AADSTS50017 CertificateValidationFailed - 次の理由から、証明書の検証が失敗しました。
  • 信頼できる証明書に発行側の証明書が見つかりません
  • 予期される CrlSegment が見つかりきません
  • 信頼できる証明書に発行側の証明書が見つかりません
  • 構成されている Delta CRL 配布点に、対応する CRL 配布点がありません
  • タイムアウトの問題のため、有効な CRL セグメントを取得できません
  • CRL をダウンロードできません
テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50020 UserUnauthorized - ユーザーがこのエンドポイントの呼び出しを承認されていません。
AADSTS50027 InvalidJwtToken - 次の理由により JWT トークンが無効です。
  • nonce 要求、サブ要求が含まれていない
  • サブジェクト識別子の不一致
  • idToken 要求内の要求の重複
  • 予期しない発行者
  • 予期しない対象ユーザー
  • 有効な時間範囲内でない
  • トークンの形式が適切ではない
  • 発行元からの外部 ID トークンが、署名の検証に失敗しました。
AADSTS50029 無効な URI - ドメイン名に無効な文字が含まれています。 テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50032 WeakRsaKey - 脆弱な RSA キーを使用しようとする誤ったユーザー試行を示します。
AADSTS50033 RetryableError - データベース操作に関連しない一時的なエラーを示します。
AADSTS50034 UserAccountNotFound - このアプリケーションにサインインするには、アカウントがディレクトリに追加されている必要があります。
AADSTS50042 UnableToGeneratePairwiseIdentifierWithMissingSalt - ペアワイズ識別子の生成に必要なソルトが、プリンシパル内にありません。 テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50043 UnableToGeneratePairwiseIdentifierWithMultipleSalts
AADSTS50048 SubjectMismatchesIssuer - サブジェクトが、クライアント アサーション内の発行者クレームと一致しません。 テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50049 NoSuchInstanceForDiscovery - 不明または無効なインスタンス。
AADSTS50050 MalformedDiscoveryRequest - 要求が正しい形式ではありません。
AADSTS50053 このエラーは、以下の 2 つの異なる理由により発生する可能性があります。
  • IdsLocked - ユーザーが間違ったユーザー ID またはパスワードで何度もサインインを試みたために、アカウントがロックされています。 サインインの試行が繰り返されたため、ユーザーがブロックされています。 「リスクを修復してユーザーをブロック解除する」を参照してください。
  • または、サインインが、悪意のあるアクティビティを伴う IP アドレスからのものであるため、ブロックされました。

このエラーの原因となった失敗の理由を特定するには、Azure portal にサインインします。 Azure AD テナントに移動し、 [監視] -> [サインイン] に移動します。サインイン エラー コード が 50053 の失敗したユーザー サインインを見つけ、 [失敗の理由] を確認します。
AADSTS50055 InvalidPasswordExpiredPassword - パスワードの期限が切れています。 ユーザーのパスワードの有効期限が切れているため、ログインまたはセッションが終了しました。 リセットする機会が提供されるか、Azure Active Directory を使用してユーザーのパスワードをリセットする方法で管理者にリセットを求めることができます。
AADSTS50056 パスワードが無効または null です。パスワードはこのユーザーのディレクトリに存在しません。 ユーザーは、パスワードを再入力するよう求められます。
AADSTS50057 UserDisabled - ユーザー アカウントが無効にされています。 このアカウントの基礎となる Active Directory のユーザー オブジェクトが無効になっています。 管理者は、Powershell を介してこのアカウントを再有効化できます。
AADSTS50058 UserInformationNotProvided - シングル サインオンに関するセッション情報が不十分です。 これは、ユーザーがサインインしていないことを意味します。 これは、ユーザーが認証されておらず、まだサインインしていないときに想定される一般的なエラーです。
ユーザーがその前にサインインした SSO のコンテキストでこのエラーが発生した場合は、SSO セッションが見つからないか無効であることを意味します。
prompt=none が指定されている場合、このエラーがアプリケーションに返される可能性があります。
AADSTS50059 MissingTenantRealmAndNoUserInformationProvided - テナントを識別する情報が要求内に見つからず、指定されたどの資格情報でも暗黙的に示されませんでした。 ユーザーはテナント管理者に連絡して問題解決に協力してもらうことができます。
AADSTS50061 SignoutInvalidRequest - サインアウトを完了できません。 要求が無効でした。
AADSTS50064 CredentialAuthenticationError - ユーザー名またはパスワードの資格情報の検証に失敗しました。
AADSTS50068 SignoutInitiatorNotParticipant - サインアウトに失敗しました。 サインアウトを開始したアプリケーションは現在のセッションの参加者ではありません。
AADSTS50070 SignoutUnknownSessionIdentifier - サインアウトに失敗しました。 サインアウト要求で、既存のセッションと一致していない名前識別子が指定されました。
AADSTS50071 SignoutMessageExpired - ログアウト要求の有効期限が切れています。
AADSTS50072 UserStrongAuthEnrollmentRequiredInterrupt - ユーザーは第 2 要素認証 (対話型) に登録する必要があります。
AADSTS50074 UserStrongAuthClientAuthNRequiredInterrupt - 強力な認証が必要です。ユーザーが MFA チャレンジに合格しませんでした。
AADSTS50076 UserStrongAuthClientAuthNRequired - 管理者による構成変更により、またはユーザーが新しい場所に移動したため、ユーザーはリソースにアクセスする際に多要素認証を使用する必要があります。 リソースの新しい承認要求で再試行してください。
AADSTS50079 UserStrongAuthEnrollmentRequired - 管理者による構成変更により、またはユーザーが新しい場所に移動したため、ユーザーは多要素認証を使用する必要があります。
AADSTS50085 更新トークンにソーシャル IDP ログインが必要です。 ユーザーに、ユーザー名とパスワードで再度サインインを試行させます
AADSTS50086 SasNonRetryableError
AADSTS50087 SasRetryableError - 強力な認証中に一時的なエラーが発生しました。 再試行してください。
AADSTS50088 通信の MFA 呼び出しの上限に達しました。 しばらくたってからもう一度試してください。
AADSTS50089 フロー トークンの有効期限切れのため、認証に失敗しました。 予想される動作 - 認証コード、更新トークン、セッションが時間の経過により期限切れになるか、ユーザーまたは管理者によって取り消されます。アプリは、ユーザーに新しいログインを要求します。
AADSTS50097 DeviceAuthenticationRequired - デバイス認証が必要です。
AADSTS50099 PKeyAuthInvalidJwtUnauthorized - JWT 署名が無効です。
AADSTS50105 EntitlementGrantsNotFound - サインインしているユーザーが、サインインしているアプリのロールに割り当てられていません。 アプリにユーザーを割り当ててください。 詳細については、エラー AADSTS50105 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS50107 InvalidRealmUri - 要求されたフェデレーション領域オブジェクトが存在しません。 テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50120 ThresholdJwtInvalidJwtFormat - JWT ヘッダーの問題。 テナント管理者に問い合わせてください。
AADSTS50124 ClaimsTransformationInvalidInputParameter - 要求の変換に、無効な入力パラメーターが含まれています。 テナント管理者に問い合わせて、ポリシーを更新してください。
AADSTS501241 変換 ID '{transformId}' に必須の入力 '{paramName}' がありません。 このエラーは、Azure AD がアプリケーションに対する SAML 応答の作成を試みているときに返されます。 SAML 応答では NameID 要求または NameIdentifier が必須であり、Azure AD が NameID 要求のソース属性を取得できなかった場合に、このエラーが返されます。 解決するには、[Azure Portal] > [Azure Active Directory] > [エンタープライズ アプリケーション] > アプリケーションを選択します > [シングル サインオン] > [ユーザー属性とクレーム] > [一意のユーザー識別子 (名前 ID)] で要求規則を必ず追加してください。
AADSTS50125 PasswordResetRegistrationRequiredInterrupt - パスワードのリセットまたはパスワード登録エントリのため、サインインが中断されました。
AADSTS50126 InvalidUserNameOrPassword - 無効なユーザー名またはパスワードにより、資格情報の検証でエラーが発生しました。
AADSTS50127 BrokerAppNotInstalled - ユーザーは、このコンテンツにアクセスするためにブローカー アプリをインストールする必要があります。
AADSTS50128 ドメイン名が無効です。テナントを識別する情報が要求内に見つからず、指定されたどの資格情報でも暗黙的に示されませんでした。
AADSTS50129 DeviceIsNotWorkplaceJoined - デバイスを登録するには、ワークプレースの参加が必要です。
AADSTS50131 ConditionalAccessFailed - Windows デバイスの状態が無効である、疑わしいアクティビティ、アクセス ポリシー、またはセキュリティ ポリシーの判断によって要求がブロックされたなど、さまざまな条件付きアクセス エラーを示します。
AADSTS50132 SsoArtifactInvalidOrExpired - パスワードが期限切れまたは最近のパスワード変更により、セッションは無効です。
AADSTS50133 SsoArtifactRevoked - パスワードが期限切れまたは最近のパスワード変更により、セッションは無効です。
AADSTS50134 DeviceFlowAuthorizeWrongDatacenter - 不適切なデータ センターです。 OAuth 2.0 デバイス フローでアプリケーションによって開始された要求を承認するには、承認者が元の要求が存在する場所と同じデータ センターにいる必要があります。
AADSTS50135 PasswordChangeCompromisedPassword - アカウントのリスクのため、パスワードの変更が必要です。
AADSTS50136 RedirectMsaSessionToApp - 単一 MSA セッションが検出されました。
AADSTS50139 SessionMissingMsaOAuth2RefreshToken - 外部更新トークンがないためセッションが無効です。
AADSTS50140 KmsiInterrupt - ユーザーがサインインしたときの "サインインしたままにする" 割り込みによりエラーが発生しました。 これはログイン フローの予想される部分であり、以降のログインが容易になるように現在のブラウザーにサインインしたままにするかユーザーに確認しています 詳細については、「新しい Azure AD サインインと「サインインしたままにする」エクスペリエンスが登場」を参照してください。 詳細を調べるための相関 ID、要求 ID、エラー コードを添えて、サポート チケットを開くことができます。
AADSTS50143 セッションが一致しません。異なるリソースにより、ユーザーのテナントがドメインのヒントと一致しないため、セッションが無効です。 詳細を調べるための相関 ID、要求 ID、エラー コードを添えて、サポート チケットを開いてください
AADSTS50144 InvalidPasswordExpiredOnPremPassword - ユーザーの Active Directory パスワードの有効期限が切れました。 ユーザーに新しいパスワードを生成するか、またはユーザーにセルフサービスのリセット ツールを使用させて、パスワードをリセットしてください。
AADSTS50146 MissingCustomSigningKey - このアプリは、アプリ固有の署名キーを使って構成する必要があります。 そのように構成されていません。または、キーが有効期限切れか、またはまだ有効になっていません。
AADSTS50147 MissingCodeChallenge - コードのチャレンジ パラメーターのサイズが無効です。
AADSTS501481 Code_Verifier が、承認要求で指定された code_challenge と一致しません。
AADSTS50155 DeviceAuthenticationFailed - このユーザーのデバイス認証が失敗しました。
AADSTS50158 ExternalSecurityChallenge - 外部セキュリティ チャレンジが満たされませんでした。
AADSTS50161 InvalidExternalSecurityChallengeConfiguration - 外部プロバイダーによって送信された要求が十分ではないか、または外部プロバイダーに対して要求された要求がありません。
AADSTS50166 ExternalClaimsProviderThrottled - クレーム プロバイダーに要求を送信できませんでした。
AADSTS50168 ChromeBrowserSsoInterruptRequired - クライアントは、Windows 10 のアカウントの拡張機能を通じて SSO トークンを取得できますが、要求にトークンがないか、指定されたトークンの有効期限が切れています。
AADSTS50169 InvalidRequestBadRealm - 領域が、現在のサービス名前空間の構成された領域ではありません。
AADSTS50170 MissingExternalClaimsProviderMapping - 外部コントロールのマッピングがありません。
AADSTS50173 FreshTokenNeeded - 許可が取り消されたため有効期限切れです。新しい認証トークンが必要です。 管理者またはユーザーがこのユーザーのトークンを取り消したため、後続のトークン更新が失敗し、再認証が必要です。 ユーザーにサインインの再試行を促してください。
AADSTS50177 ExternalChallengeNotSupportedForPassthroughUsers - 外部のチャレンジは、パススルー ユーザーに対してサポートされていません。
AADSTS50178 ExternalChallengeNotSupportedForPassthroughUsers - セッション制御は、パススルー ユーザーに対してサポートされていません。
AADSTS50180 WindowsIntegratedAuthMissing - 統合 Windows 認証が必要です。 シームレス SSO に対してテナントを有効にしてください。
AADSTS50187 DeviceInformationNotProvided - サービスはデバイス認証を実行できませんでした。
AADSTS50194 アプリケーション '{appId}'({appName}) はマルチテナント アプリケーションとして構成されていません。 '{time}' より後に作成されたそのようなアプリケーションでは、/common エンドポイントの使用はサポートされていません。 テナント固有のエンドポイントを使用するか、アプリケーションをマルチテナントとして構成してください。
AADSTS50196 LoopDetected - クライアント ループが検出されました。 アプリのロジックを調べて、確実にトークンのキャッシュが実装されていて、エラー状態が正しく処理されるようにします。 アプリが非常に短期間にあまりにも多くの同じ要求を行いました。これは、障害がある状態にあるか、またはトークンを不正に要求していることを示しています。
AADSTS50197 ConflictingIdentities - ユーザーが見つかりませんでした。 もう一度サインインしてみてください。
AADSTS50199 CmsiInterrupt - セキュリティ上の理由から、この要求にはユーザー確認が必要です。 これは "interaction_required" エラーであるため、クライアントでは対話型認証を行う必要があります。これが発生した理由は、システム Web ビューを使用してネイティブ アプリケーションのトークンが要求されたことにあります。これが実際にサインインしようとしたアプリであったかどうかをたずねるプロンプトをユーザーに表示する必要があります。 このメッセージを表示しないようにするには、リダイレクト URI が次のセーフ リストに含まれている必要があります。
http://
https://
msauth://(iOS のみ)
msauthv2://(iOS のみ)
chrome-extension://(デスクトップ Chrome ブラウザーのみ)
AADSTS51000 RequiredFeatureNotEnabled - 機能が無効になっています。
AADSTS51001 DomainHintMustbePresent - ドメイン ヒントは、オンプレミスのセキュリティ識別子またはオンプレミスの UPN とともに存在している必要があります。
AADSTS51004 UserAccountNotInDirectory - ディレクトリにユーザー アカウントが存在しません。
AADSTS51005 TemporaryRedirect - 要求された情報が Location ヘッダーで指定された URI にあることを示す、HTTP ステータス 307 と同等です。 この状態が表示されたら、応答に関連付けられた Location ヘッダーに従います。 元の要求メソッドが POST の場合、リダイレクトされた要求も POST メソッドを使用します。
AADSTS51006 ForceReauthDueToInsufficientAuth - 統合 Windows 認証が必要です。 ユーザーは、統合 Windows 認証の要求がないセッション トークンを使用してログインしました。 もう一度ログインするように、ユーザーに要求します。
AADSTS52004 DelegationDoesNotExistForLinkedIn - ユーザーが、LinkedIn リソースへのアクセスに同意していません。
AADSTS53000 DeviceNotCompliant - 条件付きアクセス ポリシーでは準拠デバイスを要求していますが、デバイスが準拠していません。 ユーザーは、Intune などの承認済み MDM プロバイダーにデバイスを登録する必要があります。
AADSTS53001 DeviceNotDomainJoined - 条件付きアクセス ポリシーではドメイン参加デバイスを要求していますが、デバイスがドメインに参加していません。 ユーザーにドメイン参加デバイスを使用させます。
AADSTS53002 ApplicationUsedIsNotAnApprovedApp - 使用されているアプリが、条件付きアクセスのために承認されたアプリではありません。 アクセスするには、ユーザーは承認されたアプリの一覧からアプリを 1 つ選んで使用する必要があります。
AADSTS53003 BlockedByConditionalAccess - 条件付きアクセス ポリシーにより、アクセスがブロックされました。 アクセス ポリシーでは、トークンの発行が許可されていません。
AADSTS53004 ProofUpBlockedDueToRisk - ユーザーは、このコンテンツにアクセスする前に、多要素認証登録プロセスを完了する必要があります。 ユーザーは多要素認証に登録する必要があります。
AADSTS53011 ホーム テナントのリスクによりユーザーがブロックされました。
AADSTS54000 MinorUserBlockedLegalAgeGroupRule
AADSTS54005 OAuth2 認証コードは既に引き換え済みです。新しい有効なコードを使用してもう一度やり直すか、既存の更新トークンを使用してください。
AADSTS65001 DelegationDoesNotExist - X という ID でアプリケーションを使用することにユーザーまたは管理者が同意していません。このユーザーとリソースのインタラクティブな承認要求を送信してください。
AADSTS65002 ファースト パーティのアプリケーション '{applicationId}' とファースト パーティのリソース '{resourceId}' との間の同意は、事前承認で構成されている必要があります。Microsoft が所有し運営するアプリケーションは、API のトークンを要求する前に、その API の所有者から承認を得なければなりません。 テナント内の開発者が、Microsoft が所有するアプリ ID を再利用しようとしている可能性があります。 このエラーが発生すると、Microsoft のアプリケーションを偽装して他の API を呼び出すことができなくなります。 この場合、 https://portal.azure.com で登録した別のアプリ ID に移行する必要があります。
AADSTS65004 UserDeclinedConsent - ユーザーはアプリへのアクセスの同意を拒否しました。 ユーザーに、再度サインインしてアプリに同意させてください
AADSTS65005 MisconfiguredApplication - アプリの必須リソース アクセス リストに、リソースによって検出可能なアプリが含まれていません。または、必須リソース アクセス リストで指定されていないリソースへのアクセスをクライアント アプリが要求したか、Graph サービスから無効な要求が返されたか、リソースが見つかりません。 アプリが SAML をサポートしている場合、間違った識別子 (エンティティ) でアプリを構成している可能性があります。 詳細については、エラー AADSTS650056 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS650052 このアプリには、組織 \"{organization}\" がサブスクライブしていないか有効にしていない (\"{name}\") サービスへのアクセスが必要です。 サービス サブスクリプションの構成を確認するには、IT 管理者にお問い合わせください。
AADSTS650054 アプリケーションが、削除されたか使用できなくなったリソースにアクセスするためのアクセス許可を要求しました。 アプリが呼び出しているすべてのリソースが、操作中のテナントに存在していることを確認してください。
AADSTS650056 アプリケーションが正しく構成されていない この場合は、次のいずれかの原因が考えられます。クライアントが、クライアントのアプリケーション登録の要求されたアクセス許可に '{name}' のアクセス許可を記載していません。 あるいは、管理者がテナントで同意していません。 あるいは、要求のアプリケーション識別子を調べて、構成したクライアント アプリケーション識別子に一致することを確認してください。 または、要求の証明書を確認して、有効であることを確認します。 構成を修正するか、テナントの代わりに同意するように管理者に連絡してください。 クライアント アプリ ID: {id}。 構成を修正するか、テナントの代わりに同意するように管理者に連絡してください。
AADSTS650057 無効なリソースです。 クライアントが、クライアントのアプリケーションの登録で要求されたアクセス許可に記載されていないリソースへのアクセスを要求しています。 クライアント アプリ ID: {appId}({appName})。 要求のリソース値: {resource}。 リソース アプリ ID: {resourceAppId}。 アプリの登録からの有効なリソースのリスト: {regList}。
AADSTS67003 ActorNotValidServiceIdentity
AADSTS70000 InvalidGrant - 認証に失敗しました。 更新トークンが無効です。 次のいずれかの理由がエラーの原因の可能性があります。
  • トークンのバインド ヘッダーが空
  • トークンのバインド ハッシュが一致しない
AADSTS70001 UnauthorizedClient - アプリケーションが無効です。 詳細については、エラー AADSTS70001 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS70002 InvalidClient - 資格情報の検証中にエラーが発生しました。 指定された client_secret が、このクライアントに予期される値と一致しません。 client_secret を修正してから、やり直してください。 詳細については、「承認コードを使用してアクセス トークンを要求する」を参照してください。
AADSTS70003 UnsupportedGrantType - アプリがサポートされていない付与タイプを返しました。
AADSTS700030 無効な証明書 - 証明書のサブジェクト名が承認されていません。 トークン証明書の SubjectNames/SubjectAlternativeNames (最大 10 個) は、{certificateSubjects} です。
AADSTS70004 InvalidRedirectUri - アプリが無効なリダイレクト URI を返しました。 クライアントによって指定されているリダイレクト アドレスが、構成されているどのアドレス、または OIDC 承認リストのどのアドレスとも、一致しません。
AADSTS70005 UnsupportedResponseType - 次の理由により、アプリがサポートされていない応答の種類を返しました。
  • 応答の種類 "token" がアプリに対して有効になっていません
  • 応答の種類 "id_token" には "OpenID" スコープが必要です。エンコードされた wctx にサポートされていない OAuth パラメーター値が含まれます
AADSTS700054 Response_type 'id_token' がアプリケーションに対して有効になっていません。 アプリケーションが承認エンドポイントから ID トークンを要求しましたが、ID トークンの暗黙的な許可が有効になっていませんでした。 [Azure Portal] > [Azure Active Directory] > [アプリの登録] > アプリケーションを選択します > [認証] > [暗黙的な許可およびハイブリッド フロー] で、[ID トークン] が選択されていることを確認してください。
AADSTS70007 UnsupportedResponseMode - アプリが、トークンを要求するときに、response_mode のサポートされていない値を返しました。
AADSTS70008 ExpiredOrRevokedGrant - 非アクティブのため、更新トークンの有効期限が切れました。 トークンは XXX に発行され、一定期間、非アクティブでした。
AADSTS700084 この更新トークンは、シングル ページ アプリ (SPA) に発行されたため、延長できない、制限された固定の有効期間 {time} が割り当てられています。 これは既に有効期限が切れているため、SPA がサインイン ページに新しいサインイン要求を送信する必要があります。 このトークンは {issueDate} に発行されました。
AADSTS70011 InvalidScope - アプリによって要求されたスコープが無効です。
AADSTS70012 MsaServerError - MSA (コンシューマー) ユーザーの認証中にサーバー エラーが発生しました。 やり直してください。 まだ失敗する場合は、サポート チケットを開いてください
AADSTS70016 AuthorizationPending - OAuth 2.0 デバイス フロー エラー。 承認は保留中です。 デバイスは要求のポーリングを再試行します。
AADSTS70018 BadVerificationCode - ユーザーがデバイス コード フローに誤ったユーザー コードを入力したため、確認コードが無効です。 認証は承認されていません。
AADSTS70019 CodeExpired - 確認コードの有効期限が切れました。 ユーザーにサインインを再試行させてください。
AADSTS70043 条件付きアクセスによるサインインの頻度チェックが原因で、更新トークンが期限切れになったか無効です。 このトークンは {issueDate} に発行され、この要求で許可される最長の有効期間は {time} です。
AADSTS75001 BindingSerializationError - SAML メッセージ バインド中にエラーが発生しました。
AADSTS75003 UnsupportedBindingError - アプリが、サポートされていないバインドに関連するエラーを返しました (SAML プロトコルの応答は、HTTP POST 以外のバインド経由では送信できません)。
AADSTS75005 Saml2MessageInvalid - Azure AD は、SSO 用のアプリによって送信された SAML 要求をサポートしていません。 詳細については、エラー AADSTS75005 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS7500514 サポートされている SAML 応答の種類が見つかりませんでした。 サポートされている応答の種類は "Response" (XML 名前空間 "urn:oasis:names:tc:SAML:2.0:protocol") または "Assertion" (XML 名前空間 "urn:oasis:names:tc:SAML:2.0:assertion") です。 アプリケーション エラー - 開発者がこのエラーを処理します。
AADSTS750054 SAML リダイレクト バインディング用の HTTP 要求に、SAMLRequest または SAMLResponse がクエリ文字列のパラメーターとしてある必要があります。 詳細については、エラー AADSTS750054 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS75008 RequestDeniedError - SAML 要求に予期しない宛先が設定されているため、アプリからの要求は拒否されました。
AADSTS75011 NoMatchedAuthnContextInOutputClaims - サービスでのユーザーの認証に使用された認証方法が、要求された認証方法と一致しません。 詳細については、エラー AADSTS75011 のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。
AADSTS75016 Saml2AuthenticationRequestInvalidNameIDPolicy - SAML2 認証要求の NameIdPolicy が無効です。
AADSTS80001 OnPremiseStoreIsNotAvailable - 認証エージェントが Active Directory に接続できません。 エージェント サーバーが、パスワードを検証する必要のあるユーザーと同じ AD フォレストのメンバーであり、Active Directory に接続できることを確認します。
AADSTS80002 OnPremisePasswordValidatorRequestTimedout - パスワード検証要求がタイムアウトしました。Active Directory が使用可能で、エージェントからの要求に応答していることを確認します。
AADSTS80005 OnPremisePasswordValidatorUnpredictableWebException - 認証エージェントからの応答の処理中に不明なエラーが発生しました。 要求をやり直してください。 まだ失敗する場合は、サポート チケットを開いて、エラーの詳細を取得します。
AADSTS80007 OnPremisePasswordValidatorErrorOccurredOnPrem - 認証エージェントはユーザーのパスワードを検証できません。 エージェント ログで詳細を確認し、Active Directory が期待通りに動作していることを確認してください。
AADSTS80010 OnPremisePasswordValidationEncryptionException - 認証エージェントはパスワードを復号化できません。
AADSTS80012 OnPremisePasswordValidationAccountLogonInvalidHours - ユーザーは許可されている時間範囲外にログオンしようとしました (時間は AD で指定されています)。
AADSTS80013 OnPremisePasswordValidationTimeSkew - 認証エージェントを実行しているコンピューターと AD の間に時間のずれがあるため、認証の試行を完了できませんでした。 時刻同期の問題を解決してください。
AADSTS81004 DesktopSsoIdentityInTicketIsNotAuthenticated - Kerberos 認証を試みましたが失敗しました。
AADSTS81005 DesktopSsoAuthenticationPackageNotSupported - 認証パッケージがサポートされていません。
AADSTS81006 DesktopSsoNoAuthorizationHeader - Authorization ヘッダーが見つかりませんでした。
AADSTS81007 DesktopSsoTenantIsNotOptIn - テナントがシームレス SSO 用に有効化されていません。
AADSTS81009 DesktopSsoAuthorizationHeaderValueWithBadFormat - ユーザーの Kerberos チケットを検証できません。
AADSTS81010 DesktopSsoAuthTokenInvalid - ユーザーの Kerberos チケットが期限切れか無効のため、シームレス SSO に失敗しました。
AADSTS81011 DesktopSsoLookupUserBySidFailed - ユーザーの Kerberos チケット内の情報では、ユーザー オブジェクトが見つかりません。
AADSTS81012 DesktopSsoMismatchBetweenTokenUpnAndChosenUpn - Azure AD にサインインしようとしているユーザーは、デバイスにサインインしているユーザーと異なります。
AADSTS90002 InvalidTenantName - データ ストアでテナント名が見つかりませんでした。 正しいテナント ID があることを確認します。
AADSTS90004 InvalidRequestFormat - 要求の形式が正しくありません。
AADSTS90005 InvalidRequestWithMultipleRequirements - 要求を完了できません。 識別子とログイン ヒントを一緒に使用することはできないため、要求は無効です。
AADSTS90006 ExternalServerRetryableError - サービスは一時的に利用できません。
AADSTS90007 InvalidSessionId - 要求が正しくありません。 渡されたセッション ID を解析できません。
AADSTS90008 TokenForItselfRequiresGraphPermission - ユーザーまたは管理者がアプリケーションを使用することに同意していません。 少なくとも、アプリケーションではサインインおよびユーザー プロファイルの読み取りのアクセス許可を指定して Azure AD にアクセスする必要があります。
AADSTS90009 TokenForItselfMissingIdenticalAppIdentifier - アプリケーションは、自身のトークンを要求されています。 このシナリオは、指定されたリソースが GUID ベースのアプリケーション ID を使用する場合にのみサポートされます。
AADSTS90010 NotSupported - アルゴリズムを作成できません。
AADSTS9001023 /common または /consumers エンドポイントではサポートされていない付与タイプです。 /organizations またはテナント固有のエンドポイントを使用してください。
AADSTS90012 RequestTimeout - 要求がタイムアウトしました。
AADSTS90013 InvalidUserInput - ユーザーからの入力が無効です。
AADSTS90014 MissingRequiredField - このエラー コードは、さまざまなケースで、資格情報に想定されているフィールドが存在しないときに表示される場合があります。
AADSTS900144 要求本文には、次のパラメーターが含まれている必要があります: '{name}'。 開発者エラー - アプリは、必要な認証パラメーターまたは正しい認証パラメーターを使用せずにサインインしようとしています。
AADSTS90015 QueryStringTooLong - クエリ文字列が長すぎます。
AADSTS90016 MissingRequiredClaim - アクセス トークンが無効です。 必要な要求がありません。
AADSTS90019 MissingTenantRealm - Azure AD で要求からテナント識別子を特定できませんでした。
AADSTS90020 SAML 1.1 アサーションにユーザーの ImmutableID がありません。 開発者エラー - アプリは、必要な認証パラメーターまたは正しい認証パラメーターを使用せずにサインインしようとしています。
AADSTS90022 AuthenticatedInvalidPrincipalNameFormat - プリンシパル名の形式が無効、または予期される形式 name[/host][@realm] を満たしていません。 プリンシパル名は必須です。ホストと領域は省略可能で、null に設定できます。
AADSTS90023 InvalidRequest - 認証サービス要求が有効ではありません。
AADSTS9002313 InvalidRequest - 要求の形式が正しくないか、無効です。 - この問題の原因は、特定のエンドポイントへの要求に何か問題があったことです。 この問題を解決するには、発生したエラーの fiddler トレースを取得し、要求が実際に適切に書式設定されているかどうかを確認します。
AADSTS90024 RequestBudgetExceededError - 一時的なエラーが発生しました。 やり直してください。
AADSTS90027 MSA テナントでは、この API バージョンからトークンを発行することができません。 これをサポートするには、プロトコルのバージョン 2.0 を使用してもらう必要があるため、アプリケーション ベンダーにお問い合わせください。
AADSTS90033 MsodsServiceUnavailable - Microsoft Online Directory Service (MSODS) が使用できません。
AADSTS90036 MsodsServiceUnretryableFailure - MSODS によってホストされる WCF サービスから再試行できない予期しないエラーが発生しました。 エラーの詳細を取得するには、サポート チケットを開いてください
AADSTS90038 NationalCloudTenantRedirection - 指定したテナント 'Y' は、国内クラウド 'X' に属しています。 現在のクラウド インスタンス 'Z' が X とフェデレーションしていません。クラウドのリダイレクト エラーが返されます。
AADSTS90043 NationalCloudAuthCodeRedirection - 機能が無効になっています。
AADSTS900432 Confidential Client はクロスクラウド要求でサポートされていません。
AADSTS90051 InvalidNationalCloudId - 国内クラウド識別子に無効なクラウド識別子が含まれています。
AADSTS90055 TenantThrottlingError - 着信要求が多すぎます。 この例外は、ブロックされているテナントに対してスローされます。
AADSTS90056 BadResourceRequest - コードをアクセス トークンと引き換えるには、アプリで /token エンドポイントに POST 要求を送信する必要があります。 また、その前に認証コードを提供し、それを POST 要求で /token エンドポイントに送信する必要があります。 OAuth 2.0 承認コード フローの概要については、この記事 (../azuread-dev/v1-protocols-oauth-code.md) を参照してください。 ユーザーを authorization_code を返す /authorize エンドポイントにリダイレクトしてください。 /token エンドポイントに要求をポストすることで、ユーザーはアクセス トークンを取得します。 Azure portal にログインし、 [アプリの登録] > [エンドポイント] の順にチェックして、2 つのエンドポイントが正しく構成されていることを確認します。
AADSTS90072 PassThroughUserMfaError - ユーザーがサインインに使用した外部アカウントが、ユーザーがサインインしているテナントに存在しません。そのため、ユーザーはテナントの MFA 要件を満たすことができません。 このエラーは、ユーザーが同期されていても、Active Directory と Azure AD 間で ImmutableID (sourceAnchor) 属性に不一致がある場合にも発生する可能性があります。 アカウントをまずテナントに外部ユーザーとして追加する必要があります。 サインアウトして別の Azure AD ユーザー アカウントでサインインしてください。
AADSTS90081 OrgIdWsFederationMessageInvalid - サービスが WS-Federation メッセージを処理しようとしたときにエラーが発生しました。 メッセージが無効です。
AADSTS90082 OrgIdWsFederationNotSupported - 要求に対して選択された認証ポリシーは現在サポートされていません。
AADSTS90084 OrgIdWsFederationGuestNotAllowed - ゲスト アカウントは、このサイトでは許可されていません。
AADSTS90085 OrgIdWsFederationSltRedemptionFailed - 会社のオブジェクトがまだプロビジョニングされていないため、サービスはトークンを発行することができません。
AADSTS90086 OrgIdWsTrustDaTokenExpired - ユーザーの DA トークンの有効期限が切れています。
AADSTS90087 OrgIdWsFederationMessageCreationFromUriFailed - URI から WS-Federation メッセージを作成中にエラーが発生しました。
AADSTS90090 GraphRetryableError - サービスは一時的に利用できません。
AADSTS90091 GraphServiceUnreachable
AADSTS90092 GraphNonRetryableError
AADSTS90093 GraphUserUnauthorized - 要求に対して Forbidden エラー コードが Graph から返されました。
AADSTS90094 AdminConsentRequired - 管理者の同意が必要です。
AADSTS900382 Confidential Client はクロスクラウド要求でサポートされていません。
AADSTS90095 AdminConsentRequiredRequestAccess - 管理者の同意ワークフロー エクスペリエンスで、ユーザーが管理者に同意を求める必要があるということを示す際に表示される割り込みです。
AADSTS90099 アプリケーション '{appId}' ({appName}) は、テナント '{tenant}' で承認されていません。 アプリケーションは、パートナー代理管理者が使用できるようになる前に、顧客テナントへのアクセスが承認されている必要があります。 事前同意を提供するか、適切な Partner Center API を実行してアプリケーションを承認します。
AADSTS900971 応答アドレスが指定されていません。
AADSTS90100 InvalidRequestParameter - パラメーターが空であるか無効です。
AADSTS901002 AADSTS901002:"resource" 要求パラメーターはサポートされていません。
AADSTS90101 InvalidEmailAddress - 指定されたデータは有効な電子メール アドレスはありません。 電子メール アドレスは someone@example.com の形式である必要があります。
AADSTS90102 InvalidUriParameter - 値は有効な絶対 URI である必要があります。
AADSTS90107 InvalidXml - 要求は無効です。 データは無効な文字がないことを確認してください。
AADSTS90114 InvalidExpiryDate - 一括トークンの有効期限のタイムスタンプが原因で期限切れのトークンが発行されます。
AADSTS90117 InvalidRequestInput
AADSTS90119 InvalidUserCode - ユーザー コードが null 値または空です。
AADSTS90120 InvalidDeviceFlowRequest - 要求は既に承認されているか拒否されています。
AADSTS90121 InvalidEmptyRequest - 無効な空の要求です。
AADSTS90123 IdentityProviderAccessDenied - ID または要求の発行プロバイダーが要求を拒否したため、トークンを発行できません。
AADSTS90124 V1ResourceV2GlobalEndpointNotSupported - リソースは、/common または /consumers エンドポイント経由でサポートされていません。 /organizations またはテナント固有のエンドポイントを使用してください。
AADSTS90125 DebugModeEnrollTenantNotFound - ユーザーはシステムに存在しません。 ユーザー名を正しく入力したか確認してください。
AADSTS90126 DebugModeEnrollTenantNotInferred - このエンドポイントではこのユーザーの種類はサポートされていません。 システムは、ユーザー名からユーザーのテナントを推論できません。
AADSTS90130 NonConvergedAppV2GlobalEndpointNotSupported - アプリケーションは、/common または /consumers エンドポイント経由でサポートされていません。 /organizations またはテナント固有のエンドポイントを使用してください。
AADSTS120000 PasswordChangeIncorrectCurrentPassword
AADSTS120002 PasswordChangeInvalidNewPasswordWeak
AADSTS120003 PasswordChangeInvalidNewPasswordContainsMemberName
AADSTS120004 PasswordChangeOnPremComplexity
AADSTS120005 PasswordChangeOnPremSuccessCloudFail
AADSTS120008 PasswordChangeAsyncJobStateTerminated - 再試行できないエラーが発生しました。
AADSTS120011 PasswordChangeAsyncUpnInferenceFailed
AADSTS120012 PasswordChangeNeedsToHappenOnPrem
AADSTS120013 PasswordChangeOnPremisesConnectivityFailure
AADSTS120014 PasswordChangeOnPremUserAccountLockedOutOrDisabled
AADSTS120015 PasswordChangeADAdminActionRequired
AADSTS120016 PasswordChangeUserNotFoundBySspr
AADSTS120018 PasswordChangePasswordDoesnotComplyFuzzyPolicy
AADSTS120020 PasswordChangeFailure
AADSTS120021 PartnerServiceSsprInternalServiceError
AADSTS130004 NgcKeyNotFound - ユーザー プリンシパルには、構成された NGC ID キーがありません。
AADSTS130005 NgcInvalidSignature - NGC キー署名の検証に失敗しました。
AADSTS130006 NgcTransportKeyNotFound - NGC トランスポート キーがデバイスに構成されていません。
AADSTS130007 NgcDeviceIsDisabled - デバイスは無効になっています。
AADSTS130008 NgcDeviceIsNotFound - NGC キーが参照しているデバイスが見つかりませんでした。
AADSTS135010 KeyNotFound
AADSTS135011 認証中に使用されるデバイスは無効になります。
AADSTS140000 InvalidRequestNonce - 要求の nonce が指定されていません。
AADSTS140001 InvalidSessionKey - セッション キーが無効です。
AADSTS165004 実際のメッセージの内容はランタイム固有です。 詳細については、応答の例外メッセージを参照してください。
AADSTS165900 InvalidApiRequest - 無効な要求です。
AADSTS220450 UnsupportedAndroidWebViewVersion - Chrome WebView バージョンがサポートされていません。
AADSTS220501 InvalidCrlDownload
AADSTS221000 DeviceOnlyTokensNotSupportedByResource - リソースは、デバイス専用のトークンを受け入れるように構成されていません。
AADSTS240001 BulkAADJTokenUnauthorized - ユーザーは、Azure AD にデバイスを登録する権限がありません。
AADSTS240002 RequiredClaimIsMissing - id_token を urn:ietf:params:oauth:grant-type:jwt-bearer 許可として使用できません。
AADSTS530032 BlockedByConditionalAccessOnSecurityPolicy - テナント管理者によって、この要求をブロックするセキュリティ ポリシーが構成されています。 テナント レベルで定義されているセキュリティ ポリシーを確認し、ご自身の要求がポリシーの要件を満たしているかどうか判断してください。
AADSTS700016 UnauthorizedClient_DoesNotMatchRequest - ディレクトリまたはテナントにアプリケーションが見つかりませんでした。 このエラーは、アプリケーションがテナントの管理者によってインストールされていない場合や、アプリケーションがテナント内のいずれのユーザーによっても同意されていない場合に発生することがあります。 アプリケーションの識別子の値を正しく構成していないか、または間違ったテナントに認証要求を送信した可能性があります。
AADSTS700020 InteractionRequired - アクセス許可には操作が必要です。
AADSTS700022 InvalidMultipleResourcesScope - 入力パラメーターのスコープに指定された値に複数のリソースが含まれているため無効です。
AADSTS700023 InvalidResourcelessScope - アクセス トークンを要求するときに、入力パラメーターのスコープに指定された値が無効です。
AADSTS7000215 無効なクライアント シークレットが指定されています。 開発者エラー - アプリは、必要な認証パラメーターまたは正しい認証パラメーターを使用せずにサインインしようとしています。
AADSTS7000222 InvalidClientSecretExpiredKeysProvided - 指定されたクライアント秘密鍵の有効期限が切れています。 Azure portal にアクセスしてアプリの新しいキーを作成するか、またはセキュリティを強化するために証明書資格情報を使用することを検討してください (https://aka.ms/certCreds)。
AADSTS700005 InvalidGrantRedeemAgainstWrongTenant - 指定された承認コードは、他のテナントに対して使用することを目的にしているため、拒否されました。 OAuth2 承認コードは、それが取得されたときの同じテナント (必要に応じて /common または /{tenant-ID}) に対して引き換える必要があります。
AADSTS1000000 UserNotBoundError - Bind API では Azure AD ユーザーも外部 IDP による認証が必要ですが、まだ行われていません。
AADSTS1000002 BindCompleteInterruptError - バインドは正常に完了しましたが、ユーザーに通知する必要があります。
AADSTS100007 AAD Regional は、MSI、または Microsoft インフラストラクチャ テナント内の 1P アプリまたは 3P アプリの SN+I を使用した MSAL からの要求に対する認証のみをサポートします。
AADSTS1000031 現時点では、アプリケーション {appDisplayName} にアクセスすることはできません。 管理者に問い合わせてください。
AADSTS7000112 UnauthorizedClientApplicationDisabled - アプリケーションが無効です。
AADSTS7000114 アプリケーション 'appIdentifier' には、アプリケーションの代理呼び出しを行うことが許可されていません。
AADSTS7500529 値 ‘SAMLId-Guid’ は有効な SAML ID ではありません- Azure AD ではこの属性を使用して、返される応答の InResponseTo 属性が設定されます。 ID の 1 文字目に数字を使用することはできないので、一般的な方法としては、GUID の文字列表現の前に "id" のような文字列を付加します。 たとえば、id6c1c178c166d486687be4aaf5e482730 は有効な ID です。

次のステップ