Microsoft ID プラットフォーム (v2.0) の概要Microsoft identity platform (v2.0) overview

Microsoft ID プラットフォームは、Azure Active Directory (Azure AD) 開発者プラットフォームの進化版です。Microsoft identity platform is an evolution of the Azure Active Directory (Azure AD) developer platform. これにより、すべての Microsoft ID にサインインして、Microsoft API (Microsoft Graph) や開発者が構築した API を呼び出すためのトークンを取得するアプリケーションを開発者が構築できます。It allows developers to build applications that sign in all Microsoft identities and get tokens to call Microsoft APIs, such as Microsoft Graph, or APIs that developers have built. Microsoft ID プラットフォームの構成は次のとおりです。The Microsoft identity platform consists of:

  • 次のような、開発者が Microsoft ID を認証できるようにする OAuth 2.0 および OpenID Connect 標準準拠の認証サービスOAuth 2.0 and OpenID Connect standard-compliant authentication service that enables developers to authenticate any Microsoft identity, including:
    • 職場または学校のアカウント (Azure AD を通じてプロビジョニングされます)Work or school accounts (provisioned through Azure AD)
    • 個人的な Microsoft アカウント (Skype、Xbox、Outlook.com など)Personal Microsoft accounts (such as Skype, Xbox, and Outlook.com)
    • ソーシャル アカウントまたはローカル アカウント (Azure AD B2C 使用)Social or local accounts (via Azure AD B2C)
  • オープンソース ライブラリ:Microsoft Authentication Libraries (MSAL) およびその他の標準準拠ライブラリのサポートOpen-source libraries: Microsoft Authentication Libraries (MSAL) and support for other standards-compliant libraries
  • アプリケーション管理ポータル:Microsoft Azure portal で構築された登録および構成エクスペリエンスのほか、その他のすべての Azure の管理機能。Application management portal: A registration and configuration experience built in the Azure portal, along with all your other Azure management capabilities.
  • アプリケーション構成 API および PowerShell: REST API (Microsoft Graph および Azure Active Directory Graph 1.6) および PowerShell を通じて、アプリケーションのプログラム構成を可能にします。したがって、DevOps タスクを自動化できます。Application configuration API and PowerShell: which allows programmatic configuration of your applications through REST API (Microsoft Graph and Azure Active Directory Graph 1.6) and PowerShell, so you can automate your DevOps tasks.
  • 開発者向けコンテンツ: 概念およびリファレンス ドキュメント、クイック スタート サンプル、コード サンプル、チュートリアル、およびハウツー ガイド。Developer content: conceptual and reference documentation, quickstart samples, code samples, tutorials, and how-to guides.

開発者にとって、Microsoft ID プラットフォームは、パスワードなしの認証、ステップアップ認証、条件付きアクセスなど、ID およびセキュリティ領域における革新的技術をシームレスに統合します。For developers, Microsoft identity platform offers seamless integration into innovations in the identity and security space, such as passwordless authentication, step-up authentication, and Conditional Access. このような機能を自分で実装する必要はありません。Microsoft ID プラットフォームと統合されたアプリケーションは、このような革新的技術をネイティブに利用します。You don’t need to implement such functionality yourself: applications integrated with the Microsoft identity platform natively take advantage of such innovations.

Microsoft ID プラットフォームでは、一度コードを記述すればすべてのユーザーに対応できます。With Microsoft identity platform, you can write code once and reach any user. アプリを一度ビルドすれば、多数のプラットフォームで動作させたり、リソース アプリケーション (API) と同様にクライアントとして機能するアプリを構築できます。You can build an app once and have it work across many platforms, or build an app that functions as a client as well as a resource application (API).

使用の開始Getting started

ID の処理は難しくありません。Working with identity doesn’t have to be hard. 自身に当てはまるシナリオを選択します。それぞれのシナリオ パスにはクイックスタートと概要ページが用意されており、数分で起動し実行できます。Choose a scenario that applies to you— each scenario path has a quickstart and an overview page to get you up and running in minutes:

次の図は、一般的な認証アプリ シナリオの概要を示しています。Microsoft ID プラットフォームをアプリと統合するときにこれを参照として使用してください。The following chart outlines common authentication app scenarios – use it as a reference when integrating the Microsoft identity platform with your app.

Microsoft ID プラットフォームでのアプリケーション シナリオApplication scenarios in Microsoft identity platform

次の手順Next steps

コア認証の概念の詳細については、以下の各トピックから始めることをお勧めします。If you’d like to learn more about core authentication concepts, we recommend you start with these topics:

Microsoft Graph を呼び出すデータが豊富なアプリケーションを構築します。Build a data-rich application that calls Microsoft Graph.

実稼働環境にアプリを導入する準備ができたら、これらのベスト プラクティスを確認してください。When you’re ready to launch your app into a production environment, review these best practices:

詳細情報Learn more

ソーシャルとローカルの ID でサインインする顧客向けアプリケーションを構築する予定の場合は、Azure AD B2C の概要に関するページを参照してください。If you’re planning to build a customer-facing application that signs in social and local identities, see the Azure AD B2C overview.