Azure Active Directory での削除済みユーザーの一括復元

Azure Active Directory (Azure AD) では、ユーザーの一括復元操作がサポートされており、ユーザー、グループ、およびグループ メンバーのリストのダウンロードがサポートされています。

CSV テンプレートについて

CSV テンプレートをダウンロードして入力し、Azure AD ユーザーを正常に一括復元できるようにします。 ダウンロードする CSV テンプレートは、次の例のようになります。

アップロード用のスプレッドシートと、各行および列の目的と値を説明する吹き出し

CSV テンプレートの構造

ダウンロードした CSV テンプレート内の行は次のとおりです。

  • バージョン番号: アップロード CSV の先頭行にバージョン番号を含める必要があります。
  • 列見出し:列見出しの形式は、<項目名> [PropertyName] <Required または空白> です。 たとえば、「 Object ID [objectId] Required 」のように入力します。 テンプレートの古いバージョンの中には、微妙に異なるものもあります。
  • 例の行:このテンプレートには、各列に使用できる値のサンプル行が含まれています。 サンプル行を削除し、独自のエントリに置き換える必要があります。

その他のガイダンス

  • アップロード テンプレートの最初の 2 行を削除または変更することはできません。アップロードを処理することができなくなります。
  • 必須の列が最初に示されています。
  • テンプレートに新しい列を追加することはお勧めしません。 列を追加しても無視され、処理されません。
  • 出来る限り、常に最新の CSV テンプレートをダウンロードすることをお勧めします。

ユーザーを一括復元するには

  1. Azure AD 組織のユーザー管理者アカウントで、ご自身の Azure AD 組織にサインインします。

  2. Azure AD で、 [ユーザー] > [削除済み] の順に選択します。

  3. [削除済みのユーザー] ページで、 [一括復元] を選択して、復元するユーザーのプロパティの有効な CSV ファイルをアップロードします。

    [削除済みのユーザー] ページで一括復元コマンドを選択する

  4. この CSV テンプレートを開いて、復元するユーザーごとに 1 行を追加します。 唯一の必須値は ObjectID です。 そのうえでファイルを保存します。

    追加するユーザーをリストするローカル CSV ファイルを選択する

  5. [ユーザーの一括復元] ページの [CSV ファイルをアップロード] で、そのファイルを参照します。 ファイルを選択して [送信] をクリックすると、CSV ファイルの検証が開始されます。

  6. ファイルの内容が検証されると、"ファイルが正常にアップロードされました" と表示されます。 エラーが存在する場合は、ジョブを送信する前にそれらを修正する必要があります。

  7. ファイルの検証に合格したら、 [送信] を選択して、ユーザーを復元する Azure 一括操作を開始します。

  8. 復元操作が完了すると、一括操作が成功したという通知が表示されます。

エラーがある場合は、 [一括操作の結果] ページで結果ファイルをダウンロードして表示できます。 このファイルには、各エラーの理由が含まれています。

状態の確認

[一括操作の結果] ページでは、保留中のすべての一括要求の状態を確認できます。

[一括操作の結果] ページで状態を確認します。

次に、復元したユーザーが Azure AD 組織に存在するかどうかを、Azure portal または PowerShell を使用して確認できます。

Azure portal で復元されたユーザーを表示する

  1. 組織のユーザー管理者アカウントで、Azure AD 管理センターにサインインします。
  2. ナビゲーション ペインで、 [Azure Active Directory] を選択します。
  3. [管理] にある [ユーザー] を選択します。
  4. [表示][すべてのユーザー] を選択し、復元したユーザーがリストされていることを確認します。

PowerShell でユーザーを表示する

次のコマンドを実行します。

Get-AzureADUser -Filter "UserType eq 'Member'"

復元したユーザーがリストされていることがわかります。

次のステップ