Azure Active Directory を使用するように組織をサインアップする

次のいずれかを使用して、Azure Active Directory (Azure AD) または新しい Microsoft Azure サブスクリプションにサインアップします。

  • Microsoft アカウント。 ご自身の個人の Microsoft アカウントを使用して、Azure と、すべてのコンシューマー向け Microsoft 製品およびクラウド サービス (Outlook (Hotmail)、Messenger、OneDrive、MSN、Xbox LIVE、Microsoft 365 など) にアクセスします。 Outlook.com のメールボックスにサインアップすると、Microsoft アカウントが自動的に作成されます。 詳細については、Azure アカウントの概要に関するページをご覧ください。

  • 職場または学校のアカウント。 職場または学校関連のアカウントを使用して、Azure、Microsoft Intune、Microsoft 365 など、Microsoft の中小規模のエンタープライズ クラウド サービスすべてにアクセスします。 これらのサービスのいずれかに組織としてサインアップすると、ご自身の組織を表すクラウド ベースのディレクトリが Azure AD によって自動的にプロビジョニングされます。 詳細については、ご自身の Azure AD ディレクトリの管理に関するページをご覧ください。

    注意

    Azure AD に既にアクセスできる場合は、ご自身の職場または学校アカウントを使用することをお勧めします。 ただし、ご自身の Azure サブスクリプションに関連付けられているアカウントの種類を使用する必要があります。

次のステップ