クイック スタート:Azure Active Directory (Azure AD) テナントを使用して ID 管理を行っているアプリケーションの一覧を表示する

Azure AD を、ご自分の組織で使用するアプリケーションの Identity and Access Management (IAM) システムとして使用開始する方法を説明します。 このクイックスタートでは、ご自身の Azure AD テナントを ID プロバイダー (IdP) として使用するように既に設定されているアプリケーション (アプリとも呼ばれます) を表示します。

前提条件

Azure AD テナントに登録されているアプリケーションを表示するには、次のものが必要です。

重要

このクイックスタートの手順をテストする場合は、非運用環境を使用することをお勧めします。

テナント内のアプリケーションの一覧を検索する

Azure AD テナントに登録されたアプリケーションは、Azure portal の [エンタープライズ アプリ] セクションで確認できます。

テナントに登録されているアプリケーションを表示するには、次のようにします。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、 [Azure Active Directory] を選択します。
  3. [Azure Active Directory] ウィンドウで、 [エンタープライズ アプリケーション] を選択します。
  4. [アプリケーションの種類] ドロップダウン メニューの [すべてのアプリケーション] を選択し、 [適用] を選択します。 テナント アプリケーションのランダム サンプルが表示されます。
  5. 他のアプリケーションを表示するには、一覧の一番下にある [さらに読み込む] を選択します。 テナント内に多数のアプリケーションがある場合は、一覧をスクロールするよりも特定のアプリケーションを検索する方が簡単な場合があります。 特定のアプリケーションの検索については、このクイックスタートで後ほど説明します。

表示オプションを選択する

探しているものに応じてオプションを選択します。

  1. [アプリケーションの種類][アプリケーションの状態][アプリケーションの可視性] によってアプリケーションを表示できます。
  2. [アプリケーションの種類] で、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [エンタープライズ アプリケーション] には、Microsoft 以外のアプリケーションが表示されます。
    • [Microsoft アプリケーション] には、Microsoft アプリケーションが表示されます。
    • [すべてのアプリケーション] には、Microsoft 以外のアプリケーションと Microsoft アプリケーションの両方が表示されます。
  3. [アプリケーションの状態][任意][無効] 、または [有効] を選択します。 [任意] オプションでは、無効なアプリケーションと有効なアプリケーションの両方が含まれます。
  4. [アプリケーションの可視性] で、 [任意] または [非表示] を選択します。 [非表示] オプションは、テナントに存在するにもかかわらずユーザーには表示されないアプリケーションを示します。
  5. 必要なオプションを選択したら、 [適用] を選択します。

アプリケーションを検索する

特定のアプリケーションを検索するには:

  1. [アプリケーションの種類] メニューの [すべてのアプリケーション] を選択し、 [適用] を選択します。
  2. 検索するアプリケーションの名前を入力します。 アプリケーションが Azure AD テナントに追加されている場合は、それが検索結果に表示されます。 この例は、GitHub がテナント アプリケーションに追加されていないことを示しています。 テナントにアプリが追加されていないことを表示する例
  3. アプリケーション名の最初の数文字を入力してください。 この例は、Sales で始まるすべてのアプリケーションを示しています。 Sales で始まるすべてのアプリを表示する例

ヒント

Graph API を使用してアプリの管理を自動化できます。Microsoft Graph API によるアプリ管理の自動化に関するページを参照してください。

リソースをクリーンアップする

このクイックスタートでは新しいリソースを作成しなかったので、クリーンアップするものはありません。

次のステップ

次の記事に進み、アプリの ID プロバイダーとして Azure AD を使用する方法を学習してください。