チュートリアル:Box を構成し、自動ユーザー プロビジョニングに対応させるTutorial: Configure Box for automatic user provisioning

このチュートリアルでは、Azure AD から Box にユーザー アカウントを自動的にプロビジョニング/プロビジョニング解除するうえで Box と Azure AD で実行する必要がある手順について説明します。The objective of this tutorial is to show the steps you need to perform in Box and Azure AD to automatically provision and de-provision user accounts from Azure AD to Box.

注意

このチュートリアルでは、Azure AD ユーザー プロビジョニング サービスの上にビルドされるコネクタについて説明します。This tutorial describes a connector built on top of the Azure AD User Provisioning Service. このサービスが実行する内容、しくみ、よく寄せられる質問の重要な詳細については、「Azure Active Directory による SaaS アプリへのユーザー プロビジョニングとプロビジョニング解除の自動化」を参照してください。For important details on what this service does, how it works, and frequently asked questions, see Automate user provisioning and deprovisioning to SaaS applications with Azure Active Directory.

前提条件Prerequisites

Box と Azure AD の統合を構成するには、次のものが必要です。To configure Azure AD integration with Box, you need the following items:

  • Azure AD テナントAn Azure AD tenant
  • ボックス ビジネス プランまたは進化版A Box Business plan or better

注意

このチュートリアルの手順をテストする場合、運用環境を使用しないことをお勧めします。When you test the steps in this tutorial, we recommend that you do not use a production environment.

このチュートリアルの手順をテストするには、次の推奨事項に従います。To test the steps in this tutorial, follow these recommendations:

Box へのユーザーの割り当てAssigning users to Box

Azure Active Directory では、選択されたアプリへのアクセスが付与されるユーザーを決定する際に "割り当て" という概念が使用されます。Azure Active Directory uses a concept called "assignments" to determine which users should receive access to selected apps. 自動ユーザー アカウント プロビジョニングのコンテキストでは、Azure AD 内のアプリケーションに "割り当て済み" のユーザーとグループのみが同期されます。In the context of automatic user account provisioning, only the users and groups that have been "assigned" to an application in Azure AD is synchronized.

プロビジョニング サービスを構成して有効にする前に、Box アプリへのアクセスが必要なユーザーを表す Azure AD 内のユーザーやグループを決定しておく必要があります。Before configuring and enabling the provisioning service, you need to decide what users and/or groups in Azure AD represent the users who need access to your Box app. 決定し終えたら、次の手順でこれらのユーザーを Box アプリに割り当てることができます。Once decided, you can assign these users to your Box app by following the instructions here:

エンタープライズ アプリケーションにユーザーまたはグループを割り当てるAssign a user or group to an enterprise app

ユーザーとグループの割り当てAssign users and groups

Azure Portal の [Box] > [ユーザーとグループ] タブでは、Box へのアクセスを許可するユーザーとグループを指定できます。The Box > Users and Groups tab in the Azure portal allows you to specify which users and groups should be granted access to Box. ユーザーまたはグループを割り当てると、次の処理が実行されます。Assignment of a user or group causes the following things to occur:

  • Azure AD により、(直接割り当てまたはグループのメンバーシップによって) 割り当てられたユーザーに Box への認証が許可されます。Azure AD permits the assigned user (either by direct assignment or group membership) to authenticate to Box. 割り当てられていないユーザーには Box へのサインインが許可されず、Azure AD のサインイン ページでエラーが返されます。If a user is not assigned, then Azure AD does not permit them to sign in to Box and returns an error on the Azure AD sign-in page.

  • Box のアプリ タイルがユーザーの アプリケーション起動プログラムに追加されます。An app tile for Box is added to the user's application launcher.

  • 自動プロビジョニングが有効になっている場合、割り当てられたユーザーまたはグループはプロビジョニング キューに追加され、自動的にプロビジョニングされます。If automatic provisioning is enabled, then the assigned users and/or groups are added to the provisioning queue to be automatically provisioned.

    • ユーザー オブジェクトのみをプロビジョニングするよう構成した場合は、直接割り当てられたすべてのユーザーがプロビジョニング キューに配置され、さらに、割り当てられたグループのメンバーであるユーザーもすべてプロビジョニング キューに配置されます。If only user objects were configured to be provisioned, then all directly assigned users are placed in the provisioning queue, and all users that are members of any assigned groups are placed in the provisioning queue.
    • グループ オブジェクトをプロビジョニングするよう構成した場合は、割り当てられたすべてのグループ オブジェクトと、それらのグループのメンバーであるユーザーもすべて Box にプロビジョニングされます。If group objects were configured to be provisioned, then all assigned group objects are provisioned to Box, and all users that are members of those groups. Box への書き込み時に、グループとユーザーのメンバーシップは保持されます。The group and user memberships are preserved upon being written to Box.

[属性] の [シングル サインオン] タブを使用すると、SAML ベースの認証時に Box に提示するユーザーの属性 (または要求) を構成できます。また、 [属性] の [プロビジョニング] タブを使用すると、プロビジョニング操作時の Azure AD から Box へのユーザーとグループの属性のフロー方法を構成できます。You can use the Attributes > Single Sign-On tab to configure which user attributes (or claims) are presented to Box during SAML-based authentication, and the Attributes > Provisioning tab to configure how user and group attributes flow from Azure AD to Box during provisioning operations.

ユーザーを Box に割り当てる際の重要なヒントImportant tips for assigning users to Box

  • 単一の Azure AD ユーザーを Box に割り当てて、プロビジョニングの構成をテストすることをお勧めします。It is recommended that a single Azure AD user assigned to Box to test the provisioning configuration. 後でユーザーやグループを追加で割り当てられます。Additional users and/or groups may be assigned later.

  • Box にユーザーを割り当てるときに、有効なユーザー ロールを選択する必要があります。When assigning a user to box, you must select a valid user role. "既定のアクセス" ロールはプロビジョニングでは使えません。The "Default Access" role does not work for provisioning.

自動化されたユーザー プロビジョニングを有効にするEnable Automated User Provisioning

このセクションでは、Azure AD を Box のユーザー アカウント プロビジョニング API に接続する手順のほか、プロビジョニング サービスを構成して、Azure AD のユーザーとグループの割り当てに基づいてロール割り当て済みユーザーのアカウントを Box で作成、更新、無効化する手順を説明します。This section guides through connecting your Azure AD to Box's user account provisioning API, and configuring the provisioning service to create, update, and disable assigned user accounts in Box based on user and group assignment in Azure AD.

自動プロビジョニングが有効になっている場合、割り当てられたユーザーまたはグループはプロビジョニング キューに追加され、自動的にプロビジョニングされます。If automatic provisioning is enabled, then the assigned users and/or groups are added to the provisioning queue to be automatically provisioned.

  • ユーザー オブジェクトのみがプロビジョニングされるように構成した場合は、直接割り当てられたすべてのユーザーがプロビジョニング キューに配置され、さらに、割り当てられたグループのメンバーであるユーザーもすべてプロビジョニング キューに配置されます。If only user objects are configured to be provisioned, then directly assigned users are placed in the provisioning queue, and all users that are members of any assigned groups are placed in the provisioning queue.

  • グループ オブジェクトをプロビジョニングするよう構成した場合は、割り当てられたすべてのグループ オブジェクトと、それらのグループのメンバーであるユーザーもすべて Box にプロビジョニングされます。If group objects were configured to be provisioned, then all assigned group objects are provisioned to Box, and all users that are members of those groups. Box への書き込み時に、グループとユーザーのメンバーシップは保持されます。The group and user memberships are preserved upon being written to Box.

ヒント

Box では SAML ベースのシングル サインオンを有効にすることもできます。これを行うには、Azure Portal で説明されている手順に従ってください。You may also choose to enabled SAML-based Single Sign-On for Box, following the instructions provided in Azure portal. シングル サインオンは自動プロビジョニングとは別に構成できますが、これらの 2 つの機能は相補的な関係にあります。Single sign-on can be configured independently of automatic provisioning, though these two features compliment each other.

自動ユーザー アカウント プロビジョニングを構成するには:To configure automatic user account provisioning:

このセクションでは、Box への Active Directory ユーザー アカウントのプロビジョニングを有効にする方法を説明します。The objective of this section is to outline how to enable provisioning of Active Directory user accounts to Box.

  1. Azure Portal で、 [Azure Active Directory]、[エンタープライズ アプリ]、[すべてのアプリケーション] セクションの順に移動します。In the Azure portal, browse to the Azure Active Directory > Enterprise Apps > All applications section.

  2. シングル サインオンのために Box を既に構成している場合は、検索フィールドで Box のインスタンスを検索します。If you have already configured Box for single sign-on, search for your instance of Box using the search field. 構成していない場合は、 [追加] を選択してアプリケーション ギャラリーで Box を検索します。Otherwise, select Add and search for Box in the application gallery. 検索結果から Box を選択してアプリケーションの一覧に追加します。Select Box from the search results, and add it to your list of applications.

  3. Box のインスタンスを選択してから、 [プロビジョニング] タブを選択します。Select your instance of Box, then select the Provisioning tab.

  4. [プロビジョニング モード][自動] に設定します。Set the Provisioning Mode to Automatic.

    プロビジョニング

  5. [管理者資格情報] セクションの [承認する] をクリックして、新しいブラウザー ウィンドウで Box のログイン ダイアログを開きます。Under the Admin Credentials section, click Authorize to open a Box login dialog in a new browser window.

  6. [Box へのアクセスを許可するにはログインしてください] ページで、必要な資格情報を入力し、 [認証する] をクリックします。On the Login to grant access to Box page, provide the required credentials, and then click Authorize.

    Enable automatic user provisioningEnable automatic user provisioning

  7. [Box のアクセス許可] をクリックしてこの操作を承認し、Azure Portal に戻ります。Click Grant access to Box to authorize this operation and to return to the Azure portal.

    Enable automatic user provisioningEnable automatic user provisioning

  8. Azure Portal で、 [テスト接続] をクリックして Azure AD が Box アプリに接続できることを確認します。In the Azure portal, click Test Connection to ensure Azure AD can connect to your Box app. 接続が失敗した場合、使用中の Box アカウントに Team Admin アクセス許可があることを確認して、 "承認" の手順をもう一度試してください。If the connection fails, ensure your Box account has Team Admin permissions and try the "Authorize" step again.

  9. プロビジョニングのエラー通知を受け取るユーザーまたはグループの電子メール アドレスを [通知用メール] フィールドに入力して、下のチェック ボックスをオンにします。Enter the email address of a person or group who should receive provisioning error notifications in the Notification Email field, and check the checkbox.

  10. [保存] をクリックします。Click Save.

  11. [マッピング] セクションの [Synchronize Azure Active Directory Users to Slack (Azure Active Directory ユーザーを Box に同期する)] を選択します。Under the Mappings section, select Synchronize Azure Active Directory Users to Box.

  12. [属性マッピング] セクションで、Azure AD から Box に同期されるユーザー属性を確認します。In the Attribute Mappings section, review the user attributes that are synchronized from Azure AD to Box. [照合] プロパティとして選択されている属性は、更新処理で Box のユーザー アカウントとの照合に使用されます。The attributes selected as Matching properties are used to match the user accounts in Box for update operations. [保存] ボタンをクリックして変更をコミットします。Select the Save button to commit any changes.

  13. Box に対して Azure AD プロビジョニング サービスを有効にするには、[設定] セクションで [プロビジョニング状態][オン] に変更します。To enable the Azure AD provisioning service for Box, change the Provisioning Status to On in the Settings section

  14. [保存] をクリックします。Click Save.

[ユーザーとグループ] セクションで Box に割り当てたユーザーやグループの初期同期が開始されます。That starts the initial synchronization of any users and/or groups assigned to Box in the Users and Groups section. 初期同期は後続の同期よりも実行に時間がかかります。後続の同期は、サービスが実行されている限り約 40 分ごとに実行されます。The initial sync takes longer to perform than subsequent syncs, which occur approximately every 40 minutes as long as the service is running. [同期の詳細] セクションを使用すると、進行状況を監視できるほか、リンクをクリックしてプロビジョニング アクティビティ ログを取得できます。このログには、プロビジョニング サービスによって Box アプリに対して実行されたすべてのアクションが記載されています。You can use the Synchronization Details section to monitor progress and follow links to provisioning activity logs, which describe all actions performed by the provisioning service on your Box app.

Azure AD プロビジョニング ログの読み取りの詳細については、「自動ユーザー アカウント プロビジョニングについてのレポート」をご覧ください。For more information on how to read the Azure AD provisioning logs, see Reporting on automatic user account provisioning.

Box テナントでは、同期済みのユーザーは、 [管理コンソール][管理対象のユーザー] に表示されます。In your Box tenant, synchronized users are listed under Managed Users in the Admin Console.

Integration statusIntegration status

その他のリソースAdditional resources