チュートリアル: Azure AD SSO と Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の統合

このチュートリアルでは、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft と Azure Active Directory (Azure AD) を統合する方法について説明します。 Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft と Azure AD を統合すると、次のことができます。

  • Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft にアクセスする Azure AD ユーザーを制御する。
  • ユーザーが自分の Azure AD アカウントを使用して Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft に自動的にサインインできるようにする。
  • 1 つの中央サイト (Azure Portal) で自分のアカウントを管理します。

前提条件

開始するには、次が必要です。

  • Azure AD サブスクリプション。
  • Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft でのシングル サインオン (SSO) が有効なサブスクリプション。
  • Google Apps サブスクリプションまたは Google Cloud Platform サブスクリプション

注意

このチュートリアルの手順をテストする場合、運用環境を使用しないことをお勧めします。 このドキュメントは、新しいユーザー シングル サインオン エクスペリエンスを使用して作成されました。 まだ古いものを使用している場合、セットアップは異なります。 G-Suite アプリケーションのシングル サインオン設定で、新しいエクスペリエンスを有効にすることができます。 [Azure AD]、[エンタープライズ アプリケーション] に移動し、[Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft][シングル サインオン] の順に選択して、[新しいエクスペリエンスをお試しください] をクリックします。

このチュートリアルの手順をテストするには、次の推奨事項に従ってください。

  • 必要な場合を除き、運用環境は使用しないでください。
  • サブスクリプションがない場合は、無料アカウントを取得できます。

よく寄せられる質問

  1. Q:この統合では、Google Cloud Platform と Azure AD の SSO 統合はサポートされていますか。

    A:はい。 Google Cloud Platform と Google Apps は同じ認証プラットフォームを共有します。 そのため、GCP の統合を実行するには、Google Apps で SSO を構成する必要があります。

  2. Q:Chromebook とその他の Chrome デバイスは、Azure AD シングル サインオンと互換性がありますか。

    A:はい。ユーザーは Azure AD の資格情報を使用して、Chromebook デバイスにサインインすることができます。 ユーザーに資格情報の入力を求めるメッセージが 2 回表示される場合がある理由については、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のこちらのサポート記事をご覧ください。

  3. Q:シングル サインオンを有効にした場合、ユーザーは Google Classroom、GMail、Google Drive、YouTube などの Google 製品にサインインするために Azure AD 資格情報を使用できますか。

    A: はい。Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft ごとに、組織で有効にするか無効にするかを選択します。

  4. Q: Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft ユーザーの一部のみに、シングル サインオンを有効にすることはできますか。

    A: いいえ。シングル サインオンを有効にすると、直ちにすべての Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft ユーザーが自分の Azure AD 資格情報での認証を要求されるようになります。 Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft は複数の ID プロバイダーの利用をサポートしていないため、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft 環境の ID プロバイダーは Azure AD か Google のどちらかであり、同時に両方を利用することはできません。

  5. Q: Windows でサインインしたユーザーは、パスワードの入力を求められることなく、自動的に Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft に対して認証されますか。

    A:このシナリオを有効にするには、2 つのオプションがあります。 まず、ユーザーは Azure Active Directory 参加を通じて Windows 10 デバイスにサインインできます。 また、ユーザーは、 Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) デプロイを通じて Azure AD へのシングル サインオンが有効になっているオンプレミスの Active Directory にドメイン参加している Windows デバイスにサインインすることもできます。 どちらのオプションでも、以下のチュートリアルの手順に従って、Azure AD と Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft との間のシングル サインオンを有効にする必要があります。

  6. Q:"無効な電子メール" というエラー メッセージが表示される場合はどうすればよいでしょうか。

    A:このセットアップでは、ユーザーがサインインできるにはメール属性が必要です。 この属性は手動では設定できません。

    メール属性は、有効な Exchange ライセンスを持つユーザーに自動的に設定されます。 メールが有効になっていないユーザーの場合、アプリケーションでアクセス権を付与するにはこの属性を取得する必要があるため、このエラーを受け取ります。

    管理者アカウントで portal.office.com に移動し、管理センター、課金、サブスクリプションの順にクリックして、Microsoft 365 サブスクリプションを選択します。次に、ユーザーへの割り当てをクリックし、サブスクリプションを確認するユーザーを選択して、右側のペインでライセンスの編集をクリックします。

    Microsoft 365 ライセンスの割り当てが適用されるまでに数分かかる場合があります。 その後、user.mail 属性が自動的に設定されて、問題は解決します。

シナリオの説明

このチュートリアルでは、テスト環境で Azure AD の SSO を構成してテストします。

Azure AD への Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の統合を構成するには、ギャラリーからマネージド SaaS アプリの一覧に Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft を追加する必要があります。

  1. 職場または学校アカウントか、個人の Microsoft アカウントを使用して、Azure portal にサインインします。
  2. 左のナビゲーション ウィンドウで [Azure Active Directory] サービスを選択します。
  3. [エンタープライズ アプリケーション] に移動し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。
  4. 新しいアプリケーションを追加するには、 [新しいアプリケーション] を選択します。
  5. [ギャラリーから追加する] セクションで、検索ボックスに「Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft」と入力します。
  6. 結果のパネルから Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft を選択し、アプリを追加します。 お使いのテナントにアプリが追加されるのを数秒待機します。

Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft に対する Azure AD シングル サインオンの構成とテスト

B.Simon というテスト ユーザーを使用して、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft に対する Azure AD SSO を構成してテストします。 SSO が機能するためには、Azure AD ユーザーと Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の関連ユーザーとの間にリンク関係を確立する必要があります。

Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft に対する Azure AD SSO を構成してテストするには、次の手順を行います。

  1. Azure AD SSO の構成 - ユーザーがこの機能を使用できるようにします。
    1. Azure AD のテスト ユーザーの作成 - B.Simon で Azure AD のシングル サインオンをテストします。
    2. Azure AD テスト ユーザーの割り当て - B.Simon が Azure AD シングル サインオンを使用できるようにします。
  2. Google Cloud/G Suite Connector by Microsoft SSO の構成 - アプリケーション側でシングル サインオン設定を構成します。
    1. Google Cloud/G Suite Connector by Microsoft のテスト ユーザーの作成 - Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft で B.Simon に対応するユーザーを作成し、Azure AD の B.Simon にリンクさせます。
  3. SSO のテスト - 構成が機能するかどうかを確認します。

Azure AD SSO の構成

これらの手順に従って、Azure portal で Azure AD SSO を有効にします。

  1. Azure portal の Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft アプリケーション統合ページで、[管理] セクションを探し、[シングル サインオン] を選択します。

  2. [シングル サインオン方式の選択] ページで、 [SAML] を選択します。

  3. [SAML によるシングル サインオンのセットアップ] ページで、 [基本的な SAML 構成] の鉛筆アイコンをクリックして設定を編集します。

    Edit Basic SAML Configuration

  4. [基本的な SAML 構成] セクションで、Gmail を構成する場合は次の手順で行います。

    a. [識別子] ボックスに、次のいずれかのパターンで URL を入力します。

    Identifier
    google.com/a/<yourdomain.com>
    google.com
    https://google.com
    https://google.com/a/<yourdomain.com>

    b. [応答 URL] ボックスに、次のいずれかの形式で URL を入力します。

    応答 URL
    https://www.google.com
    https://www.google.com/a/<yourdomain.com>

    c. [サインオン URL] ボックスに、https://www.google.com/a/<yourdomain.com>/ServiceLogin?continue=https://mail.google.com のパターンを使用して URL を入力します。

  5. [基本的な SAML 構成] セクションで、Google Cloud Platform を構成する場合は次の手順で行います。

    a. [識別子] ボックスに、次のいずれかのパターンで URL を入力します。

    Identifier
    google.com/a/<yourdomain.com>
    google.com
    https://google.com
    https://google.com/a/<yourdomain.com>

    b. [応答 URL] ボックスに、次のいずれかの形式で URL を入力します。

    応答 URL
    https://www.google.com/acs
    https://www.google.com/a/<yourdomain.com>/acs

    c. [サインオン URL] ボックスに、https://www.google.com/a/<yourdomain.com>/ServiceLogin?continue=https://console.cloud.google.com のパターンを使用して URL を入力します。

    注意

    これらは実際の値ではありません。 実際の識別子、応答 URL、サインオン URL でこれらの値を更新します。 Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft ではシングル サインオン構成のエンティティ ID も識別子の値も提供されないため、[domain specific issuer](ドメイン固有の発行者) オプションをオフにすると、識別子の値は google.com になります。 [domain specific issuer](ドメイン固有の発行者) オプションをオンにすると、値は google.com/a/<yourdomainname.com> になります。 [domain specific issuer](ドメイン固有の発行者) オプションをオンまたはオフにするには、以降のチュートリアルで説明する「Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft SSO の構成」セクションに移動する必要があります。 詳細については、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft クライアント サポート チームにお問い合わせください。

  6. Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft アプリケーションでは、特定の形式の SAML アサーションが求められます。そのため、カスタム属性マッピングを SAML トークン属性構成に追加する必要があります。 次のスクリーンショットはその例です。 [一意のユーザー ID] の既定値は user.userprincipalname ですが、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft ではこれがユーザーのメール アドレスにマップされていることを想定しています。 そのため、一覧の user.mail 属性を使用するか、組織構成に基づいて適切な属性値を使用できます。

    image

  7. [SAML でシングル サインオンをセットアップします] ページの [SAML 署名証明書] セクションで、 [証明書 (Base64)] を見つけて、 [ダウンロード] を選択し、証明書をダウンロードして、お使いのコンピューターに保存します。

    The Certificate download link

  8. [Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のセットアップ] セクションで、自分の要件に基づいて適切な URL をコピーします。

    Copy configuration URLs

    https://login.microsoftonline.com/common/wsfederation?wa=wsignout1.0
    

Azure AD のテスト ユーザーの作成

このセクションでは、Azure portal 内で B.Simon というテスト ユーザーを作成します。

  1. Azure portal の左側のウィンドウから、 [Azure Active Directory][ユーザー][すべてのユーザー] の順に選択します。
  2. 画面の上部にある [新しいユーザー] を選択します。
  3. [ユーザー] プロパティで、以下の手順を実行します。
    1. [名前] フィールドに「B.Simon」と入力します。
    2. [ユーザー名] フィールドに「username@companydomain.extension」と入力します。 たとえば、「 B.Simon@contoso.com 」のように入力します。
    3. [パスワードを表示] チェック ボックスをオンにし、 [パスワード] ボックスに表示された値を書き留めます。
    4. Create をクリックしてください。

Azure AD テスト ユーザーの割り当て

このセクションでは、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft へのアクセスを許可することで、B.Simon が Azure シングル サインオンを使用できるようにします。

  1. Azure portal で [エンタープライズ アプリケーション] を選択し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。
  2. アプリケーションの一覧で Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft を選択します。
  3. アプリの概要ページで、 [管理] セクションを見つけて、 [ユーザーとグループ] を選択します。
  4. [ユーザーの追加] を選択し、 [割り当ての追加] ダイアログで [ユーザーとグループ] を選択します。
  5. [ユーザーとグループ] ダイアログの [ユーザー] の一覧から [B.Simon] を選択し、画面の下部にある [選択] ボタンをクリックします。
  6. ユーザーにロールが割り当てられることが想定される場合は、 [ロールの選択] ドロップダウンからそれを選択できます。 このアプリに対してロールが設定されていない場合は、[既定のアクセス] ロールが選択されていることを確認します。
  7. [割り当ての追加] ダイアログで、 [割り当て] をクリックします。

Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft SSO を構成する

  1. ブラウザーで新しいタブを開き、管理者アカウントを使用して Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の管理コンソールにサインインします。

  2. [メニュー]、[セキュリティ]、[認証]、[サード パーティの IDP による SSO] の順に移動します。

    G suite security page.

  3. [組織のサードパーティ SSO プロファイル] タブで、次の構成変更を実行します。

    Configure SSO.

    a. [組織の SSO プロファイ] を有効にします。

    b. Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の [サインイン ページの URL] フィールドに、Azure portal からコピーした [ログイン URL] の値を貼り付けます。

    c. Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の [サインアウト ページの URL] フィールドに、Azure portal からコピーした [ログアウト URL] の値を貼り付けます。

    d. Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の [検証証明書] に、Azure portal からダウンロードした証明書をアップロードします。

    e. 上記の Azure AD の [基本的な SAML 構成] セクションに記載されている注意事項に従って、 [Use a domain specific issuer](ドメイン固有の発行者を使用する) オプションをオンまたはオフにします。

    f. Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft の [パスワード変更の URL] フィールドに、https://account.activedirectory.windowsazure.com/changepassword.aspx のような値を入力します。

    g. [保存] をクリックします。

Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のテスト ユーザーを作成する

このセクションの目的は、B.Simon というユーザーを Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft で作成することです。 Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft で手動で作成されたユーザーは、Microsoft 365 のログイン資格情報を使用してサインインできるようになります。

Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft は、自動ユーザー プロビジョニングもサポートします。 自動ユーザープロビジョニングを構成するには、まず Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft を構成し、自動ユーザー プロビジョニングに対応させる必要があります。

Note

シングル サインオンをテストする前に Azure AD でのプロビジョニングが有効にされていない場合は、既に Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft にユーザーが存在していることを確認してください。

注意

ユーザーを手動で作成する必要がある場合は、Google サポート チームにお問い合わせください。

SSO のテスト

このセクションでは、次のオプションを使用して Azure AD のシングル サインオン構成をテストします。

  • Azure portal で [このアプリケーションをテストします] をクリックします。 これにより、ログイン フローを開始できる Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のサインオン URL にリダイレクトされます。

  • Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のサインオン URL に直接移動し、そこからログイン フローを開始します。

  • Microsoft マイ アプリを使用することができます。 マイ アプリで [Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft] タイルをクリックすると、Google Cloud / G Suite Connector by Microsoft のサインオン URL にリダイレクトされます。 マイ アプリの詳細については、マイ アプリの概要に関するページを参照してください。

次のステップ

Google Cloud /G Suite Connector by Microsoft を構成したら、組織の機密データを流出と侵入からリアルタイムで保護するセッション制御を適用することができます。 セッション制御は、条件付きアクセスを拡張したものです。 Microsoft Defender for Cloud Apps でセッション制御を強制する方法をご覧ください。