チュートリアル:Azure Active Directory シングル サインオン (SSO) と Netskope User Authentication の統合Tutorial: Azure Active Directory single sign-on (SSO) integration with Netskope User Authentication

このチュートリアルでは、Netskope User Authentication と Azure Active Directory (Azure AD) を統合する方法について説明します。In this tutorial, you'll learn how to integrate Netskope User Authentication with Azure Active Directory (Azure AD). Azure AD と Netskope User Authentication を統合すると、次のことが可能になります。When you integrate Netskope User Authentication with Azure AD, you can:

  • Netskope User Authentication にアクセスできるユーザーを Azure AD で制御できます。Control in Azure AD who has access to Netskope User Authentication.
  • ユーザーが自分の Azure AD アカウントで Netskope User Authentication に自動的にサインインするように設定できます。Enable your users to be automatically signed-in to Netskope User Authentication with their Azure AD accounts.
  • 1 つの中央サイト (Azure Portal) で自分のアカウントを管理します。Manage your accounts in one central location - the Azure portal.

前提条件Prerequisites

開始するには、次が必要です。To get started, you need the following items:

  • Azure AD サブスクリプション。An Azure AD subscription. サブスクリプションがない場合は、無料アカウントを取得できます。If you don't have a subscription, you can get a free account.
  • Netskope User Authentication でのシングル サインオン (SSO) が有効なサブスクリプション。Netskope User Authentication single sign-on (SSO) enabled subscription.

シナリオの説明Scenario description

このチュートリアルでは、テスト環境で Azure AD の SSO を構成してテストします。In this tutorial, you configure and test Azure AD SSO in a test environment.

  • Netskope User Authentication では、SP Initiated SSO と IDP Initiated SSO がサポートされます。Netskope User Authentication supports SP and IDP initiated SSO.

Azure AD への Netskope User Authentication の統合を構成するには、マネージド SaaS アプリの一覧にギャラリーから Netskope User Authentication を追加する必要があります。To configure the integration of Netskope User Authentication into Azure AD, you need to add Netskope User Authentication from the gallery to your list of managed SaaS apps.

  1. 職場または学校アカウントか、個人の Microsoft アカウントを使用して、Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal using either a work or school account, or a personal Microsoft account.
  2. 左のナビゲーション ウィンドウで [Azure Active Directory] サービスを選択します。On the left navigation pane, select the Azure Active Directory service.
  3. [エンタープライズ アプリケーション] に移動し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。Navigate to Enterprise Applications and then select All Applications.
  4. 新しいアプリケーションを追加するには、 [新しいアプリケーション] を選択します。To add new application, select New application.
  5. [ギャラリーから追加する] セクションで、検索ボックスに、「Netskope User Authentication」と入力します。In the Add from the gallery section, type Netskope User Authentication in the search box.
  6. 結果のパネルから [Netskope User Authentication] を選択し、アプリを追加します。Select Netskope User Authentication from results panel and then add the app. お使いのテナントにアプリが追加されるのを数秒待機します。Wait a few seconds while the app is added to your tenant.

Netskope User Authentication の Azure AD SSO の構成とテストConfigure and test Azure AD SSO for Netskope User Authentication

B.Simon というテスト ユーザーを使用して、Netskope User Authentication に対する Azure AD SSO を構成してテストします。Configure and test Azure AD SSO with Netskope User Authentication using a test user called B.Simon. SSO を機能させるためには、Azure AD ユーザーと Netskope User Authentication の関連ユーザーとの間にリンク関係を確立する必要があります。For SSO to work, you need to establish a link relationship between an Azure AD user and the related user in Netskope User Authentication.

Netskope User Authentication で Azure AD SSO を構成してテストするには、次の構成要素を完了する必要があります。To configure and test Azure AD SSO with Netskope User Authentication, complete the following building blocks:

  1. Azure AD SSO の構成 - ユーザーがこの機能を使用できるようにします。Configure Azure AD SSO - to enable your users to use this feature.
    1. Azure AD のテスト ユーザーの作成 - B.Simon で Azure AD のシングル サインオンをテストします。Create an Azure AD test user - to test Azure AD single sign-on with B.Simon.
    2. Azure AD テスト ユーザーの割り当て - B.Simon が Azure AD シングル サインオンを使用できるようにします。Assign the Azure AD test user - to enable B.Simon to use Azure AD single sign-on.
  2. Netskope User Authentication SSO の構成 - アプリケーション側でシングル サインオンを構成します。Configure Netskope User Authentication SSO - to configure the single sign-on settings on application side.
    1. Netskope User Authentication のテスト ユーザーの作成 - Netskope User Authentication で B.Simon に対応するユーザーを作成し、Azure AD の B.Simon にリンクさせます。Create Netskope User Authentication test user - to have a counterpart of B.Simon in Netskope User Authentication that is linked to the Azure AD representation of user.
  3. SSO のテスト - 構成が機能するかどうかを確認します。Test SSO - to verify whether the configuration works.

Azure AD SSO の構成Configure Azure AD SSO

これらの手順に従って、Azure portal で Azure AD SSO を有効にします。Follow these steps to enable Azure AD SSO in the Azure portal.

  1. Azure portal の Netskope User Authentication アプリケーション統合ページで、 [管理] セクションを見つけて、 [シングル サインオン] を選択します。In the Azure portal on the Netskope User Authentication application integration page, find the Manage section and select single sign-on.

  2. [シングル サインオン方式の選択] ページで、 [SAML] を選択します。On the Select a single sign-on method page, select SAML.

  3. [SAML によるシングル サインオンのセットアップ] ページで、 [基本的な SAML 構成] の鉛筆アイコンをクリックして設定を編集します。On the Set up single sign-on with SAML page, click the pencil icon for Basic SAML Configuration to edit the settings.

    基本的な SAML 構成を編集する

  4. [基本的な SAML 構成] セクションで、アプリケーションを IDP 開始モードで構成する場合は、次のフィールドの値を入力します。On the Basic SAML Configuration section, if you wish to configure the application in IDP initiated mode, enter the values for the following fields:

    a.a. [識別子] ボックスに、https://<tenantname>.goskope.com/<customer entered string> の形式で URL を入力します。In the Identifier text box, type a URL using the following pattern: https://<tenantname>.goskope.com/<customer entered string>

    b.b. [応答 URL] ボックスに、https://<tenantname>.goskope.com/nsauth/saml2/http-post/<customer entered string> のパターンを使用して URL を入力しますIn the Reply URL text box, type a URL using the following pattern: https://<tenantname>.goskope.com/nsauth/saml2/http-post/<customer entered string>

    注意

    これらは実際の値ではありません。These values are not real. 実際の識別子と応答 URL でこれらの値を更新します。Update these values with the actual Identifier and Reply URL. これらの値については、このチュートリアルの後半で説明します。You will get these values explained later in the tutorial.

  5. アプリケーションを SP 開始モードで構成する場合は、 [追加の URL を設定します] をクリックして次の手順を実行します。Click Set additional URLs and perform the following step if you wish to configure the application in SP initiated mode:

    [サインオン URL] ボックスに、https://<tenantname>.goskope.com という形式で URL を入力します。In the Sign-on URL text box, type a URL using the following pattern: https://<tenantname>.goskope.com

    注意

    [サインオン URL] は実際の値ではありません。The Sign-on URL values is not real. 実際のサインオン URL で [サインオン URL] の値を更新してください。Update Sign-on URL value with the actual Sign-on URL. サインオン URL 値を取得するには、Netskope User Authentication クライアント サポート チームにお問い合わせください。Contact Netskope User Authentication Client support team to get Sign-on URL value. Azure portal の [基本的な SAML 構成] セクションに示されているパターンを参照することもできます。You can also refer to the patterns shown in the Basic SAML Configuration section in the Azure portal.

  6. [SAML でシングル サインオンをセットアップします] ページの [SAML 署名証明書] セクションで、 [ダウンロード] をクリックして、要件のとおりに指定したオプションから フェデレーション メタデータ XML をダウンロードして、お使いのコンピューターに保存します。On the Set up Single Sign-On with SAML page, in the SAML Signing Certificate section, click Download to download the Federation Metadata XML from the given options as per your requirement and save it on your computer.

    証明書のダウンロードのリンク

  7. [Set up Netskope User Authentication](Netskope User Authentication の設定) セクションで、要件に基づいて適切な URL をコピーします。On the Set up Netskope User Authentication section, copy the appropriate URL(s) based on your requirement.

    構成 URL のコピー

Azure AD のテスト ユーザーの作成Create an Azure AD test user

このセクションでは、Azure portal 内で B.Simon というテスト ユーザーを作成します。In this section, you'll create a test user in the Azure portal called B.Simon.

  1. Azure portal の左側のウィンドウから、 [Azure Active Directory][ユーザー][すべてのユーザー] の順に選択します。From the left pane in the Azure portal, select Azure Active Directory, select Users, and then select All users.
  2. 画面の上部にある [新しいユーザー] を選択します。Select New user at the top of the screen.
  3. [ユーザー] プロパティで、以下の手順を実行します。In the User properties, follow these steps:
    1. [名前] フィールドに「B.Simon」と入力します。In the Name field, enter B.Simon.
    2. [ユーザー名] フィールドに「username@companydomain.extension」と入力します。In the User name field, enter the username@companydomain.extension. たとえば、「 B.Simon@contoso.com 」のように入力します。For example, B.Simon@contoso.com.
    3. [パスワードを表示] チェック ボックスをオンにし、 [パスワード] ボックスに表示された値を書き留めます。Select the Show password check box, and then write down the value that's displayed in the Password box.
    4. Create をクリックしてください。Click Create.

Azure AD テスト ユーザーの割り当てAssign the Azure AD test user

このセクションでは、B.Simon に Netskope User Authentication へのアクセスを許可することで、このユーザーが Azure シングル サインオンを使用できるようにします。In this section, you'll enable B.Simon to use Azure single sign-on by granting access to Netskope User Authentication.

  1. Azure portal で [エンタープライズ アプリケーション] を選択し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。In the Azure portal, select Enterprise Applications, and then select All applications.
  2. アプリケーションの一覧で、 [Netskope User Authentication] を選択します。In the applications list, select Netskope User Authentication.
  3. アプリの概要ページで、 [管理] セクションを見つけて、 [ユーザーとグループ] を選択します。In the app's overview page, find the Manage section and select Users and groups.
  4. [ユーザーの追加] を選択し、 [割り当ての追加] ダイアログで [ユーザーとグループ] を選択します。Select Add user, then select Users and groups in the Add Assignment dialog.
  5. [ユーザーとグループ] ダイアログの [ユーザー] の一覧から [B.Simon] を選択し、画面の下部にある [選択] ボタンをクリックします。In the Users and groups dialog, select B.Simon from the Users list, then click the Select button at the bottom of the screen.
  6. ユーザーにロールが割り当てられることが想定される場合は、 [ロールの選択] ドロップダウンからそれを選択できます。If you are expecting a role to be assigned to the users, you can select it from the Select a role dropdown. このアプリに対してロールが設定されていない場合は、[既定のアクセス] ロールが選択されていることを確認します。If no role has been set up for this app, you see "Default Access" role selected.
  7. [割り当ての追加] ダイアログで、 [割り当て] をクリックします。In the Add Assignment dialog, click the Assign button.

Netskope User Authentication SSO を構成するConfigure Netskope User Authentication SSO

  1. ブラウザーで新しいタブを開き、Netskope User Authentication の会社のサイトに管理者としてサインインします。Open a new tab in your browser, and sign in to your Netskope User Authentication company site as an administrator.

  2. [Active Platform](アクティブなプラットフォーム) タブをクリックします。Click Active Platform tab.

    [設定] で [アクティブなプラットフォーム] が選択されていることを示すスクリーンショット。

  3. [FORWARD PROXY](転送プロキシ) までスクロールして [SAML] を選択します。Scroll down to FORWARD PROXY and select SAML.

    [アクティブなプラットフォーム] で [SAML] が選択されていることを示すスクリーンショット。

  4. [SAML Settings] ページで、次の手順を実行します。On the SAML Settings page, perform the following steps:

    [SAML 設定] を示すスクリーンショット。ここでは、説明されている値を入力できます。

    a.a. [SAML Entity ID](SAML エンティティ ID) の値をコピーして、Azure portal の [基本的な SAML 構成] セクションにある [識別子] ボックスに貼り付けます。Copy SAML Entity ID value and paste it into the Identifier textbox in the Basic SAML Configuration section in the Azure portal.

    b.b. [SAML ACS URL] の値をコピーして、Azure portal の [基本的な SAML 構成] セクションの [応答 URL] ボックスに貼り付けます。Copy SAML ACS URL value and paste it into the Reply URL textbox in the Basic SAML Configuration section in the Azure portal.

  5. [ADD ACCOUNT](アカウントの追加) をクリックします。Click ADD ACCOUNT.

    [アカウントの追加] を示すスクリーンショット。[SAML] ウィンドウが選択されています。

  6. [Add SAML Account](SAML アカウントの追加) ページで、次の手順を実行します。On the Add SAML Account page, perform the following steps:

    [SAML アカウントの追加] を示すスクリーンショット。ここでは、説明されている値を入力できます。

    a.a. [NAME](名前) ボックスに、Azure AD のような名前を入力します。In the NAME textbox, provide the name like Azure AD.

    b.b. [IDP URL] テキスト ボックスに、Azure portal からコピーした ログイン URL の値を貼り付けます。In the IDP URL textbox, paste the Login URL value, which you have copied from the Azure portal.

    c.c. [IDP ENTITY ID](IDP エンティティ ID) テキスト ボックスに、Azure portal からコピーした Azure AD ID の値を貼り付けます。In the IDP ENTITY ID textbox, paste the Azure AD Identifier value, which you have copied from the Azure portal.

    d.d. ダウンロードしたメタデータ ファイルをメモ帳で開き、その内容をクリップボードにコピーし、 [IDP CERTIFICATE](IDP 証明書) テキストボックスに貼り付けます。Open your downloaded metadata file in notepad, copy the content of it into your clipboard, and then paste it to the IDP CERTIFICATE textbox.

    e.e. [保存] をクリックします。Click SAVE.

Netskope User Authentication テスト ユーザーを作成するCreate Netskope User Authentication test user

  1. ブラウザーで新しいタブを開き、Netskope User Authentication の会社のサイトに管理者としてサインインします。Open a new tab in your browser, and sign in to your Netskope User Authentication company site as an administrator.

  2. 左側のナビゲーション ペインの [Settings](設定) タブをクリックします。Click on the Settings tab from the left navigation pane.

    選択した [設定] を示すスクリーンショット。

  3. [Active Platform](アクティブなプラットフォーム) タブをクリックします。Click Active Platform tab.

    [設定] で [アクティブなプラットフォーム] が選択されていることを示すスクリーンショット。

  4. [Users] タブをクリックします。Click Users tab.

    [アクティブなプラットフォーム] で [ユーザー] が選択されていることを示すスクリーンショット。

  5. [ADD USERS](ユーザーの追加) をクリックします。Click ADD USERS.

    [ユーザー] ダイアログ ボックスを示すスクリーンショット。ここでは、[ユーザーの追加] を選択できます。

  6. 追加するユーザーのメール アドレスを入力し、 [ADD](追加) をクリックします。Enter the email address of the user you want to add and click ADD.

    [ユーザーの追加] を示すスクリーンショット。ここでは、ユーザーの一覧を入力できます。

SSO のテストTest SSO

このセクションでは、次のオプションを使用して Azure AD のシングル サインオン構成をテストします。In this section, you test your Azure AD single sign-on configuration with following options.

SP Initiated:SP initiated:

  • Azure portal で [このアプリケーションをテストします] をクリックします。Click on Test this application in Azure portal. これにより、ログイン フローを開始できる Netskope User Authentication のサインオン URL にリダイレクトされます。This will redirect to Netskope User Authentication Sign on URL where you can initiate the login flow.

  • Netskope User Authentication のサインオン URL に直接移動し、そこからログイン フローを開始します。Go to Netskope User Authentication Sign-on URL directly and initiate the login flow from there.

IDP Initiated:IDP initiated:

  • Azure portal で [このアプリケーションをテストします] をクリックすると、SSO を設定した Netskope User Authentication に自動的にサインインされます。Click on Test this application in Azure portal and you should be automatically signed in to the Netskope User Authentication for which you set up the SSO.

また、Microsoft マイ アプリを使用して、任意のモードでアプリケーションをテストすることもできます。You can also use Microsoft My Apps to test the application in any mode. マイ アプリで [Netskope User Authentication] タイルをクリックすると、SP モードで構成されている場合は、ログイン フローを開始するためのアプリケーション サインオン ページにリダイレクトされます。IDP モードで構成されている場合は、SSO を設定した Netskope User Authentication に自動的にサインインされます。When you click the Netskope User Authentication tile in the My Apps, if configured in SP mode you would be redirected to the application sign on page for initiating the login flow and if configured in IDP mode, you should be automatically signed in to the Netskope User Authentication for which you set up the SSO. マイ アプリの詳細については、マイ アプリの概要に関するページを参照してください。For more information about the My Apps, see Introduction to the My Apps.

次のステップNext steps

Netskope User Authentication を構成したら、組織の機密データを流出と侵入からリアルタイムで保護するセッション制御を適用できます。Once you configure Netskope User Authentication you can enforce session control, which protects exfiltration and infiltration of your organization’s sensitive data in real time. セッション制御は、条件付きアクセスを拡張したものです。Session control extends from Conditional Access. Microsoft Cloud App Security でセッション制御を強制する方法をご覧ください。Learn how to enforce session control with Microsoft Cloud App Security.