チュートリアル:Azure Active Directory シングル サインオン (SSO) と Slack の統合Tutorial: Azure Active Directory single sign-on (SSO) integration with Slack

このチュートリアルでは、Slack と Azure Active Directory (Azure AD) を統合する方法について説明します。In this tutorial, you'll learn how to integrate Slack with Azure Active Directory (Azure AD). Azure AD と Slack を統合すると、次のことができます。When you integrate Slack with Azure AD, you can:

  • Slack にアクセスする Azure AD ユーザーを制御できます。Control in Azure AD who has access to Slack.
  • ユーザーが自分の Azure AD アカウントを使用して Slack に自動的にサインインするように設定できます。Enable your users to be automatically signed-in to Slack with their Azure AD accounts.
  • 1 つの中央サイト (Azure Portal) で自分のアカウントを管理します。Manage your accounts in one central location - the Azure portal.

前提条件Prerequisites

開始するには、次が必要です。To get started, you need the following items:

  • Azure AD サブスクリプション。An Azure AD subscription. サブスクリプションがない場合は、無料アカウントを取得できます。If you don't have a subscription, you can get a free account.
  • Slack でのシングル サインオン (SSO) が有効なサブスクリプション。Slack single sign-on (SSO) enabled subscription.

注意

1 つのテナント内の複数の Slack インスタンスと統合する必要がある場合は、各アプリケーションの識別子を変数にすることができます。If you need to integrate with more than one Slack instance in one tenant, the identifier for each application can be a variable.

注意

この統合は、Azure AD 米国政府クラウド環境から利用することもできます。This integration is also available to use from Azure AD US Government Cloud environment. このアプリケーションは、Azure AD 米国政府クラウドのアプリケーション ギャラリーにあります。パブリック クラウドの場合と同じように構成してください。You can find this application in the Azure AD US Government Cloud Application Gallery and configure it in the same way as you do from public cloud.

シナリオの説明Scenario description

このチュートリアルでは、テスト環境で Azure AD の SSO を構成してテストします。In this tutorial, you configure and test Azure AD SSO in a test environment.

注意

このアプリケーションの識別子は固定文字列値であるため、1 つのテナントで構成できるインスタンスは 1 つだけです。Identifier of this application is a fixed string value so only one instance can be configured in one tenant.

Azure AD への Slack の統合を構成するには、ギャラリーから管理対象 SaaS アプリの一覧に Slack を追加する必要があります。To configure the integration of Slack into Azure AD, you need to add Slack from the gallery to your list of managed SaaS apps.

  1. 職場または学校アカウントか、個人の Microsoft アカウントを使用して、Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal using either a work or school account, or a personal Microsoft account.
  2. 左のナビゲーション ウィンドウで [Azure Active Directory] サービスを選択します。On the left navigation pane, select the Azure Active Directory service.
  3. [エンタープライズ アプリケーション] に移動し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。Navigate to Enterprise Applications and then select All Applications.
  4. 新しいアプリケーションを追加するには、 [新しいアプリケーション] を選択します。To add new application, select New application.
  5. [ギャラリーから追加する] セクションで、検索ボックスに、「Slack」と入力します。In the Add from the gallery section, type Slack in the search box.
  6. 結果のパネルから [Slack] を選択し、アプリを追加します。Select Slack from results panel and then add the app. お使いのテナントにアプリが追加されるのを数秒待機します。Wait a few seconds while the app is added to your tenant.

Slack の Azure AD SSO の構成とテストConfigure and test Azure AD SSO for Slack

B.Simon というテスト ユーザーを使用して、Slack に対する Azure AD SSO を構成してテストします。Configure and test Azure AD SSO with Slack using a test user called B.Simon. SSO を機能させるために、Azure AD ユーザーと Slack の関連ユーザーとの間にリンク関係を確立する必要があります。For SSO to work, you need to establish a link relationship between an Azure AD user and the related user in Slack.

Slack に対して Azure AD SSO を構成してテストするには、次の手順を行います。To configure and test Azure AD SSO with Slack, perform the following steps:

  1. Azure AD SSO の構成 - ユーザーがこの機能を使用できるようにします。Configure Azure AD SSO - to enable your users to use this feature.
    1. Azure AD のテスト ユーザーの作成 - B.Simon で Azure AD のシングル サインオンをテストします。Create an Azure AD test user - to test Azure AD single sign-on with B.Simon.
    2. Azure AD テスト ユーザーの割り当て - B.Simon が Azure AD シングル サインオンを使用できるようにします。Assign the Azure AD test user - to enable B.Simon to use Azure AD single sign-on.
  2. Slack の SSO の構成 - アプリケーション側でシングル サインオン設定を構成します。Configure Slack SSO - to configure the single sign-on settings on application side.
    1. Slack のテスト ユーザーの作成 - Slack で B.Simon に対応するユーザーを作成し、Azure AD の B.Simon にリンクします。Create Slack test user - to have a counterpart of B.Simon in Slack that is linked to the Azure AD representation of user.
  3. SSO のテスト - 構成が機能するかどうかを確認します。Test SSO - to verify whether the configuration works.

Azure AD SSO の構成Configure Azure AD SSO

これらの手順に従って、Azure portal で Azure AD SSO を有効にします。Follow these steps to enable Azure AD SSO in the Azure portal.

  1. Azure portal の Slack アプリケーション統合ページで、 [管理] セクションを見つけて、 [シングル サインオン] を選択します。In the Azure portal, on the Slack application integration page, find the Manage section and select single sign-on.

  2. [シングル サインオン方式の選択] ページで、 [SAML] を選択します。On the Select a single sign-on method page, select SAML.

  3. [SAML でシングル サインオンをセットアップします] ページで、 [基本的な SAML 構成] の編集 (ペン) アイコンをクリックして設定を編集します。On the Set up single sign-on with SAML page, click the edit/pen icon for Basic SAML Configuration to edit the settings.

    基本的な SAML 構成を編集する

  4. [基本的な SAML 構成] セクションで、次のフィールドの値を入力します。On the Basic SAML Configuration section, enter the values for the following fields:

    a.a. [サインオン URL] ボックスに、次のパターンを使用して URL を入力します。https://<DOMAIN NAME>.slack.com/sso/saml/startIn the Sign on URL text box, type a URL using the following pattern: https://<DOMAIN NAME>.slack.com/sso/saml/start

    b.b. [識別子 (エンティティ ID)] ボックスに https://slack.com という URL を入力します。In the Identifier (Entity ID) text box, type the URL: https://slack.com

    c.c. [応答 URL] に、次の URL パターンのいずれかを入力します。For Reply URL, enter one of the following URL pattern:

    [応答 URL]Reply URL
    https://<DOMAIN NAME>.slack.com/sso/saml
    https://<DOMAIN NAME>.enterprise.slack.com/sso/saml

    注意

    これらは実際の値ではありません。These values aren't real. 実際のサインオン URL および応答 URL でこれらの値を更新する必要があります。You need to update these values with the actual Sign-on URL and Reply URL. 値を取得するには、Slack クライアント サポート チームにお問い合わせください。Contact Slack Client support team to get the value. Azure portal の [基本的な SAML 構成] セクションに示されているパターンを参照することもできます。You can also refer to the patterns shown in the Basic SAML Configuration section in the Azure portal.

    注意

    テナントと統合する必要がある Slack インスタンスが複数ある場合は、 [識別子 (エンティティ ID)] の値を変数にすることができます。The value for Identifier (Entity ID) can be a variable if you have more than one Slack instance that you need to integrate with the tenant. https://<DOMAIN NAME>.slack.com というパターンを使用します。Use the pattern https://<DOMAIN NAME>.slack.com. このシナリオでは、同じ値を使用して、Slack の別の設定と組み合わせる必要もあります。In this scenario, you also must pair with another setting in Slack by using the same value.

  5. Slack アプリケーションでは、特定の形式の SAML アサーションを使用するため、カスタム属性マッピングを SAML トークン属性の構成に追加する必要があります。Slack application expects the SAML assertions in a specific format, which requires you to add custom attribute mappings to your SAML token attributes configuration. 次のスクリーンショットには、既定の属性一覧が示されています。The following screenshot shows the list of default attributes.

    image

  6. その他に、Slack アプリケーションでは、いくつかの属性が SAML 応答で返されることが想定されています。それらの属性を次に示します。In addition to above, Slack application expects few more attributes to be passed back in SAML response which are shown below. これらの属性も値が事前に設定されますが、要件に従ってそれらの値を確認することができます。These attributes are also pre populated but you can review them as per your requirements. また、email 属性も追加する必要があります。You also must add the email attribute. ユーザーがメール アドレスを持っていない場合は、emailaddressuser.userprincipalname にマップし、emailuser.userprincipalname にマップします。If the user does not have an email address, map emailaddress to user.userprincipalname and map email to user.userprincipalname.

    名前Name ソース属性Source Attribute
    emailaddressemailaddress user.userprincipalnameuser.userprincipalname
    emailemail user.userprincipalnameuser.userprincipalname

    注意

    サービス プロバイダー (SP) の構成を設定するには、SAML 構成ページの [詳細オプション] の横にある [展開] をクリックする必要があります。In order to set up the service provider (SP) configuration, you must click on Expand next to Advanced Options in the SAML configuration page. [Service Provider Issuer](サービス プロバイダーの発行者) ボックスに、ワークスペースの URL を入力します。In the Service Provider Issuer box, enter the workspace URL. 既定値は slack.com です。The default is slack.com.

  7. [SAML でシングル サインオンをセットアップします] ページの [SAML 署名証明書] セクションで、 [証明書 (Base64)] を見つけて、 [ダウンロード] を選択し、証明書をダウンロードして、お使いのコンピューターに保存します。On the Set up single sign-on with SAML page, in the SAML Signing Certificate section, find Certificate (Base64) and select Download to download the certificate and save it on your computer.

    証明書のダウンロードのリンク

  8. [Slack のセットアップ] セクションで、要件に基づいて適切な URL をコピーします。On the Set up Slack section, copy the appropriate URL(s) based on your requirement.

    構成 URL のコピー

Azure AD のテスト ユーザーの作成Create an Azure AD test user

このセクションでは、Azure portal 内で B.Simon というテスト ユーザーを作成します。In this section, you'll create a test user in the Azure portal called B.Simon.

  1. Azure portal の左側のウィンドウから、 [Azure Active Directory][ユーザー][すべてのユーザー] の順に選択します。From the left pane in the Azure portal, select Azure Active Directory, select Users, and then select All users.
  2. 画面の上部にある [新しいユーザー] を選択します。Select New user at the top of the screen.
  3. [ユーザー] プロパティで、以下の手順を実行します。In the User properties, follow these steps:
    1. [名前] フィールドに「B.Simon」と入力します。In the Name field, enter B.Simon.
    2. [ユーザー名] フィールドに「username@companydomain.extension」と入力します。In the User name field, enter the username@companydomain.extension. たとえば、「 B.Simon@contoso.com 」のように入力します。For example, B.Simon@contoso.com.
    3. [パスワードを表示] チェック ボックスをオンにし、 [パスワード] ボックスに表示された値を書き留めます。Select the Show password check box, and then write down the value that's displayed in the Password box.
    4. Create をクリックしてください。Click Create.

Azure AD テスト ユーザーの割り当てAssign the Azure AD test user

このセクションでは、B.Simon に Slack へのアクセスを許可することで、このユーザーが Azure シングル サインオンを使用できるようにします。In this section, you'll enable B.Simon to use Azure single sign-on by granting access to Slack.

  1. Azure portal で [エンタープライズ アプリケーション] を選択し、 [すべてのアプリケーション] を選択します。In the Azure portal, select Enterprise Applications, and then select All applications.

  2. アプリケーションの一覧で [Slack] を選択します。In the applications list, select Slack.

  3. アプリの概要ページで、 [管理] セクションを見つけて、 [ユーザーとグループ] を選択します。In the app's overview page, find the Manage section and select Users and groups.

  4. [ユーザーの追加] を選択し、 [割り当ての追加] ダイアログで [ユーザーとグループ] を選択します。Select Add user, then select Users and groups in the Add Assignment dialog.

  5. [ユーザーとグループ] ダイアログの [ユーザー] の一覧から [B.Simon] を選択し、画面の下部にある [選択] ボタンをクリックします。In the Users and groups dialog, select B.Simon from the Users list, then click the Select button at the bottom of the screen.

  6. ユーザーにロールが割り当てられることが想定される場合は、 [ロールの選択] ドロップダウンからそれを選択できます。If you are expecting a role to be assigned to the users, you can select it from the Select a role dropdown. このアプリに対してロールが設定されていない場合は、[既定のアクセス] ロールが選択されていることを確認します。If no role has been set up for this app, you see "Default Access" role selected.

  7. [割り当ての追加] ダイアログで、 [割り当て] をクリックします。In the Add Assignment dialog, click the Assign button.

Slack の SSO の構成Configure Slack SSO

  1. Slack 内での構成を自動化するには、 [拡張機能のインストール] をクリックして My Apps Secure Sign-in ブラウザー拡張機能 をインストールする必要があります。To automate the configuration within Slack, you need to install My Apps Secure Sign-in browser extension by clicking Install the extension.

    マイ アプリの拡張機能

  2. ブラウザーに拡張機能を追加した後、 [Slack のセットアップ] をクリックすると、Slack アプリケーションに移動します。After adding extension to the browser, click on Set up Slack will direct you to the Slack application. そこから、管理者の資格情報を入力して Slack にサインインします。From there, provide the admin credentials to sign into Slack. ブラウザー拡張機能によりアプリケーションが自動的に構成され、手順 3 ~ 6 が自動化されます。The browser extension will automatically configure the application for you and automate steps 3-6.

    セットアップの構成

  3. Slack を手動でセットアップする場合は、別の Web ブラウザー ウィンドウで、Slack 企業サイトに管理者としてサインインします。If you want to setup Slack manually, in a different web browser window, sign in to your Slack company site as an administrator.

  4. [Microsoft Azure AD][Team Settings] の順に選択します。Navigate to Microsoft Azure AD then go to Team Settings.

    [Microsoft Azure AD] でのシングル サインオンの構成

  5. [Team Settings] セクションで、 [Authentication] タブをクリックし、 [Change Settings] をクリックします。In the Team Settings section, click the Authentication tab, and then click Change Settings.

    [Team Settings](チーム設定) でのシングル サインオンの構成

  6. [SAML Authentication Settings] ダイアログで、次の手順を実行します。On the SAML Authentication Settings dialog, perform the following steps:

    [SAML Authentication Settings](SAML 認証設定) でのシングル サインオンの構成

    a.a. [SAML 2.0 Endpoint (HTTP)](SAML 2.0 エンドポイント (HTTP)) テキスト ボックスに、Azure portal からコピーした ログイン URL の値を貼り付けます。In the SAML 2.0 Endpoint (HTTP) textbox, paste the value of Login URL, which you have copied from Azure portal.

    b.b. [Identity Provider Issuer](ID プロバイダー発行者) テキスト ボックスに、Azure portal からコピーした Azure AD 識別子 の値を貼り付けます。In the Identity Provider Issuer textbox, paste the value of Azure Ad Identifier, which you have copied from Azure portal.

    c.c. ダウンロードした証明書ファイルをメモ帳で開き、その内容をクリップボードにコピーし、 [公開証明書] ボックスに貼り付けます。Open your downloaded certificate file in Notepad, copy the content of it into your clipboard, and then paste it to the Public Certificate textbox.

    d.d. 必要に応じて、Slack チームに上記の 3 つの設定を構成します。Configure the above three settings as appropriate for your Slack team. 設定の詳細については、Slack の SSO 構成ガイド をこちらから参照してください。For more information about the settings, please find the Slack's SSO configuration guide here. https://get.slack.help/hc/articles/220403548-Guide-to-single-sign-on-with-Slack%60

    アプリ側でのシングル サインオンの構成

    e.e. [expand](展開) をクリックし、 [Service provider issuer](サービス プロバイダー発行者) ボックスに「https://slack.com」と入力します。Click on expand and enter https://slack.com in the Service provider issuer textbox.

    f.f. [Save Configuration] をクリックします。Click Save Configuration.

    注意

    Azure AD と統合する必要がある複数の Slack インスタンスがある場合は、Azure アプリケーション 識別子 の設定と組み合わせることができるように、 [Service provider issuer](サービス プロバイダー発行者)https://<DOMAIN NAME>.slack.com を設定します。If you have more than one Slack instance that you need to integrate with Azure AD, set https://<DOMAIN NAME>.slack.com to Service provider issuer so that it can pair with the Azure application Identifier setting.

Slack のテスト ユーザーの作成Create Slack test user

このセクションの目的は、Slack で B.Simon というユーザーを作成することです。The objective of this section is to create a user called B.Simon in Slack. Slack では、Just-In-Time プロビジョニングがサポートされています。この設定は、既定で有効になっています。Slack supports just-in-time provisioning, which is by default enabled. このセクションでは、ユーザー側で必要な操作はありません。There is no action item for you in this section. 存在しない Slack ユーザーにアクセスしようとすると、新しいユーザーが自動的に作成されます。A new user is created during an attempt to access Slack if it doesn't exist yet. Slack はまた、 自動ユーザー プロビジョニングをサポートしています。自動ユーザー プロビジョニングの構成方法について詳しくは、こちらをご覧ください。Slack also supports automatic user provisioning, you can find more details here on how to configure automatic user provisioning.

注意

ユーザーを手動で作成する必要がある場合は、Slack のサポート チームにお問い合わせください。If you need to create a user manually, you need to contact Slack support team.

注意

Azure AD Connect はオンプレミスの Active Directory の ID を Azure AD と同期できる同期ツールであり、これらの同期済みユーザーもアプリケーションを他のクラウド ユーザーと同じように使用できます。Azure AD Connect is the synchronization tool which can sync on premises Active Directory Identities to Azure AD and then these synced users can also use the applications as like other cloud users.

SSO のテストTest SSO

このセクションでは、次のオプションを使用して Azure AD のシングル サインオン構成をテストします。In this section, you test your Azure AD single sign-on configuration with following options.

  • Azure portal で [このアプリケーションをテストします] をクリックします。Click on Test this application in Azure portal. これにより、ログイン フローを開始できる Slack のサインオン URL にリダイレクトされます。This will redirect to Slack Sign-on URL where you can initiate the login flow.

  • Slack のサインオン URL に直接移動し、そこからログイン フローを開始します。Go to Slack Sign-on URL directly and initiate the login flow from there.

  • Microsoft マイ アプリを使用することができます。You can use Microsoft My Apps. マイ アプリで [Slack] タイルをクリックすると、Slack のサインオン URL にリダイレクトされます。When you click the Slack tile in the My Apps, this will redirect to Slack Sign-on URL. マイ アプリの詳細については、マイ アプリの概要に関するページを参照してください。For more information about the My Apps, see Introduction to the My Apps.

次のステップNext steps

Slack を構成したら、組織の機密データを流出と侵入からリアルタイムで保護するセッション制御を適用することができます。Once you configure Slack you can enforce Session control, which protects exfiltration and infiltration of your organization’s sensitive data in real time. セッション制御は、条件付きアクセスを拡張したものです。Session control extends from Conditional Access. Microsoft Cloud App Security でセッション制御を適用する方法をご覧ください。Learn how to enforce session control with Microsoft Cloud App Security