確認方法の情報を登録して自分のパスワードをリセットする

職場または学校のパスワードを忘れた場合、組織からパスワードを取得したことがない場合、またはアカウントからロックアウトされている場合は、自分のセキュリティ情報とモバイル デバイスを使用して職場または学校のパスワードをリセットすることができます。

自分の情報を登録して自分のパスワードをリセットできるためには、管理者によってこの機能が有効にされている必要があります。 [パスワードを忘れた場合] オプションが表示されない場合は、管理者が組織に対してこの機能を有効にしていないことを意味します。 これが不適切と思われる場合は、ヘルプ デスクに問い合わせてください。

重要

この記事は、セルフサービス パスワード リセットのためにサインアップを使用しようとしているユーザーを対象としています。 つまり、自分の職場または学校のパスワード (alain@contoso.com など) を、管理者の助けを借りることなくリセットできるようになることを意味します。 管理者が従業員またはその他のユーザーのためにセルフサービス パスワード リセットをオンにする方法を探している場合、「Azure AD のパスワード リセットのセルフサービスをデプロイする」やその他の記事を参照してください。

パスワード リセットの検証方法を設定する

  1. お使いのデバイスで Web ブラウザーを開き、セキュリティ情報ページに移動します。

  2. 管理者が組織をどのように設定したかに応じて、次の 1 つまたは複数のオプションをセキュリティ検証方法として設定できます。 複数のオプションを使用できる場合は、いずれかの方法が使用できなくなった場合に備えて、セキュリティ検証方法として複数のオプションを使用することを強くお勧めします。

    • 認証アプリ。 セキュリティ検証方法として、Microsoft Authenticator アプリまたは他の認証アプリを使用することを選択します。 アプリの設定の詳細については、「Microsoft Authenticator アプリを検証方法として設定する」を参照してください。

    • テキスト メッセージ。 お使いのモバイル デバイスにテキスト メッセージを送信することを選択します。 テキスト メッセージングの設定の詳細については、「テキスト メッセージを検証方法として設定する」を参照してください。

    • 電話。 登録されている電話番号への電話に応答することを選択します。 電話の設定の詳細については、「電話番号を検証方法として設定する」を参照してください。

    • セキュリティ キー。 Microsoft と互換性のあるセキュリティ キーを使用することを選択します。 詳細については、「セキュリティ キーを検証方法として設定する 」を参照してください。

    • メール アドレス。 パスワードを忘れた場合や紛失した場合に使用できる連絡用メール アドレスを使用することを選択します。 これはセキュリティ検証方法としてではなく、パスワードのリセットに対してのみ機能します。 メール アドレスの設定の詳細については、「メール アドレスを検証方法として設定する」を参照してください。

    • セキュリティの質問。 管理者によって設定された定義済みのセキュリティの質問を設定して回答することを選択します。 これはセキュリティ検証方法としてではなく、パスワードのリセットに対してのみ機能します。 セキュリティの質問の詳細については、「セキュリティの質問を検証方法として設定する」を参照してください。

  3. 方法を選択して設定したら、 [Finish](完了) を選択してプロセスを完了します。

    注意

    電話番号またはメール アドレスに対して追加された情報は、組織のグローバル ディレクトリと共有されません。 この情報を表示できるのは、本人とその管理者だけです。 セキュリティの質問に対する回答を見ることができるのは、それを指定したユーザーだけです。

一般的な問題とその解決方法

次に、一般的なエラーになる場合とその解決方法を示します。

エラー メッセージ 考えられる解決策
管理者にお問い合わせください。
お客様のユーザー アカウントのパスワードは Microsoft によって管理されていません。 そのため、パスワードを自動的にリセットすることはできません。
IT スタッフに問い合わせてサポートを受けてください。
ユーザー ID を入力した後にこのエラー メッセージが表示された場合は、組織が内部でパスワードを管理していて、 [アカウントにアクセスできません] というリンクからユーザーがパスワードをリセットできないことを意味します。 この状況でパスワードをリセットするには、組織のヘルプ デスクまたは管理者に問い合わせてください。
アカウントは、パスワード リセットが有効になっていません。
申し訳ありませんが、IT スタッフはこのサービスで使用できるアカウントを設定していません。
ご希望の場合は、こちらで組織の管理者に連絡してパスワードをリセットできます。
ユーザー ID を入力した後にこのエラー メッセージが表示された場合は、組織がパスワード リセット機能をオンにしていないか、ユーザーがそれを使用することが許可されていないことを意味します。 この状況でパスワードをリセットするには、 [Contact an administrator](管理者に連絡) リンクを選択する必要があります。 このリンクをクリックすると、組織のヘルプ デスクまたは管理者にメールが送信され、ユーザーがパスワードのリセットを求めていることが通知されます。
お客様のアカウントを確認できませんでした。
ご希望の場合は、こちらで組織の管理者に連絡してパスワードをリセットできます。
ユーザー ID を入力した後にこのエラー メッセージが表示された場合は、組織でパスワードのリセットが有効になっていて、ユーザーはそれを使用できますが、ユーザーがサービスに登録していないことを意味します。 この場合、パスワードをリセットするには、組織のヘルプ デスクまたは管理者に問い合わせてください。 デバイスに戻った後にパスワードのリセットを登録する方法については、この記事の上記の手順を参照してください。

次のステップ