Azure Advisor によるアプリケーションの高可用性の向上Improve availability of your application with Azure Advisor

Azure Advisor を使用して、ビジネスに不可欠なアプリケーションの継続稼働を保証し、さらに向上させることができます。Azure Advisor helps you ensure and improve the continuity of your business-critical applications. Advisor による高可用性に関する推奨事項は、Advisor ダッシュボードの [高可用性] タブで取得できます。You can get high availability recommendations by Advisor from the High Availability tab of the Advisor dashboard.

仮想マシンのフォールト トレランスを確保するEnsure virtual machine fault tolerance

アプリケーションに冗長性をもたらすには、可用性セット内に 2 つ以上の仮想マシンをグループ化することをお勧めします。To provide redundancy to your application, we recommend that you group two or more virtual machines in an availability set. Advisor は、可用性セットの一部ではない仮想マシンを識別し、それらを可用性セットに移動することを推奨します。Advisor identifies virtual machines that are not part of an availability set and recommends moving them into an availability set. このような構成により、計画済みのメンテナンス イベント中でも計画外のメンテナンス イベント中でも、少なくとも 1 台の仮想マシンが利用可能となり、Azure 仮想マシンの SLA が満たされます。This configuration ensures that during either a planned or unplanned maintenance event, at least one virtual machine is available and meets the Azure virtual machine SLA. 仮想マシンの可用性セットを作成するか、既存の可用性セットに仮想マシンを追加するかを選択できます。You can choose to create an availability set for the virtual machine or to add the virtual machine to an existing availability set.

注意

可用性セットを作成する場合は、少なくとも 1 台以上の仮想マシンを可用性セットに追加する必要があります。If you choose to create an availability set, you must add at least one more virtual machine into it. 2 台以上の仮想マシンを 1 つの可用性セットにグループ化して、障害の発生時に少なくとも 1 台のマシンを使用できるようにしておくことをお勧めします。We recommend that you group two or more virtual machines in an availability set to ensure that at least one machine is available during an outage.

可用性セットのフォールト トレランスを確保するEnsure availability set fault tolerance

アプリケーションに冗長性をもたらすには、可用性セット内に 2 つ以上の仮想マシンをグループ化することをお勧めします。To provide redundancy to your application, we recommend that you group two or more virtual machines in an availability set. Advisor は、1 台の仮想マシンのみを含む可用性セットを識別し、そのセットにさらに仮想マシンを追加することを推奨します。Advisor identifies availability sets that contain a single virtual machine and recommends adding one or more virtual machines to it. このような構成により、計画済みのメンテナンス イベント中でも計画外のメンテナンス イベント中でも、少なくとも 1 台の仮想マシンが利用可能となり、Azure 仮想マシンの SLA が満たされます。 This configuration ensures that during either a planned or unplanned maintenance event, at least one virtual machine is available and meets the Azure virtual machine SLA. 仮想マシンを作成するか、既存の仮想マシンを可用性セットに追加するかを選択できます。 You can choose to create a virtual machine or to add an existing virtual machine to the availability set. 

データの信頼性を改善するために Managed Disks を使用するUse Managed Disks to improve data reliability

ストレージ アカウントまたはストレージ スケール ユニットを共有するディスクが含まれる、可用性セット内の仮想マシンは、停止時の単一ストレージ スケール ユニット障害に対する回復性がありません。Virtual machines that are in an availability set with disks that share either storage accounts or storage scale units are not resilient to single storage scale unit failures during outages. Advisor では、これらの可用性セットを識別し、Azure Managed Disks への移行を推奨します。Advisor will identify these availability sets and recommend migrating to Azure Managed Disks. そうすることで、単一障害点を避けるために、可用性セット内の異なる仮想マシンのディスクが十分に分離されるようにすることができます。This will ensure that the disks of the different virtual machines in the availability set are sufficiently isolated to avoid a single point of failure.

アプリケーション ゲートウェイのフォールト トレランスを確保するEnsure application gateway fault tolerance

この推奨事項により、アプリケーション ゲートウェイを備えるミッション クリティカルなアプリケーションのビジネス継続性が確保されます。This recommendation ensures the business continuity of mission-critical applications that are powered by application gateways. Advisor は、フォールト トレランス用に構成されていないアプリケーション ゲートウェイ インスタンスを識別し、実施できる修復アクションを提案します。Advisor identifies application gateway instances that are not configured for fault tolerance, and it suggests remediation actions that you can take. Advisor は、中規模または大規模な単一インスタンス アプリケーション ゲートウェイを識別し、少なくとも 1 つ以上のインスタンスを追加することを推奨します。Advisor identifies medium or large single-instance application gateways, and it recommends adding at least one more instance. また、1 つまたは複数の小規模アプリケーション ゲートウェイを識別し、中規模または大規模な SKU に移行することを推奨します。It also identifies single- or multi-instance small application gateways and recommends migrating to medium or large SKUs. これらの修復アクションでは、アプリケーション ゲートウェイ インスタンスがこれらのリソースの現在の SLA 要件を満たすように構成されていることを確認します。Advisor recommends these actions to ensure that your application gateway instances are configured to satisfy the current SLA requirements for these resources.

誤って削除されないように、仮想マシンのデータを保護するProtect your virtual machine data from accidental deletion

仮想マシンのバックアップを設定することにより、ビジネス クリティカルなデータの可用性が確保され、偶発的な削除または破損からデータを保護します。Setting up virtual machine backup ensures the availability of your business-critical data and offers protection against accidental deletion or corruption. Advisor は、バックアップが有効になっていない仮想マシンを識別子、バックアップを有効にすることを推奨します。Advisor identifies virtual machines where backup is not enabled, and it recommends enabling backup.

必要な時に Azure クラウドの専門家を利用できるようにするEnsure you have access to Azure cloud experts when you need it

ビジネスに不可欠なワークロードを実行しているとき、必要時にはテクニカル サポートを受けることができるようにしておくことが重要です。When running a business-critical workload, it's important to have access to technical support when needed. Advisor は、サポート計画にテクニカル サポートが含まれないビジネスに不可欠なサブスクリプションを識別し、テクニカル サポートが含まれるオプションへのアップグレードを勧めします。Advisor identifies potential business-critical subscriptions that do not have technical support included in their support plan and recommends upgrading to an option that includes technical support.

Azure の問題による影響を受けたときに通知する Azure Service Health アラートを作成するCreate Azure Service Health alerts to be notified when Azure issues affect you

Azure サービスの問題による影響を受けたときに通知する Azure Service Health アラートを設定することをお勧めします。We recommend setting up Azure Service Health alerts to be notified when Azure service issues affect you. Azure Service Health は、Azure サービスの問題による影響を受けた場合に、カスタマイズされたガイダンスとサポートを提供する無料サービスです。Azure Service Health is a free service that provides personalized guidance and support when you are impacted by an Azure service issue. Advisor はアラートが構成されていないサブスクリプションを識別し、アラートの作成を推奨します。Advisor identifies subscriptions that do not have alerts configured and recommends creating one.

回復性を考慮して Traffic Manager エンドポイントを構成するConfigure Traffic Manager endpoints for resiliency

複数のエンドポイントを含む Traffic Manager プロファイルは、いずれかのエンドポイントに障害が発生した場合でも高い可用性が確保されます。Traffic Manager profiles with more than one endpoint experience higher availability if any given endpoint fails. エンドポイントを複数の異なるリージョンに配置すると、サービスの信頼性がさらに向上します。Placing endpoints in different regions further improves service reliability. Advisor はエンドポイントが 1 つだけの Traffic Manger プロファイルを識別し、別のリージョンに少なくとも 1 つのエンドポイントを追加することを推奨します。Advisor identifies Traffic Manger profiles where there is only one endpoint and recommends adding at least one more endpoint in another region.

近接ルーティング用に構成されている Traffic Manager プロファイル内のエンドポイントがすべて同じリージョン内にある場合、他のリージョンのユーザーに対しては接続の遅延が発生する可能性があります。If all endpoints in a Traffic Manager profile that is configured for proximity routing are in the same region, users from other regions may experience connection delays. 別のリージョンにエンドポイントを追加または移動すると、一方のリージョン内のすべてのエンドポイントに障害が発生した場合でも全体的なパフォーマンスと可用性が向上します。Adding or moving an endpoint to another region will improve overall performance and provide better availability if all endpoints in one region fail. Advisor は、近接ルーティング用に構成されていて、すべてのエンドポイントが同じリージョン内にある Traffic Manager プロファイルを識別します。Advisor identifies Traffic Manager profiles configured for proximity routing where all the endpoints are in the same region. 別の Azure リージョンへのエンドポイントの追加または移動を推奨します。It recommends adding or moving an endpoint to another Azure region.

Traffic Manager プロファイルが地理的なルーティング用に構成されている場合は、定義済みのリージョンに基づいてトラフィックがエンドポイントにルーティングされます。If a Traffic Manager profile is configured for geographic routing, then traffic is routed to endpoints based on defined regions. リージョンで障害が発生した場合、定義済みのフェールオーバーはありません。If a region fails, there is no pre-defined failover. エンドポイントで [リージョンのグループ化] を [すべて (世界)] に構成すると、トラフィックのドロップが回避され、サービスの可用性が向上します。Having an endpoint where the Regional Grouping is configured to "All (World)" will avoid traffic being dropped and improve service availability. Advisor は、地理的なルーティング用に構成されていて、エンドポイントで [リージョンのグループ化] が [すべて (世界)] に構成されていない Traffic Manager プロファイルを識別します。Advisor identifies Traffic Manager profiles configured for geographic routing where there is no endpoint configured to have the Regional Grouping as "All (World)". エンドポイントが [すべて (世界)] になるように構成を変更することを推奨します。It recommends changing the configuration to make an endpoint "All (World).

Azure Storage アカウントでデータの論理的な削除を使用し、データを誤って上書きまたは削除した後にデータを保存して復旧するUse soft delete on your Azure Storage Account to save and recover data after accidental overwrite or deletion

ストレージ アカウントで論理的な削除を有効にすると、削除された BLOB は完全には削除されずに、論理的に削除された状態に切り替わります。Enable soft delete on your storage account so that deleted blobs transition to a soft deleted state instead of being permanently deleted. データを上書きした場合、上書きされたデータの状態を保存するために、論理的に削除されたスナップショットが生成されます。When data is overwritten, a soft deleted snapshot is generated to save the state of the overwritten data. 論理的な削除を使用すると、不注意で削除や上書きを行った場合に、回復できるようになります。Using soft delete allows you to recover if there are accidental deletions or overwrites. Advisor によって、論理的な削除が有効になっていない Azure Storage アカウントが特定され、有効にするように提案が行われます。Advisor identifies Azure Storage accounts that don't have soft delete enabled and suggests you enable it.

接続の回復性を高めるために VPN ゲートウェイをアクティブ/アクティブに構成するConfigure your VPN gateway to active-active for connection resiliency

アクティブ/アクティブ構成では、VPN ゲートウェイの両方のインスタンスが、オンプレミスの VPN デバイスへの S2S VPN トンネルを確立します。In active-active configuration, both instances of a VPN gateway will establish S2S VPN tunnels to your on-premises VPN device. 計画的なメンテナンス イベントまたは計画外のイベントが 1 つのゲートウェイ インスタンスで発生すると、トラフィックはもう 1 つのアクティブな IPsec トンネルに自動的に切り替えられます。When a planned maintenance event or unplanned event happens to one gateway instance, traffic will be switched over to the other active IPsec tunnel automatically. Azure Advisor では、アクティブ/アクティブとして構成されていない VPN ゲートウェイが識別され、それらを高可用性のために構成することが推奨されます。Azure Advisor will identify VPN gateways that are not configured as active-active and suggest that you configure them for high availability.

運用環境の VPN ゲートウェイを使用して運用ワークロードを実行するにはUse production VPN gateways to run your production workloads

Azure Advisor では、Basic SKU であるすべての VPN ゲートウェイが確認され、代わりに運用 SKU を使用することが推奨されます。Azure Advisor will check for any VPN gateways that are a Basic SKU and recommend that you use a production SKU instead. Basic SKU は、開発とテストを目的にして設計されています。The Basic SKU is designed for development and testing purposes. 運用 SKU では、より多くのトンネル、BGP サポート、アクティブ/アクティブ構成オプション、カスタム Ipsec/IKE ポリシー、およびより高い安定性と可用性が提供されます。Production SKUs offer a higher number of tunnels, BGP support, active-active configuration options, custom Ipsec/IKE policy, and higher stability and availability.

無効なログ アラート ルールを修復するRepair invalid log alert rules

Azure Advisor は、それぞれの状態セクションで指定された無効なクエリを含むアラート ルールを検出します。Azure Advisor will detect alert rules that have invalid queries specified in their condition section. ログ アラート ルールは Azure Monitor で作成され、指定された間隔で分析クエリを実行するために使用されます。Log alert rules are created in Azure Monitor and are used to run analytics queries at specified intervals. クエリの結果によって、アラートをトリガーする必要があるかどうかが決定されます。The results of the query determine if an alert needs to be triggered. 分析クエリは、参照されるリソース、テーブル、またはコマンドの変更のために、時間の経過と共に無効になることがあります。Analytics queries may become invalid overtime due to changes in referenced resources, tables, or commands. Advisor は、アラート ルールが自動的に無効になることを防止し、Azure でのリソースの監視範囲を保証するために、アラート ルール内のクエリを修正することを推奨します。Advisor will recommend that you correct the query in the alert rule to prevent it from getting auto-disabled and ensure monitoring coverage of your resources in Azure. アラート ルールのトラブルシューティングの詳細を確認してください。Learn more about troubleshooting alert rules

Cosmos DB コレクションで同期 (Consistent) インデックス作成モードを構成するConfigure consistent indexing mode on your Cosmos DB collection

非同期 (Lazy) インデックス作成モードで構成された Azure Cosmos DB コンテナーが、クエリの結果の鮮度に影響を与える場合があります。Azure Cosmos DB containers configured with Lazy indexing mode may impact the freshness of query results. Advisor は、この方法で構成されたコンテナーを検出し、同期モードに切り替えることを推奨します。Advisor will detect containers configured this way and recommend switching to Consistent mode. Cosmos DB でのインデックス作成ポリシーの詳細を確認してください。Learn more about indexing policies in Cosmos DB

パーティション キーを使用して Azure Cosmos DB コンテナーを構成するConfigure your Azure Cosmos DB containers with a partition key

Azure Advisor は、プロビジョニングされたストレージ クォータに近づいている Azure Cosmos DB のパーティション分割されていないコレクションを識別します。Azure Advisor will identify Azure Cosmos DB non-partitioned collections that are approaching their provisioned storage quota. サービスでこれらのコレクションを自動的にスケールアウトできるように、それらのコレクションをパーティション キーが定義された新しいコレクションに移行することを推奨します。It will recommend migrating these collections to new collections with a partition key definition so that they can automatically be scaled out by the service. パーティション キーの選択の詳細を確認してください。Learn more about choosing a partition key

Azure Cosmos DB .NET SDK を NuGet からの最新バージョンにアップグレードするUpgrade your Azure Cosmos DB .NET SDK to the latest version from Nuget

Azure Advisor は、.NET SDK の古いバージョンを使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別し、最新の修正プログラム、パフォーマンス向上、および新機能のために NuGet からの最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。Azure Advisor will identify Azure Cosmos DB accounts that are using old versions of the .NET SDK and recommend upgrading to the latest version from Nuget for the latest fixes, performance improvements, and new feature capabilities. Cosmos DB .NET SDK の詳細を確認してください。Learn more about Cosmos DB .NET SDK

Azure Cosmos DB Java SDK を Maven からの最新バージョンにアップグレードするUpgrade your Azure Cosmos DB Java SDK to the latest version from Maven

Azure Advisor は、Java SDK の古いバージョンを使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別し、最新の修正プログラム、パフォーマンス向上、および新機能のために Maven からの最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。Azure Advisor will identify Azure Cosmos DB accounts that are using old versions of the Java SDK and recommend upgrading to the latest version from Maven for the latest fixes, performance improvements, and new feature capabilities. Cosmos DB Java SDK の詳細を確認してください。Learn more about Cosmos DB Java SDK

Azure Cosmos DB Spark コネクタを Maven からの最新バージョンにアップグレードするUpgrade your Azure Cosmos DB Spark Connector to the latest version from Maven

Azure Advisor は、Cosmos DB Spark コネクタの古いバージョンを使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別し、最新の修正プログラム、パフォーマンス向上、および新機能のために Maven からの最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。Azure Advisor will identify Azure Cosmos DB accounts that are using old versions of the Cosmos DB Spark connector and recommend upgrading to the latest version from Maven for the latest fixes, performance improvements, and new feature capabilities. Cosmos DB Spark コネクタの詳細を確認してください。Learn more about Cosmos DB Spark connector

仮想マシンのレプリケーションを有効にするEnable virtual machine replication

他のリージョンへのレプリケーションが有効になっていない仮想マシンは、リージョン内の障害に対する回復性が高くありません。Virtual machines that do not have replication enabled to another region are not resilient to regional outages. 仮想マシンをレプリケートすることによって、Azure リージョン内での障害発生時にビジネスへの悪影響が低減されます。Replicating virtual machines reduces any adverse business impact during the time of an Azure region outage. Advisor は、レプリケーションが有効になっていない VM を検出し、障害発生時にリモート Azure リージョンで仮想マシンをすばやく起動できるように、レプリケーションを有効にするよう推奨します。Advisor will detect VMs that do not have replication enabled and recommend enabling replication so that in the event of an outage, you can quickly bring up your virtual machines in a remote Azure region. 仮想マシンのレプリケーションの詳細を確認するLearn more about virtual machine replication

Advisor の高可用性に関する推奨事項にアクセスする方法How to access High Availability recommendations in Advisor

  1. Azure Portal にサインインし、Advisor を開きます。Sign in to the Azure portal, and then open Advisor.

  2. Advisor ダッシュボードの [高可用性] タブをクリックします。On the Advisor dashboard, click the High Availability tab.

次の手順Next steps

Advisor の推奨事項について詳しくは、以下を参照してください。For more information about Advisor recommendations, see: