Azure Kubernetes Service (AKS) で Standard SKU ロード バランサーを使用するUse a Standard SKU load balancer in Azure Kubernetes Service (AKS)

Azure Kubernetes Service (AKS) でアプリケーションへのアクセスを提供するために、Azure Load Balancer を作成して使用できます。To provide access to your applications in Azure Kubernetes Service (AKS), you can create and use an Azure Load Balancer. AKS で実行されるロード バランサーは、内部または外部ロード バランサーとして使用できます。A load balancer running on AKS can be used as an internal or an external load balancer. 内部ロード バランサーは、AKS クラスターと同じ仮想ネットワークで実行されているアプリケーションに対してのみ Kubernetes サービスへのアクセスを可能にします。An internal load balancer makes a Kubernetes service accessible only to applications running in the same virtual network as the AKS cluster. 外部ロード バランサーは、1 つ以上のイングレス用のパブリック IP を受け取り、そのパブリック IP を使用して外部から Kubernetes サービスにアクセスできるようにします。An external load balancer receives one or more public IPs for ingress and makes a Kubernetes service accessible externally using the public IPs.

Azure Load Balancer は、BasicStandard の 2 つの SKU で使用できます。Azure Load Balancer is available in two SKUs - Basic and Standard. サービス マニフェストを使用して AKS でロード バランサーを作成する場合、既定では Basic SKU が使用されます。By default, the Basic SKU is used when a service manifest is used to create a load balancer on AKS. Standard SKU ロード バランサーを使用すると、より大きいバックエンド プール サイズ、Availability Zones など、追加のフィーチャーや機能が提供されます。Using a Standard SKU load balancer provides additional features and functionality, such as larger backend pool size and Availability Zones. 使用するロード バランサーを選択する前に、StandardBasic ロード バランサーの違いを理解しておくことが重要です。It's important that you understand the differences between Standard and Basic load balancers before choosing which to use. AKS クラスターを作成した後は、そのクラスターのロード バランサー SKU は変更できません。Once you create an AKS cluster, you cannot change the load balancer SKU for that cluster. BasicStandard SKU の詳細については、「Azure Load Balancer の SKU の比較」をご覧ください。For more information on the Basic and Standard SKUs, see Azure load balancer SKU comparison.

この記事では、Azure Kubernetes Service (AKS) で Standard SKU を使用する Azure Load Balancer を作成し、使用する方法について説明します。This article shows you how to create and use an Azure Load Balancer with the Standard SKU with Azure Kubernetes Service (AKS).

この記事は、Kubernetes および Azure Load Balancer の基本的な概念を理解していることを前提としています。This article assumes a basic understanding of Kubernetes and Azure Load Balancer concepts. 詳細については、「Azure Kubernetes Services (AKS) における Kubernetes の中心概念」と「Azure Load Balancer の概要」を参照してください。For more information, see Kubernetes core concepts for Azure Kubernetes Service (AKS) and What is Azure Load Balancer?.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell では、bashPowerShell のいずれかを使用して Azure サービスを操作できます。Cloud Shell lets you use either bash or PowerShell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell pre-installed commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を起動するには:To launch Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [試してみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the top-right menu bar in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を起動します。Launch Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl + Shift + V キー、macOS では Cmd + Shift + V キーを使用して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session with Ctrl+Shift+V on Windows and Linux, or Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを押して、コードを実行します。Press Enter to run the code.

CLI をローカルにインストールして使用する場合、この記事では、Azure CLI バージョン 2.0.59 以降を実行していることが要件となります。If you choose to install and use the CLI locally, this article requires that you are running the Azure CLI version 2.0.59 or later. バージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the version. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI.

開始する前にBefore you begin

既存のサブネットまたはリソース グループを使用する場合、AKS クラスターのサービス プリンシパルにはネットワーク リソースを管理するアクセス許可が必要です。The AKS cluster service principal needs permission to manage network resources if you use an existing subnet or resource group. 一般に、委任されたリソースのサービス プリンシパルにはネットワーク共同作成者ロールを割り当てます。In general, assign the Network contributor role to your service principal on the delegated resources. アクセス許可の詳細については、他の Azure リソースへの AKS アクセスの委任に関する記事を参照してください。For more information on permissions, see Delegate AKS access to other Azure resources.

ロード バランサーの SKU を既定の Basic ではなく Standard に設定する AKS クラスターを作成する必要があります。You must create an AKS cluster that sets the SKU for the load balancer to Standard instead of the default Basic.

aks-preview CLI 拡張機能をインストールするInstall aks-preview CLI extension

Azure Load Balancer Standard SKU を使用するには、aks-preview CLI 拡張機能のバージョン 0.4.12 以降が必要です。To use the Azure load balancer standard SKU, you need the aks-preview CLI extension version 0.4.12 or higher. az extension add コマンドを使用して aks-preview Azure CLI 拡張機能をインストールし、az extension update コマンドを使用して使用可能な更新プログラムがあるかどうかを確認します。Install the aks-preview Azure CLI extension using the az extension add command, then check for any available updates using the az extension update command:

# Install the aks-preview extension
az extension add --name aks-preview

# Update the extension to make sure you have the latest version installed
az extension update --name aks-preview

制限事項Limitations

Standard SKU を使用するロード バランサーをサポートする AKS クラスターを作成し、管理する場合、次の制限が適用されます。The following limitations apply when you create and manage AKS clusters that support a load balancer with the Standard SKU:

  • AKS クラスターからのエグレス トラフィックを許可するために、パブリック IP または IP プレフィックスが少なくとも 1 つ必要です。At least one public IP or IP prefix is required for allowing egress traffic from the AKS cluster. パブリック IP または IP プレフィックスは、コントロール プレーンとエージェント ノードの間の接続を維持するためと、前のバージョンの AKS との互換性を維持するためにも必要です。The public IP or IP prefix is also required to maintain connectivity between the control plane and agent nodes as well as to maintain compatibility with previous versions of AKS. Standard SKU ロード バランサーでパブリック IP または IP プレフィックスを指定するための次のオプションがあります:You have the following options for specifying public IPs or IP prefixes with a Standard SKU load balancer:
    • 独自のパブリック IP を指定する。Provide your own public IPs.
    • 独自のパブリック IP プレフィックスを指定する。Provide your own public IP prefixes.
    • 最大 100 までの数字を指定し、AKS クラスターとして作成された同じリソース グループでそれだけの数の Standard SKU パブリック IP を作成することを AKS クラスターに許可します。名前は通常、MC_ で始まります。Specify a number up to 100 to allow the AKS cluster to create that many Standard SKU public IPs in the same resource group created as the AKS cluster, which is usually named with MC_ at the beginning. AKS により、パブリック IP が Standard SKU ロード バランサーに割り当てられます。AKS assigns the public IP to the Standard SKU load balancer. 既定では、パブリック IP、パブリック IP プレフィックス、または IP の数が指定されていない場合、同じリソース グループでパブリック IP が 1 つ自動的に作成されます。By default, one public IP will automatically be created in the same resource group as the AKS cluster, if no public IP, public IP prefix, or number of IPs is specified. また、パブリック アドレスを許可する必要があり、IP 作成を禁止する Azure Policy は作成しないようにする必要があります。You also must allow public addresses and avoid creating any Azure Policy that bans IP creation.
  • ロード バランサーに対して Standard SKU を使用する場合、Kubernetes バージョン 1.13 以降を使用する必要があります。When using the Standard SKU for a load balancer, you must use Kubernetes version 1.13 or greater.
  • ロード バランサー SKU は、AKS クラスターの作成時にのみ定義できます。Defining the load balancer SKU can only be done when you create an AKS cluster. AKS クラスターが作成された後にロード バランサー SKU を変更することはできません。You cannot change the load balancer SKU after an AKS cluster has been created.
  • 1 つのクラスターで使用できるロード バランサー SKU は 1 つのみです。You can only use one load balancer SKU in a single cluster.

リソース グループの作成Create a resource group

Azure リソース グループとは、Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理グループです。An Azure resource group is a logical group in which Azure resources are deployed and managed. リソース グループを作成する際は、場所を指定するよう求められます。When you create a resource group, you are asked to specify a location. この場所は、リソース グループのメタデータが格納される場所です。リソースの作成時に別のリージョンを指定しない場合は、Azure でリソースが実行される場所でもあります。This location is where resource group metadata is stored, it is also where your resources run in Azure if you don't specify another region during resource creation. az group create コマンドを使用して、リソース グループを作成します。Create a resource group using the az group create command.

次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループを eastus に作成します。The following example creates a resource group named myResourceGroup in the eastus location.

az group create --name myResourceGroup --location eastus

次の出力例では、正常に作成されたリソース グループが示されています。The following example output shows the resource group created successfully:

{
  "id": "/subscriptions/<guid>/resourceGroups/myResourceGroup",
  "location": "eastus",
  "managedBy": null,
  "name": "myResourceGroup",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded"
  },
  "tags": null,
  "type": null
}

AKS クラスターの作成Create AKS cluster

Standard SKU を使用するロード バランサーをサポートする AKS クラスターを実行するには、クラスターで load-balancer-sku パラメーターを standard に設定する必要があります。In order to run an AKS cluster that supports a load balancer with the Standard SKU, your cluster needs to set the load-balancer-sku parameter to standard. このパラメーターにより、クラスターが作成されるときに、Standard SKU を使用するロード バランサーが作成されます。This parameter creates a load balancer with the Standard SKU when your cluster is created. クラスターで LoadBalancer サービスを実行すると、Standard SKU ロード バランサーの構成がサービスの構成で更新されます。When you run a LoadBalancer service on your cluster, the configuration of the Standard SKU load balancer is updated with the service's configuration. myAKSCluster という名前の AKS クラスターを作成するには、az aks create コマンドを使用します。Use the az aks create command to create an AKS cluster named myAKSCluster.

注意

load-balancer-sku プロパティは、クラスターの作成時にのみ使用できます。The load-balancer-sku property can only be used when your cluster is created. AKS クラスターが作成された後にロード バランサー SKU を変更することはできません。You cannot change the load balancer SKU after an AKS cluster has been created. また、1 つのクラスターで使用できるロード バランサー SKU の種類は 1 つのみです。Also, you can only use one type of load balancer SKU in a single cluster.

独自のパブリック IP を使用する場合、load-balancer-outbound-ips パラメーターまたは load-balancer-outbound-ip-prefixes パラメーターを使用します。If you want to use your own public IPs, use the load-balancer-outbound-ips, or load-balancer-outbound-ip-prefixes parameters. いずれのパラメーターも、クラスターの更新時に使用できます。Both of these parameters can also be used when updating the cluster.

az aks create \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name myAKSCluster \
    --vm-set-type VirtualMachineScaleSets \
    --node-count 1 \
    --load-balancer-sku standard \
    --generate-ssh-keys

数分後、コマンドが完了し、クラスターに関する情報が JSON 形式で返されます。After a few minutes, the command completes and returns JSON-formatted information about the cluster.

クラスターへの接続Connect to the cluster

Kubernetes クラスターを管理するには、Kubernetes のコマンドライン クライアントである kubectl を使用します。To manage a Kubernetes cluster, you use kubectl, the Kubernetes command-line client. Azure Cloud Shell を使用している場合、kubectl は既にインストールされています。If you use Azure Cloud Shell, kubectl is already installed. kubectl をローカルにインストールするには、az aks install-cli コマンドを使用します。To install kubectl locally, use the az aks install-cli command:

az aks install-cli

Kubernetes クラスターに接続するように kubectl を構成するには、az aks get-credentials コマンドを使用します。To configure kubectl to connect to your Kubernetes cluster, use the az aks get-credentials command. このコマンドは、資格情報をダウンロードし、それを使用するように Kubernetes CLI を構成します。This command downloads credentials and configures the Kubernetes CLI to use them.

az aks get-credentials --resource-group myResourceGroup --name myAKSCluster

クラスターへの接続を確認するには、kubectl get コマンドを使用して、クラスター ノードの一覧を返します。To verify the connection to your cluster, use the kubectl get command to return a list of the cluster nodes.

kubectl get nodes

次の出力例は、前の手順で作成した単一ノードを示しています。The following example output shows the single node created in the previous steps. ノードの状態が "準備完了" であることを確認します。Make sure that the status of the node is Ready:

NAME                       STATUS   ROLES   AGE     VERSION
aks-nodepool1-31718369-0   Ready    agent   6m44s   v1.13.10

クラスターで Standard SKU が使用されているか確認するVerify your cluster uses the Standard SKU

az aks show を使用して、クラスターの構成を表示します。Use the az aks show to display the configuration of your cluster.

$ az aks show --resource-group myResourceGroup --name myAKSCluster

{
  "aadProfile": null,
  "addonProfiles": null,
   ...
   "networkProfile": {
    "dnsServiceIp": "10.0.0.10",
    "dockerBridgeCidr": "172.17.0.1/16",
    "loadBalancerSku": "standard",
    ...

loadBalancerSku プロパティが standard と表示されていることを確認します。Verify the loadBalancerSku property shows as standard.

ロード バランサーを使用するUse the load balancer

クラスターでロード バランサーを使用するには、サービス タイプ LoadBalancer を使用してサービス マニフェストを作成します。To use the load balancer on your cluster, create a service manifest with the service type LoadBalancer. ロード バランサーが動作していることを表示するには、クラスターで実行するサンプル アプリケーションで別のマニフェストを作成します。To show the load balancer working, create another manifest with a sample application to run on your cluster. このサンプル アプリケーションは、ロード バランサーを介して公開され、ブラウザーで表示できます。This sample application is exposed through the load balancer and can be viewed through a browser.

次の例に示されているように、sample.yaml という名前のマニフェストを作成します。Create a manifest named sample.yaml as shown in the following example:

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: azure-vote-back
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: azure-vote-back
  template:
    metadata:
      labels:
        app: azure-vote-back
    spec:
      nodeSelector:
        "beta.kubernetes.io/os": linux
      containers:
      - name: azure-vote-back
        image: redis
        resources:
          requests:
            cpu: 100m
            memory: 128Mi
          limits:
            cpu: 250m
            memory: 256Mi
        ports:
        - containerPort: 6379
          name: redis
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: azure-vote-back
spec:
  ports:
  - port: 6379
  selector:
    app: azure-vote-back
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: azure-vote-front
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: azure-vote-front
  template:
    metadata:
      labels:
        app: azure-vote-front
    spec:
      nodeSelector:
        "beta.kubernetes.io/os": linux
      containers:
      - name: azure-vote-front
        image: microsoft/azure-vote-front:v1
        resources:
          requests:
            cpu: 100m
            memory: 128Mi
          limits:
            cpu: 250m
            memory: 256Mi
        ports:
        - containerPort: 80
        env:
        - name: REDIS
          value: "azure-vote-back"

上記のマニフェストにより、azure-vote-front および azure-vote-back という 2 つのデプロイが構成されます。The above manifest configures two deployments: azure-vote-front and azure-vote-back. ロード バランサーを使用して公開されるように azure-vote-front デプロイを構成するために、次の例に示されているように、standard-lb.yaml という名前のマニフェストを作成します。To configure azure-vote-front deployment to be exposed using the load balancer, create a manifest named standard-lb.yaml as shown in the following example:

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: azure-vote-front
spec:
  type: LoadBalancer
  ports:
  - port: 80
  selector:
    app: azure-vote-front

サービス azure-vote-front は、LoadBalancer タイプを使用して、azure-vote-front デプロイに接続するように AKS クラスターのロード バランサーを構成します。The service azure-vote-front uses the LoadBalancer type to configure the load balancer on your AKS cluster to connect to the azure-vote-front deployment.

kubectl apply を使用してサンプル アプリケーションとロード バランサーをデプロイし、YAML マニフェストの名前を指定します。Deploy the sample application and load balancer using the kubectl apply and specify the name of your YAML manifests:

kubectl apply -f sample.yaml
kubectl apply -f standard-lb.yaml

これで、サンプル アプリケーションを公開するように Standard SKU ロード バランサーが構成されました。The Standard SKU load balancer is now configured to expose the sample application. kubectl get を使用して azure-vote-front のサービス詳細を表示し、ロード バランサーのパブリック IP を確認します。View the service details of azure-vote-front using kubectl get to see the public IP of the load balancer. ロード バランサーのパブリック IP アドレスは、EXTERNAL-IP 列に表示されます。The public IP address of the load balancer is shown in the EXTERNAL-IP column. 次の例に示されているように、IP アドレスが <[保留中]> から実際の外部 IP アドレスに変わるには 1、2 分かかることがあります。It may take a minute or two for the IP address to change from <pending> to an actual external IP address, as shown in the following example:

$ kubectl get service azure-vote-front

NAME                TYPE           CLUSTER-IP     EXTERNAL-IP     PORT(S)        AGE
azure-vote-front    LoadBalancer   10.0.227.198   52.179.23.131   80:31201/TCP   16s

ブラウザーでパブリック IP に移動し、サンプル アプリケーションが表示されることを確認します。Navigate to the public IP in a browser and verify you see the sample application. 上記の例では、パブリック IP は 52.179.23.131 です。In the above example, the public IP is 52.179.23.131.

Azure Vote にブラウザーでアクセスしたところ

注意

また、ロード バランサーを内部にして、パブリック IP を公開しないように構成することもできます。You can also configure the load balancer to be internal and not expose a public IP. ロード バランサーを内部として構成するには、LoadBalancer サービスにアノテーションとして service.beta.kubernetes.io/azure-load-balancer-internal: "true" を追加します。To configure the load balancer as internal, add service.beta.kubernetes.io/azure-load-balancer-internal: "true" as an annotation to the LoadBalancer service. サンプルの yaml マニフェストと内部ロード バランサーの詳細について、こちらで確認できます。You can see an example yaml manifest as well as more details about an internal load balancer here.

任意 - 管理対象のパブリック IP の数を拡大縮小するOptional - Scale the number of managed public IPs

既定で作成される管理対象の送信パブリック IP と共に Standard SKU ロード バランサーを使用するとき、load-balancer-managed-ip-count パラメーターを使用し、管理対象の送信パブリック IP の数を拡大縮小できます。When using a Standard SKU load balancer with managed outbound public IPs, which are created by default, you can scale the number of managed outbound public IPs using the load-balancer-managed-ip-count parameter.

az aks update \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name myAKSCluster \
    --load-balancer-managed-outbound-ip-count 2

上の例では、myResourceGroupmyAKSCluster クラスターに対して、管理対象の送信パブリック IP の数が 2 に設定されます。The above example sets the number of managed outbound public IPs to 2 for the myAKSCluster cluster in myResourceGroup. load-balancer-managed-ip-count パラメーターを使用することで、クラスター作成時の、管理対象の送信パブリック IP の初回数を設定することもできます。You can also use the load-balancer-managed-ip-count parameter to set the initial number of managed outbound public IPs when creating your cluster. 管理対象の送信パブリック IP の既定数は 1 です。The default number of managed outbound public IPs is 1.

任意 - エグレスのために独自のパブリック IP またはプレフィックスを指定するOptional - Provide your own public IPs or prefixes for egress

Standard SKU ロード バランサーの使用時、AKS クラスターによって、AKS クラスターに対して作成された同じリソース グループでパブリック IP が自動的に作成され、そのパブリック IP が Standard SKU ロード バランサーに割り当てられます。When using a Standard SKU load balancer, the AKS cluster automatically creates a public IP in same resource group created for the AKS cluster and assigns the public IP to the Standard SKU load balancer. あるいは、独自のパブリック IP を割り当てることができます。Alternatively, you can assign your own public IP.

重要

Standard SKU ロード バランサーと共に、エグレス用の Standard SKU パブリック IP を使用する必要があります。You must use Standard SKU public IPs for egress with your Standard SKU your load balancer. az network public-ip show コマンドを使用することで、パブリック IP の SKU を検証できます。You can verify the SKU of your public IPs using the az network public-ip show command:

az network public-ip show --resource-group myResourceGroup --name myPublicIP --query sku.name -o tsv

az network public-ip show コマンドを使用すると、パブリック IP の ID が一覧表示されます。Use the az network public-ip show command to list the IDs of your public IPs.

az network public-ip show --resource-group myResourceGroup --name myPublicIP --query id -o tsv

上のコマンドでは、myResourceGroup リソース グループの myPublicIP パブリック IP の IP が表示されます。The above command shows the ID for the myPublicIP public IP in the myResourceGroup resource group.

load-balancer-outbound-ips パラメーターを指定して az aks update コマンドを使用すると、パブリック IP でクラスターが更新されます。Use the az aks update command with the load-balancer-outbound-ips parameter to update your cluster with your public IPs.

次の例では、load-balancer-outbound-ips パラメーターと共に前のコマンドからの ID が使用されます。The following example uses the load-balancer-outbound-ips parameter with the IDs from the previous command.

az aks update \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name myAKSCluster \
    --load-balancer-outbound-ips <publicIpId1>,<publicIpId2>

Standard SKU ロード バランサーと共に、エグレス用のパブリック IP プレフィックスを使用することもできます。You can also use public IP prefixes for egress with your Standard SKU load balancer. 次の例では、az network public-ip prefix show コマンドを使用し、パブリック IP プレフィックスの IP が一覧表示されます。The following example uses the az network public-ip prefix show command to list the IDs of your public IP prefixes:

az network public-ip prefix show --resource-group myResourceGroup --name myPublicIPPrefix --query id -o tsv

上のコマンドでは、myResourceGroup リソース グループの myPublicIPPrefix パブリック IP プレフィックスの IP が表示されます。The above command shows the ID for the myPublicIPPrefix public IP prefix in the myResourceGroup resource group.

load-balancer-outbound-ip-prefixes パラメーターと前のコマンドからの ID を指定し、az aks update コマンドを使用します。Use the az aks update command with the load-balancer-outbound-ip-prefixes parameter with the IDs from the previous command.

次の例では、load-balancer-outbound-ip-prefixes パラメーターと前のコマンドからの ID が使用されています。The following example uses the load-balancer-outbound-ip-prefixes parameter with the IDs from the previous command.

az aks update \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name myAKSCluster \
    --load-balancer-outbound-ip-prefixes <publicIpPrefixId1>,<publicIpPrefixId2>

重要

パブリック IP と IP プレフィックスは、AKS クラスターと同じリージョンにあり、同じサブスクリプションに含まれている必要があります。The public IPs and IP prefixes must be in the same region and part of the same subscription as your AKS cluster.

Standard SKU ロード バランサーの構成をクリーンアップするClean up the Standard SKU load balancer configuration

サンプル アプリケーションとロード バランサーの構成を削除するには、kubectl delete を使用します。To remove the sample application and load balancer configuration, use kubectl delete:

kubectl delete -f sample.yaml
kubectl delete -f standard-lb.yaml

次の手順Next steps

Kubernetes サービスのドキュメントで Kubernetes サービスについて学習する。Learn more about Kubernetes services at the Kubernetes services documentation.