Azure Kubernetes Service (AKS) でサポートされている Kubernetes のバージョンSupported Kubernetes versions in Azure Kubernetes Service (AKS)

Kubernetes コミュニティでは、おおよそ 3 か月おきにマイナー バージョンをリリースしています。The Kubernetes community releases minor versions roughly every three months. 最近、Kubernetes コミュニティでは、バージョン 1.19 以降の各バージョンのサポート期間が 9 か月間から 12 か月間に延長されました。Recently the Kubernetes community has increased the window of support for each version from 9 months to 12 months, starting with version 1.19. これらのリリースには、新しい機能と機能強化が含まれます。These releases include new features and improvements. 修正プログラムのリリースは、より頻繁な (場合によっては毎週)、マイナー バージョンでの重要なバグ修正を目的としています。Patch releases are more frequent (sometimes weekly) and are intended for critical bug fixes within a minor version. これらの修正プログラムのリリースには、セキュリティの脆弱性または重大なバグの修正が含まれています。These patch releases include fixes for security vulnerabilities or major bugs.

Kubernetes のバージョンKubernetes versions

Kubernetes では、標準のセマンティック バージョニングのバージョン管理スキームが使用されています。つまり、各バージョンの Kubernetes は、以下の番号付けスキームに従います。Kubernetes uses the standard Semantic Versioning versioning scheme, which means that each version of Kubernetes follows this numbering scheme:

[major].[minor].[patch]

Example:
  1.17.7
  1.17.8

バージョンのそれぞれの数字は、前のバージョンとの一般的な互換性を示します。Each number in the version indicates general compatibility with the previous version:

  • メジャー バージョンは、互換性のない API の変更や下位互換性が破棄されている可能性があるときに変更されます。Major versions change when incompatible API changes or backwards compatibility may be broken.
  • マイナー バージョンは、その他のマイナー リリースに対する下位互換性のある機能の変更が行われたときに変更されます。Minor versions change when functionality changes are made that are backwards compatible to the other minor releases.
  • 修正プログラムのバージョンは、下位互換性のあるバグ修正が行われたときに変更されます。Patch versions change when backwards-compatible bug fixes are made.

ユーザーは、実行中のマイナー バージョンの最新の修正プログラムのリリースを実行するよう努める必要があります。たとえば、運用環境クラスターが 1.17.7 上にあり、 1.17.81.17 シリーズ用に使用できる最新の使用可能な修正プログラムのバージョンである場合は、クラスターに完全にパッチが適用されサポートされていることを確認できるようになったらすぐに 1.17.8 にアップグレードする必要があります。Users should aim to run the latest patch release of the minor version they're running, for example if your production cluster is on 1.17.7 and 1.17.8 is the latest available patch version available for the 1.17 series, you should upgrade to 1.17.8 as soon as you're able, to ensure your cluster is fully patched and supported.

Kubernetes バージョン サポート ポリシーKubernetes version support policy

AKS では、すべての SLO または SLA 測定で有効なバージョン、およびすべてのリージョンで利用可能になった際に、一般提供バージョンとして定義されます。AKS defines a generally available version, as a version enabled in all SLO or SLA measurements and when available in all regions. AKS では、Kubernetes の 3 つの GA マイナー バージョンがサポートされています。AKS supports three GA minor versions of Kubernetes:

  • AKS でリリースされた最新の GA マイナー バージョン (N と呼ばれます)。The latest GA minor version that is released in AKS (which we'll refer to as N).
  • 2 つの以前のマイナー バージョン。Two previous minor versions.
  • サポートされている各マイナー バージョンでは、最大 2 つの安定性の高い修正プログラムもサポートされています。Each supported minor version also supports a maximum of two (2) stable patches.
  • さらに、AKS では、明示的にラベル付けされ、プレビューの利用規約の対象となるプレビュー バージョンがサポートされる場合もあります。AKS may also support preview versions, which are explicitly labeled and subject to Preview terms and conditions.

注意

AKS では、段階的なリージョン デプロイを含む安全なデプロイ プラクティスを使用します。AKS uses safe deployment practices which involve gradual region deployment. つまり、新しいリリースまたは新しいバージョンをすべてのリージョンで利用できるようになるまでに、最大で 10 営業日かかることがあるということです。This means it may take up to 10 business days for a new release or a new version to be available in all regions.

AKS でサポートされている Kubernetes バージョンの対象期間は、"N-2" と呼ばれます:(N (最新リリース) - 2 (マイナー バージョン))。The supported window of Kubernetes versions on AKS is known as "N-2": (N (Latest release) - 2 (minor versions)).

たとえば、AKS で 1.17.a が本日導入された場合は、次のバージョンのサポートが提供されます。For example, if AKS introduces 1.17.a today, support is provided for the following versions:

新しいマイナー バージョンNew minor version サポートされているバージョンの一覧Supported Version List
1.17.a1.17.a 1.17.a、1.17.b、1.16.c、1.16.d、1.15.e、1.15.f1.17.a, 1.17.b, 1.16.c, 1.16.d, 1.15.e, 1.15.f

ここで、".<英字>" はパッチ バージョンを表します。Where ".letter" is representative of patch versions.

新しいマイナー バージョンが導入されると、サポートされている最も古いマイナー バージョンと修正プログラムのリリースは、非推奨となり削除されます。When a new minor version is introduced, the oldest minor version and patch releases supported are deprecated and removed. たとえば、現在次のバージョンがサポートされているとします。For example, if the current supported version list is:

1.17.a
1.17.b
1.16.c
1.16.d
1.15.e
1.15.f

そして、AKS で 1.18.* がリリースされます。これは、すべての1.15.* のバージョンは削除され、30 日以内にサポートされなくなることを意味します。And AKS releases 1.18.*, it means that all the 1.15.* versions will be removed and will be out of support in 30 days.

注意

なお、お客様がサポートされていない Kubernetes バージョンを実行している場合は、クラスターのサポートを要求したときにアップグレードするよう求められます。Please note, that if customers are running an unsupported Kubernetes version, they will be asked to upgrade when requesting support for the cluster. サポートされていない Kubernetes リリースを実行しているクラスターは、AKS サポート ポリシーの対象ではありません。Clusters running unsupported Kubernetes releases are not covered by the AKS support policies.

上記に加えて、AKS では、特定のマイナー バージョンのリリースの 修正プログラム が最大 2 つサポートされています。In addition to the above, AKS supports a maximum of two patch releases of a given minor version. 次のようなサポートされているバージョンがあるとします。So given the following supported versions:

Current Supported Version List
------------------------------
1.17.8, 1.17.7, 1.16.10, 1.16.9

AKS で 1.17.91.16.11 がリリースされた場合、最も古い修正プログラムのバージョンは非推奨となって削除され、サポートされているバージョンの一覧は次のようになります。If AKS releases 1.17.9 and 1.16.11, the oldest patch versions are deprecated and removed, and the supported version list becomes:

New Supported Version List
----------------------
1.17.*9*, 1.17.*8*, 1.16.*11*, 1.16.*10*

サポートされている kubectl バージョンSupported kubectl versions

kube-apiserver バージョンに対して 1 つ新しいまたは古い kubectl のマイナー バージョンを使用します。これは、kubectl の Kubernetes サポート ポリシーに一致しています。You can use one minor version older or newer of kubectl relative to your kube-apiserver version, which is consistent with the Kubernetes support policy for kubectl.

たとえば、kube-apiserver1.17 の場合は、その kube-apiserver と共に kubectl1.16 から 1.18 を使用できます。For example, if your kube-apiserver is at 1.17, then you can use versions 1.16 to 1.18 of kubectl with that kube-apiserver.

kubectl のバージョンをインストールまたは更新するには、az aks install-cli を実行します。To install or update your version of kubectl, run az aks install-cli.

リリースと非推奨のプロセスRelease and deprecation process

今後のバージョンのリリースと非推奨は、「AKS Kubernetes リリース予定表」で参照できます。You can reference upcoming version releases and deprecations on the AKS Kubernetes Release Calendar.

新しい マイナー バージョンの Kubernetes の場合For new minor versions of Kubernetes

  1. AKS では、新しいバージョンのリリース予定日と、その旧バージョンの非推奨予定日を含む事前通知を、削除日の 30 日前までに AKS リリース ノートで公開します。AKS publishes a pre-announcement with the planned date of a new version release and respective old version deprecation on the AKS Release notes at least 30 days prior to removal.
  2. AKS によって、AKS とポータルのアクセス権を持つすべてのユーザーが使用できるサービスの正常性通知が発行され、サブスクリプション管理者宛にバージョンの削除予定日が記載されたメールが送信されます。AKS publishes a service health notification available to all users with AKS and portal access, and sends an email to the subscription administrators with the planned version removal dates.
To find out who is your subscription administrators or to change it, please refer to [manage Azure subscriptions](../cost-management-billing/manage/add-change-subscription-administrator.md#assign-a-subscription-administrator).
  1. 今後もサポートを受けるには、ユーザーは、バージョンの削除から 30 日 以内にサポートされるマイナー バージョンのリリースにアップグレードする必要があります。Users have 30 days from version removal to upgrade to a supported minor version release to continue receiving support.

新しい 修正プログラム のバージョンの Kubernetes の場合For new patch versions of Kubernetes

  • 修正プログラムのバージョンは緊急を要するため、これらは利用可能になり次第サービスに導入されることがあります。Because of the urgent nature of patch versions, these can be introduced into the service as they become available.
  • 一般的に、AKS では、新しい修正プログラムのバージョンのリリースについて大々的な通知は行っていません。In general, AKS does not do broad communications for the release of new patch versions. しかし、AKS では、利用可能な CVE を AKS でタイムリーにサポートできるよう、この修正プログラムを常に監視および検証しています。However, AKS constantly monitors and validates available CVE patches to support them in AKS in a timely manner. 重要な修正プログラムが見つかった場合、またはユーザー アクションが必要な場合、AKS では、使用可能な新しい修正プログラムにアップグレードするようユーザーに通知します。If a critical patch is found or user action is required, AKS will notify users to upgrade to the newly available patch.
  • サポートを継続して受けるには、AKS から修正プログラムのリリースが削除されてから 30 日 以内に、サポートされている修正プログラムにアップグレードする必要があります。Users have 30 days from the time a patch release is removed from AKS to upgrade into a supported patch and continue receiving support.

サポートされているバージョン ポリシーの例外Supported versions policy exceptions

AKS は、バグまたはセキュリティの問題に影響を与える 1 つ以上の重要な運用があることが識別された新しいバージョンまたは既存のバージョンを、予告なしに追加または削除する権利を留保します。AKS reserves the right to add or remove new/existing versions that have been identified to have one or more critical production impacting bugs or security issues without advance notice.

特定の修正プログラムのリリースは、バグまたはセキュリティの問題の重大度に応じて、スキップされるか、ロールアウトが高速になる場合があります。Specific patch releases may be skipped, or rollout accelerated depending on the severity of the bug or security issue.

Azure portal と CLI のバージョンAzure portal and CLI versions

ポータルまたは Azure CLI を使用して AKS クラスターをデプロイする場合、クラスターは既定で N-1 マイナー バージョンおよび最新修正プログラムに設定されます。When you deploy an AKS cluster in the portal or with the Azure CLI, the cluster is defaulted to the N-1 minor version and latest patch. たとえば、AKS でサポートされているのが 1.17.a1.17.b1.16.c1.16.d1.15.e、および 1.15.f であれば、選択される既定のバージョンは 1.16.c となります。For example, if AKS supports 1.17.a, 1.17.b, 1.16.c, 1.16.d, 1.15.e, and 1.15.f, the default version selected is 1.16.c.

ご使用のサブスクリプションとリージョンで現在使用可能なバージョンを確認するには、az aks get-versions コマンドを使用します。To find out what versions are currently available for your subscription and region, use the az aks get-versions command. 次の例では、EastUS リージョンで使用可能な Kubernetes のバージョンが一覧表示されます。The following example lists the available Kubernetes versions for the EastUS region:

az aks get-versions --location eastus --output table

AKS Kubernetes リリース予定表AKS Kubernetes Release Calendar

過去のリリース履歴については、Kubernetes に関するページを参照してください。For the past release history, see Kubernetes.

K8s バージョンK8s version アップストリームのリリースUpstream release AKS プレビューAKS preview AKS GAAKS GA サポート終了End of life
1.171.17 2019 年 12 月 9 日Dec-09-19 2019 年 1 月Jan 2019 2020 年 7 月Jul 2020 1.20 GA1.20 GA
1.181.18 2020 年 3 月 23 日Mar-23-20 2020 年 5 月May 2020 2020 年 8 月Aug 2020 1.21 GA1.21 GA
1.191.19 2020 年 8 月 4 日Aug-04-20 2020 年 9 月Sep 2020 2020 年 11 月Nov 2020 1.22 GA1.22 GA
1.201.20 2020 年 12 月 8 日Dec-08-20 2021 年 1 月Jan 2021 2021 年 3 月Mar 2021 1.23 GA1.23 GA
1.211.21 2021 年 4 月 8 日*Apr-08-21* 2021 年 5 月May 2021 2021 年 6 月Jun 2021 1.24 GA1.24 GA

* Kubernetes 1.21 アップストリーム リリースは、アップストリーム カレンダーがまだ確定していないため、変更される可能性があります。* The Kubernetes 1.21 Upstream release is subject to change as the Upstream calender as yet to be finalized.

よく寄せられる質問FAQ

サポートを利用し続けるには、どのくらいの頻度で Kubernetes のバージョンをアップグレードする必要がありますか?How often should I expect to upgrade Kubernetes versions to stay in support?

Kubernetes 1.19 以降では、オープン ソース コミュニティへのサポートが 1 年間延長されています。Starting with Kubernetes 1.19, the open source community has expanded support to 1 year. AKS により、少なくともアップストリーム コミットメントに一致するパッチとサポートを有効にすることがコミットされています。AKS commits to enabling patches and support matching the upstream commitments, at a minimum. つまり、1.19 以降の AKS クラスターでは、サポートされているバージョンを利用し続けることができるように、1 年に 1 回以上アップグレードできます。This means starting with AKS clusters on 1.19, you will be able to upgrade at a minimum of once a year to stay on a supported version. 1.18 以前のバージョンのサポート期間は 9 か月のままです。サポートされているバージョンを利用し続けるには、9 か月ごとにアップグレードする必要があります。For versions on 1.18 or below, the window of support remains at 9 months which requires an upgrade once every 9 months to stay on a supported version. 新しいバージョンを定期的にテストすること、および Kubernetes 内で最新かつ安定した拡張機能をキャプチャするために新しいバージョンへのアップグレードに備えておくことをお勧めします。It is highly recommended to regularly test new versions and be prepared to upgrade to newer versions to capture the latest stable enhancements within Kubernetes.

ユーザーがサポートされていないマイナー バージョンの Kubernetes クラスターをアップグレードするとどうなりますか。What happens when a user upgrades a Kubernetes cluster with a minor version that isn't supported?

n-3 バージョン以前を使用している場合は、サポート外であり、アップグレードするよう求められます。If you're on the n-3 version or older, it means you're outside of support and will be asked to upgrade. バージョン n-3 から n-2 へのアップグレードに成功すると、サポート ポリシーの対象になります。When your upgrade from version n-3 to n-2 succeeds, you're back within our support policies. 次に例を示します。For example:

  • サポートされている最も古い AKS のバージョンが 1.15.a で、使用しているバージョンが 1.14.b 以前の場合は、サポート対象外です。If the oldest supported AKS version is 1.15.a and you are on 1.14.b or older, you're outside of support.
  • 1.14.b から 1.15.a 以降へのアップグレードが成功すると、サポート ポリシー対象に戻ります。When the upgrade from 1.14.b to 1.15.a or higher succeeds, you're back within our support policies.

ダウングレードはサポートされていません。Downgrades are not supported.

"サポート外" とはWhat does 'Outside of Support' mean

"サポート外" とは、実行しているバージョンがサポートされているバージョンの一覧に含まれていないことを意味し、サポートを要求すると、クラスターをサポートされているバージョンにアップグレードするよう求められます。ただし、バージョンの非推奨後、30 日間の猶予期間中である場合を除きます。'Outside of Support' means that the version you're running is outside of the supported versions list, and you'll be asked to upgrade the cluster to a supported version when requesting support, unless you're within the 30-day grace period after version deprecation. さらに、AKS では、サポートされているバージョンの一覧に含まれていないクラスターのランタイムなどは保証されません。Additionally, AKS doesn't make any runtime or other guarantees for clusters outside of the supported versions list.

ユーザーがサポートされていないマイナー バージョンの Kubernetes クラスターをスケールするとどうなりますか。What happens when a user scales a Kubernetes cluster with a minor version that isn't supported?

AKS でサポートされていないマイナー バージョンの場合、スケールインまたはスケールアウトは引き続き機能しますが、サービスの品質は保証されないため、アップグレードしてクラスターをサポート対象に戻すことを強くお勧めします。For minor versions not supported by AKS, scaling in or out should continue to work, but there are no Quality of Service guarantees, so it's highly recommended to upgrade to bring your cluster back into support.

ユーザーが Kubernetes バージョンをそのまま永久に使用し続けることはできますか。Can a user stay on a Kubernetes version forever?

3 つ以上のマイナー バージョンにわたってクラスターがサポート外であり、セキュリティ リスクが生じることがわかっている場合、Azure はクラスターを事前にアップグレードするようにお客様に連絡します。If a cluster has been out of support for more than three (3) minor versions and has been found to carry security risks, Azure contacts you to proactively upgrade your cluster. お客様が措置を講じない場合、Azure は、お客様に代わってクラスターを自動的にアップグレードする権利を保持します。If you do not take further action, Azure reserves the right to automatically upgrade your cluster on your behalf.

ノード プールがサポートされている AKS バージョンのいずれかにない場合、コントロール プレーンはどのバージョンをサポートしますか。What version does the control plane support if the node pool is not in one of the supported AKS versions?

コントロール プレーンは、すべてのノード プールのバージョンの期間内になければなりません。The control plane must be within a window of versions from all node pools. コントロール プレーンまたはノード プールのアップグレードの詳細については、ノード プールのアップグレードに関するドキュメントを参照してください。For details on upgrading the control plane or node pools, visit documentation on upgrading node pools.

クラスターのアップグレード中に複数の AKS バージョンをスキップできますか。Can I skip multiple AKS versions during cluster upgrade?

サポートされている AKS クラスターをアップグレードする場合は、Kubernetes マイナー バージョンをスキップすることはできません。When you upgrade a supported AKS cluster, Kubernetes minor versions cannot be skipped. たとえば、1.12.x -> 1.13.x または 1.13.x -> 1.14.x の間のアップグレードは許可されていますが、1.12.x -> 1.14.x は許可されていません。For example, upgrades between 1.12.x -> 1.13.x or 1.13.x -> 1.14.x are allowed, however 1.12.x -> 1.14.x is not.

1.12.x -> 1.14.x にアップグレードするには、まず 1.12.x -> 1.13.x にアップグレードしてから、1.13.x -> 1.14.x にアップグレードします。To upgrade, from 1.12.x -> 1.14.x, first upgrade from 1.12.x -> 1.13.x, then upgrade from 1.13.x -> 1.14.x.

複数のバージョンは、サポートされていないバージョンからサポートされているバージョンにアップグレードする場合にのみスキップできます。Skipping multiple versions can only be done when upgrading from an unsupported version back into a supported version. たとえば、サポートされていない 1.10.x からサポートされている 1.15.x へのアップグレードは実行することができます。For example, upgrade from an unsupported 1.10.x --> a supported 1.15.x can be completed.

次のステップNext steps

クラスターをアップグレードする方法の詳細については、「Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターのアップグレード」をご覧ください。For information on how to upgrade your cluster, see Upgrade an Azure Kubernetes Service (AKS) cluster.