サーバーへの接続Connecting to servers

この記事では、データ モデリングと、SQL Server Management Studio (SSMS) や Visual Studio と Analysis Services プロジェクトなどの管理アプリケーション、または Microsoft Excel、Power BI Desktop などのクライアント レポート アプリケーション、またはカスタム アプリケーションを使用した、サーバーへの接続について説明します。This article describes connecting to a server by using data modeling and management applications like SQL Server Management Studio (SSMS) or Visual Studio with Analysis Services projects, or with client reporting applications like Microsoft Excel, Power BI Desktop, or custom applications. Azure Analysis Services への接続には HTTPS が使用されます。Connections to Azure Analysis Services use HTTPS.

クライアント ライブラリClient libraries

最新のクライアント ライブラリを入手するGet the latest Client libraries

サーバーへの接続全般に言えることですが、Analysis Services サーバーに接続してデータをやり取りするためには、最新の AMO、ADOMD.NET、OLEDB クライアント ライブラリが必要となります。All connections to a server, regardless of type, require updated AMO, ADOMD.NET, and OLEDB client libraries to connect to and interface with an Analysis Services server. SSMS、Visual Studio、Excel 2016 以降、および Power BI では、毎月のリリースにより最新のクライアント ライブラリがインストールまたは更新されます。For SSMS, Visual Studio, Excel 2016 and later, and Power BI, the latest client libraries are installed or updated with monthly releases. ただし、場合によっては、アプリケーションの最新バージョンがないこともあります。However, in some cases, it's possible an application may not have the latest. たとえば、ポリシーによって更新が先延ばしされたり、Office 365 の更新プログラムが段階的提供チャネルで提供されたりするケースがそれに該当します。For example, when policies delay updates, or Office 365 updates are on the Deferred Channel.

注意

クライアント ライブラリは、ユーザー名とパスワードを必要とするプロキシ サーバー経由で Azure Analysis Services に接続することはできません。The client libraries cannot connect to Azure Analysis Services through proxy servers that require a username and password.

サーバー名Server name

Analysis Services サーバーを Azure に作成するとき、一意の名前と、サーバーが作成されるリージョンを指定します。When you create an Analysis Services server in Azure, you specify a unique name and the region where the server is to be created. 接続にサーバー名を指定する場合、サーバーの命名方法は次のとおりです。When specifying the server name in a connection, the server naming scheme is:

<protocol>://<region>/<servername>

ここで、protocol は文字列 asazure、region はサーバーが作成された URI (たとえば、westus.asazure.windows.net)、servername はそのリージョンの一意のサーバー名です。Where protocol is string asazure, region is the Uri where the server was created (for example, westus.asazure.windows.net) and servername is the name of your unique server within the region.

サーバー名の取得Get the server name

Azure Portal でサーバーを選び、 [概要] > [サーバー名] のサーバー名全体をコピーします。In Azure portal > server > Overview > Server name, copy the entire server name. 組織内の他のユーザーもこのサーバーに接続する場合は、このサーバー名を他のユーザーと共有できます。If other users in your organization are connecting to this server too, you can share this server name with them. サーバー名を指定するときは、パス全体を使用する必要があります。When specifying a server name, the entire path must be used.

Azure でサーバー名を取得する

注意

米国東部 2 リージョンのプロトコルは aspaaseastus2 です。The protocol for East US 2 region is aspaaseastus2.

接続文字列Connection string

表形式オブジェクト モデルを使用して Azure Analysis Services に接続するときは、次の接続文字列の形式を使用します。When connecting to Azure Analysis Services using the Tabular Object Model, use the following connection string formats:

統合 Azure Active Directory 認証Integrated Azure Active Directory authentication

統合認証では、Azure Active Directory 資格情報キャッシュがあればそれが使用されます。Integrated authentication picks up the Azure Active Directory credential cache if available. ない場合は、Azure ログイン ウィンドウが表示されます。If not, the Azure login window is shown.

"Provider=MSOLAP;Data Source=<Azure AS instance name>;"
ユーザー名とパスワードによる Azure Active Directory の認証Azure Active Directory authentication with username and password
"Provider=MSOLAP;Data Source=<Azure AS instance name>;User ID=<user name>;Password=<password>;Persist Security Info=True; Impersonation Level=Impersonate;";
Windows 認証 (統合セキュリティ)Windows authentication (Integrated security)

現在のプロセスを実行している Windows アカウントが使用されます。Use the Windows account running the current process.

"Provider=MSOLAP;Data Source=<Azure AS instance name>; Integrated Security=SSPI;Persist Security Info=True;"

.odc ファイルを使用した接続Connect using an .odc file

以前のバージョンの Excel を使用するユーザーは、Office データ接続 (.odc) ファイルを使って Azure Analysis Services サーバーに接続することができます。With older versions of Excel, users can connect to an Azure Analysis Services server by using an Office Data Connection (.odc) file. 詳細については、「Office データ接続 (.odc) ファイルの作成」を参照してください。To learn more, see Create an Office Data Connection (.odc) file.

次のステップNext steps

Excel を使用した接続 Connect with Excel
Power BI を使用した接続 Connect with Power BI
サーバーの管理Manage your server