Azure Analysis Services でサポートされるデータ ソースData sources supported in Azure Analysis Services

Analysis Services プロジェクトを使用した Visual Studio の [データの取得] または[テーブルのインポート ウィザード] で表示されるデータ ソースとコネクタは、Azure Analysis Services と SQL Server Analysis Services の両方に対するものです。Data sources and connectors shown in Get Data or Table Import Wizard in Visual Studio with Analysis Services projects are shown for both Azure Analysis Services and SQL Server Analysis Services. ただし、表示されているすべてのデータ ソースとコネクタが、Azure Analysis Services でサポートされているわけではありません。However, not all data sources and connectors shown are supported in Azure Analysis Services. 接続できるデータ ソースの種類は、モデルの互換性レベル、使用可能なデータ コネクタ、認証の種類、オンプレミスのデータ ゲートウェイのサポートなど、さまざまな要因に依存します。The types of data sources you can connect to depend on many factors such as model compatibility level, available data connectors, authentication type, and On-premises data gateway support. 次の表では、Azure Analysis Services でサポートされているデータ ソースについて説明します。The following tables describe supported data sources for Azure Analysis Services.

Azure データ ソースAzure data sources

データ ソースData source メモリ内In-memory DirectQueryDirectQuery NotesNotes
Azure SQL データベースAzure SQL Database はいYes はいYes 232, 3
Azure Synapse Analytics (SQL DW)Azure Synapse Analytics (SQL DW) はいYes はいYes 22
Azure Blob StorageAzure Blob Storage はいYes いいえNo 11
Azure Table StorageAzure Table Storage はいYes いいえNo 11
Azure Cosmos DBAzure Cosmos DB はいYes いいえNo 11
Azure Data Lake Store Gen1Azure Data Lake Store Gen1 はいYes いいえNo 11
Azure Data Lake Store Gen2Azure Data Lake Store Gen2 はいYes いいえNo 151, 5
Azure HDInsight HDFSAzure HDInsight HDFS はいYes いいえNo 11
Azure HDInsight SparkAzure HDInsight Spark はいYes いいえNo 141, 4

注:Notes:

1 - 1400 以上の表形式モデルのみ。1 - Tabular 1400 and higher models only.
2 - 表形式 1200 以上のモデルで "プロバイダー" データ ソースとして指定されている場合は、インメモリと DirectQuery の両方のモデルで、Microsoft OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL (推奨)、SQL Server Native Client 11.0、または .NET Framework Data Provider SQL Server が必要です。2 - When specified as a provider data source in tabular 1200 and higher models, both in-memory and DirectQuery models require Microsoft OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL (recommended), SQL Server Native Client 11.0, or .NET Framework Data Provider for SQL Server.
3 - Azure SQL Managed Instance がサポートされています。3 - Azure SQL Managed Instance is supported. SQL Managed Instance はプライベート IP アドレスを使用して Azure VNet 内で実行されるため、インスタンスでパブリックエンド ポイントを有効にする必要があります。Because SQL Managed Instance runs within Azure VNet with a private IP address, public endpoint must be enabled on the instance. 有効になっていない場合は、オンプレミスのデータ ゲートウェイが必要です。If not enabled, an On-premises data gateway is required.
4 - Spark コネクタを使用する Azure Databricks は現在サポートされていません。4 - Azure Databricks using the Spark connector is currently not supported.
5 - ADLS Gen2 コネクタは現在サポートされていませんが、ADLS Gen2 データ ソースでは Azure Blob Storage コネクタを使用できます。5 - ADLS Gen2 connector is currently not supported, however, Azure Blob Storage connector can be used with an ADLS Gen2 data source.

他のデータ ソースOther data sources

データ ソースData source メモリ内In-memory DirectQueryDirectQuery NotesNotes
Access データベースAccess Database はいYes いいえNo
Active DirectoryActive Directory はいYes いいえNo 66
Analysis ServicesAnalysis Services はいYes いいえNo
分析プラットフォーム システムAnalytics Platform System はいYes いいえNo
CSV ファイルCSV file はいYes いいえNo
Dynamics 365Dynamics 365 はいYes いいえNo 66
Excel ブックExcel workbook はいYes いいえNo
ExchangeExchange はいYes いいえNo 66
FolderFolder はいYes いいえNo 66
IBM InformixIBM Informix はいYes いいえNo
JSON ドキュメントJSON document はいYes いいえNo 66
バイナリからの行Lines from binary はいYes いいえNo 66
MySQL データベースMySQL Database はいYes いいえNo
OData フィードOData Feed はいYes いいえNo 66
ODBC クエリODBC query はいYes いいえNo
OLE DB (OLE DB)OLE DB はいYes いいえNo
OracleOracle はいYes はいYes 99
PostgreSQL データベースPostgreSQL Database はいYes いいえNo 66
Salesforce オブジェクトSalesforce Objects はいYes いいえNo 66
Salesforce レポートSalesforce Reports はいYes いいえNo 66
SAP HANASAP HANA はいYes いいえNo
SAP Business WarehouseSAP Business Warehouse はいYes いいえNo 66
SharePoint リストSharePoint List はいYes いいえNo 6116, 11
SQL ServerSQL Server はいYes はいYes 787, 8
SQL Server Data WarehouseSQL Server Data Warehouse はいYes はいYes 787, 8
Sybase データベースSybase Database はいYes いいえNo
TeradataTeradata はいYes はいYes 1010
TXT ファイルTXT file はいYes いいえNo
XML テーブルXML table はいYes いいえNo 66

注:Notes:
6 - 表形式 1400 以上のモデルのみ。6 - Tabular 1400 and higher models only.
7 - 表形式 1200 以上のモデルで "プロバイダー" データ ソースとして指定されている場合は、Microsoft OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL (推奨)、SQL Server Native Client 11.0、または .NET Framework Data Provider SQL Server を指定します。7 - When specified as a provider data source in tabular 1200 and higher models, specify Microsoft OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL (recommended), SQL Server Native Client 11.0, or .NET Framework Data Provider for SQL Server.
8 - データ プロバイダーとして MSOLEDBSQL を指定する場合は、オンプレミス データ ゲートウェイと同じコンピューターに、Microsoft OLE DB Driver for SQL Server をダウンロードしてインストールすることが必要になる場合があります。8 - If specifying MSOLEDBSQL as the data provider, it may be necessary to download and install the Microsoft OLE DB Driver for SQL Server on the same computer as the On-premises data gateway.
9 - 表形式 1200 モデルの場合、または表形式 1400 以上のモデルの "プロバイダー" データ ソースとしては、Oracle Data Provider for .NET を指定します。9 - For tabular 1200 models, or as a provider data source in tabular 1400+ models, specify Oracle Data Provider for .NET. 構造化データ ソースとして指定した場合は、必ず Oracle マネージド プロバイダーを有効にしてください。If specified as a structured data source, be sure to enable Oracle managed provider.
10 - 表形式 1200 モデルの場合、または表形式 1400 以上のモデルの "プロバイダー" データ ソースとしては、Teradata Data Provider for .NET を指定します。10 - For tabular 1200 models, or as a provider data source in tabular 1400+ models, specify Teradata Data Provider for .NET.
11 - オンプレミスの SharePoint 内のファイルはサポートされていません。11 - Files in on-premises SharePoint are not supported.

Azure Analysis Services サーバーからオンプレミスのデータ ソースに接続するには、オンプレミスのゲートウェイが必要です。Connecting to on-premises data sources from an Azure Analysis Services server require an On-premises gateway. ゲートウェイを使うときは、64 ビットのプロバイダーが必要です。When using a gateway, 64-bit providers are required.

プロバイダーについてUnderstanding providers

Visual Studio で表形式 1400 以上のモデル プロジェクトを作成する場合、既定では [データの取得] を使用してデータ ソースに接続するときにデータ プロバイダーを指定しません。When creating tabular 1400 and higher model projects in Visual Studio, by default you do not specify a data provider when connecting to a data source by using Get Data. 表形式 1400 以上のモデルでは、Power Query コネクタを使用して、データ ソースと Analysis Services の間の接続、データ クエリ、およびマッシュアップを管理します。Tabular 1400 and higher models use Power Query connectors to manage connections, data queries, and mashups between the data source and Analysis Services. これらは、接続プロパティの設定が自動で行われていることから、"構造化" データ ソース接続と呼ばれることもあります。These are sometimes referred to as structured data source connections in that connection property settings are set for you. ただし、Visual Studio のモデル プロジェクトのレガシ データ ソースを有効にすることはできます。You can, however, enable legacy data sources for a model project in Visual Studio. 有効にすると、 [テーブルのインポート ウィザード] を使用して、"レガシ" または "プロバイダー" のデータ ソースとして、表形式 1200 以下のモデルで従来サポートされていた特定のデータ ソースに接続できます。When enabled, you can use Table Import Wizard to connect to certain data sources traditionally supported in tabular 1200 and lower models as legacy, or provider data sources. プロバイダー データ ソースとして指定した場合は、特定のデータ プロバイダーとその他の詳細な接続プロパティを指定できます。When specified as a provider data source, you can specify a particular data provider and other advanced connection properties. たとえば、SQL Server Data Warehouse インスタンスに接続することも、レガシ データ ソースとして Azure SQL Database に接続することもできます。For example, you can connect to a SQL Server Data Warehouse instance or even an Azure SQL Database as a legacy data source. その後、OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL データ プロバイダーを選択できます。You can then select the OLE DB Driver for SQL Server MSOLEDBSQL data provider. この場合、OLE DB データ プロバイダーを選択すると、Power Query コネクタよりもパフォーマンスが向上する可能性があります。In this case, selecting an OLE DB data provider may provide improved performance over the Power Query connector.

Visual Studio で [テーブルのインポート ウィザード] を使用する場合、任意のデータ ソースへの接続にはデータ プロバイダーが必要です。When using the Table Import Wizard in Visual Studio, connections to any data source require a data provider. 既定のデータ プロバイダーが自動的に選択されます。A default data provider is selected for you. 必要に応じて、データ プロバイダーは変更できます。You can change the data provider if needed. 選択するプロバイダーの種類は、パフォーマンス、モデルがインメモリ ストレージまたは DirectQuery を使用しているかどうか、モデルをデプロイする Analysis Services プラットフォームによって異なる場合があります。The type of provider you choose can depend on performance, whether or not the model is using in-memory storage or DirectQuery, and which Analysis Services platform you deploy your model to.

表形式 1400 以上のモデル プロジェクトでプロバイダー データ ソースを指定するSpecify provider data sources in tabular 1400 and higher model projects

プロバイダー データ ソースを有効にするには、Visual Studio で [ツール] > [オプション] > [Analysis Services 表形式] > [データのインポート] を順にクリックし、 [レガシ データ ソースを有効にする] を選択します。To enable provider data sources, in Visual Studio, click Tools > Options > Analysis Services Tabular > Data Import, select Enable legacy data sources.

レガシ データ ソースを有効にする

レガシ データ ソースを有効にした状態で、 [表形式モデル エクスプローラー][データ ソース] (右クリック) > [データ ソースからのインポート (レガシ)] を選択します。With legacy data sources enabled, in Tabular Model Explorer, right-click Data Sources > Import From Data Source (Legacy).

[表形式モデル エクスプローラー] のレガシ データ ソース

表形式 1200 のモデル プロジェクトと同様に、 [テーブルのインポート ウィザード] を使用してデータ ソースに接続します。Just like with tabular 1200 model projects, use Table Import Wizard to connect to a data source. 接続ページで、 [詳細設定] をクリックします。On the connect page, click Advanced. [詳細プロパティの設定] で、データ プロバイダーとその他の接続設定を指定します。Specify data provider and other connection settings in Set Advanced Properties.

レガシ データ ソースの詳細プロパティ

権限借用Impersonation

場合によっては、異なる権限借用アカウントの指定が必要になることがあります。In some cases, it may be necessary to specify a different impersonation account. 権限借用アカウントは、Visual Studio または SQL Server Management Studio (SSMS) で指定できます。Impersonation account can be specified in Visual Studio or SQL Server Management Studio (SSMS).

オンプレミスのデータ ソースの場合:For on-premises data sources:

  • SQL 認証を使っている場合、権限借用にはサービス アカウントを使う必要があります。If using SQL authentication, impersonation should be Service Account.
  • Windows 認証を使っている場合は、Windows ユーザーとパスワードを設定します。If using Windows authentication, set Windows user/password. SQL Server では、特定の権限借用アカウントでの Windows 認証は、メモリ内データ モデルに対してのみサポートされます。For SQL Server, Windows authentication with a specific impersonation account is supported only for in-memory data models.

クラウド データ ソースの場合:For cloud data sources:

  • SQL 認証を使っている場合、権限借用にはサービス アカウントを使う必要があります。If using SQL authentication, impersonation should be Service Account.

OAuth 資格情報OAuth credentials

インメモリ モードを使用する 1400 以上の互換性レベルの表形式モデルでは、Azure SQL Database、Azure Synapse (旧称 SQL Data Warehouse)、Dynamics 365、SharePoint リストで OAuth 資格情報がサポートされています。For tabular models at the 1400 and higher compatibility level using in-memory mode, Azure SQL Database, Azure Synapse (formerly SQL Data Warehouse), Dynamics 365, and SharePoint List support OAuth credentials. Azure Analysis Services では、実行時間の長い更新操作のタイムアウトを避けるために、OAuth データ ソースのトークン更新を管理します。Azure Analysis Services manages token refresh for OAuth data sources to avoid timeouts for long-running refresh operations. 有効なトークンを生成するには、Power Query を使用して資格情報を設定します。To generate valid tokens, set credentials by using Power Query.

直接クエリモードは OAuth 資格情報ではサポートされていません。Direct Query mode is not supported with OAuth credentials.

Oracle マネージド プロバイダーを有効にするEnable Oracle managed provider

場合によっては、Oracle データ ソースに対する DAX クエリで予期しない結果が返されることがあります。In some cases, DAX queries to an Oracle data source may return unexpected results. これは、データ ソース接続に使用されているプロバイダーが原因である可能性があります。This can be due to the provider being used for the data source connection.

プロバイダーについて」セクションで説明したように、表形式モデルは、"構造化" データ ソースまたは "プロバイダー" データ ソースとしてデータ ソースに接続します。As described in the Understanding providers section, tabular models connect to data sources as either a structured data source or a provider data source. Oracle データ ソースがプロバイダー データ ソースとして指定されているモデルの場合は、指定されたプロバイダーが Oracle Data Provider for .NET (Oracle.DataAccess.Client) であることを確認してください。For models with an Oracle data source specified as a provider data source, ensure the specified provider is Oracle Data Provider for .NET (Oracle.DataAccess.Client).

Oracle データ ソースが構造化データ ソースとして指定されている場合は、MDataEngine\UseManagedOracleProvider サーバー プロパティを有効にします。If the Oracle data source is specified as a structured data source, enable the MDataEngine\UseManagedOracleProvider server property. このプロパティを設定すると、推奨される Oracle Data Provider for .NET マネージド プロバイダーを使用して、モデルが Oracle データ ソースに確実に接続されます。Setting this property ensures your model connects to the Oracle data source using the recommended Oracle Data Provider for .NET managed provider.

Oracle マネージド プロバイダーを有効にするには、次のようにします。To enable Oracle managed provider:

  1. SQL Server Management Studio で、お使いのサーバーに接続します。In SQL Server Management Studio, connect to your server.

  2. 次のスクリプトを使用して、XMLA クエリを作成します。Create an XMLA query with the following script. ServerName を完全なサーバー名に置き換えてから、クエリを実行します。Replace ServerName with the full server name, and then execute the query.

    <Alter AllowCreate="true" ObjectExpansion="ObjectProperties" xmlns="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2003/engine">
        <Object />
        <ObjectDefinition>
            <Server xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:ddl2="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2003/engine/2" xmlns:ddl2_2="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2003/engine/2/2" 
    xmlns:ddl100_100="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2008/engine/100/100" xmlns:ddl200="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2010/engine/200" xmlns:ddl200_200="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2010/engine/200/200" 
    xmlns:ddl300="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2011/engine/300" xmlns:ddl300_300="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2011/engine/300/300" xmlns:ddl400="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2012/engine/400" 
    xmlns:ddl400_400="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2012/engine/400/400" xmlns:ddl500="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2013/engine/500" xmlns:ddl500_500="http://schemas.microsoft.com/analysisservices/2013/engine/500/500">
                <ID>ServerName</ID>
                <Name>ServerName</Name>
                <ServerProperties>
                    <ServerProperty>
                        <Name>MDataEngine\UseManagedOracleProvider</Name>
                        <Value>1</Value>
                    </ServerProperty>
                </ServerProperties>
            </Server>
        </ObjectDefinition>
    </Alter>
    
  3. サーバーを再起動します。Restart the server.

次のステップNext steps