オンプレミスのデータ ゲートウェイをインストールして構成するInstall and configure an on-premises data gateway

同じリージョン内の 1 つまたは複数の Azure Analysis Services サーバーがオンプレミスのデータ ソースに接続する場合は、オンプレミスのデータ ゲートウェイが必要です。An on-premises data gateway is required when one or more Azure Analysis Services servers in the same region connect to on-premises data sources. インストールするゲートウェイは、Power BI、Power Apps、Logic Apps などの他のサービスで使用されているものと同じですが、Azure Analysis Services にインストールするときは、いくつかの追加手順を実行する必要があります。While the gateway you install is the same as used by other services like Power BI, Power Apps, and Logic Apps, when installing for Azure Analysis Services, there are some additional steps you need to complete. このインストール記事は、Azure Analysis Services に固有のものです。This install article is specific to Azure Analysis Services.

Azure Analysis Services とゲートウェイの連動に関する詳細については、オンプレミス データ ソースに接続する方法に関するページを参照してください。To learn more about how Azure Analysis Services works with the gateway, see Connecting to on-premises data sources. 高度なインストール シナリオとゲートウェイ全般に関する詳細については、オンプレミス データ ゲートウェイに関するドキュメントを参照してください。To learn more about advanced installation scenarios and the gateway in general, see On-premises data gateways documentation.

前提条件Prerequisites

最低限必要なものMinimum Requirements:

  • .NET Framework 4.5.NET 4.5 Framework
  • Windows 8/Windows Server 2012 R2 (以降) の 64 ビット版64-bit version of Windows 8 / Windows Server 2012 R2 (or later)

推奨:Recommended:

  • 8 コア CPU8 Core CPU
  • 8 GB メモリ8 GB Memory
  • Windows 8/Windows Server 2012 R2 (以降) の 64 ビット版64-bit version of Windows 8 / Windows Server 2012 R2 (or later)

重要な考慮事項Important considerations:

  • セットアップ中に、ゲートウェイを Azure に登録するときは、サブスクリプションの既定のリージョンが選択されます。During setup, when registering your gateway with Azure, the default region for your subscription is selected. 別のサブスクリプションとリージョンを選択できます。You can choose a different subscription and region. 複数のリージョンにサーバーがある場合は、各リージョン用のゲートウェイをインストールする必要があります。If you have servers in more than one region, you must install a gateway for each region.
  • ドメイン コントローラーにゲートウェイをインストールすることはできません。The gateway cannot be installed on a domain controller.
  • 1 台のコンピューターにインストールできるゲートウェイは 1 つだけです。Only one gateway can be installed on a single computer.
  • 常に稼働していてスリープ状態にならないコンピューターにゲートウェイをインストールします。Install the gateway on a computer that remains on and does not go to sleep.
  • ネットワークに無線のみで接続しているコンピューターにはゲートウェイをインストールしないでください。Do not install the gateway on a computer with a wireless only connection to your network. パフォーマンスが低下することがあります。Performance can be diminished.
  • ゲートウェイをインストールするときは、コンピューターにサインインしているユーザーアカウントに [サービスとしてログオン] 特権が必要です。When installing the gateway, the user account you're signed in to your computer with must have Log on as service privileges. インストールが完了すると、オンプレミスのデータ ゲートウェイ サービスは NT SERVICE\PBIEgwService アカウントを使用して、サービスとしてログオンします。When install is complete, the On-premises data gateway service uses the NT SERVICE\PBIEgwService account to log on as a service. セットアップ中に、またはセットアップ完了後に [サービス] で別のアカウントを指定できます。A different account can be specified during setup or in Services after setup is complete. グループ ポリシー設定で、インストール時にサインインしているアカウントと、選択したサービス アカウントの両方に [サービスとしてログオン] 特権が許可されていることを確認してください。Ensure Group Policy settings allow both the account you're signed in with when installing and the service account you choose have Log on as service privileges.
  • ゲートウェイを登録するサブスクリプションと同じテナントの Azure AD アカウントを使用して Azure にサインインします。Sign in to Azure with an account in Azure AD for the same tenant as the subscription you are registering the gateway in. ゲートウェイのインストールと登録では、Azure B2B (guest) アカウントはサポートされません。Azure B2B (guest) accounts are not supported when installing and registering a gateway.
  • データ ソースが Azure Virtual Network (VNet) 上にある場合は、AlwaysUseGateway サーバー プロパティを構成する必要があります。If data sources are on an Azure Virtual Network (VNet), you must configure the AlwaysUseGateway server property.

ダウンロードDownload

ゲートウェイをダウンロードするDownload the gateway

インストールInstall

  1. セットアップを実行します。Run setup.

  2. [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] を選択します。Select On-premises data gateway.

    Select

  3. 場所を選択し、条項に同意し、 [インストール] をクリックします。Select a location, accept the terms, and then click Install.

    インストール場所とライセンス条項

  4. Azure にサインインします。Sign in to Azure. アカウントは、テナントの Azure Active Directory でなければなりません。The account must be in your tenant's Azure Active Directory. このアカウントがゲートウェイ管理者で使用されます。This account is used for the gateway administrator. ゲートウェイのインストールと登録では、Azure B2B (guest) アカウントはサポートされません。Azure B2B (guest) accounts are not supported when installing and registering the gateway.

    Azure へのサインイン

    注意

    ドメイン アカウントでサインインした場合は、Azure AD 内の組織アカウントにマップされます。If you sign in with a domain account, it's mapped to your organizational account in Azure AD. 組織アカウントがゲートウェイ管理者として使用されます。Your organizational account is used as the gateway administrator.

登録Register

Azure 内にゲートウェイ リソースを作成するためには、ゲートウェイ クラウド サービスを使用してインストールしたローカル インスタンスを登録する必要があります。In order to create a gateway resource in Azure, you must register the local instance you installed with the Gateway Cloud Service.

  1. [このコンピューターに新しいゲートウェイを登録します] を選択します。Select Register a new gateway on this computer.

    [登録]

  2. ゲートウェイの名前と回復キーを入力します。Type a name and recovery key for your gateway. 既定では、ゲートウェイは、サブスクリプションの既定のリージョンを使用します。By default, the gateway uses your subscription's default region. 別のリージョンを選択する必要がある場合は、 [リージョンの変更] を選択します。If you need to select a different region, select Change Region.

    重要

    回復キーを安全な場所に保存します。Save your recovery key in a safe place. ゲートウェイの引き継ぎ、移行、復元には回復キーが必要となります。The recovery key is required in-order to takeover, migrate, or restore a gateway.

    [登録]

Azure ゲートウェイ リソースを作成するCreate an Azure gateway resource

ゲートウェイをインストールして登録した後、Azure でゲートウェイ リソースを作成する必要があります。After you've installed and registered your gateway, you need to create a gateway resource in Azure. ゲートウェイを登録するときに使用したのと同じアカウントを使用して Azure にサインインします。Sign in to Azure with the same account you used when registering the gateway.

  1. Azure portal で、 [リソースの作成] をクリックし、 [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] を探して、 [作成] をクリックします。In Azure portal, click Create a resource, then search for On-premises data gateway, and then click Create.

    ゲートウェイ リソースを作成する

  2. [接続ゲートウェイの作成] で、次の設定を入力します。In Create connection gateway, enter these settings:

    • Name:お客様のゲートウェイ リソースの名前を入力します。Name: Enter a name for your gateway resource.

    • サブスクリプション:お客様のゲートウェイ リソースに関連付ける Azure サブスクリプションを選択します。Subscription: Select the Azure subscription to associate with your gateway resource.

      既定のサブスクリプションは、サインインするために使用した Azure アカウントに基づきます。The default subscription is based on the Azure account that you used to sign in.

    • [リソース グループ] :リソース グループを作成するか、既存のリソース グループを選択します。Resource group: Create a resource group or select an existing resource group.

    • [場所] :お客様がゲートウェイを登録したリージョンを選択します。Location: Select the region you registered your gateway in.

    • インストール名: ゲートウェイのインストールをまだ選択していない場合は、お使いのコンピューターにインストールして登録したゲートウェイを選択します。Installation Name: If your gateway installation isn't already selected, select the gateway you installed on your computer and registered.

      完了したら、 [作成] をクリックします。When you're done, click Create.

サーバーをゲートウェイ リソースに接続するConnect servers to the gateway resource

  1. Azure Analysis Services サーバーの概要で、 [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] をクリックします。In your Azure Analysis Services server overview, click On-Premises Data Gateway.

    サーバーをゲートウェイに接続する

  2. [接続するオンプレミスのデータ ゲートウェイを選択します:] で、ゲートウェイ リソースを選択し、 [選択されたゲートウェイの接続] をクリックします。In Pick an On-Premises Data Gateway to connect, select your gateway resource, and then click Connect selected gateway.

    サーバーをゲートウェイ リソースに接続する

    注意

    ゲートウェイが一覧に表示されない場合、ゲートウェイの登録時に指定したのと同じリージョンにサーバーが存在していない可能性があります。If your gateway does not appear in the list, your server is likely not in the same region as the region you specified when registering the gateway.

    サーバーとゲートウェイ リソース間の接続が成功すると、状態が [接続] と表示されます。When connection between your server and gateway resource is successful, status will show Connected.

    成功したゲートウェイ リソースへのサーバーの接続

これで終了です。That's it. ポートを開くか、トラブルシューティングを実行する必要がある場合は、オンプレミスのデータ ゲートウェイに関する記事を必ず確認してください。If you need to open ports or do any troubleshooting, be sure to check out On-premises data gateway.

次のステップNext steps