クイック スタート:サーバーのファイアウォールの構成 - ポータル

このクイック スタートでは、Azure Analysis Services サーバーのファイアウォールを構成できます。 ファイアウォールを有効にし、IP アドレス範囲をサーバーにアクセスするコンピューターのみに構成することは、サーバーとデータの保護の重要な部分です。

前提条件

Note

Microsoft Cloud Germany では現在、ファイアウォールが有効であるときに、Power BI Premium からのデータのインポート (更新) やページ分割されたレポートの接続はサポートされません。[Power BI からのアクセスを許可する] がオンに設定されていても同様です。

Azure portal にサインインする

ポータルにサインインします。

ファイアウォールを構成する

  1. サーバーをクリックして [概要] ページを開きます。

  2. [設定]>[ファイアウォール]>[ファイアウォールを有効にする] で、 [オン] を選択します。

  3. Power BI や Power BI Premium からの接続を有効にするために、 [Power BI からのアクセスを許可する][オン] を選択します。

  4. (省略可能) 1 つまたは複数の IP アドレス範囲を指定します。 各範囲の名前、開始 IP アドレス、終了 IP アドレスを入力します。 ファイアウォール規則の名前は 128 文字に制限され、大文字、小文字、数値、アンダースコア、およびハイフンのみを使用できます。 空白スペースとその他の特殊文字は使用できません。

  5. [保存] をクリックします。

    Firewall settings

リソースをクリーンアップする

不要になった場合は、IP アドレス範囲を削除するか、ファイアウォールを無効にします。

次の手順

このクイック スタートでは、サーバーのファイアウォールを構成する方法を説明しました。 サーバーが存在し、ファイアウォールで保護されたので、ポータルからそれに基本的なサンプル データ モデルを追加できます。 サンプル モデルがあると、モデル データベース ロールの構成とクライアント接続のテストについて理解するのに役立ちます。 詳しくは、サンプル モデルの追加のチュートリアルに進んでください。