Azure App Service プランの概要Azure App Service plan overview

App Service では、アプリは "App Service プラン" で実行されます。In App Service, an app runs in an App Service plan. App Service プランでは、Web アプリを実行するための一連のコンピューティング リソースを定義します。An App Service plan defines a set of compute resources for a web app to run. これらのコンピューティング リソースは従来の Web ホスティングの "サーバー ファーム" に似ています。These compute resources are analogous to the server farm in conventional web hosting. 1 つまたは複数のアプリを同じコンピューティング リソース (または、同じ App Service プラン) で実行するように構成することができます。One or more apps can be configured to run on the same computing resources (or in the same App Service plan).

特定のリージョン (西ヨーロッパなど) の App Service プランを作成する場合、一連のコンピューティング リソースはそのリージョンのそのプランに対して作成されます。When you create an App Service plan in a certain region (for example, West Europe), a set of compute resources is created for that plan in that region. この App Service プランに入れたアプリは、App Service プランで定義されたとおりにこれらのコンピューティング リソースで実行されます。Whatever apps you put into this App Service plan run on these compute resources as defined by your App Service plan. 各 App Service プランは以下を定義します。Each App Service plan defines:

  • リージョン (米国西部、米国東部など)Region (West US, East US, etc.)
  • VM インスタンスの数Number of VM instances
  • VM インスタンスのサイズ (小、中、大)Size of VM instances (Small, Medium, Large)
  • 価格レベル (Free、Shared、Basic、Standard、Premium、PremiumV2、Isolated、従量課金)Pricing tier (Free, Shared, Basic, Standard, Premium, PremiumV2, Isolated, Consumption)

App Service プランの "価格レベル" は、取得する App Service の機能とプランの価格を決定します。The pricing tier of an App Service plan determines what App Service features you get and how much you pay for the plan. 価格レベルにはいくつかのカテゴリがあります。There are a few categories of pricing tiers:

  • 共有コンピューティング: 2 つの基本レベルである FreeShared は、他のお客様のアプリを含む他の App Service アプリと同じ Azure VM 上でアプリを実行します。Shared compute: Free and Shared, the two base tiers, runs an app on the same Azure VM as other App Service apps, including apps of other customers. これらのレベルは共有リソースで実行される各アプリに CPU クォータを割り当て、リソースはスケールアウトできません。These tiers allocate CPU quotas to each app that runs on the shared resources, and the resources cannot scale out.
  • 専用コンピューティング: BasicStandardPremiumPremiumV2 のレベルはアプリを専用の Azure VM 上で実行します。Dedicated compute: The Basic, Standard, Premium, and PremiumV2 tiers run apps on dedicated Azure VMs. 同じ App Service プラン内のアプリのみが同じコンピューティング リソースを共有します。Only apps in the same App Service plan share the same compute resources. レベルが高いほど、スケールアウトに使用できる VM インスタンスが多くなります。The higher the tier, the more VM instances are available to you for scale-out.
  • Isolated: このレベルは、専用の Azure VM を専用の Azure 仮想ネットワーク上で実行し、コンピューティングの分離の上のネットワークの分離をアプリに提供します。Isolated: This tier runs dedicated Azure VMs on dedicated Azure Virtual Networks, which provides network isolation on top of compute isolation to your apps. 最大のスケールアウト機能を提供します。It provides the maximum scale-out capabilities.
  • 従量課金: このレベルは関数アプリにのみ使用できます。Consumption: This tier is only available to function apps. ワークロードに応じて関数を動的にスケーリングします。It scales the functions dynamically depending on workload. 詳しくは、「Azure Functions のホスティング プラン」をご覧ください。For more information, see Azure Functions hosting plans comparison.

注意

App Service の Free および Shared (プレビュー) ホスティング プランは、他の App Service アプリと同じ Azure VM で稼働する基本レベルです。App Service Free and Shared (preview) hosting plans are base tiers that run on the same Azure VM as other App Service apps. 一部のアプリは他のお客様に属する場合もあります。Some apps may belong to other customers. このレベルは、開発とテストのみでの使用を対象としています。These tiers are intended to be used only for development and testing purposes.

各レベルには、App Service 機能の特定のサブセットも用意されています。Each tier also provides a specific subset of App Service features. これらの機能には、カスタム ドメインと SSL 証明書、自動スケーリング、デプロイ スロット、バックアップ、Traffic Manager の統合などが含まれます。These features include custom domains and SSL certificates, autoscaling, deployment slots, backups, Traffic Manager integration, and more. レベルが高いほど、多くの機能を使用できます。The higher the tier, the more features are available. 各価格レベルでサポートされる機能については、App Service プランの詳細に関するページをご覧ください。To find out which features are supported in each pricing tier, see App Service plan details.

注意

新しい PremiumV2 価格レベル は、標準 レベルと比較して高速なプロセッサ、SSD ストレージ、メモリコア比が 2 倍の Dv2 シリーズ VM を提供します。The new PremiumV2 pricing tier provides Dv2-series VMs with faster processors, SSD storage, and double memory-to-core ratio compared to Standard tier. PremiumV2 は、インスタンス数が多いためサポートできるスケールも大きく、その一方で Standard プランの高度な機能もすべて提供します。PremiumV2 also supports higher scale via increased instance count while still providing all the advanced capabilities found in the Standard plan. 既存の Premium レベルで使用可能なすべての機能が PremiumV2 に含まれています。All features available in the existing Premium tier are included in PremiumV2.

他の特化したレベルと同様に、次の 3 つの VM サイズをこのレベルに利用できます。Similar to other dedicated tiers, three VM sizes are available for this tier:

  • 小 (1 CPU コア、3.5 GiB のメモリ)Small (one CPU core, 3.5 GiB of memory)
  • 中 (2 CPU コア、7 GiB のメモリ)Medium (two CPU cores, 7 GiB of memory)
  • 大 (4 CPU コア、14 GiB のメモリ)Large (four CPU cores, 14 GiB of memory)

PremiumV2 の価格については、「App Service の価格」をご覧ください。For PremiumV2 pricing information, see App Service Pricing.

新しい価格レベル PremiumV2 を使用するには、「Configure PremiumV2 tier for App Service (App Service 向け PremiumV2 レベルの構成)」をご覧ください。To get started with the new PremiumV2 pricing tier, see Configure PremiumV2 tier for App Service.

アプリの実行とスケールの方法How does my app run and scale?

FreeShared のレベルでは、アプリは共有 VM インスタンス上の CPU 時間 (分) を受け取り、スケールアウトできません。他のレベルでは、アプリは次のように実行およびスケーリングされます。In the Free and Shared tiers, an app receives CPU minutes on a shared VM instance and cannot scale out. In other tiers, an app runs and scales as follows.

App Service でアプリを作成すると、App Service プランに入れられます。When you create an app in App Service, it is put into an App Service plan. アプリを実行すると、App Service プランで構成されているすべての VM インスタンスで実行されます。When the app runs, it runs on all the VM instances configured in the App Service plan. 複数のアプリが同じ App Service プランにある場合、これらはすべて同じ VM インスタンスを共有します。If multiple apps are in the same App Service plan, they all share the same VM instances. アプリのデプロイ スロットが複数ある場合は、すべてのデプロイ スロットも同じ VM インスタンスで実行されます。If you have multiple deployment slots for an app, all deployment slots also run on the same VM instances. 診断ログを有効にするか、バックアップを実行するか、Web ジョブを実行すると、これらもこれらの VM インスタンス上の CPU サイクルとメモリを使用します。If you enable diagnostic logs, perform backups, or run WebJobs, they also use CPU cycles and memory on these VM instances.

このように、App Service プランは App Service アプリのスケール ユニットです。In this way, the App Service plan is the scale unit of the App Service apps. プランが 5 つの VM インスタンスを実行するように構成されている場合、プラン内のすべてのアプリが 5 つすべてのインスタンスで実行されます。If the plan is configured to run five VM instances, then all apps in the plan run on all five instances. プランが自動スケール用に構成されている場合は、プラン内のすべてのアプリが自動スケール設定に基づいて一緒にスケールアウトされます。If the plan is configured for autoscaling, then all apps in the plan are scaled out together based on the autoscale settings.

アプリのスケールアウトについては、「手動または自動によるインスタンス数のスケール変更」をご覧ください。For information on scaling out an app, see Scale instance count manually or automatically.

App Service プランのコストHow much does my App Service plan cost?

このセクションでは、App Service アプリの課金方法について説明します。This section describes how App Service apps are billed. リージョン固有の価格情報について詳しくは、「App Service の価格」をご覧ください。For detailed, region-specific pricing information, see App Service Pricing.

Free レベルを除き、App Service プランは使用するコンピューティング リソースを時間単位で課金します。Except for Free tier, an App Service plan carries an hourly charge on the compute resources it uses.

  • Shared レベルでは、それぞれのアプリが CPU の分単位のクォータを受け取るので、"各アプリ" は CPU クォータの時間単位で課金されます。In the Shared tier, each app receives a quota of CPU minutes, so each app is charged hourly for the CPU quota.
  • 専用コンピューティング レベル (BasicStandardPremiumPremiumV2) では、App Service プランはアプリがスケールされる VM インスタンスの数を定義するので、App Service プランの "各 VM インスタンス" には時間単位の料金があります。In the dedicated compute tiers (Basic, Standard, Premium, PremiumV2), The App Service plan defines the number of VM instances the apps are scaled to, so each VM instance in the App Service plan has an hourly charge. これらの VM インスタンスには、実行されているアプリの数にかかわらず同じ料金が課金されます。These VM instances are charged the same regardless how many apps are running on them. 予期しない課金を避けるには、App Service プランのクリーンアップに関するページをご覧ください。To avoid unexpected charges, see Clean up an App Service plan.
  • Isolated レベルでは、App Service 環境は、アプリを実行する分離された worker の数を定義し、"各 worker" は時間単位で課金されます。In the Isolated tier, the App Service Environment defines the number of isolated workers that run your apps, and each worker is charged hourly. さらに、App Service 環境自体の実行に時間単位の基本料金があります。In addition, there's an hourly base fee for the running the App Service Environment itself.
  • (Azure Functions の場合のみ) 従量課金レベルは、VM インスタンスを動的に割り当てて関数アプリのワークロードを処理し、Azure によって 1 秒ごとに動的に課金されます。(Azure Functions only) The Consumption tier dynamically allocates VM instances to service a function app's workload, and is charged dynamically per second by Azure. 詳細については、Azure Functions の価格に関するページを参照してください。For more information, see Azure Functions pricing.

使用可能な App Service 機能 (カスタム ドメインの構成、SSL 証明書、デプロイ スロット、バックアップなど) の使用には課金されません。You don't get charged for using the App Service features that are available to you (configuring custom domains, SSL certificates, deployment slots, backups, etc.). ただし、次のような例外があります。The exceptions are:

  • App Service ドメイン - Azure での購入時と毎年の更新時に支払います。App Service Domains - you pay when you purchase one in Azure and when you renew it each year.
  • App Service 証明書 - Azure での購入時と毎年の更新時に支払います。App Service Certificates - you pay when you purchase one in Azure and when you renew it each year.
  • IP ベースの SSL 接続 - IP ベースの SSL 接続ごとに時間単位の課金がありますが、Standard 以上の一部のレベルでは、1 つの IP ベースの SSL 接続が無料で提供されます。IP-based SSL connections - There's an hourly charge for each IP-based SSL connection, but some Standard tier or above gives you one IP-based SSL connection for free. SNI ベースの SSL 接続は無料です。SNI-based SSL connections are free.

注意

App Service を別の Azure サービスと統合する場合は、これらの他のサービスの料金を考慮する必要があります。If you integrate App Service with another Azure service, you may need to consider charges from these other services. たとえば、Azure Traffic Manager を使用してアプリを地理的にスケーリングする場合、Azure Traffic Manager も使用状況に基づいて課金されます。For example, if you use Azure Traffic Manager to scale your app geographically, Azure Traffic Manager also charges you based on your usage. Azure でクロスサービス コストを見積もるには、「料金計算ツール」をご覧ください。To estimate your cross-services cost in Azure, see Pricing calculator.

アプリに能力や機能の追加が必要になった場合What if my app needs more capabilities or features?

App Service プランは、いつでもスケールアップまたはスケールダウンできます。Your App Service plan can be scaled up and down at any time. プランの価格レベルを変更するだけなのでシンプルです。It is as simple as changing the pricing tier of the plan. 最初に低い価格レベルを選び、後で App Service 機能がさらに必要になったときにスケールアップできます。You can choose a lower pricing tier at first and scale up later when you need more App Service features.

たとえば、Free App Service プランで Web アプリのテストを無料で開始できます。For example, you can start testing your web app in a Free App Service plan and pay nothing. カスタム DNS 名を Web アプリに追加する場合は、プランを Shared レベルにスケーリングします。When you want to add your custom DNS name to the web app, just scale your plan up to Shared tier. その後、カスタム SSL 証明書を追加するときに、プランを Basic レベルにスケーリングします。Later, when you want to add a custom SSL certificate, scale your plan up to Basic tier. ステージング環境が必要な場合は、Standard レベルにスケールアップします。When you want to have staging environments, scale up to Standard tier. さらに多くのコア、メモリ、ストレージが必要になった場合は、同じレベルのより大きな VM サイズにスケールアップします。When you need more cores, memory, or storage, scale up to a bigger VM size in the same tier.

逆も同じように動作します。The same works in the reverse. 上位レベルの能力や機能が不要になったと感じる場合は、下位レベルにスケールダウンして、コストを節約できます。When you feel you no longer need the capabilities or features of a higher tier, you can scale down to a lower tier, which saves you money.

App Service プランのスケールアップについては、「Azure でのアプリのスケールアップ」をご覧ください。For information on scaling up the App Service plan, see Scale up an app in Azure.

アプリが他のアプリと同じ App Service プランにある場合は、コンピューティング リソースを分離すると、アプリのパフォーマンスが向上します。If your app is in the same App Service plan with other apps, you may want to improve the app's performance by isolating the compute resources. これを行うには、アプリを別の App Service プランに移動します。You can do it by moving the app into a separate App Service plan. 詳しくは、「Move an app to another App Service plan (アプリを別の App Service プランに移動する)」をご覧ください。For more information, see Move an app to another App Service plan.

アプリを新しいプランと既存のプランのどちらに入れる必要があるかShould I put an app in a new plan or an existing plan?

App Service プランが割り当てるコンピューティング リソースの使用料を支払うので (「App Service プランのコスト」をご覧ください)、1 つの App Service プランに複数のアプリを配置するとコストを節約できる可能性があります。Since you pay for the computing resources your App Service plan allocates (see How much does my App Service plan cost?), you can potentially save money by putting multiple apps into one App Service plan. プランに負荷を処理するための十分なリソースがある限り、既存のプランにアプリを追加し続けることができます。You can continue to add apps to an existing plan as long as the plan has enough resources to handle the load. ただし、同じ App Service プラン内のアプリはすべて同じコンピューティング リソースを共有することにご注意ください。However, keep in mind that apps in the same App Service plan all share the same compute resources. 新しいアプリが必要なリソースを持てるかどうかを判断するには、既存の App Service プランの容量と新しいアプリの予想される負荷について理解する必要があります。To determine whether the new app has the necessary resources, you need to understand the capacity of the existing App Service plan, and the expected load for the new app. App Service プランのオーバーロードは、新規および既存のアプリのダウンタイムを引き起こす可能性があります。Overloading an App Service plan can potentially cause downtime for your new and existing apps.

次の場合にはアプリを新しい App Service プランに分離してください。Isolate your app into a new App Service plan when:

  • アプリが多くのリソースを消費している。The app is resource-intensive.
  • 既存のプランの他のアプリから独立してアプリをスケーリングする必要がある。You want to scale the app independently from the other apps the existing plan.
  • アプリに別の地理的リージョン内のリソースが必要である。The app needs resource in a different geographical region.

こうすると、アプリの新しいリソース セットを割り当てることができるため、アプリをより効果的に制御できます。This way you can allocate a new set of resources for your app and gain greater control of your apps.

App Service プランの管理Manage an App Service plan