Azure App Service on Linux の概要Introduction to Azure App Service on Linux

Azure App Service は、Web サイトと Web アプリケーションをホストするために最適化された、フル マネージドのコンピューティング プラットフォームです。Azure App Service is a fully managed compute platform that is optimized for hosting websites and web applications. 顧客は App Service on Linux を使用して、サポートされているアプリケーション スタック向けに Web アプリを Linux 上でネイティブにホストすることができます。Customers can use App Service on Linux to host web apps natively on Linux for supported application stacks.

LanguagesLanguages

App Service on Linux では、開発者の生産性を向上させるために、多数の組み込みイメージがサポートされています。App Service on Linux supports a number of Built-in images in order to increase developer productivity. 以下の言語が含まれます。Node.js、Java (JRE 8 と JRE 11)、PHP、Python、.NET Core、および Ruby。Languages include: Node.js, Java (JRE 8 & JRE 11), PHP, Python, .NET Core and Ruby. az webapp list-runtimes --linux を実行して、最新の言語とサポートされているバージョンを表示します。Run az webapp list-runtimes --linux to view the latest languages and supported versions. アプリケーションに必要なランタイムが組み込みイメージでサポートされていない場合は、独自の Docker イメージを作成して Web App for Containers にデプロイする方法があります。If the runtime your application requires is not supported in the built-in images, there are instructions on how to build your own Docker image to deploy to Web App for Containers.

デプロイメントDeployments

  • FTPFTP
  • ローカル GitLocal Git
  • GitHubGitHub
  • BitbucketBitbucket

DevOpsDevOps

コンソール、公開、およびデバッグConsole, Publishing, and Debugging

  • 環境Environments
  • デプロイメントDeployments
  • 基本コンソールBasic console
  • SSHSSH

スケーリングScaling

  • App Service プランのレベルを変更することで、Web アプリのスケールアップとスケールダウンを実行できます。Customers can scale web apps up and down by changing the tier of their App Service plan

場所Locations

Azure ステータス ダッシュボードを確認します。Check the Azure Status Dashboard.

制限事項Limitations

Azure Portal では、Web App for Containers で現在使用できる機能のみが表示されます。The Azure portal shows only features that currently work for Web App for Containers. 他の機能は、有効になったときにポータルに表示されるようになります。As we enable more features, they will become visible on the portal.

App Service on Linux は Free、Basic、Standard、および Premium App Service プランでのみサポートされており、Shared レベルはありません。App Service on Linux is only supported with Free, Basic, Standard, and Premium app service plans and does not have a Shared tier. Linux 以外の Web アプリを既にホストしている App Service プランで Linux Web アプリを作成することはできません。You cannot create a Linux Web App in an App Service plan already hosting non-Linux Web Apps.

現在の制限に基づいて、同じリソース グループの場合、Windows アプリと Linux アプリを同じリージョン内に混在させることはできません。Based on a current limitation, for the same resource group you cannot mix Windows and Linux apps in the same region.

トラブルシューティングTroubleshooting

注意

Azure Monitoring (プレビュー) による新しい統合ログ機能があります。There's new integrated logging capability with Azure Monitoring (preview) .

アプリケーションが起動しない場合、またはアプリのログ記録を調べる場合は、LogFiles ディレクトリの Docker のログを確認してください。When your application fails to start or you want to check the logging from your app, check the Docker logs in the LogFiles directory. このディレクトリには、SCM サイトまたは FTP 経由でアクセスできます。You can access this directory either through your SCM site or via FTP. コンテナーから stdout および stderr をログに記録するには、 [App Service ログ][アプリケーションのログ記録] を有効にする必要があります。To log the stdout and stderr from your container, you need to enable Application Logging under App Service Logs. 設定はすぐに有効になります。The setting takes effect immediately. App Service で変更が検出され、自動的にコンテナーが再起動されます。App Service detects the change and restarts the container automatically.

SCM サイトには、 [開発ツール] メニューの [Advanced Tools] からアクセスできます。You can access the SCM site from Advanced Tools in the Development Tools menu.

Kudu を使用した Docker のログの表示

次の手順Next steps

以下の記事では、さまざまな言語で記述した Web アプリを使用して App Service on Linux での作業を開始することができます。The following articles get you started with App Service on Linux with web apps written in a variety of languages:

App Service on Linux の詳細については、次のページを参照してください。For more information on App Service on Linux, see:

質問や問題は、フォーラムに投稿できます。You can post questions and concerns on our forum.