クイック スタート:Azure App Service で Java アプリを作成するQuickstart: Create a Java app on Azure App Service

Azure App Service は、非常にスケーラブルな、自己適用型の Web ホスティング サービスを提供します。Azure App Service provides a highly scalable, self-patching web hosting service. このクイックスタートでは、Azure CLIAzure Web App Plugin for Maven と共に使用して .jar ファイルまたは .war ファイルをデプロイする方法を示します。This quickstart shows how to use the Azure CLI with the Azure Web App Plugin for Maven to deploy a .jar file, or .war file. タブを使用して Java SE と Tomcat の手順を切り替えることができます。Use the tabs to switch between Java SE and Tomcat instructions.

注意

IntelliJ や Eclipse のような一般的な IDE を使っても同じことができます。The same can also be done using popular IDEs like IntelliJ and Eclipse. Azure Toolkit for IntelliJ のクイック スタートまたは Azure Toolkit for Eclipse のクイック スタートで類似するドキュメントを確認してください。Check out our similar documents at Azure Toolkit for IntelliJ Quickstart or Azure Toolkit for Eclipse Quickstart.

Azure App Service で実行されているサンプル アプリ

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。You can use either Bash or PowerShell with Cloud Shell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell preinstalled commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を開始するには:To start Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com, or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the menu bar at the upper right in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開始します。Start Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session by selecting Ctrl+Shift+V on Windows and Linux or by selecting Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。Select Enter to run the code.

Java アプリを作成するCreate a Java app

Spring Boot Getting Started サンプル プロジェクトをクローンします。Clone the Spring Boot Getting Started sample project.

git clone https://github.com/spring-guides/gs-spring-boot

完成したプロジェクトにディレクトリを変更します。Change directory to the completed project.

cd gs-spring-boot/complete

Maven プラグインを構成するConfigure the Maven plugin

Azure App Service へのデプロイ プロセスでは、Azure CLI から Azure 資格情報が自動的に使用されます。The deployment process to Azure App Service will use your Azure credentials from the Azure CLI automatically. Azure CLI がローカル環境にインストールされていない場合、ユーザーは Maven プラグインにより Oauth またはデバイス ログインを使用して認証されます。If the Azure CLI is not installed locally, then the Maven plugin will authenticate with Oauth or device login. 詳細については、Maven プラグインによる認証に関するページを参照してください。For more information, see authentication with Maven plugins.

次の Maven コマンドを実行して、デプロイを構成します。Run the Maven command below to configure the deployment. このコマンドは、App Service オペレーティング システム、Java バージョン、および Tomcat バージョンを設定するのに役立ちます。This command will help you to set up the App Service operating system, Java version, and Tomcat version.

mvn com.microsoft.azure:azure-webapp-maven-plugin:1.12.0:config
  1. Subscription オプションのプロンプトが表示されたら、行頭に番号出力を入力して適切な Subscription を選択します。When prompted with Subscription option, select the proper Subscription by entering the number print in the line start.

  2. Web App オプションのプロンプトが表示されたら、Enter キーを押して既定のオプションである <create> を受け入れるか、既存のアプリを選択します。When prompted with Web App option, accept the defaut option <create> by pressing enter or select an existing app.

  3. OS オプションのプロンプトが表示されたら、「3」と入力して Windows を選択します。When prompted with OS option, select Windows by entering 3.

  4. 価格レベル オプションのプロンプトが表示されたら、「2」と入力して B2 を選択します。When prompted with Pricing Tier option, select B2 by entering 2.

  5. Enter キーを押して、既定の Java バージョンである Java 8 を使用します。Use the default Java version, Java 8 , by pressing enter.

  6. 最後のプロンプトで Enter キーを押して、選択内容を確認します。Finally, press enter on the last prompt to confirm your selections.

    要約出力は、次に示すスニペットのようになります。Your summary output will look similar to the snippet shown below.

    Please confirm webapp properties
    Subscription Id : ********-****-****-****-************
    AppName : spring-boot-1599007390755
    ResourceGroup : spring-boot-1599007390755-rg
    Region : westeurope
    PricingTier : Basic_B2
    OS : Windows
    Java : 1.8
    WebContainer : java 8
    Deploy to slot : false
    Confirm (Y/N)? : Y
    [INFO] Saving configuration to pom.
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] BUILD SUCCESS
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] Total time: 41.118 s
    [INFO] Finished at: 2020-09-01T17:43:45-07:00
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    
  1. Subscription オプションのプロンプトが表示されたら、行頭に番号出力を入力して適切な Subscription を選択します。When prompted with Subscription option, select the proper Subscription by entering the number print in the line start.

  2. Web App オプションのプロンプトが表示されたら、Enter キーを押して既定のオプションである <create> を受け入れるか、既存のアプリを選択します。When prompted with Web App option, accept the defaut option <create> by pressing enter or select an existing app.

  3. OS オプションのプロンプトが表示されたら、Enter キーを押して Linux を選択します。When prompted with OS option, select Linux by pressing enter.

  4. 価格レベル オプションのプロンプトが表示されたら、「2」と入力して B2 を選択します。When prompted with Pricing Tier option, select B2 by entering 2.

  5. Enter キーを押して、既定の Java バージョンである Java 8 を使用します。Use the default Java version, Java 8 , by pressing enter.

  6. 最後のプロンプトで Enter キーを押して、選択内容を確認します。Finally, press enter on the last prompt to confirm your selections.

    Please confirm webapp properties
    Subscription Id : ********-****-****-****-************
    AppName : spring-boot-1599007116351
    ResourceGroup : spring-boot-1599007116351-rg
    Region : westeurope
    PricingTier : Basic_B2
    OS : Linux
    RuntimeStack : JAVA 8-jre8
    Deploy to slot : false
    Confirm (Y/N)? : Y
    [INFO] Saving configuration to pom.
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] BUILD SUCCESS
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] Total time: 20.925 s
    [INFO] Finished at: 2020-09-01T17:38:51-07:00
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    

必要に応じて、pom.xml 内で App Service の構成を直接変更できます。You can modify the configurations for App Service directly in your pom.xml if needed. いくつかの一般的なものを次に示します。Some common ones are listed below:

プロパティProperty 必須Required 説明Description VersionVersion
<schemaVersion> falsefalse 構成スキーマのバージョンを指定します。Specify the version of the configuration schema. サポートされる値は v1v2 です。Supported values are: v1, v2. 1.5.21.5.2
<subscriptionId> falsefalse サブスクリプション ID を指定します。Specify the subscription id. 0.1.0 以降0.1.0+
<resourceGroup> truetrue Web アプリの Azure リソース グループ。Azure Resource Group for your Web App. 0.1.0 以降0.1.0+
<appName> truetrue Web アプリの名前。The name of your Web App. 0.1.0 以降0.1.0+
<region> truetrue Web アプリがホストされるリージョンを指定します。既定値は westeurope です。Specifies the region where your Web App will be hosted; the default value is westeurope. すべての有効なリージョンについては、「サポートされているリージョン」を参照してください。All valid regions at Supported Regions section. 0.1.0 以降0.1.0+
<pricingTier> falsefalse Web アプリの価格レベル。The pricing tier for your Web App. 運用ワークロードの場合の既定値は P1V2 ですが、Java Dev/Test の場合は B2 が推奨される最小構成です。The default value is P1V2 for production workload, while B2 is the recommended minimum for Java dev/test. 詳細情報Learn more 0.1.0 以降0.1.0+
<runtime> truetrue ランタイム環境の構成の詳細については、こちらを参照してください。The runtime environment configuration, you could see the detail here. 0.1.0 以降0.1.0+
<deployment> truetrue デプロイ構成の詳細については、こちらを参照してください。The deployment configuration, you could see the details here. 0.1.0 以降0.1.0+

<appName><resourceGroup> の値 (デモでは helloworld-1590394316693helloworld-1590394316693-rg) に注意してください。これらは後で使用します。Be careful about the values of <appName> and <resourceGroup>(helloworld-1590394316693 and helloworld-1590394316693-rg accordingly in the demo), they will be used later.

アプリケーションのデプロイDeploy the app

Maven プラグインでは、Azure CLI からのアカウント資格情報を App Services へのデプロイに使用します。The Maven plugin uses account credentials from the Azure CLI to deploy to App Services. 続行する前に、Azure CLI にサインインします。Sign in with the Azure CLI before continuing.

az login

次のコマンドを使用して、対象の Java アプリを Azure にデプロイできます。Then you can deploy your Java app to Azure using the following command.

mvn package azure-webapp:deploy

デプロイが完了すると、アプリケーションは http://<appName>.azurewebsites.net/ で準備が整います (デモでは http://helloworld-1590394316693.azurewebsites.net)。Once deployment has completed, your application will be ready at http://<appName>.azurewebsites.net/(http://helloworld-1590394316693.azurewebsites.net in the demo). ローカル Web ブラウザーで URL を開くと、次のように表示されますOpen the url with your local web browser, you should see

Azure App Service で実行されているサンプル アプリ

お疲れさまでした。Congratulations! App Service に初めての Java アプリをデプロイできました。You've deployed your first Java app to App Service.

リソースをクリーンアップするClean up resources

前の手順では、リソース グループ内に Azure リソースを作成しました。In the preceding steps, you created Azure resources in a resource group. 今後これらのリソースが必要になることが予想されない場合は、ポータルからリソース グループを削除するか、Cloud Shell で次のコマンドを実行します。If you don't expect to need these resources in the future, delete the resource group from portal, or by running the following command in the Cloud Shell:

az group delete --name <your resource group name; for example: helloworld-1558400876966-rg> --yes

このコマンドの実行には、少し時間がかかる場合があります。This command may take a minute to run.

次のステップNext steps