Kudu サービスの概要

Kudu は、ソース管理ベースのデプロイに関連する Azure App Service のさまざまな機能の背後にあるエンジンであり、Dropbox や OneDrive の同期などの他のデプロイ方法にも対応しています。

アプリの Kudu にアクセスする

アプリを作成するたびに、App Service によって、HTTPS によって保護されるコンパニオン アプリが作成されます。 この Kudu アプリには次の場所からアクセスできます。

  • アプリが分離レベルにありません: https://<app-name>.scm.azurewebsites.net
  • 分離レベルのインターネット接触アプリ (App Service Environment): https://<app-name>.scm.<ase-name>.p.azurewebsites.net
  • 分離レベルの内部アプリ (ILB App Service Environment): https://<app-name>.scm.<ase-name>.appserviceenvironment.net

詳細については、「Kudu サービスへのアクセス」に関するページを参照してください。

Kudu の機能

Kudu は、次のような App Service アプリに関する有益な情報を提供します。

  • アプリの設定
  • Connection strings
  • 環境変数
  • サーバー変数
  • HTTP ヘッダー

また、次のような他の機能も用意されています。

  • Kudu コンソールでコマンドを実行します。
  • IIS 診断ダンプまたは Docker ログをダウンロードします。
  • IIS のプロセスとサイト拡張機能を管理します。
  • Windows アプリの展開 Webhook を追加します。
  • /ZipDeploy で ZIP 展開 UI を使用できるようにします。
  • カスタム デプロイ スクリプトを生成します。
  • REST API によるアクセスを許可します。

Kudu にアクセスするために必要な RBAC アクセス許可

Azure Active Directory 認証を使用してブラウザーで Kudu にアクセスするには、組み込みまたはカスタムのロールのメンバーである必要があります。

  • 組み込みロールを使用する場合は、Web サイトの共同作成者、共同作成者、または所有者のメンバーである必要があります。
  • カスタム ロールを使用する場合は、次のリソース プロバイダーの操作が必要です: Microsoft.Web/sites/publish/Action

その他のリソース

Kudu は オープン ソース プロジェクトであり、Kudu Wiki にドキュメントがあります。