Azure App Service の Web アプリの診断ログの有効化Enable diagnostics logging for web apps in Azure App Service

概要Overview

Azure では、組み込みの診断機能により、 App Service Web アプリのデバッグを容易に行うことができます。Azure provides built-in diagnostics to assist with debugging an App Service web app. この記事では、診断ログを有効にしてインストルメンテーションをアプリケーションに追加する方法と、Azure によってログに記録された情報にアクセスする方法について説明します。In this article, you learn how to enable diagnostic logging and add instrumentation to your application, as well as how to access the information logged by Azure.

この記事では、Azure Portal、Azure PowerShell、Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) で診断ログを使用する方法を示します。This article uses the Azure portal, Azure PowerShell, and the Azure Command-Line Interface (Azure CLI) to work with diagnostic logs. Visual Studio で診断ログを使用する方法の詳細については、「 Visual Studio での Azure のトラブルシューティング」を参照してください。For information on working with diagnostic logs using Visual Studio, see Troubleshooting Azure in Visual Studio.

注意

この記事は、Web アプリについて言及していますが、API アプリとモバイル アプリにも適用されます。Although this article refers to web apps, it also applies to API apps and mobile apps.

Web サーバーの診断とアプリケーション診断Web server diagnostics and application diagnostics

App Service Web Apps は、Web サーバーと Web アプリケーションの両方のログ情報を診断する機能を備えています。App Service web apps provide diagnostic functionality for logging information from both the web server and the web application. これらは論理的に Web サーバー診断アプリケーション診断に分けられます。These are logically separated into web server diagnostics and application diagnostics.

Web サーバー診断Web server diagnostics

次の種類のログを有効または無効にできます。You can enable or disable the following kinds of logs:

  • 詳細なエラー ログ - 障害 (状態コード 400 以上) を示す HTTP 状態コードの詳細なエラー情報。Detailed Error Logging - Detailed error information for HTTP status codes that indicate a failure (status code 400 or greater). これには、サーバーがエラー コードを返した理由を特定するために役立つ情報が記録されている場合があります。It may contain information that can help determine why the server returned the error code.
  • 失敗した要求トレース - 要求の処理に使用された IIS コンポーネントのトレースや各コンポーネントにかかった時間など、失敗した要求の詳細情報。Failed Request Tracing - Detailed information on failed requests, including a trace of the IIS components used to process the request and the time taken in each component. これが便利なのは、サイトのパフォーマンスを向上させたり、特定の HTTP エラーが返される理由を特定したりする場合です。It is useful if you are attempting to increase site performance or isolate what is causing a specific HTTP error to be returned.
  • Web サーバーのログ記録 - W3C 拡張ログ ファイル形式を使用した、HTTP トランザクションに関する情報。Web Server Logging - Information about HTTP transactions using the W3C extended log file format. これが便利なのは、全体的なサイト指標、たとえば、サイトで処理された要求の数や、特定の IP アドレスからの要求の数を特定するときです。It is useful when determining overall site metrics such as the number of requests handled or how many requests are from a specific IP address.

アプリケーション診断Application diagnostics

アプリケーション診断では、Web アプリケーションによって生成された情報を取り込むことができます。Application diagnostics allows you to capture information produced by a web application. ASP.NET アプリケーションは、 System.Diagnostics.Trace クラスを使用して、情報をアプリケーション診断ログに記録できます。ASP.NET applications can use the System.Diagnostics.Trace class to log information to the application diagnostics log. 例: For example:

System.Diagnostics.Trace.TraceError("If you're seeing this, something bad happened");

実行時にこれらのログを取得してトラブルシューティングに役立てることができます。At runtime, you can retrieve these logs to help with troubleshooting. 詳細については、 Visual Studio での Azure Web アプリのトラブルシューティングに関するページを参照してください。For more information, see Troubleshooting Azure web apps in Visual Studio.

App Service Web Apps は、Web アプリにコンテンツをパブリッシュしたときのデプロイ情報もログに記録します。App Service web apps also log deployment information when you publish content to a web app. これは自動的に行われ、デプロイ ログの構成設定はありません。It happens automatically and there are no configuration settings for deployment logging. デプロイ ログでは、デプロイが失敗した理由を特定できます。Deployment logging allows you to determine why a deployment failed. たとえば、カスタムのデプロイ スクリプトを使用している場合は、デプロイ ログを使用して、スクリプトでエラーが発生する理由を特定できることがあります。For example, if you are using a custom deployment script, you might use deployment logging to determine why the script is failing.

診断を有効にする方法How to enable diagnostics

Azure Portal で診断を有効にするには、Web アプリのページに移動し、[設定]、[診断ログ] の順にクリックします。To enable diagnostics in the Azure portal, go to the page for your web app and click Settings > Diagnostics logs.

ログ パーツ

アプリケーション診断を有効にするときに、レベルも選択できます。When you enable application diagnostics, you also choose the Level. この設定を使用して、取得された情報を、情報警告、またはエラー情報にフィルター処理できます。This setting allows you to filter the information captured to informational, warning, or error information. これを詳細に設定すると、アプリケーションにより生成されるすべての情報がログに記録されます。Setting it to verbose logs all information produced by the application.

注意

web.config ファイルの変更とは異なり、アプリケーション診断の有効化や診断ログ レベルの変更によって、アプリケーションが実行されているアプリケーション ドメインがリサイクルされることはありません。Unlike changing the web.config file, enabling Application diagnostics or changing diagnostic log levels does not recycle the app domain that the application runs within.

アプリケーション ログの場合、デバッグ目的で、一時的にファイル システム オプションを有効にできます。For Application logging, you can turn on the file system option temporarily for debugging purposes. このオプションは、12 時間で自動的にオフにされます。This option turns off automatically in 12 hours. BLOB ストレージ オプションを有効にして、ログを書き込む BLOB コンテナーを選ぶこともできます。You can also turn on the blob storage option to select a blob container to write logs to.

Web サーバー ログの場合、[ストレージ] または [ファイル システム] を選択できます。For Web server logging, you can select storage or file system. [ストレージ] を選択すると、ストレージ アカウントを選択でき、ログ書き込み先の BLOB コンテナーを指定できます。Selecting storage allows you to select a storage account, and then a blob container that the logs are written to.

ログをファイル システムに保存した場合、これらのファイルは、FTP によってアクセスするか、Azure PowerShell または Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) を使用して Zip アーカイブとしてダウンロードできます。If you store logs on the file system, the files can be accessed by FTP, or downloaded as a Zip archive by using the Azure PowerShell or Azure Command-Line Interface (Azure CLI).

既定で、ログは自動的に削除されません (アプリケーション ログ (ファイルシステム) を除く)。By default, logs are not automatically deleted (with the exception of Application Logging (Filesystem)). ログを自動的に削除するには、[リテンション期間 (日)] フィールドを設定します。To automatically delete logs, set the Retention Period (Days) field.

注意

ストレージ アカウントのアクセス キーを再生成する場合は、該当するログ構成を更新後のキーを使用するように設定し直す必要があります。If you regenerate your storage account's access keys, you must reset the respective logging configuration to use the updated keys. これを行うには、次の手順を実行します。To do this:

  1. [構成] タブで、該当するログ機能を [オフ] に設定します。In the Configure tab, set the respective logging feature to Off. 設定を保存します。Save your setting.
  2. ストレージ アカウントの BLOB またはテーブルへのログを再び有効にします。Enable logging to the storage account blob or table again. 設定を保存します。Save your setting.

ファイル システム、テーブル ストレージ、BLOB ストレージへのログ記録は、任意に組み合わせて同時に有効にすることができます。また、それぞれ個別にログ レベルを設定できます。Any combination of file system, table storage, or blob storage can be enabled at the same time, and have individual log level configurations. たとえば、BLOB ストレージへのエラーと警告の長期間のログ記録、ファイル システムへの詳細レベルのログ記録を同時に有効にすることができます。For example, you may wish to log errors and warnings to blob storage as a long-term logging solution, while enabling file system logging with a level of verbose.

ログ書き込み先の 3 つの場所のいずれでも、ログ記録されたイベントについて同じ基本的な情報が得られますが、テーブル ストレージBlob Storage には、インスタンス ID、スレッド ID、より詳細なタイムスタンプ (目盛り形式) など、追加の情報がログ記録されます。ファイル システムには、このような情報はログ記録されません。While all three storage locations provide the same basic information for logged events, table storage and blob storage log additional information such as the instance ID, thread ID, and a more granular timestamp (tick format) than logging to file system.

注意

テーブル ストレージまたは Blob Storage に格納されている情報には、これらのストレージ システムを直接操作できるストレージ クライアントまたはアプリケーションからアクセスできます。Information stored in table storage or blob storage can only be accessed using a storage client or an application that can directly work with these storage systems. たとえば、Visual Studio 2013 のストレージ エクスプローラーを使用すると、テーブル ストレージまたは BLOB ストレージを操作できます。HDInsight を使用すると、BLOB ストレージに格納されているデータにアクセスできます。For example, Visual Studio 2013 contains a Storage Explorer that can be used to explore table or blob storage, and HDInsight can access data stored in blob storage. Azure SDK のいずれかを使用して、Azure Storage にアクセスするアプリケーションを記述することもできます。You can also write an application that accesses Azure Storage by using one of the Azure SDKs.

注意

診断を有効にするには、Azure PowerShell から Set-AzureWebsite コマンドレットを使用する方法もあります。Diagnostics can also be enabled from Azure PowerShell using the Set-AzureWebsite cmdlet. Azure PowerShell をインストールしていない場合や、Azure サブスクリプションを使用するように構成していない場合は、「Azure PowerShell のインストールおよび構成」をご覧ください。If you have not installed Azure PowerShell, or have not configured it to use your Azure Subscription, see Install and configure Azure PowerShell.

ログをダウンロードする方法How to: Download logs

Web アプリケーション ファイル システムに保存された診断情報には、FTP を使用して直接アクセスできます。Diagnostic information stored to the web app file system can be accessed directly using FTP. さらに、Azure PowerShell または Azure コマンド ライン インターフェイスを使用して Zip アーカイブとしてダウンロードすることもできます。It can also be downloaded as a Zip archive using Azure PowerShell or the Azure Command-Line Interface.

ログが保存されるディレクトリ構造は次のとおりです。The directory structure that the logs are stored in is as follows:

  • アプリケーション ログ : /LogFiles/Application/。Application logs - /LogFiles/Application/. このフォルダーには、アプリケーション ログによって生成された情報を含む 1 つ以上のテキスト ファイルが格納されます。This folder contains one or more text files containing information produced by application logging.
  • 失敗した要求トレース : /LogFiles/W3SVC#########/。Failed Request Traces - /LogFiles/W3SVC#########/. このフォルダーには、1 つの XSL ファイルと 1 つ以上の XML ファイルが格納されます。This folder contains an XSL file and one or more XML files. この XSL ファイルは、XML ファイルが Internet Explorer で表示されるときに、コンテンツの書式設定とフィルター処理を行う役割を果たすため、必ず XML ファイルと同じディレクトリにダウンロードしてください。Ensure that you download the XSL file into the same directory as the XML file(s) because the XSL file provides functionality for formatting and filtering the contents of the XML file(s) when viewed in Internet Explorer.
  • 詳細なエラー ログ : /LogFiles/DetailedErrors/。Detailed Error Logs - /LogFiles/DetailedErrors/. このフォルダーには、発生した HTTP エラーに関する詳細な情報を記録した 1 つ以上の .htm ファイルが格納されます。This folder contains one or more .htm files that provide extensive information for any HTTP errors that have occurred.
  • Web サーバー ログ : /LogFiles/http/RawLogs。Web Server Logs - /LogFiles/http/RawLogs. このフォルダーには、 W3C 拡張ログ ファイル形式を使用して形式が設定された 1 つ以上のテキスト ファイルが格納されます。This folder contains one or more text files formatted using the W3C extended log file format.
  • デプロイ ログ : /LogFiles/Git。Deployment logs - /LogFiles/Git. このフォルダーには、Git デプロイのログだけでなく、Azure Web Apps が使用する内部デプロイ プロセスによって生成されたログも格納されます。This folder contains logs generated by the internal deployment processes used by Azure web apps, as well as logs for Git deployments. デプロイ ログは D:\home\site\deployments にもあります。You can also find deployment logs under D:\home\site\deployments.

FTPFTP

アプリの FTP サーバーへの FTP 接続を開くには、「FTP/S を使用した Azure App Service へのアプリのデプロイ」を参照してください。To open an FTP connection to your app's FTP server, see Deploy your app to Azure App Service using FTP/S.

Web アプリの FTP/S サーバーに接続したら、ログ ファイルが格納されている LogFiles フォルダーを開きます。Once connected to your web app's FTP/S server, open the LogFiles folder, where the log files are stored.

Azure PowerShell を使用してダウンロードするDownload with Azure PowerShell

ログ ファイルをダウンロードするには、Azure PowerShell の新しいインスタンスを開始し、次のコマンドを使用します。To download the log files, start a new instance of Azure PowerShell and use the following command:

Save-AzureWebSiteLog -Name webappname

このコマンドで、-Name パラメーターにより指定された Web アプリのログが、現在のディレクトリにある logs.zip というファイルに保存されます。This command saves the logs for the web app specified by the -Name parameter to a file named logs.zip in the current directory.

注意

Azure PowerShell をインストールしていない場合や、Azure サブスクリプションを使用するように構成していない場合は、「Azure PowerShell のインストールおよび構成」をご覧ください。If you have not installed Azure PowerShell, or have not configured it to use your Azure Subscription, see Install and configure Azure PowerShell.

Azure コマンド ライン インターフェイスを使用してダウンロードするDownload with Azure Command-Line Interface

Azure コマンド ライン インターフェイスを使用してログ ファイルをダウンロードするには、新しいコマンド プロンプト、PowerShell、Bash、ターミナル セッションを開き、次のコマンドを入力します。To download the log files using the Azure Command Line Interface, open a new command prompt, PowerShell, Bash, or Terminal session and enter the following command:

az webapp log download --resource-group resourcegroupname --name webappname

このコマンドで、"webappname" という名前の Web アプリのログが、現在のディレクトリにある diagnostics.zip というファイルに保存されます。This command saves the logs for the web app named 'webappname' to a file named diagnostics.zip in the current directory.

注意

Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) をインストールしていない場合や、Azure サブスクリプションを使用するように構成していない場合は、 Azure CLI の使用方法に関するページを参照してください。If you have not installed the Azure Command-Line Interface (Azure CLI), or have not configured it to use your Azure Subscription, see How to Use Azure CLI.

Application Insights でログを表示する方法How to: View logs in Application Insights

Visual Studio Application Insights には、ログをフィルターおよび検索したり、要求やその他のイベントにログを関連付けたりするためのツールが用意されています。Visual Studio Application Insights provides tools for filtering and searching logs, and for correlating the logs with requests and other events.

  1. Application Insights SDK を Visual Studio のプロジェクトに追加します。Add the Application Insights SDK to your project in Visual Studio.
    • ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[Application Insights の追加] を選択します。In Solution Explorer, right-click your project and choose Add Application Insights. Application Insights リソースの作成などの手順が示されます。The interface guides you through steps that include creating an Application Insights resource. 詳細情報Learn more
  2. トレース リスナーのパッケージをプロジェクトに追加します。Add the Trace Listener package to your project.
    • プロジェクトを右クリックし、[NuGet パッケージの管理] を選択します。Right-click your project and choose Manage NuGet Packages. ログを自動的に削除するには、 Microsoft.ApplicationInsights.TraceListener 詳細情報Select Microsoft.ApplicationInsights.TraceListener Learn more
  3. プロジェクトをアップロードして実行し、ログ データを生成します。Upload your project and run it to generate log data.
  4. Azure Portal で、新しい Application Insights リソースを参照し、[検索] を開きます。In the Azure portal, browse to your new Application Insights resource, and open Search. ログ データが、要求、使用状況、およびその他の製品利用統計情報と共に表示されます。You should see your log data, along with request, usage, and other telemetry. 一部の製品利用統計情報については、表示されるまで数分かかる場合があります。[更新] をクリックします。Some telemetry might take a few minutes to arrive: click Refresh. 詳細情報Learn more

Application Insights でのパフォーマンス追跡についての詳細情報Learn more about performance tracking with Application Insights

ログをストリーミングする方法How to: Stream logs

アプリケーションの開発中に、ログ情報をほぼリアルタイムで参照すると役立つことがよくあります。While developing an application, it is often useful to see logging information in near-real time. Azure PowerShell または Azure コマンド ライン インターフェイスを使用して開発環境にログ情報をストリーミングできます。You can stream logging information to your development environment using either Azure PowerShell or the Azure Command-Line Interface.

注意

一部の種類のログ バッファーはログ ファイルに書き込まれるため、ストリーミング中に無効な順序エラーが発生する可能性があります。Some types of logging buffer write to the log file, which can result in out of order events in the stream. たとえば、ユーザーがページにアクセスしたときに発生するアプリケーション ログ エントリは、ページ要求の該当する HTTP ログ エントリより前のストリームに表示されることがあります。For example, an application log entry that occurs when a user visits a page may be displayed in the stream before the corresponding HTTP log entry for the page request.

注意

ログのストリーミングでは、D:\home\LogFiles\ フォルダーに格納されているテキスト ファイルに書き込まれた情報もストリーミングされます。Log streaming also streams information written to any text file stored in the D:\home\LogFiles\ folder.

Azure PowerShell を使用してストリーミングするStreaming with Azure PowerShell

ログ情報をストリーミングするには、Azure PowerShell の新しいインスタンスを開始して、次のコマンドを使用します。To stream logging information, start a new instance of Azure PowerShell and use the following command:

Get-AzureWebSiteLog -Name webappname -Tail

このコマンドで、-Name パラメーターに指定された Web アプリに接続され、ログ イベントが Web アプリで発生したら、PowerShell ウィンドウへの情報のストリーミングが開始されます。This command connects to the web app specified by the -Name parameter and begin streaming information to the PowerShell window as log events occur on the web app. /LogFiles ディレクトリ (d:/home/logfiles) に格納されており、末尾が .txt、.log、.htm のいずれかになっているファイルに書き込まれた情報は、ローカル コンソールにストリーミングされます。Any information written to files ending in .txt, .log, or .htm that are stored in the /LogFiles directory (d:/home/logfiles) is streamed to the local console.

特定のイベント (エラーなど) をフィルター処理するには、 -Message パラメーターを使用します。To filter specific events, such as errors, use the -Message parameter. 例: For example:

Get-AzureWebSiteLog -Name webappname -Tail -Message Error

特定のログの種類 (HTTP など) をフィルター処理するには、 -Path パラメーターを使用します。To filter specific log types, such as HTTP, use the -Path parameter. 例: For example:

Get-AzureWebSiteLog -Name webappname -Tail -Path http

使用可能なパスの一覧を表示するには、-ListPath パラメーターを使用します。To see a list of available paths, use the -ListPath parameter.

注意

Azure PowerShell をインストールしていない場合や、Azure サブスクリプションを使用するように構成していない場合は、 Azure PowerShell の使用方法に関するページを参照してください。If you have not installed Azure PowerShell, or have not configured it to use your Azure Subscription, see How to Use Azure PowerShell.

Azure コマンド ライン ツールを使用してストリーミングするStreaming with Azure Command-Line Interface

ログ情報をストリーミングするには、新しいコマンド プロンプト、PowerShell、Bash、またはターミナル セッションを開き、次のコマンドを入力します。To stream logging information, open a new command prompt, PowerShell, Bash, or Terminal session and enter the following command:

az webapp log tail --name webappname --resource-group myResourceGroup

このコマンドで、"webappname" という名前の Web アプリに接続され、ログ イベントが Web アプリで発生したら、ウィンドウへの情報のストリーミングが開始されます。This command connects to the web app named 'webappname' and begin streaming information to the window as log events occur on the web app. /LogFiles ディレクトリ (d:/home/logfiles) に格納されており、末尾が .txt、.log、.htm のいずれかになっているファイルに書き込まれた情報は、ローカル コンソールにストリーミングされます。Any information written to files ending in .txt, .log, or .htm that are stored in the /LogFiles directory (d:/home/logfiles) is streamed to the local console.

特定のイベント (エラーなど) をフィルター処理するには、 -Filter パラメーターを使用します。To filter specific events, such as errors, use the --Filter parameter. 例: For example:

az webapp log tail --name webappname --resource-group myResourceGroup --filter Error

特定のログの種類 (HTTP など) をフィルター処理するには、 --Path パラメーターを使用します。To filter specific log types, such as HTTP, use the --Path parameter. 例: For example:

az webapp log tail --name webappname --resource-group myResourceGroup --path http

注意

Azure コマンド ライン インターフェイスをインストールしていない場合や、Azure サブスクリプションを使用するように構成していない場合は、 Azure コマンド ライン インターフェイスの使用方法に関するページを参照してください。If you have not installed the Azure Command-Line Interface, or have not configured it to use your Azure Subscription, see How to Use Azure Command-Line Interface.

診断ログを読む方法How to: Understand diagnostics logs

アプリケーション診断ログApplication diagnostics logs

アプリケーション診断では、ファイル システム、テーブル ストレージ、BLOB ストレージのうち、どれにログを保存するかに応じて、.NET アプリケーション向けの一定の形式で情報が保存されます。Application diagnostics stores information in a specific format for .NET applications, depending on whether you store logs to the file system, table storage, or blob storage. 格納される一連の基本的なデータは、3 種類のすべてのストレージ間で同じで、イベントが発生した日時、イベントを生成したプロセスの ID、イベントの種類 (情報、警告、エラー)、イベントのメッセージです。The base set of data stored is the same across all three storage types - the date and time the event occurred, the process ID that produced the event, the event type (information, warning, error), and the event message.

ファイル システムFile system

ファイル システムにログが記録される行またはストリーミングによって受信する行は、それぞれ以下の形式になります。Each line logged to the file system or received using streaming is in the following format:

{Date}  PID[{process ID}] {event type/level} {message}

たとえば、エラー イベントは次の例のように表示されます。For example, an error event would appear similar to the following sample:

2014-01-30T16:36:59  PID[3096] Error       Fatal error on the page!

ファイル システムにログ記録する場合は、使用できる 3 つのログ記録方法のうちで最も基本的な情報が提供され、時間、プロセス ID、イベント レベル、メッセージのみを確認できます。Logging to the file system provides the most basic information of the three available methods, providing only the time, process ID, event level, and message.

Table StorageTable storage

テーブル ストレージにログを記録する場合は、追加のプロパティを使用して、テーブルに格納されているデータだけでなく、イベントに関するより詳細な情報も簡単に検索できます。When logging to table storage, additional properties are used to facilitate searching the data stored in the table as well as more granular information on the event. テーブルに格納される各エンティティ (行) に次のプロパティ (列) が使用されます。The following properties (columns) are used for each entity (row) stored in the table.

プロパティ名Property name 値/形式Value/format
パーティション キーPartitionKey yyyyMMddHH の形式によるイベントの日時Date/time of the event in yyyyMMddHH format
RowKeyRowKey このエンティティを一意に識別する GUID 値A GUID value that uniquely identifies this entity
TimestampTimestamp イベントが発生した日時The date and time that the event occurred
EventTickCountEventTickCount イベントが発生した目盛り形式 (高精度) の日時The date and time that the event occurred, in Tick format (greater precision)
ApplicationNameApplicationName Web アプリケーション名The web app name
LevelLevel イベント レベル (例: エラー、警告、情報)Event level (for example, error, warning, information)
EventIdEventId このイベントのイベント IDThe event ID of this event

何も指定しない場合は既定で 0Defaults to 0 if none specified

InstanceIdInstanceId イベントが発生した Web アプリケーションのインスタンスInstance of the web app that the even occurred on
PidPid プロセス IDProcess ID
TidTid イベントを生成したスレッドの IDThe thread ID of the thread that produced the event
メッセージMessage イベントの詳細メッセージEvent detail message

BLOB ストレージBlob storage

BLOB ストレージにログを記録するときには、値をコンマで区切った (CSV) 形式で格納されます。When logging to blob storage, data is stored in comma-separated values (CSV) format. テーブル ストレージと同様、追加のフィールドがログに記録されて、イベントについてより詳細な情報が提供されます。Similar to table storage, additional fields are logged to provide more granular information about the event. CSV 内の各行に次のプロパティが使用されます。The following properties are used for each row in the CSV:

プロパティ名Property name 値/形式Value/format
日付Date イベントが発生した日時The date and time that the event occurred
LevelLevel イベント レベル (例: エラー、警告、情報)Event level (for example, error, warning, information)
ApplicationNameApplicationName Web アプリケーション名The web app name
InstanceIdInstanceId イベントが発生した Web アプリのインスタンスInstance of the web app that the event occurred on
EventTickCountEventTickCount イベントが発生した目盛り形式 (高精度) の日時The date and time that the event occurred, in Tick format (greater precision)
EventIdEventId このイベントのイベント IDThe event ID of this event

何も指定しない場合は既定で 0Defaults to 0 if none specified

PidPid プロセス IDProcess ID
TidTid イベントを生成したスレッドの IDThe thread ID of the thread that produced the event
メッセージMessage イベントの詳細メッセージEvent detail message

BLOB に格納されるデータは次の例のようになります。The data stored in a blob would look similar to the following example:

date,level,applicationName,instanceId,eventTickCount,eventId,pid,tid,message
2014-01-30T16:36:52,Error,mywebapp,6ee38a,635266966128818593,0,3096,9,An error occurred

注意

この例に示しているように、ログの最初の行は列ヘッダーになります。The first line of the log contains the column headers as represented in this example.

失敗した要求トレースFailed request traces

失敗した要求トレースは fr######.xml という名前の XML ファイルに保存されます。Failed request traces are stored in XML files named fr######.xml. ログに記録された情報を見やすくするには、freb.xsl という名前の XSL スタイルシートを XML ファイルと同じディレクトリに配置します。To make it easier to view the logged information, an XSL stylesheet named freb.xsl is provided in the same directory as the XML files. Internet Explorer でいずれかの XML ファイルを開くと、次の例のように、トレース情報が XSL スタイルシートを使用して書式設定されて表示されます。If you open one of the XML files in Internet Explorer, Internet Explorer uses the XSL stylesheet to provide a formatted display of the trace information, similar to the following example:

失敗した要求をブラウザーで表示したところ

詳細なエラー ログDetailed error logs

詳細なエラー ログは、発生した HTTP エラーに関する詳細な情報を提供する HTML ドキュメントです。Detailed error logs are HTML documents that provide more detailed information on HTTP errors that have occurred. 単なる HTML ドキュメントであるため、Web ブラウザーを使用して表示できます。Since they are simply HTML documents, they can be viewed using a web browser.

Web サーバー ログWeb server logs

Web サーバー ログは W3C 拡張ログ形式(.aspx) で書式設定されます。The web server logs are formatted using the W3C extended log file format. この情報は、テキスト エディターを使用して表示したり、 Log Parserなどのユーティリティで解析したりできます。This information can be read using a text editor or parsed using utilities such as Log Parser.

注意

Azure Web Apps によって生成されるログでは、s-computernames-ip、または cs-version のフィールドはサポートされていません。The logs produced by Azure web apps do not support the s-computername, s-ip, or cs-version fields.

次のステップNext steps

注意

Azure アカウントにサインアップする前に Azure App Service の使用を開始したい場合は、「Azure App Service アプリケーションの作成」を参照してください。そこでは、App Service で有効期間の短いスターター Web アプリをすぐに作成できます。If you want to get started with Azure App Service before signing up for an Azure account, go to Try App Service, where you can immediately create a short-lived starter web app in App Service. このサービスの利用にあたり、クレジット カードは必要ありません。契約も必要ありません。No credit cards required; no commitments.