Azure Application Gateway とは

Azure Application Gateway は、Web アプリケーションに対するトラフィックを管理できる Web トラフィック ロード バランサーです。 従来のロード バランサーはトランスポート レイヤー (OSI レイヤー 4 - TCP と UDP) で動作し、送信元 IP アドレスとポートに基づくトラフィックを送信先 IP アドレスとポートにルーティングします。

Application Gateway では、URI パスやホスト ヘッダーなど、HTTP 要求の追加属性に基づいてルーティングを決定できます。 たとえば、着信 URL に基づいてトラフィックをルーティングできます。 そのため、/images が着信 URL にある場合、画像用に構成された特定のサーバー セット (プールと呼ばれます) にトラフィックをルーティングできます。 /video が URL にある場合、そのトラフィックはビデオ用に最適化された別のプールにルーティングされます。

imageURLroute

この種類のルーティングは、アプリケーション レイヤー (OSI レイヤー 7) の負荷分散と呼ばれます。 Azure Application Gateway は URL ベースのルーティングなどを行うことができます。

注意

Azure では、ユーザーのシナリオのためにフル マネージドの負荷分散ソリューションのスイートが提供されます。

  • DNS ベースのグローバルなルーティングを検討中であり、トランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコル終端 ("SSL オフロード") の要件や、HTTP/HTTPS 要求ごとまたはアプリケーション層の処理の要件が ない 場合は、Traffic Manager を検討してください。
  • Web トラフィックのグローバル ルーティングを最適化し、迅速なグローバル フェールオーバーによってトップレベルのエンドユーザー パフォーマンスと信頼性を最適化する必要がある場合は、Front Door に関するページを参照してください。
  • ネットワーク層の負荷分散を行う場合は、Load Balancer を検討してください。

実際のエンド ツー エンドのシナリオでは、必要に応じてこれらのソリューションを組み合わせると役に立つことがあります。 Azure の負荷分散オプションの比較については、「Azure の負荷分散オプションの概要」を参照してください。

特徴

Application Gateway の機能の詳細については、「Azure Application Gateway の機能」を参照してください。

料金と SLA

Application Gateway の価格情報については、「Application Gateway の価格」を参照してください。

Application Gateway の SLA 情報については、「Application Gateway の SLA」を参照してください。

新機能

Azure Application Gateway の新機能については、「Azure の更新情報」を参照してください。

次のステップ

要件と環境に応じて、Azure portal、Azure PowerShell、または Azure CLI のいずれかを使用してテスト アプリケーション ゲートウェイを作成できます。