Azure PowerShell を使用して、URL に基づいて Web トラフィックをルーティングするRoute web traffic based on the URL using Azure PowerShell

Azure PowerShell を使用して、アプリケーションにアクセスするために使用する URL に基づいた特定のスケーラブルなサーバー プールへの Web トラフィックのルーティングを構成できます。You can use Azure PowerShell to configure web traffic routing to specific scalable server pools based on the URL that is used to access your application. この記事では、仮想マシン スケール セットを使用して、3 つのバックエンド プールがある Azure Application Gateway を作成します。In this article, you create an Azure Application Gateway with three backend pools using Virtual Machine Scale Sets. 各バックエンド プールは、共通のデータ、画像、およびビデオなどの特定の目的に役立ちます。Each of the backend pools serves a specific purpose such as, common data, images, and video. 個別のプールにトラフィックをルーティングすることにより、ユーザーが必要なときに必要な情報を取得できます。Routing traffic to separate pools ensures that your customers get the information that they need when they need it.

トラフィックのルーティングを有効にするには、特定のポートでリッスンするリスナーに割り当てられるルーティング規則を作成し、Web トラフィックが、プール内の適切なサーバーに到着するようにします。To enable traffic routing, you create routing rules assigned to listeners that listen on specific ports to ensure web traffic arrives at the appropriate servers in the pools.

この記事では、次のことについて説明します。In this article, you learn how to:

  • ネットワークのセットアップSet up the network
  • リスナー、URL パス マップ、およびルールの作成Create listeners, URL path map, and rules
  • スケーラブルなバックエンド プールの作成Create scalable backend pools

URL ルーティングの例

好みに応じて、Azure CLI または Azure portal を使用してこの手順を行うこともできます。If you prefer, you can complete this procedure using Azure CLI or the Azure portal.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

注意

この記事は、Azure Az PowerShell モジュールを使用するように更新されています。This article has been updated to use the Azure Az PowerShell module. Az PowerShell モジュールは、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールです。The Az PowerShell module is the recommended PowerShell module for interacting with Azure. Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。To get started with the Az PowerShell module, see Install Azure PowerShell. Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。To learn how to migrate to the Az PowerShell module, see Migrate Azure PowerShell from AzureRM to Az.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。You can use either Bash or PowerShell with Cloud Shell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell preinstalled commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を開始するには:To start Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com, or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the menu bar at the upper right in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開始します。Start Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session by selecting Ctrl+Shift+V on Windows and Linux or by selecting Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。Select Enter to run the code.

PowerShell をローカルにインストールして使用することを選択する場合、この記事では Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降が必要になります。If you choose to install and use the PowerShell locally, this article requires the Azure PowerShell module version 1.0.0 or later. バージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。To find the version, run Get-Module -ListAvailable Az . アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Login-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you're running PowerShell locally, you also need to run Login-AzAccount to create a connection with Azure.

リソースの作成に時間が必要なため、この手順を完了するには最大で 90 分かかる場合があります。Because of the time needed to create resources, it can take up to 90 minutes to complete this procedure.

リソース グループを作成するCreate a resource group

アプリケーションのすべてのリソースを含むリソース グループを作成します。Create a resource group that contains all of the resources for your application.

New-AzResourceGroup を使用して Azure リソース グループを作成します。Create an Azure resource group using New-AzResourceGroup.

New-AzResourceGroup -Name myResourceGroupAG -Location eastus

ネットワーク リソースを作成するCreate network resources

既存の仮想ネットワークがある場合も、新しく作成する場合も、そのネットワークに、アプリケーション ゲートウェイのみに使用するサブネットが含まれるようにする必要があります。Whether you have an existing virtual network or create a new one, you need to make sure that it contains a subnet that is only used for application gateways. この記事では、アプリケーション ゲートウェイ用のサブネットと、スケール セット用のサブネットを作成します。In this article, you create a subnet for the application gateway and a subnet for the scale sets. パブリック IP アドレスを作成し、アプリケーション ゲートウェイ内のリソースにアクセスできるようにします。You create a public IP address to enable access to the resources in the application gateway.

New-AzVirtualNetworkSubnetConfig を使用して、サブネット構成 myAGSubnet および myBackendSubnet を作成します。Create the subnet configurations myAGSubnet and myBackendSubnet using New-AzVirtualNetworkSubnetConfig. New-AzVirtualNetwork とサブネット構成を使用して、 myVNet という名前の仮想ネットワークを作成します。Create the virtual network named myVNet using New-AzVirtualNetwork with the subnet configurations. 最後に、 New-AzPublicIpAddress を使用して myAGPublicIPAddress という名前のパブリック IP アドレスを作成します。And finally, create the public IP address named myAGPublicIPAddress using New-AzPublicIpAddress. こうしたリソースは、アプリケーション ゲートウェイとその関連リソースにネットワーク接続を提供するために使用されます。These resources are used to provide network connectivity to the application gateway and its associated resources.

$backendSubnetConfig = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
  -Name myBackendSubnet `
  -AddressPrefix 10.0.1.0/24

$agSubnetConfig = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
  -Name myAGSubnet `
  -AddressPrefix 10.0.2.0/24

$vnet = New-AzVirtualNetwork `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Location eastus `
  -Name myVNet `
  -AddressPrefix 10.0.0.0/16 `
  -Subnet $backendSubnetConfig, $agSubnetConfig
$pip = New-AzPublicIpAddress `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Location eastus `
  -Name myAGPublicIPAddress `
  -AllocationMethod Static `
  -Sku Standard

アプリケーション ゲートウェイの作成Create an application gateway

このセクションでは、アプリケーション ゲートウェイをサポートするリソースを作成し、最終的にアプリケーション ゲートウェイを作成します。In this section, you create resources that support the application gateway, and then finally create it. 作成するリソースは次のとおりです。The resources you create include:

  • " IP 構成とフロントエンド ポート " - 以前に作成したサブネットをアプリケーション ゲートウェイに関連付け、それへのアクセスに使用するポートを割り当てます。IP configurations and frontend port - Associates the subnet you previously created to the application gateway and assigns a port to use to access it.
  • 既定のプール - すべてのアプリケーション ゲートウェイには、サーバーのバックエンド プールが 1 つ以上必要です。Default pool - All application gateways must have at least one backend pool of servers.
  • 既定のリスナーとルール - 既定のリスナーは、割り当てられたポートでトラフィックをリッスンし、既定のルールは、既定のプールにトラフィックを送信します。Default listener and rule - The default listener listens for traffic on the port that was assigned and the default rule sends traffic to the default pool.

IP 構成とフロントエンド ポートの作成Create the IP configurations and frontend port

New-AzApplicationGatewayIPConfiguration を使用して、前に作成した " myAGSubnet " をアプリケーション ゲートウェイに関連付けます。Associate myAGSubnet you previously created to the application gateway using New-AzApplicationGatewayIPConfiguration. New-AzApplicationGatewayFrontendIPConfig を使用して、 myAGPublicIPAddress をアプリケーション ゲートウェイに割り当てます。Assign myAGPublicIPAddress to the application gateway using New-AzApplicationGatewayFrontendIPConfig.

$vnet = Get-AzVirtualNetwork `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myVNet

$subnet=$vnet.Subnets[0]

$pip = Get-AzPublicIpAddress `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAGPublicIPAddress

$gipconfig = New-AzApplicationGatewayIPConfiguration `
  -Name myAGIPConfig `
  -Subnet $subnet

$fipconfig = New-AzApplicationGatewayFrontendIPConfig `
  -Name myAGFrontendIPConfig `
  -PublicIPAddress $pip

$frontendport = New-AzApplicationGatewayFrontendPort `
  -Name myFrontendPort `
  -Port 80

既定のプールと設定の作成Create the default pool and settings

New-AzApplicationGatewayBackendAddressPool を使用して、アプリケーション ゲートウェイに対して appGatewayBackendPool という名前の既定のバックエンド プールを作成します。Create the default backend pool named appGatewayBackendPool for the application gateway using New-AzApplicationGatewayBackendAddressPool. New-AzApplicationGatewayBackendHttpSetting を使用して、バックエンド プールの設定を構成します。Configure the settings for the backend pool using New-AzApplicationGatewayBackendHttpSetting.

$defaultPool = New-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -Name appGatewayBackendPool

$poolSettings = New-AzApplicationGatewayBackendHttpSetting `
  -Name myPoolSettings `
  -Port 80 `
  -Protocol Http `
  -CookieBasedAffinity Enabled `
  -RequestTimeout 120

既定のリスナーとルールの作成Create the default listener and rule

アプリケーション ゲートウェイがバックエンド プールに対して適切にトラフィックをルーティングするためにはリスナーが必要です。A listener is required to enable the application gateway to route traffic appropriately to the backend pool. この記事では、2 つのリスナーを作成します。In this article, you create two listeners. 最初に作成する基本的なリスナーは、ルート URL でトラフィックをリッスンします。The first basic listener that you create listens for traffic at the root URL. 2 番目に作成するリスナーは、特定の URL でトラフィックをリッスンします。The second listener that you create listens for traffic at specific URLs.

New-AzApplicationGatewayHttpListener と、前に作成したフロントエンド構成およびフロントエンド ポートを使用して、 myDefaultListener という名前の既定のリスナーを作成します。Create the default listener named myDefaultListener using New-AzApplicationGatewayHttpListener with the frontend configuration and frontend port that you previously created.

着信トラフィックに使用するバックエンド プールをリスナーが判断するには、ルールが必要です。A rule is required for the listener to know which backend pool to use for incoming traffic. New-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule を使用して、 rule1 という名前の基本ルールを作成します。Create a basic rule named rule1 using New-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule.

$defaultlistener = New-AzApplicationGatewayHttpListener `
  -Name myDefaultListener `
  -Protocol Http `
  -FrontendIPConfiguration $fipconfig `
  -FrontendPort $frontendport

$frontendRule = New-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule `
  -Name rule1 `
  -RuleType Basic `
  -HttpListener $defaultlistener `
  -BackendAddressPool $defaultPool `
  -BackendHttpSettings $poolSettings

アプリケーション ゲートウェイの作成Create the application gateway

必要な関連リソースを作成したら、 New-AzApplicationGatewaySku を使用して myAppGateway という名前のアプリケーション ゲートウェイのパラメーターを指定し、 New-AzApplicationGateway を使用してそれを作成します。Now that you created the necessary supporting resources, specify parameters for the application gateway named myAppGateway using New-AzApplicationGatewaySku, and then create it using New-AzApplicationGateway.

$sku = New-AzApplicationGatewaySku `
  -Name Standard_v2 `
  -Tier Standard_v2 `
  -Capacity 2

$appgw = New-AzApplicationGateway `
  -Name myAppGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Location eastus `
  -BackendAddressPools $defaultPool `
  -BackendHttpSettingsCollection $poolSettings `
  -FrontendIpConfigurations $fipconfig `
  -GatewayIpConfigurations $gipconfig `
  -FrontendPorts $frontendport `
  -HttpListeners $defaultlistener `
  -RequestRoutingRules $frontendRule `
  -Sku $sku

アプリケーション ゲートウェイの作成には最大で 30 分かかる場合があります。It may take up to 30 minutes to create the application gateway. 次のセクションに進む前に、デプロイが正常に完了するまで待機します。Wait until the deployment finishes successfully before moving on to the next section.

この時点で、ポート 80 でトラフィックをリッスンして既定のサーバー プールにそのトラフィックを送信する、アプリケーション ゲートウェイがあります。At this point, you have an application gateway that listens for traffic on port 80 and sends that traffic to a default server pool.

イメージおよびビデオのバックエンド プールとポートの追加Add image and video backend pools and port

imagesBackendPool および videoBackendPool という名前のバックエンド プールを、アプリケーション ゲートウェイ Add-AzApplicationGatewayBackendAddressPool に追加します。Add backend pools named imagesBackendPool and videoBackendPool to your application gatewayAdd-AzApplicationGatewayBackendAddressPool. Add-AzApplicationGatewayFrontendPort を使用して、プールのフロントエンド ポートを追加します。Add the frontend port for the pools using Add-AzApplicationGatewayFrontendPort. Set-AzApplicationGateway を使用して、アプリケーション ゲートウェイに変更を送信します。Submit the changes to the application gateway using Set-AzApplicationGateway.

$appgw = Get-AzApplicationGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAppGateway

Add-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name imagesBackendPool

Add-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name videoBackendPool

Add-AzApplicationGatewayFrontendPort `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name bport `
  -Port 8080

Set-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $appgw

アプリケーション ゲートウェイの更新にも、完了まで最大 20 分かかることがあります。Updating the application gateway can also take up to 20 minutes to finish.

バックエンド リスナーの追加Add backend listener

Add-AzApplicationGatewayHttpListener を使用して、トラフィックのルーティングに必要な backendListener という名前のバックエンド リスナーを追加します。Add the backend listener named backendListener that's needed to route traffic using Add-AzApplicationGatewayHttpListener.

$appgw = Get-AzApplicationGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAppGateway

$backendPort = Get-AzApplicationGatewayFrontendPort `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name bport

$fipconfig = Get-AzApplicationGatewayFrontendIPConfig `
  -ApplicationGateway $appgw

Add-AzApplicationGatewayHttpListener `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name backendListener `
  -Protocol Http `
  -FrontendIPConfiguration $fipconfig `
  -FrontendPort $backendPort

Set-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $appgw

URL パス マップの追加Add URL path map

URL パス マップにより、アプリケーションに送信される URL が特定のバックエンド プールに確実にルーティングされます。URL path maps make sure that the URLs sent to your application are routed to specific backend pools. New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig および Add-AzApplicationGatewayUrlPathMapConfig を使用して、 imagePathRule および videoPathRule という名前の URL パス マップを作成します。Create URL path maps named imagePathRule and videoPathRule using New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig and Add-AzApplicationGatewayUrlPathMapConfig.

$appgw = Get-AzApplicationGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAppGateway

$poolSettings = Get-AzApplicationGatewayBackendHttpSetting `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name myPoolSettings

$imagePool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name imagesBackendPool

$videoPool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name videoBackendPool

$defaultPool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name appGatewayBackendPool

$imagePathRule = New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig `
  -Name imagePathRule `
  -Paths "/images/*" `
  -BackendAddressPool $imagePool `
  -BackendHttpSettings $poolSettings

$videoPathRule = New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig `
  -Name videoPathRule `
    -Paths "/video/*" `
    -BackendAddressPool $videoPool `
    -BackendHttpSettings $poolSettings

Add-AzApplicationGatewayUrlPathMapConfig `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name urlpathmap `
  -PathRules $imagePathRule, $videoPathRule `
  -DefaultBackendAddressPool $defaultPool `
  -DefaultBackendHttpSettings $poolSettings

Set-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $appgw

ルーティング規則の追加Add routing rule

ルーティング規則は、URL マップを、作成したリスナーに関連付けます。The routing rule associates the URL map with the listener that you created. Add-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule を使用して、 rule2 という名前のルールを追加します。Add the rule named rule2 using Add-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule.

$appgw = Get-AzApplicationGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAppGateway

$backendlistener = Get-AzApplicationGatewayHttpListener `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name backendListener

$urlPathMap = Get-AzApplicationGatewayUrlPathMapConfig `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name urlpathmap

Add-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule `
  -ApplicationGateway $appgw `
  -Name rule2 `
  -RuleType PathBasedRouting `
  -HttpListener $backendlistener `
  -UrlPathMap $urlPathMap

Set-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $appgw

仮想マシン スケール セットの作成Create virtual machine scale sets

この例では、作成した 3 つのバックエンド プールをサポートする 3 つの仮想マシン スケール セットを作成します。In this example, you create three virtual machine scale sets that support the three backend pools that you created. 作成するスケール セットの名前は、 myvmss1myvmss2 、および myvmss3 です。The scale sets that you create are named myvmss1 , myvmss2 , and myvmss3. スケール セットは、IP 設定を構成するときにバックエンド プールに割り当てます。You assign the scale set to the backend pool when you configure the IP settings.

$vnet = Get-AzVirtualNetwork `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myVNet

$appgw = Get-AzApplicationGateway `
  -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
  -Name myAppGateway

$backendPool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -Name appGatewayBackendPool `
  -ApplicationGateway $appgw

$imagesPool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -Name imagesBackendPool `
  -ApplicationGateway $appgw

$videoPool = Get-AzApplicationGatewayBackendAddressPool `
  -Name videoBackendPool `
  -ApplicationGateway $appgw

for ($i=1; $i -le 3; $i++)
{
  if ($i -eq 1)
  {
     $poolId = $backendPool.Id
  }
  if ($i -eq 2) 
  {
    $poolId = $imagesPool.Id
  }
  if ($i -eq 3)
  {
    $poolId = $videoPool.Id
  }

  $ipConfig = New-AzVmssIpConfig `
    -Name myVmssIPConfig$i `
    -SubnetId $vnet.Subnets[1].Id `
    -ApplicationGatewayBackendAddressPoolsId $poolId

  $vmssConfig = New-AzVmssConfig `
    -Location eastus `
    -SkuCapacity 2 `
    -SkuName Standard_DS2 `
    -UpgradePolicyMode Automatic

  Set-AzVmssStorageProfile $vmssConfig `
    -ImageReferencePublisher MicrosoftWindowsServer `
    -ImageReferenceOffer WindowsServer `
    -ImageReferenceSku 2016-Datacenter `
    -ImageReferenceVersion latest `
    -OsDiskCreateOption FromImage

  Set-AzVmssOsProfile $vmssConfig `
    -AdminUsername azureuser `
    -AdminPassword "Azure123456!" `
    -ComputerNamePrefix myvmss$i

  Add-AzVmssNetworkInterfaceConfiguration `
    -VirtualMachineScaleSet $vmssConfig `
    -Name myVmssNetConfig$i `
    -Primary $true `
    -IPConfiguration $ipConfig

  New-AzVmss `
    -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
    -Name myvmss$i `
    -VirtualMachineScaleSet $vmssConfig
}

IIS のインストールInstall IIS

各スケール セットには、IIS をインストールする 2 つの仮想マシン インスタンスが含まれています。Each scale set contains two virtual machine instances on which you install IIS. アプリケーション ゲートウェイが動作しているかどうかをテストするためのサンプル ページが作成されます。A sample page is created to test if the application gateway is working.

$publicSettings = @{ "fileUris" = (,"https://raw.githubusercontent.com/Azure/azure-docs-powershell-samples/master/application-gateway/iis/appgatewayurl.ps1"); 
  "commandToExecute" = "powershell -ExecutionPolicy Unrestricted -File appgatewayurl.ps1" }

for ($i=1; $i -le 3; $i++)
{
  $vmss = Get-AzVmss -ResourceGroupName myResourceGroupAG -VMScaleSetName myvmss$i
  Add-AzVmssExtension -VirtualMachineScaleSet $vmss `
    -Name "customScript" `
    -Publisher "Microsoft.Compute" `
    -Type "CustomScriptExtension" `
    -TypeHandlerVersion 1.8 `
    -Setting $publicSettings

  Update-AzVmss `
    -ResourceGroupName myResourceGroupAG `
    -Name myvmss$i `
    -VirtualMachineScaleSet $vmss
}

アプリケーション ゲートウェイのテストTest the application gateway

Get-AzPublicIPAddress を使用して、アプリケーション ゲートウェイのパブリック IP アドレスを取得します。Use Get-AzPublicIPAddress to get the public IP address of the application gateway. そのパブリック IP アドレスをコピーし、ブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。Copy the public IP address, and then paste it into the address bar of your browser. たとえば、http://52.168.55.24http://52.168.55.24:8080/images/test.htmhttp://52.168.55.24:8080/video/test.htm などです。Such as, http://52.168.55.24, http://52.168.55.24:8080/images/test.htm, or http://52.168.55.24:8080/video/test.htm.

Get-AzPublicIPAddress -ResourceGroupName myResourceGroupAG -Name myAGPublicIPAddress

アプリケーション ゲートウェイでのベース URL のテスト

URL を http://<IP アドレス>:8080/images/test.htm に変更し、<IP アドレス> を使用している IP アドレスに置き換えると、次の例のように表示されるはずです。Change the URL to http://<ip-address>:8080/images/test.htm, replacing your IP address for <ip-address>, and you should see something like the following example:

アプリケーション ゲートウェイでのイメージ URL のテスト

URL を http://<IP アドレス>:8080/video/test.htm に変更し、<IP アドレス> を使用している IP アドレスに置き換えると、次の例のように表示されるはずです。Change the URL to http://<ip-address>:8080/video/test.htm, replacing your IP address for <ip-address>, and you should see something like the following example:

アプリケーション ゲートウェイでのビデオ URL のテスト

リソースをクリーンアップするClean up resources

必要がなくなったら、Remove-AzResourceGroup を使用して、リソース グループ、アプリケーション ゲートウェイ、およびすべての関連リソースを削除します。When no longer needed, remove the resource group, application gateway, and all related resources using Remove-AzResourceGroup.

Remove-AzResourceGroup -Name myResourceGroupAG

次のステップNext steps

URL に基づく Web トラフィックのリダイレクトRedirect web traffic based on the URL