Java Web プロジェクトで Application Insights を使うGet started with Application Insights in a Java web project

Application Insights は、ライブ アプリケーションのパフォーマンスと使用状況を把握するのに役立つ、Web 開発者向けの拡張可能な分析サービスです。Application Insights is an extensible analytics service for web developers that helps you understand the performance and usage of your live application. パフォーマンスの問題や例外を検出および診断したり、アプリケーションで何が実行されているかを追跡するコードを記述したりすることができます。Use it to detect and diagnose performance issues and exceptions, and write code to track what users do with your app.

サンプル データ

Application Insights は、Linux、Unix、Windows で動作する Java アプリをサポートします。Application Insights supports Java apps running on Linux, Unix, or Windows.

必要なもの:You need:

既にライブの Web アプリがある場合、代替手順に従って Web サーバーで実行時に SDK を追加できます。これによってコードのリビルドを回避できますが、ユーザーの利用状況を追跡するためにコードを記述することができなくなります。If you have a web app that's already live, you could follow the alternative procedure to add the SDK at runtime in the web server. That alternative avoids rebuilding the code, but you don't get the option to write code to track user activity.

1.Application Insights のインストルメンテーション キーを取得する1. Get an Application Insights instrumentation key

  1. Microsoft Azure ポータルにサインインします。Sign in to the Microsoft Azure portal.
  2. Application Insights リソースを作成します。Create an Application Insights resource. アプリケーションの種類を [Java Web アプリケーション] に設定します。Set the application type to Java web application.

    名前を入力し、[Java Web アプリケーション] を選択した後、[作成] をクリックします

  3. 新しいリソースのインストルメンテーション キーを見つけます。Find the instrumentation key of the new resource. このキーは、後でコード プロジェクトに貼り付けます。You'll need to paste this key into your code project shortly.

    新しいリソース概要で、[プロパティ] をクリックし、インストルメンテーション キーをコピーします

2.Application Insights SDK for Java をプロジェクトに追加する2. Add the Application Insights SDK for Java to your project

プロジェクトに適した方法を選択してください。Choose the appropriate way for your project.

Maven を使用している場合: If you're using Maven...

プロジェクトが既に Maven を使用してビルドする設定になっている場合は、pom.xml ファイルに次のコードをマージします。If your project is already set up to use Maven for build, merge the following code to your pom.xml file.

次に、バイナリがダウンロードされるように、プロジェクトの依存関係を更新します。Then, refresh the project dependencies to get the binaries downloaded.


    <repositories>
       <repository>
          <id>central</id>
          <name>Central</name>
          <url>http://repo1.maven.org/maven2</url>
       </repository>
    </repositories>

    <dependencies>
      <dependency>
        <groupId>com.microsoft.azure</groupId>
        <artifactId>applicationinsights-web</artifactId>
        <!-- or applicationinsights-core for bare API -->
        <version>[2.0,)</version>
      </dependency>
    </dependencies>
  • ビルド エラーやチェックサム検証エラーが発生した場合は、Build or checksum validation errors? 特定のバージョンを試してください (例: <version>2.0.n</version>)。Try using a specific version, such as: <version>2.0.n</version>. 最新バージョンは、SDK リリース ノートまたは Maven アーティファクトで確認できます。You'll find the latest version in the SDK release notes or in the Maven artifacts.
  • 新しい SDK に更新する必要がありますか?Need to update to a new SDK? プロジェクトの依存関係を更新します。Refresh your project's dependencies.

Gradle を使用している場合: If you're using Gradle...

プロジェクトが既に Gradle を使用してビルドする設定になっている場合は、build.gradle ファイルに次のコードをマージします。If your project is already set up to use Gradle for build, merge the following code to your build.gradle file.

次に、バイナリがダウンロードされるように、プロジェクトの依存関係を更新します。Then refresh the project dependencies to get the binaries downloaded.


    repositories {
      mavenCentral()
    }

    dependencies {
      compile group: 'com.microsoft.azure', name: 'applicationinsights-web', version: '2.+'
      // or applicationinsights-core for bare API
    }

Eclipse を使用して動的 Web プロジェクトを作成している場合:If you're using Eclipse to create a Dynamic Web project ...

Application Insights SDK for Java プラグインを使用します。Use the Application Insights SDK for Java plug-in. 注意: (Maven/Gradle を使用していないとの想定において) このプラグインを使用することで Application Insights をより迅速に実行できるとしても、それは依存関係管理システムではありません。Note: even though using this plugin will get you up and running with Application Insights quicker (assuming you're not using Maven/Gradle), it is not a dependency management system. そのため、プラグインが更新されても、プロジェクトの Application Insights ライブラリは自動的に更新されません。As such, updating the plugin will not automatically update the Application Insights libraries in your project.

  • ビルド エラーやチェックサム検証エラーが発生した場合は、Build or checksum validation errors? 特定のバージョンを試してください (例: version:'2.0.n')。Try using a specific version, such as: version:'2.0.n'. 最新バージョンは、SDK リリース ノートまたは Maven アーティファクトで確認できます。You'll find the latest version in the SDK release notes or in the Maven artifacts.
  • "新しい SDK に更新するには" プロジェクトの依存関係を更新します。To update to a new SDK Refresh your project's dependencies.

それ以外で、依存関係を手動で管理している場合:Otherwise, if you are manually managing dependencies ...

最新バージョンをダウンロードし、必要なファイルをプロジェクトにコピーして、以前のバージョンを置き換えます。Download the latest version and copy the necessary files into your project, replacing any previous versions.

疑問がある場合...Questions...

  • -core コンポーネントと -web コンポーネントはどのような関係ですか。What's the relationship between the -core and -web components?

    • applicationinsights-core は最小限の API を提供します。applicationinsights-core gives you the bare API. このコンポーネントは常に必要です。You always need this component.
    • applicationinsights-web HTTP 要求数と応答時間を追跡するメトリックを提供します。applicationinsights-web gives you metrics that track HTTP request counts and response times. このテレメトリを自動的に収集しない場合、このコンポーネントは省略できます。You can omit this component if you don't want this telemetry automatically collected. たとえば、独自に記述する場合です。For example, if you want to write your own.
  • SDK を最新バージョンに更新するにはどうすればよいですか。How should I update the SDK to the latest version?

    • Gradle または Maven を使用している場合:If you are using Gradle or Maven...
      • ビルド ファイルを更新して最新バージョンを指定するか、Gradle/Maven のワイルドカード構文を使用して最新バージョンが自動的に含まれるようにします。Update your build file to specify the latest version or use Gradle/Maven's wildcard syntax to include the latest version automatically. その後、プロジェクトの依存関係を更新します。Then, refresh your project's dependencies. ワイルドカード構文は、上の例で見ることができます (Gradle または Maven)。The wildcard syntax can be seen in the examples above for Gradle or Maven.
    • 依存関係を手動で管理している場合:If you are manually managing dependencies...

手順 3.ApplicationInsights.xml ファイルを追加する3. Add an ApplicationInsights.xml file

ApplicationInsights.xml をプロジェクトのリソース フォルダーに追加するか、プロジェクトのデプロイメント クラス パスに追加されていることを確認します。Add ApplicationInsights.xml to the resources folder in your project, or make sure it is added to your project’s deployment class path. 次の XML をファイルにコピーします。Copy the following XML into it.

インストルメンテーション キーについては、Azure ポータルで入手したキーを使用してください。Substitute the instrumentation key that you got from the Azure portal.


    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ApplicationInsights xmlns="http://schemas.microsoft.com/ApplicationInsights/2013/Settings" schemaVersion="2014-05-30">


      <!-- The key from the portal: -->
      <InstrumentationKey>** Your instrumentation key **</InstrumentationKey>


      <!-- HTTP request component (not required for bare API) -->
      <TelemetryModules>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.modules.WebRequestTrackingTelemetryModule"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.modules.WebSessionTrackingTelemetryModule"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.modules.WebUserTrackingTelemetryModule"/>
      </TelemetryModules>

      <!-- Events correlation (not required for bare API) -->
      <!-- These initializers add context data to each event -->

      <TelemetryInitializers>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.initializers.WebOperationIdTelemetryInitializer"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.initializers.WebOperationNameTelemetryInitializer"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.initializers.WebSessionTelemetryInitializer"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.initializers.WebUserTelemetryInitializer"/>
        <Add type="com.microsoft.applicationinsights.web.extensibility.initializers.WebUserAgentTelemetryInitializer"/>

      </TelemetryInitializers>
    </ApplicationInsights>

必要に応じて、構成ファイルをアプリケーションがアクセスできる任意の場所に置くことができます。Optionally, the configuration file can reside in any location accessible to your application. システム プロパティ -Dapplicationinsights.configurationDirectory は、ApplicationInsights.xml があるディレクトリを指定します。The system property -Dapplicationinsights.configurationDirectory specifies the directory that contains ApplicationInsights.xml. たとえば、E:\myconfigs\appinsights\ApplicationInsights.xml にある構成ファイルは、プロパティ -Dapplicationinsights.configurationDirectory="E:\myconfigs\appinsights" を使用して構成されます。For example, a configuration file located at E:\myconfigs\appinsights\ApplicationInsights.xml would be configured with the property -Dapplicationinsights.configurationDirectory="E:\myconfigs\appinsights".

  • インストルメンテーション キーは、テレメトリのすべての項目と共に送信されます。インストルメンテーション キーを受け取った Application Insights は、リソース内にこのキーを表示します。The instrumentation key is sent along with every item of telemetry and tells Application Insights to display it in your resource.
  • HTTP 要求コンポーネントはオプションです。The HTTP Request component is optional. このコンポーネントは、要求と応答時間に関するテレメトリをポータルに自動的に送信します。It automatically sends telemetry about requests and response times to the portal.
  • イベントの関連付けは、HTTP 要求コンポーネントに対する追加の操作です。Event correlation is an addition to the HTTP request component. この操作では、サーバーで受信した各要求に識別子を割り当てた後、この識別子をテレメトリのすべての項目に "Operation.Id" プロパティとして追加します。It assigns an identifier to each request received by the server, and adds this identifier as a property to every item of telemetry as the property 'Operation.Id'. これにより、診断検索でフィルターを設定して、テレメトリを各要求に関連付けることができます。It allows you to correlate the telemetry associated with each request by setting a filter in diagnostic search.

インストルメンテーション キーの他の設定方法Alternative ways to set the instrumentation key

Application Insights SDK は、次の順序でキーを探します。Application Insights SDK looks for the key in this order:

  1. システムのプロパティ: -DAPPLICATION_INSIGHTS_IKEY=your_ikeySystem property: -DAPPLICATION_INSIGHTS_IKEY=your_ikey
  2. 環境変数: APPLICATION_INSIGHTS_IKEYEnvironment variable: APPLICATION_INSIGHTS_IKEY
  3. 構成ファイル: ApplicationInsights.xmlConfiguration file: ApplicationInsights.xml

これは コードで設定することもできます。You can also set it in code:

    TelemetryConfiguration.getActive().setInstrumentationKey(iKey);

4.HTTP フィルターを追加する4. Add an HTTP filter

最後の構成手順では、HTTP 要求コンポーネントが各 Web 要求をログに記録できるようにします The last configuration step allows the HTTP request component to log each web request. (単に最小限の API が必要な場合はこの手順を行う必要はありません)。(Not required if you just want the bare API.)

Spring Boot アプリケーションSpring Boot Applications

Application Insights の WebRequestTrackingFilter を Configuration クラスに登録します。Register the Application Insights WebRequestTrackingFilter in your Configuration class:

package devCamp.WebApp.configurations;

    import javax.servlet.Filter;

    import org.springframework.boot.web.servlet.FilterRegistrationBean;
    import org.springframework.context.annotation.Bean;
    import org.springframework.core.Ordered;
    import org.springframework.beans.factory.annotation.Value;
    import org.springframework.context.annotation.Configuration;
    import com.microsoft.applicationinsights.TelemetryConfiguration;
    import com.microsoft.applicationinsights.web.internal.WebRequestTrackingFilter;


    @Configuration
    public class AppInsightsConfig {

    //Initialize AI TelemetryConfiguration via Spring Beans
        @Bean
        public String telemetryConfig() {
            String telemetryKey = System.getenv("APPLICATION_INSIGHTS_IKEY");
            if (telemetryKey != null) {
                TelemetryConfiguration.getActive().setInstrumentationKey(telemetryKey);
            }
            return telemetryKey;
        }

    //Set AI Web Request Tracking Filter
        @Bean
        public FilterRegistrationBean aiFilterRegistration(@Value("${spring.application.name:application}") String applicationName) {
           FilterRegistrationBean registration = new FilterRegistrationBean();
           registration.setFilter(new WebRequestTrackingFilter(applicationName));
           registration.setName("webRequestTrackingFilter");
           registration.addUrlPatterns("/*");
           registration.setOrder(Ordered.HIGHEST_PRECEDENCE + 10);
           return registration;
       } 

    //Set up AI Web Request Tracking Filter
        @Bean(name = "WebRequestTrackingFilter")
        public Filter webRequestTrackingFilter(@Value("${spring.application.name:application}") String applicationName) {
            return new WebRequestTrackingFilter(applicationName);
        }   
    }

[!NOTE] Spring Boot 1.3.8 以前を使用している場合は、次の行で FilterRegistrationBean を置き換えますIf you're using Spring Boot 1.3.8 or older replace the FilterRegistrationBean with the line below

    import org.springframework.boot.context.embedded.FilterRegistrationBean;

このクラスにより、WebRequestTrackingFilter が http フィルター チェーンの最初のフィルターとして構成されます。This class will configure the WebRequestTrackingFilter to be the first filter on the http filter chain. また、取得可能な場合は、オペレーティング システムの環境変数からインストルメンテーション キーがプルされます。It will also pull the instrumentation key from the operating system environment variable if it is available.

ここでは Spring MVC 構成ではなく Web http フィルター構成を使用しています。なぜなら、これは Spring Boot アプリケーションであり、独自の Spring MVC 構成があるためです。We are using the web http filter configuration rather than the Spring MVC configuration because this is a Spring Boot application, and it has its own Spring MVC configuration. Spring MVC に固有の構成については、以降のセクションを参照してください。See the sections below for Spring MVC specific configuration.

Web.xml を使用するアプリケーションApplications Using Web.xml

プロジェクトの web.xml ファイルを見つけて開きます。アプリケーション フィルターが構成されている web-app ノードの下に次のコードをマージします。Locate and open the web.xml file in your project, and merge the following code under the web-app node, where your application filters are configured.

最も正確な結果を得るためには、他のすべてのフィルターの前にこのフィルターをマップする必要があります。To get the most accurate results, the filter should be mapped before all other filters.


    <filter>
      <filter-name>ApplicationInsightsWebFilter</filter-name>
      <filter-class>
        com.microsoft.applicationinsights.web.internal.WebRequestTrackingFilter
      </filter-class>
    </filter>
    <filter-mapping>
       <filter-name>ApplicationInsightsWebFilter</filter-name>
       <url-pattern>/*</url-pattern>
    </filter-mapping>

Spring Web MVC 3.1 以降を使用している場合If you're using Spring Web MVC 3.1 or later

Application Insights パッケージを含めるように、*-servlet.xml で次の要素を編集します。Edit these elements in *-servlet.xml to include the Application Insights package:


    <context:component-scan base-package=" com.springapp.mvc, com.microsoft.applicationinsights.web.spring"/>

    <mvc:interceptors>
        <mvc:interceptor>
            <mvc:mapping path="/**"/>
            <bean class="com.microsoft.applicationinsights.web.spring.RequestNameHandlerInterceptorAdapter" />
        </mvc:interceptor>
    </mvc:interceptors>

Struts 2 を使用している場合If you're using Struts 2

次の項目を Struts 構成ファイルに追加します (通常は、struts.xml または struts-default.xml)。Add this item to the Struts configuration file (usually named struts.xml or struts-default.xml):


     <interceptors>
       <interceptor name="ApplicationInsightsRequestNameInterceptor" class="com.microsoft.applicationinsights.web.struts.RequestNameInterceptor" />
     </interceptors>
     <default-interceptor-ref name="ApplicationInsightsRequestNameInterceptor" />

既定のスタックにインターセプターが定義されている場合は、インターセプターをそのスタックに追加できます。If you have interceptors defined in a default stack, the interceptor can be added to that stack.

5.アプリケーションを実行する5. Run your application

開発用コンピューターでデバッグ モードで実行するか、サーバーに発行します。Either run it in debug mode on your development machine, or publish to your server.

6.Application Insights でのテレメトリを表示する6. View your telemetry in Application Insights

Microsoft Azure ポータルの Application Insights リソースに戻ります。Return to your Application Insights resource in Microsoft Azure portal.

HTTP 要求データが概要ブレードに表示されます HTTP requests data appears on the overview blade. (表示されない場合は、数秒待ってから [最新の情報に更新] をクリックします)。(If it isn't there, wait a few seconds and then click Refresh.)

サンプル データ

メトリックの詳細についてはこちらをご覧ください。Learn more about metrics.

任意のグラフをクリックして、より詳細な集計メトリックを表示します。Click through any chart to see more detailed aggregated metrics.

Application Insights では、MVC アプリケーションの HTTP 要求の形式として、 VERB controller/actionが想定されます。Application Insights assumes the format of HTTP requests for MVC applications is: VERB controller/action. たとえば、GET Home/Product/f9anuh81GET Home/Product/2dffwrf5GET Home/Product/sdf96vws は、GET Home/Product にグループ化されます。For example, GET Home/Product/f9anuh81, GET Home/Product/2dffwrf5 and GET Home/Product/sdf96vws are grouped into GET Home/Product. このグループ化により、要求数や要求の平均実行時間など、要求の意味のある集計を行うことができます。This grouping enables meaningful aggregations of requests, such as number of requests and average execution time for requests.

インスタンス データInstance data

個々のインスタンスを表示するには、特定の要求の種類をクリックします。Click through a specific request type to see individual instances.

Application Insights には、2 種類のデータが表示されます。1 つは、格納され、平均、カウント、合計として表示される集計データです。もう 1 つは、HTTP 要求、例外、ページ ビュー、またはカスタム イベントの個々のレポートであるインスタンス データです。Two kinds of data are displayed in Application Insights: aggregated data, stored and displayed as averages, counts, and sums; and instance data - individual reports of HTTP requests, exceptions, page views, or custom events.

要求のプロパティを表示すると、その要求に関連付けられているテレメトリ イベント (要求や例外など) が表示されます。When viewing the properties of a request, you can see the telemetry events associated with it such as requests and exceptions.

Analytics: 強力なクエリ言語Analytics: Powerful query language

より多くのデータが蓄積されると、データを集計するためのクエリと、個々のインスタンスを検索するためのクエリの両方を実行できます。As you accumulate more data, you can run queries both to aggregate data and to find individual instances. Analytics は、パフォーマンスと使用状況を把握したり、診断を行ったりするための強力なツールです。Analytics is a powerful tool for both for understanding performance and usage, and for diagnostic purposes.

Example of Analytics

7.サーバーへのアプリのインストール7. Install your app on the server

次に、サーバーにアプリを発行してユーザーがアプリを使用できるようにし、ポータルに表示されるテレメトリを監視します。Now publish your app to the server, let people use it, and watch the telemetry show up on the portal.

  • アプリケーションがこれらのポートにテレメトリを送信できるようにファイアウォールが設定されていることを確認します。Make sure your firewall allows your application to send telemetry to these ports:

    • dc.services.visualstudio.com:443dc.services.visualstudio.com:443
    • f5.services.visualstudio.com:443f5.services.visualstudio.com:443
  • 送信トラフィックをファイアウォール経由でルーティングする必要がある場合は、システム プロパティの http.proxyHosthttp.proxyPort を定義します。If outgoing traffic must be routed through a firewall, define system properties http.proxyHost and http.proxyPort.

  • Windows サーバーに次のものをインストールします。On Windows servers, install:

例外と要求エラーExceptions and request failures

未処理の例外は、自動的に収集されます。Unhandled exceptions are automatically collected:

Open Settings, Failures

その他の例外に関するデータを収集するには 2 つのオプションがあります。To collect data on other exceptions, you have two options:

メソッドの呼び出しと外部依存関係の監視Monitor method calls and external dependencies

Java エージェントをインストール して、JDBC を通じて指定された内部メソッドと実行された呼び出しをタイミング データと共にログに記録します。Install the Java Agent to log specified internal methods and calls made through JDBC, with timing data.

パフォーマンス カウンターPerformance counters

[設定][サーバー] の順に開くと、一連のパフォーマンス カウンターが表示されます。Open Settings, Servers, to see a range of performance counters.

パフォーマンス カウンター コレクションをカスタマイズするCustomize performance counter collection

パフォーマンス カウンターの標準セットのコレクションを無効にするには、ApplicationInsights.xml ファイルのルート ノードの下に次のコードを追加します。To disable collection of the standard set of performance counters, add the following code under the root node of the ApplicationInsights.xml file:

    <PerformanceCounters>
       <UseBuiltIn>False</UseBuiltIn>
    </PerformanceCounters>

追加のパフォーマンス カウンターを収集するCollect additional performance counters

収集する追加のパフォーマンス カウンターを指定できます。You can specify additional performance counters to be collected.

JMX カウンター (Java 仮想マシンによって公開されます)JMX counters (exposed by the Java Virtual Machine)

    <PerformanceCounters>
      <Jmx>
        <Add objectName="java.lang:type=ClassLoading" attribute="TotalLoadedClassCount" displayName="Loaded Class Count"/>
        <Add objectName="java.lang:type=Memory" attribute="HeapMemoryUsage.used" displayName="Heap Memory Usage-used" type="composite"/>
      </Jmx>
    </PerformanceCounters>
  • displayName - Application Insights ポータルに表示される名前。displayName – The name displayed in the Application Insights portal.
  • objectName - JMX オブジェクトの名前。objectName – The JMX object name.
  • attribute - 取得する JMX オブジェクト名の属性attribute – The attribute of the JMX object name to fetch
  • type (オプション) - JMX オブジェクトの属性の型。type (optional) - The type of JMX object’s attribute:
    • 既定値: int、long などの単純型。Default: a simple type such as int or long.
    • composite: パフォーマンス カウンター データは、"Attribute.Data" 形式です。composite: the perf counter data is in the format of 'Attribute.Data'
    • tabular: パフォーマンス カウンター データは、テーブル行形式です。tabular: the perf counter data is in the format of a table row

Windows パフォーマンス カウンターWindows performance counters

それぞれの Windows パフォーマンス カウンター は、(フィールドがクラスのメンバーであるのと同様に) カテゴリのメンバーです。Each Windows performance counter is a member of a category (in the same way that a field is a member of a class). カテゴリについては、グローバルに設定することも、数字または名前付きインスタンスを設定することもできます。Categories can either be global, or can have numbered or named instances.

    <PerformanceCounters>
      <Windows>
        <Add displayName="Process User Time" categoryName="Process" counterName="%User Time" instanceName="__SELF__" />
        <Add displayName="Bytes Printed per Second" categoryName="Print Queue" counterName="Bytes Printed/sec" instanceName="Fax" />
      </Windows>
    </PerformanceCounters>
  • displayName - Application Insights ポータルに表示される名前。displayName – The name displayed in the Application Insights portal.
  • categoryName - このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンターのカテゴリ (パフォーマンス オブジェクト)。categoryName – The performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.
  • counterName - パフォーマンス カウンターの名前。counterName – The name of the performance counter.
  • instanceName - パフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスの名前、または空の文字列 ("") (カテゴリにインスタンスが 1 つ含まれている場合)。instanceName – The name of the performance counter category instance, or an empty string (""), if the category contains a single instance. categoryName が Process であり、アプリが実行されている現在の JVM プロセスからパフォーマンス カウンターを収集する場合は、 "__SELF__"を指定します。If the categoryName is Process, and the performance counter you'd like to collect is from the current JVM process on which your app is running, specify "__SELF__".

パフォーマンス カウンターは、メトリックス エクスプローラーでカスタム メトリックとして表示されます。Your performance counters are visible as custom metrics in Metrics Explorer.

Unix パフォーマンス カウンターUnix performance counters

ユーザーとセッションのデータを取得するGet user and session data

Web サーバーからテレメトリを送信しようとしているところです。OK, you're sending telemetry from your web server. ここで、アプリケーションの状態を完全に把握するために、監視を追加することもできます。Now to get the full 360-degree view of your application, you can add more monitoring:

ログ トレースをキャプチャするCapture log traces

Application Insights を使用すると、Log4J、Logback、またはその他のログ フレームワークのログをさまざまな側面から分析できます。You can use Application Insights to slice and dice logs from Log4J, Logback, or other logging frameworks. ログは、HTTP 要求やその他のテレメトリに関連付けることができます。You can correlate the logs with HTTP requests and other telemetry. 方法については、こちらをご覧ください。Learn how.

独自のテレメトリを送信するSend your own telemetry

SDK をインストールすると、API を使用して独自のテレメトリを送信できるようになります。Now that you've installed the SDK, you can use the API to send your own telemetry.

可用性 Web テストAvailability web tests

Application Insights では、Web サイトを定期的にテストして、Web サイトが正常に動作および応答していることを確認できます。Application Insights can test your website at regular intervals to check that it's up and responding well. 設定するには、[Web テスト] をクリックします。To set up, click Web tests.

Click Web tests, then Add Web test

応答時間のグラフが表示されます。また、サイトがダウンしている場合はメールによる通知を受け取ります。You'll get charts of response times, plus email notifications if your site goes down.

Web テストの例

可用性 Web テストの詳細については、こちらをご覧ください。Learn more about availability web tests.

疑問がある場合Questions? 問題が発生した場合Problems?

Java のトラブルシューティングTroubleshooting Java

ビデオVideo

次の手順Next steps