Application Insights を使用したメトリックの探索Exploring Metrics in Application Insights

Application Insights のメトリックとは、アプリケーションからのテレメトリとして送信される測定値とイベントの数を表します。Metrics in Application Insights are measured values and counts of events that are sent in telemetry from your application. メトリックは、パフォーマンスの問題を検出し、アプリケーションの利用に関する傾向を把握するのに役立ちます。They help you detect performance issues and watch trends in how your application is being used. さまざまな標準メトリックが用意されているほか、独自にカスタムのメトリックとイベントを作成することもできます。There's a wide range of standard metrics, and you can also create your own custom metrics and events.

メトリックとイベントの数は、合計、平均、カウントなどの集計値のグラフに表示されます。Metrics and event counts are displayed in charts of aggregated values such as sums, averages, or counts.

グラフのサンプル セットを次に示します。Here's a sample set of charts:

Application Insights ポータルでは、あらゆる場所でメトリック グラフが使用されます。You find metrics charts everywhere in the Application Insights portal. 多くの場合、これらはカスタマイズ可能で、ブレードには複数のグラフを追加できます。In most cases, they can be customized, and you can add more charts to the blade. 概要ブレードから順番にクリックして、 ("サーバー" などのタイトルが付いた) より詳細なグラフに進んだり、[メトリックス エクスプローラー] をクリックして新しいブレードを開き、カスタム グラフを作成したりすることもできます。From the Overview blade, click through to more detailed charts (which have titles such as "Servers"), or click Metrics Explorer to open a new blade where you can create custom charts.

時間範囲Time range

任意のブレードのグラフまたはグリッドで使用される時間範囲を変更できます。You can change the Time range covered by the charts or grids on any blade.

Azure ポータルでアプリケーションの概要ブレードを開きます

想定しているデータがまだ表示されていない場合は、[最新の情報に更新] をクリックします。If you're expecting some data that hasn't appeared yet, click Refresh. グラフは周期的に自動で更新されますが、時間範囲が広い場合、更新間隔も長くなります。Charts refresh themselves at intervals, but the intervals are longer for larger time ranges. データが分析パイプラインを介してグラフとして表示されるまでに時間がかかる場合があります。It can take a while for data to come through the analysis pipeline onto a chart.

グラフの一部を拡大するには、グラフ上でドラッグします。To zoom into part of a chart, drag over it:

グラフの一部をドラッグします。

グラフを元に戻すには、[Undo Zoom (ズームを元に戻す)] ボタンをクリックします。Click the Undo Zoom button to restore it.

粒度とポイント値Granularity and point values

グラフ上にマウス ポインターを置くと、そのポイントのメトリックの値が表示されます。Hover your mouse over the chart to display the values of the metrics at that point.

グラフ上にマウス ポインターを置きます

特定のポイントのメトリックの値は、先行するサンプリング間隔の集計です。The value of the metric at a particular point is aggregated over the preceding sampling interval.

サンプリング間隔または "粒度" は、ブレードの上部に表示されます。The sampling interval or "granularity" is shown at the top of the blade.

ブレードのヘッダー。

[時間範囲] ブレードで粒度を調整できます。You can adjust the granularity in the Time range blade:

ブレードのヘッダー。

使用できる粒度は、選択した時間範囲によって異なります。The granularities available depend on the time range you select. 明示的な粒度は、時間範囲の "自動" 粒度の代替手段です。The explicit granularities are alternatives to the "automatic" granularity for the time range.

グラフおよびグリッドの編集Editing charts and grids

新しいグラフをブレードに追加するには:To add a new chart to the blade:

メトリックス エクスプローラーで、[グラフの追加] を選択します

表示内容を編集する既存のグラフまたは新しいグラフで [編集] を選択します。Select Edit on an existing or new chart to edit what it shows:

1 つまたは複数のメトリックを選択します

1 つのグラフに複数のメトリックを表示できますが、一緒に表示できるメトリックの組み合わせに関して制限があります。You can display more than one metric on a chart, though there are restrictions about the combinations that can be displayed together. 1 つのメトリックを選択するとすぐに、他の特定のメトリックが無効になります。As soon as you choose one metric, some of the others are disabled.

アプリにカスタム メトリックを組み込んでいる場合 (TrackMetric と TrackEvent の呼び出し) は、これらのメトリックがここに表示されます。If you coded custom metrics into your app (calls to TrackMetric and TrackEvent) they will be listed here.

データの分割Segment your data

プロパティによりメトリックを分割して、クライアントと他のオペレーティング システムでのページ ビューの比較などを行えます。You can split a metric by property - for example, to compare page views on clients with different operating systems.

グラフまたはグリッドを選択します。[グループ化] をオンにし、グループ化のために使用するプロパティを選択します。Select a chart or grid, switch on grouping and pick a property to group by:

[グループ化] をオンにし、[グループ化] でプロパティを選択します

注意

グループ化を使用すると、面グラフや棒グラフで積み上げ表示を指定できます。When you use grouping, the Area and Bar chart types provide a stacked display. これは、集計方法が "合計" である場合に適しています。This is suitable where the Aggregation method is Sum. 集計の種類が "平均値" の場合は、表示タイプを "行" または "グリッド" にします。But where the aggregation type is Average, choose the Line or Grid display types.

アプリに組み込んだカスタム メトリックがプロパティ値を持つ場合は、この一覧でそのプロパティを選択できます。If you coded custom metrics into your app and they include property values, you'll be able to select the property in the list.

分割されたデータを表示するのにグラフが小さすぎる場合は、Is the chart too small for segmented data? 高さを調整することができます。Adjust its height:

スライダーを調整します

集計タイプAggregation types

既定でグラフの横にある凡例は、通常、グラフの期間における集計値を示します。The legend at the side by default usually shows the aggregated value over the period of the chart. グラフ上にマウス ポインターを置くと、その時点での値が表示されます。If you hover over the chart, it shows the value at that point.

グラフの各データ ポイントは、前のサンプリング間隔または "粒度" で受信したデータ値の集計です。Each data point on the chart is an aggregate of the data values received in the preceding sampling interval or "granularity". 粒度はブレードの上部に表示され、グラフの全体的な時間スケールに応じて異なります。The granularity is shown at the top of the blade, and varies with the overall timescale of the chart.

メトリックは、次のようなさまざまな方法で集計できます。Metrics can be aggregated in different ways:

  • カウント は、サンプリング間隔の間に受信したイベントの数です。Count is a count of the events received in the sampling interval. 要求などのイベントに使用されます。It is used for events such as requests. グラフの高さの変化は、イベントの発生率の変化を示します。Variations in the height of the chart indicates variations in the rate at which the events occur. サンプリング間隔を変更すると、数値が変わることに注意してください。But note that the numeric value changes when you change the sampling interval.
  • 合計 は、サンプリング間隔 (グラフの期間) 中に受信したすべてのデータ ポイントの値を合計します。Sum adds up the values of all the data points received over the sampling interval, or the period of the chart.
  • 平均 は、合計を、間隔中に受信したデータ ポイントの数で除算します。Average divides the Sum by the number of data points received over the interval.
  • 一意の 数は、ユーザーとアカウントの数に使用されます。Unique counts are used for counts of users and accounts. サンプリング間隔中 (グラフの期間中)、数値はその期間のさまざまなユーザーの数を示します。Over the sampling interval, or over the period of the chart, the figure shows the count of different users seen in that time.
  • % - 各集計の割合バージョンは、セグメント化されたグラフでのみ使用されます。% - percentage versions of each aggregation are used only with segmented charts. 合計は常に 100% となり、グラフには、合計に含まれるさまざまなコンポーネントの相対的寄与率が示されます。The total always adds up to 100%, and the chart shows the relative contribution of different components of a total.

    割合集計

集計タイプの変更Change the aggregation type

グラフを編集した後、集計を選択します

新しいグラフを作成したとき、またはすべてのメトリックを選択解除したときに、各メトリックの既定の方法が表示されます。The default method for each metric is shown when you create a new chart or when all metrics are deselected:

すべてのメトリックを選択解除して既定値を表示します

Y 軸の固定Pin Y-axis

既定では、グラフの Y 軸にはゼロからデータ範囲の最大値までが表示され、クォンタム値が視覚的に示されますが。By default a chart shows Y axis values starting from zero till maximum values in the data range, to give a visual representation of quantum of the values. 値の変化を、クォンタムを超えて視覚的に調査する必要が出てくることもあります。But in some cases more than the quantum it might be interesting to visually inspect minor changes in values. このようなカスタマイズでは、Y 軸の範囲の編集機能を使用して、Y 軸の最小値または最大値を必要な場所に固定します。For customizations like this use the Y-axis range editing feature to pin the Y-axis minimum or maximum value at desired place. "詳細設定" のチェックボックスをオンにすると、Y 軸の範囲の設定が表示されますClick on "Advanced Settings" check box to bring up the Y-axis range Settings

"詳細設定" をクリックし、[カスタム] の範囲を選択して、最小値と最大値を指定します

データのフィルター選択Filter your data

選択したプロパティ値のセットのメトリックのみを表示するには:To see just the metrics for a selected set of property values:

[フィルター] をクリックした後、プロパティを展開し、目的の値にチェック マークを付けます

特定のプロパティの値を選択しない場合、すべての値を選択するのと同じ意味になり、そのプロパティに基づくフィルターはオフになります。If you don't select any values for a particular property, it's the same as selecting them all: there is no filter on that property.

各プロパティ値の横に表示されるイベントの数に注意してください。Notice the counts of events alongside each property value. あるプロパティの値を選択すると、その他のプロパティの値の横に表示される数値が調整されます。When you select values of one property, the counts alongside other property values are adjusted.

フィルターは、ブレードのすべてのグラフに適用されます。Filters apply to all the charts on a blade. グラフごとに異なるフィルターを適用する場合は、それぞれ異なるメトリック ブレードを作成して保存します。If you want different filters applied to different charts, create and save different metrics blades. その場合、グラフを並べて表示できるように、各ブレードのグラフをダッシュボードに固定できます。If you want, you can pin charts from different blades to the dashboard, so that you can see them alongside each other.

Bot と Web テストのトラフィックの除外Remove bot and web test traffic

[実際のトラフィックまたは合成トラフィック] フィルターを使用し、[実際] チェック ボックスをオンにします。Use the filter Real or synthetic traffic and check Real.

[人工トラフィックのソース] フィルターを適用することもできます。You can also filter by Source of synthetic traffic.

プロパティをフィルター一覧に追加するにはTo add properties to the filter list

自分が選んだカテゴリでテレメトリをフィルターしたい場合があります。Would you like to filter telemetry on a category of your own choosing? たとえば、ユーザーをさまざまなカテゴリに分類している場合、それらのカテゴリでデータをセグメント化するとします。For example, maybe you divide up your users into different categories, and you would like segment your data by these categories.

独自のプロパティを作成します。Create your own property. さまざまな SDK モジュールによって送信される標準テレメトリも含め、すべてのテレメトリで表示されるように、 テレメトリ初期化子 でそのプロパティを設定します。Set it in a Telemetry Initializer to have it appear in all telemetry - including the standard telemetry sent by different SDK modules.

グラフの種類の編集Edit the chart type

グリッドとグラフを切り替えることができます。Notice that you can switch between grids and graphs:

グリッドまたはグラフを選択し、グラフの種類を選択します

メトリック ブレードの保存Save your metrics blade

作成したグラフはお気に入りとして保存できます。When you've created some charts, save them as a favorite. 組織のアカウントを使用している場合は、これを他のチーム メンバーと共有するかどうかを選択できます。You can choose whether to share it with other team members, if you use an organizational account.

[お気に入り] を選択します

このブレードをもう一度表示するには、 概要ブレードに移動 し、[お気に入り] を開きます。To see the blade again, go to the overview blade and open Favorites:

概要ブレードで [お気に入り] を選択します

相対的な時間範囲を選択して保存した場合、ブレードは最新のメトリックで更新されます。If you chose Relative time range when you saved, the blade will be updated with the latest metrics. 絶対的な時間範囲を選択した場合は、毎回同じデータが表示されます。If you chose Absolute time range, it will show the same data every time.

ブレードのリセットReset the blade

ブレードを編集した後で元の保存済みセットに戻すには、[リセット] をクリックします。If you edit a blade but then you'd like to get back to the original saved set, just click Reset.

メトリックス エクスプローラーの上部にあるボタン

Live Metrics StreamLive metrics stream

テレメトリの他の即時ビューを見るには、Live Stream を開きます。For a much more immediate view of your telemetry, open Live Stream. 集計処理のため、ほとんどのメトリックは表示に数分かかります。Most metrics take a few minutes to appear, because of the process of aggregation. これに対し、ライブ メトリックは待ち時間が短くなるように最適化されています。By contrast, live metrics are optimized for low latency.

アラートの設定Set alerts

すべてのメトリックの異常な値を電子メールで通知するには、アラートを追加します。To be notified by email of unusual values of any metric, add an alert. アカウント管理者または特定の電子メール アドレスのいずれかに電子メールを送信することを選択できます。You can choose either to send the email to the account administrators, or to specific email addresses.

メトリックス エクスプローラーで、[アラート ルール]、[アラートの追加] の順に選択します

アラートの詳細についてはこちらをご覧くださいLearn more about alerts.

連続エクスポートContinuous Export

データを外部で処理できるように連続してエクスポートする場合は、 連続エクスポートの使用を検討してください。If you want data continuously exported so that you can process it externally, consider using Continuous export.

Power BIPower BI

機能がより豊富なビューでデータを表示する場合は、 Power BI にエクスポートすることができます。If you want even richer views of your data, you can export to Power BI.

AnalyticsAnalytics

Analytics は、強力なクエリ言語を使用してテレメトリを分析する汎用性に優れた方法です。Analytics is a more versatile way to analyze your telemetry using a powerful query language. メトリックの結果を組み合わせたり計算したりする場合や、アプリの最近のパフォーマンスを詳しく調べる場合は、Analytics を使用します。Use it if you want to combine or compute results from metrics, or perform an in-depth exploration of your app's recent performance.

メトリックのグラフで Analytics アイコンをクリックすると、同等の Analytics クエリを直接取得することができます。From a metric chart, you can click the Analytics icon to get directly to the equivalent Analytics query.

トラブルシューティングTroubleshooting

グラフにデータが表示されない。I don't see any data on my chart.

  • フィルターは、ブレードのすべてのグラフに適用されます。Filters apply to all the charts on the blade. あるグラフに注目するときに、別のグラフですべてのデータを除外するフィルターを設定していないことを確認します。Make sure that, while you're focusing on one chart, you didn't set a filter that excludes all the data on another.

    グラフごとに異なるフィルターを設定する場合は、それぞれ異なるブレードでグラフを作成し、個別のお気に入りとして保存します。If you want to set different filters on different charts, create them in different blades, save them as separate favorites. その場合、グラフを並べて表示できるように、グラフをダッシュボードに固定できます。If you want, you can pin them to the dashboard so that you can see them alongside each other.

  • メトリックで定義されていないプロパティでグラフをグループ化すると、グラフに何も表示されなくなります。If you group a chart by a property that is not defined on the metric, then there will be nothing on the chart. "group by" をクリアするか、別のグループ化プロパティを選択してみます。Try clearing 'group by', or choose a different grouping property.
  • パフォーマンス データ (CPU、IO レートなど) は、Java Web サービス、Windows デスクトップ アプリ、IIS Web アプリおよびサービス (Status Monitor がインストールされている場合)Azure Cloud Services で使用できます。Performance data (CPU, IO rate, and so on) is available for Java web services, Windows desktop apps, IIS web apps and services if you install status monitor, and Azure Cloud Services. Azure Web サイトでは利用できません。It isn't available for Azure websites.

ビデオVideo

次の手順Next steps