AWS プロフェッショナルのための AzureAzure for AWS Professionals

この記事は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) エキスパートが Microsoft Azure のアカウント、プラットフォーム、およびサービスの基本を理解するために役立ちます。This article helps Amazon Web Services (AWS) experts understand the basics of Microsoft Azure accounts, platform, and services. AWS プラットフォームと Azure プラットフォームの主要な類似点と相違点についても説明しています。It also covers key similarities and differences between the AWS and Azure platforms.

学習内容:You'll learn:

  • アカウントとリソースが Azure でどのように構成されているか。How accounts and resources are organized in Azure.
  • 利用可能なソリューションが Azure でどのように構造化されているか。How available solutions are structured in Azure.
  • 主要な Azure サービスが AWS サービスとどのように異なっているか。How the major Azure services differ from AWS services.

Azure と AWS のさまざまな機能は時間の経過と共に独立して構築されたため、各機能の実装と設計には重要な相違点があります。Azure and AWS built their capabilities independently over time so that each has important implementation and design differences.

概要Overview

AWS と同じように、Microsoft Azure も、コンピューティング、ストレージ、データベース、およびネットワーク サービスを中心に構築されています。Like AWS, Microsoft Azure is built around a core set of compute, storage, database, and networking services. 多くの場合、両方のプラットフォームが提供する製品とサービスは、基本的には同等です。In many cases, both platforms offer a basic equivalence between the products and services they offer. AWS と Azure の両方で、Windows または Linux ホストに基づく可用性が高いソリューションを構築できます。Both AWS and Azure allow you to build highly available solutions based on Windows or Linux hosts. したがって、Linux と OSS のテクノロジを使用する開発に慣れていれば、両方のプラットフォームでその仕事を行うことができます。So, if you're used to development using Linux and OSS technology, both platforms can do the job.

2 つのプラットフォームの機能は似ていますが、それらの機能を提供するリソースの構成は、しばしば異なっています。While the capabilities of both platforms are similar, the resources that provide those capabilities are often organized differently. ソリューションを構築するために必要なサービス間の一対一のリレーションシップは、常に明確であるとは限りません。Exact one-to-one relationships between the services required to build a solution are not always clear. さらに、特定のサービスが片方のプラットフォームでのみ提供されている場合があります。There are also cases where a particular service might be offered on one platform, but not the other. Azure と AWS の対応するサービスの一覧を参照してください。See charts of comparable Azure and AWS services.

アカウントとサブスクリプションAccounts and subscriptions

Azure サービスは、組織の規模とニーズに応じて、さまざまな価格オプションで購入できます。Azure services can be purchased using several pricing options, depending on your organization's size and needs. 詳細については、価格の概要に関するページを参照してください。See the pricing overview page for details.

Azure サブスクリプションは、リソースと割り当てられた所有者をグループ化したものです。所有者は課金とアクセス許可の管理を担当します。Azure subscriptions are a grouping of resources with an assigned owner responsible for billing and permissions management. 特定の AWS アカウントの下に作成されたすべてのリソースはそのアカウントに関連付けられる AWS とは異なり、サブスクリプションは所有者アカウントとは無関係に存在し、必要に応じて新しい所有者に再割り当てすることができます。Unlike AWS, where any resources created under the AWS account are tied to that account, subscriptions exist independently of their owner accounts, and can be reassigned to new owners as needed.

AWS アカウントと Azure サブスクリプションの構造と所有権の比較Comparison of structure and ownership of AWS accounts and Azure subscriptions
AWS アカウントと Azure サブスクリプションの構造と所有権の比較Comparison of structure and ownership of AWS accounts and Azure subscriptions

サブスクリプションには、3 種類の管理者アカウントが割り当てられます。Subscriptions are assigned three types of administrator accounts:

  • アカウント管理者Account Administrator. サブスクリプションの所有者であり、このアカウントに対して、サブスクリプションで使用されたリソースの課金が行われます。The subscription owner and the account billed for the resources used in the subscription. アカウント管理者は、サブスクリプションの所有権を譲渡することでのみ変更できます。The account administrator can only be changed by transferring ownership of the subscription.

  • サービス管理者Service Administrator. このアカウントには、サブスクリプション内にリソースを作成して管理する権限がありますが、課金の責任は負いません。This account has rights to create and manage resources in the subscription, but is not responsible for billing. 既定では、アカウント管理者とサービス管理者は同じアカウントに割り当てられます。By default, the account administrator and service administrator are assigned to the same account. アカウント管理者は、サブスクリプションの技術面と運用面を管理するサービス管理者アカウントに別のユーザーを割り当てることができます。The account administrator can assign a separate user to the service administrator account for managing the technical and operational aspects of a subscription. サービス管理者はサブスクリプションごとに 1 人だけ存在します。There is only one service administrator per subscription.

  • 共同管理者Co-administrator. 1 つのサブスクリプションに複数の共同管理者アカウントを割り当てることができます。There can be multiple co-administrator accounts assigned to a subscription. 共同管理者はサービス管理者を変更できませんが、それ以外は、サブスクリプションのリソースとユーザーを完全に制御できます。Co-administrators cannot change the service administrator, but otherwise have full control over subscription resources and users.

サブスクリプション レベルの下で、特定のリソースに対してユーザー ロールと個々のアクセス許可を割り当てることもできます。これは、AWS で IAM ユーザーとグループに対してアクセス許可を付与することに似ています。Below the subscription level user roles and individual permissions can also be assigned to specific resources, similarly to how permissions are granted to IAM users and groups in AWS. Azure では、すべてのユーザー アカウントは、Microsoft アカウントまたは組織アカウント (Azure Active Directory を通して管理されるアカウント) に関連付けられます。In Azure all user accounts are associated with either a Microsoft Account or Organizational Account (an account managed through an Azure Active Directory).

AWS アカウントと同じように、サブスクリプションには既定のサービスのクォータと制限があります。Like AWS accounts, subscriptions have default service quotas and limits. これらの制限の完全な一覧については、「Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約」をご覧ください。For a full list of these limits, see Azure subscription and service limits, quotas, and constraints. これらの制限は、管理ポータルでのサポート リクエストの申し込みによって、最大値まで増やすことができまです。These limits can be increased up to the maximum by filing a support request in the management portal.

関連項目See also

リソース管理Resource management

Azure では、"リソース" という用語を AWS と同じように使用しています。つまり、すべてのコンピューティング インスタンス、ストレージ オブジェクト、ネットワーク デバイス、プラットフォームで作成または構成できるその他のエンティティを意味します。The term "resource" in Azure is used in the same way as in AWS, meaning any compute instance, storage object, networking device, or other entity you can create or configure within the platform.

Azure リソースは、次の 2 つのモデルのいずれかを使用してデプロイ、管理されます。Azure Resource Manager または従来の Azure クラシック デプロイ モデルAzure resources are deployed and managed using one of two models: Azure Resource Manager, or the older Azure classic deployment model. すべての新しいリソースは、Resource Manager モデルを使用して作成されます。Any new resources are created using the Resource Manager model.

リソース グループResource groups

Azure と AWS の両方に、VM、ストレージ、仮想ネットワーク デバイスなどのリソースを整理する "リソース グループ" と呼ばれるエンティティがあります。Both Azure and AWS have entities called "resource groups" that organize resources such as VMs, storage, and virtual networking devices. ただし、Azure リソース グループと AWS リソース グループは同等ではありません。However, Azure resource groups are not directly comparable to AWS resource groups.

AWS では、1 つのリソースを複数のリソース グループにタグ付けできますが、Azure のリソースは常に 1 つのリソース グループに関連付けられます。While AWS allows a resource to be tagged into multiple resource groups, an Azure resource is always associated with one resource group. あるリソース グループ内に作成されたリソースを別のグループに移動できますが、リソースは一度に 1 つのリソース グループ内にのみ存在できます。A resource created in one resource group can be moved to another group, but can only be in one resource group at a time. リソース グループは、Azure Resource Manager によって使用される基本グループです。Resource groups are the fundamental grouping used by Azure Resource Manager.

リソースは、タグを使用して整理することもできます。Resources can also be organized using tags. タグは、サブスクリプションのリソースを、リソース グループのメンバーシップに関係なくグループ化できるようにするキーと値のペアです。Tags are key-value pairs that allow you to group resources across your subscription irrespective of resource group membership.

管理インターフェイスManagement interfaces

Azure では、さまざまな方法でリソースを管理できます。Azure offers several ways to manage your resources:

  • Web インターフェイスWeb interface. AWS Dashboard と同じように、Azure ポータルは、Azure リソース用の完全な Web ベースの管理インターフェイスを提供します。Like the AWS Dashboard, the Azure portal provides a full web-based management interface for Azure resources.

  • REST APIREST API. Azure Resource Manager REST API は、Azure ポータルで使用できる機能の大半に、プログラムによってアクセスできるようにします。The Azure Resource Manager REST API provides programmatic access to most of the features available in the Azure portal.

  • コマンド ラインCommand Line. Azure CLI 2.0 ツールは、Azure リソースを作成して管理できるコマンド ライン インターフェイスを提供します。The Azure CLI 2.0 tool provides a command-line interface capable of creating and managing Azure resources. Azure CLI は Windows、Linux、および Mac OS X で使用できます。Azure CLI is available for Windows, Linux, and Mac OS.

  • PowerShellPowerShell. PowerShell 用の Azure モジュールによって、スクリプトを使用した自動管理タスクを実行できます。The Azure modules for PowerShell allow you to execute automated management tasks using a script. PowerShell は Windows、Linux、および Mac OS X で使用できます。PowerShell is available for Windows, Linux, and Mac OS.

  • テンプレートTemplates. Azure Resource Manager テンプレートは、AWS CloudFormation サービスのような JSON テンプレート ベースのリソース管理機能を提供します。Azure Resource Manager templates provide similar JSON template-based resource management capabilities to the AWS CloudFormation service.

どのインターフェイスでも、Azure でリソースの作成、デプロイ、または変更を行うための中心はリソース グループです。In each of these interfaces, the resource group is central to how Azure resources get created, deployed, or modified. これは、CloudFormation のデプロイ時に AWS リソースをグループ化するために "スタック" が果たす役割に似ています。This is similar to the role a "stack" plays in grouping AWS resources during CloudFormation deployments.

これらのインターフェイスの構文と構造は AWS とは異なっていますが、同等の機能を備えています。The syntax and structure of these interfaces are different from their AWS equivalents, but they provide comparable capabilities. さらに、AWS で使用される多数のサード パーティ製の管理ツール (Hashicorp の TerraformNetflix Spinnaker など) を Azure でも使用できます。In addition, many third party management tools used on AWS, like Hashicorp's Terraform and Netflix Spinnaker, are also available on Azure.

関連項目See also

リージョンとゾーン (高可用性)Regions and zones (high availability)

障害が及ぼす影響の範囲はさまざまです。Failures can vary in the scope of their impact. たとえば、ディスク障害などの一部のハードウェア障害が、1 台のホスト コンピューターに影響を及ぼすことがあります。Some hardware failures, such as a failed disk, may affect a single host machine. 障害が発生したネットワーク スイッチが、サーバー ラック全体に影響する場合もあります。A failed network switch could affect a whole server rack. データ センターの停電など、データ センター全体を中断させる障害はまれです。Less common are failures that disrupt a whole data center, such as loss of power in a data center. ほとんど発生しませんが、リージョン全体が利用できなくなることもあります。Rarely, an entire region could become unavailable.

アプリケーションの回復性を実現するための 1 つの手段として、冗長性があります。One of the main ways to make an application resilient is through redundancy. ただし、この冗長性は、アプリケーションの設計時に計画しなければなりません。But you need to plan for this redundancy when you design the application. また、必要な冗長性のレベルはビジネス要件によって異なります。リージョン障害に備えるために、すべてのアプリケーションにリージョン間での冗長性が必要だとは限りません。Also, the level of redundancy that you need depends on your business requirements — not every application needs redundancy across regions to guard against a regional outage. 一般的に、冗長性と信頼性を高めると、コストと複雑さが増すというトレードオフがあります。In general, there is a tradeoff between greater redundancy and reliability versus higher cost and complexity.

AWS では、リージョンは、2 つ以上の可用性ゾーンに分割されます。In AWS, a region is divided into two or more Availability Zones. 可用性ゾーンは、地理的地域内に物理的に分離されたデータ センターに対応します。An Availability Zone corresponds with a physically isolated datacenter in the geographic region. Azure には、可用性セット可用性ゾーンペアのリージョンなど、あらゆる障害レベルでアプリケーションの冗長性を確保するための機能が複数用意されています。Azure has a number of features to make an application redundant at every level of failure, including availability sets, availability zones, and paired regions.

冗長性

各オプションを以下の表に示します。The following table summarizes each option.

  可用性セットAvailability Set 可用性ゾーンAvailability Zone ペアのリージョンPaired region
障害の範囲Scope of failure ラックRack データセンターDatacenter リージョンRegion
要求のルーティングRequest routing Load BalancerLoad Balancer クロスゾーン ロード バランサーCross-zone Load Balancer Traffic ManagerTraffic Manager
ネットワーク待ち時間Network latency 非常に低いVery low Low 中~高Mid to high
仮想ネットワークVirtual networking VNetVNet VNetVNet リージョン間 VNet ピアリングCross-region VNet peering

可用性セットAvailability sets

ディスクやネットワーク スイッチの障害など、ローカライズされたハードウェアの障害から保護するには、可用性セットに 2 つ以上の VM をデプロイします。To protect against localized hardware failures, such as a disk or network switch failing, deploy two or more VMs in an availability set. 可用性セットは、電源とネットワーク スイッチを共有する 2 つ以上の "障害ドメイン" で構成されます。An availability set consists of two or more fault domains that share a common power source and network switch. 可用性セットの VM は複数の障害ドメインに分散されるため、ある障害ドメインがハードウェア障害の影響を受けた場合は、ネットワーク トラフィックを他の障害ドメインの VM にルーティングできます。VMs in an availability set are distributed across the fault domains, so if a hardware failure affects one fault domain, network traffic can still be routed the VMs in the other fault domains. 可用性セットの詳細については、「Azure での Windows 仮想マシンの可用性の管理」を参照してください。For more information about Availability Sets, see Manage the availability of Windows virtual machines in Azure.

VM インスタンスが可用性セットに追加されると、それらには更新ドメインも割り当てられます。When VM instances are added to availability sets, they are also assigned an update domain. 更新ドメインは、計画済みメンテナンス イベントが同時に設定される VM グループです。An update domain is a group of VMs that are set for planned maintenance events at the same time. 複数の更新ドメインに VM を分散させることで、予定された更新と修正イベントが特定の時点でこれらの VM のサブセットのみに作用することが保証されます。Distributing VMs across multiple update domains ensures that planned update and patching events affect only a subset of these VMs at any given time.

アプリケーション内のインスタンスのロール別に可用性セットを編成して、各ロールで 1 つのインスタンスが操作可能であることを保証する必要があります。Availability sets should be organized by the instance's role in your application to ensure one instance in each role is operational. たとえば、3 層構造の Web アプリケーションでは、フロント エンド層、アプリケーション層、およびデータ層に個別の可用性セットを作成します。For example, in a three-tier web application, create separate availability sets for the front-end, application, and data tiers.

各アプリケーション ロール用の Azure 可用性セットAzure availability sets for each application role

可用性ゾーンAvailability zones

可用性ゾーンとは、Azure リージョン内の物理的に独立したゾーンのことです。An Availability Zone is a physically separate zone within an Azure region. 可用性ゾーンはそれぞれ異なる電源、ネットワーク、および冷却装置を持ちます。Each Availability Zone has a distinct power source, network, and cooling. 可用性ゾーンに VM をデプロイすると、データセンター全体の障害からアプリケーションを保護するのに役立ちます。Deploying VMs across availability zones helps to protect an application against datacenter-wide failures.

ペアになっているリージョンPaired regions

リージョンの障害からアプリケーションを保護するために、複数のリージョンにアプリケーションをデプロイし、Azure Traffic Manager を使用してインターネット トラフィックを異なるリージョンに分散できます。To protect an application against a regional outage, you can deploy the application across multiple regions, using Azure Traffic Manager to distribute internet traffic to the different regions. 各 Azure リージョンは別のリージョンとペアになります。Each Azure region is paired with another region. これがリージョン ペアになります。Together, these form a regional pair. ブラジル南部を除き、リージョン ペアは、税および法の執行を目的としたデータ常駐要件を満たすために同じ地理的場所に配置されます。With the exception of Brazil South, regional pairs are located within the same geography in order to meet data residency requirements for tax and law enforcement jurisdiction purposes.

可用性ゾーン (物理的に独立しているが、比較的近接する地理的地域に配置されている場合があるデータセンター) とは異なり、ペアになっているリージョンは、通常は少なくとも 300 マイル離れています。Unlike Availability Zones, which are physically separate datacenters but may be in relatively nearby geographic areas, paired regions are usually separated by at least 300 miles. その目的は、大規模災害がペアになっているリージョンの片方のみに影響を与えることを保証することです。This is intended to ensure larger scale disasters only impact one of the regions in the pair. 近接するペアにデータベースとステージ サービスのデータを同期するように設定して、プラットフォームの更新プログラムが、ペアになっているリージョンの片方にのみ同時にロールアウトされるように構成できます。Neighboring pairs can be set to sync database and storage service data, and are configured so that platform updates are rolled out to only one region in the pair at a time.

Azure の geo 冗長ストレージは、適切なペアになっているリージョンに自動的にバックアップされます。Azure geo-redundant storage is automatically backed up to the appropriate paired region. 他のすべてのリソースでは、ペアになっているリージョンを使用した完全に冗長なソリューションの作成は、両方のリージョンにソリューションの完全なコピーを作成することを意味します。For all other resources, creating a fully redundant solution using paired regions means creating a full copy of your solution in both regions.

関連項目See also

サービスServices

プラットフォーム間でのサービスの対応関係の一覧については、「AWS サービスと Azure サービスの比較」を参照してください。For a listing of how services map between platforms, see AWS to Azure services comparison.

すべての Azure 製品とサービスがすべてのリージョンで使用できるわけではありません。Not all Azure products and services are available in all regions. リージョン別の製品に関するページを参照してください。Consult the Products by Region page for details. Azure の各製品またはサービスのアップタイム保証とダウンタイム クレジット ポリシーについては、「サービス レベル アグリーメント」ページで確認できます。You can find the uptime guarantees and downtime credit policies for each Azure product or service on the Service Level Agreements page.

この後のセクションでは、一般的に使用される機能とサービスの AWS プラットフォームと Azure プラットフォームでの違いについて、簡単に説明します。The following sections provide a brief explanation of how commonly used features and services differ between the AWS and Azure platforms.

Compute ServicesCompute services

EC2 インスタンスと Azure 仮想マシンEC2 Instances and Azure virtual machines

AWS インスタンスのタイプと Azure 仮想マシンのサイズは、似たような方法で分類できますが、RAM、CPU、およびストレージの機能に違いがあります。Although AWS instance types and Azure virtual machine sizes breakdown in a similar way, there are differences in the RAM, CPU, and storage capabilities.

AWS の秒単位の課金と同様に、Azure のオンデマンド VM は秒単位で課金されます。Similar to AWS' per second billing, Azure on-demand VMs are billed per second.

EBS と VM ディスク用の Azure StorageEBS and Azure Storage for VM disks

Blob ストレージに存在するデータ ディスクによって、Azure VM の持続性のあるデータ ストレージが提供されます。Durable data storage for Azure VMs is provided by data disks residing in blob storage. これは、EC2 インスタンスが Elastic Block Store (EBS) にディスク ボリュームを格納することに似ています。This is similar to how EC2 instances store disk volumes on Elastic Block Store (EBS). Azure の一時ストレージも、EC2 Instance Storage と同じ待機時間の短い一時的な読み取り/書き込みストレージ (短期ストレージとも呼ばれます) を VM に提供します。Azure temporary storage also provides VMs the same low-latency temporary read-write storage as EC2 Instance Storage (also called ephemeral storage).

高パフォーマンスのディスク IO は、Azure Premium Storage を使用してサポートされます。Higher performance disk IO is supported using Azure premium storage. これは、AWS が提供する Provisioned IOPS ストレージ オプションに似ています。This is similar to the Provisioned IOPS storage options provided by AWS.

Lambda、Azure Functions、Azure Web-Jobs、および Azure Logic AppsLambda, Azure Functions, Azure Web-Jobs, and Azure Logic Apps

Azure Functions は、サーバーレスなオンデマンド コードを提供するという点で、AWS Lambda に相当します。Azure Functions is the primary equivalent of AWS Lambda in providing serverless, on-demand code. ただし、Lambda の機能は、他の Azure サービスとも重複しています。However, Lambda functionality also overlaps with other Azure services:

  • WebJobs では、スケジュールされた、または継続的に実行されるバックグラウンド タスクを作成できます。WebJobs allow you to create scheduled or continuously running background tasks.

  • Logic Apps では、通信、統合、およびビジネス ルール管理サービスが提供されます。Logic Apps provides communications, integration, and business rule management services.

自動スケール、Azure VM のスケーリング、および Azure App Service の自動スケールAutoscaling, Azure VM scaling, and Azure App Service Autoscale

Azure の自動スケールは、2 つのサービスによって処理されます。Autoscaling in Azure is handled by two services:

  • VM スケール セットを使用して、同一の VM セットをデプロイして管理できます。VM scale sets allow you to deploy and manage an identical set of VMs. インスタンスの数は、パフォーマンスのニーズに基づいて自動スケールできます。The number of instances can autoscale based on performance needs.

  • App Service の自動スケールには、Azure App Service ソリューションを自動スケールする機能が備わっています。App Service Autoscale provides the capability to autoscale Azure App Service solutions.

Container ServiceContainer Service

Azure Kubernetes Service は、Kubernetes を介して管理される Docker コンテナーをサポートします。The Azure Kubernetes Service supports Docker containers managed through Kubernetes.

その他のコンピューティング サービスOther compute services

Azure には、AWS に直接相当するものがないいくつかのコンピューティング サービスがあります。Azure offers several compute services that do not have direct equivalents in AWS:

  • Azure Batch では、仮想マシンのスケーラブルなコレクション全体にわたってコンピューティング集中型の作業を管理できます。Azure Batch allows you to manage compute-intensive work across a scalable collection of virtual machines.

  • Service Fabric は、拡張性の高いマイクロサービス ソリューションを開発してホストするためのプラットフォームです。Service Fabric is a platform for developing and hosting scalable microservice solutions.

関連項目See also

StorageStorage

S3/EBS/EFS と Azure StorageS3/EBS/EFS and Azure Storage

AWS プラットフォームでは、クラウド ストレージは主に 3 つのサービスに分類されます。In the AWS platform, cloud storage is primarily broken down into three services:

  • Simple Storage Service (S3)Simple Storage Service (S3). インターネットでアクセス可能な API を介してデータを利用できるようにする基本的なオブジェクト ストレージ。Basic object storage that akes data available through an Internet accessible API.

  • Elastic Block Storage (EBS)Elastic Block Storage (EBS). 1 台の VM によるアクセス向きのブロック レベルのストレージ。Block level storage intended for access by a single VM.

  • Elastic File System (EFS)Elastic File System (EFS). 数千の EC2 インスタンスの共有ストレージとして使用するためのファイル ストレージ。File storage meant for use as shared storage for up to thousands of EC2 instances.

Azure Storage では、サブスクリプションに関連付けられたストレージ アカウントを使用して、次のストレージ サービスを作成して管理できます。In Azure Storage, subscription-bound storage accounts allow you to create and manage the following storage services:

  • Blob Storage では、任意の種類のテキスト データやバイナリ データが格納されます (ドキュメント、メディア ファイル、アプリケーション インストーラーなど)。Blob storage stores any type of text or binary data, such as a document, media file, or application installer. BLOB ストレージをプライベート アクセス用に設定したり、インターネットに公開してコンテンツを共有したりできます。You can set Blob storage for private access or share contents publicly to the Internet. BLOB ストレージの目的は、AWS の S3 と EBS の両方の目的と同じです。Blob storage serves the same purpose as both AWS S3 and EBS.

  • Table Storage には、構造型データが格納されます。Table storage stores structured datasets. Table Storage は、NoSQL キー属性データ ストアであるため、開発が迅速化され、大量のデータにすばやくアクセスできます。Table storage is a NoSQL key-attribute data store that allows for rapid development and fast access to large quantities of data. AWS の SimpleDB サービスと DynamoDB サービスに似ています。Similar to AWS' SimpleDB and DynamoDB services.

  • Queue Storage はクラウド サービスのコンポーネント間のワークフロー処理と通信のためのメッセージング機能を提供します。Queue storage provides messaging for workflow processing and for communication between components of cloud services.

  • File Storage は、標準的なサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルを使用するレガシー アプリケーション用の共有ストレージを提供します。File storage offers shared storage for legacy applications using the standard server message block (SMB) protocol. File Storageは、AWS プラットフォームの EFS と同じように使用されます。File storage is used in a similar manner to EFS in the AWS platform.

Glacier と Azure StorageGlacier and Azure Storage

Azure Archive Blob Storage は、AWS Glacier ストレージ サービスに相当します。Azure Archive Blob Storage is comparable to AWS Glacier storage service. これは、少なくとも 180 日格納され、数時間の取得待ち時間が許容される、アクセス頻度が非常に少ないデータを対象としています。It is intended for rarely accessed data that is stored for at least 180 days and can tolerate several hours of retrieval latency.

アクセス頻度が少ないが、アクセス時にすぐに使用できる必要があるデータについては、Azure クール BLOB ストレージ層のストレージを使用すると、標準の BLOB ストレージよりもコストを抑えることができます。For data that is infrequently accessed but must be available immediately when accessed, Azure Cool Blob Storage tier provides cheaper storage than standard blob storage. このストレージ層は、AWS S3 (Infrequent Access ストレージ サービス) に相当します。This storage tier is comparable to AWS S3 - Infrequent Access storage service.

関連項目See also

ネットワークNetworking

Elastic Load Balancing、Azure Load Balancer、および Azure Application GatewayElastic Load Balancing, Azure Load Balancer, and Azure Application Gateway

Azure には、Elastic Load Balancing に相当する 2 つのサービスがあります。The Azure equivalents of the two Elastic Load Balancing services are:

  • Load Balancer - AWS Classic Load Balancer と同じ機能を提供し、複数の VM のトラフィックをネットワーク レベルで分散します。Load Balancer - provides the same capabilities as the AWS Classic Load Balancer, allowing you to distribute traffic for multiple VMs at the network level. フェールオーバー機能も提供します。It also provides failover capability.

  • Application Gateway - AWS Application Load Balancer に相当するアプリケーション レベルのルール ベースのルーティングを提供します。Application Gateway - offers application-level rule-based routing comparable to the AWS Application Load Balancer.

Route 53、Azure DNS、および Azure Traffic ManagerRoute 53, Azure DNS, and Azure Traffic Manager

AWS の Route 53 では、DNS 名管理と DNS レベルのトラフィック ルーティング サービスと、フェールオーバー サービスの両方を提供します。In AWS, Route 53 provides both DNS name management and DNS-level traffic routing and failover services. Azure では、これは 2 つのサービスで処理されます。In Azure this is handled through two services:

  • Azure DNS は、ドメインと DNS の管理を提供します。Azure DNS provides domain and DNS management.

  • Traffic Manager は、DNS レベルのトラフィック ルーティング、負荷分散、およびフェールオーバー機能を提供します。Traffic Manager provides DNS level traffic routing, load balancing, and failover capabilities.

Direct Connect と Azure ExpressRouteDirect Connect and Azure ExpressRoute

Azure では、ExpressRoute サービスを介して、同様のサイト間専用接続を提供します。Azure provides similar site-to-site dedicated connections through its ExpressRoute service. ExpressRoute では、専用のプライベート ネットワーク接続を使用して、ローカル ネットワークを Azure のリソースに直接接続できます。ExpressRoute allows you to connect your local network directly to Azure resources using a dedicated private network connection. Azure では、従来のサイト間 VPN 接続も低コストで提供しています。Azure also offers more conventional site-to-site VPN connections at a lower cost.

関連項目See also

データベース サービスDatabase services

RDS と Azure リレーショナル データベース サービスRDS and Azure relational database services

Azure には、AWS の Relational Database Service (RDS) に相当するリレーショナル データベース サービスが何種類かあります。Azure provides several different relational database services that are the equivalent of AWS' Relational Database Service (RDS).

SQL ServerOracleMySQL などの他のデータベース エンジンは、Azure VM インスタンスを使用してデプロイできます。Other database engines such as SQL Server, Oracle, and MySQL can be deployed using Azure VM Instances.

AWS RDS のコストは、インスタンスが使用するハードウェア リソース (CPU、RAM、ストレージ、ネットワーク帯域幅など) の量によって決まります。Costs for AWS RDS are determined by the amount of hardware resources that your instance uses, like CPU, RAM, storage, and network bandwidth. Azure データベース サービスでは、コストは、データベースのサイズ、コンカレント接続数、およびスループット レベルによって決まります。In the Azure database services, cost depends on your database size, concurrent connections, and throughput levels.

関連項目See also

セキュリティと IDSecurity and identity

ディレクトリ サービスと Azure Active DirectoryDirectory service and Azure Active Directory

Azure では、ディレクトリ サービスを次の製品に分割しています。Azure splits up directory services into the following offerings:

  • Azure Active Directory - クラウドベースのディレクトリおよび ID 管理サービスです。Azure Active Directory - cloud based directory and identity management service.

  • Azure Active Directory B2B - パートナーによって管理される ID から会社のアプリケーションにアクセスできるようにします。Azure Active Directory B2B - enables access to your corporate applications from partner-managed identities.

  • Azure Active Directory B2C - コンシューマー向けアプリケーションに対するシングル サインオンおよびユーザー管理をサポートするサービスです。Azure Active Directory B2C - service offering support for single sign-on and user management for consumer facing applications.

  • Azure Active Directory Domain Services - ホステッド ドメイン コントローラー サービスであるこのサービスでは、Active Directory と互換性のあるドメイン参加とユーザー管理機能を使用できます。Azure Active Directory Domain Services - hosted domain controller service, allowing Active Directory compatible domain join and user management functionality.

Web アプリケーション ファイアウォールWeb application firewall

Application Gateway Web アプリケーション ファイアウォールに加え、Barracuda Networks などのサードパーティ製の Web アプリケーション ファイアウォールも使用できます。In addition to the Application Gateway Web Application Firewall, you can also use web application firewalls from third-party vendors like Barracuda Networks.

関連項目See also

アプリケーションとメッセージング サービスApplication and messaging services

Simple Email ServiceSimple Email Service

AWS では、通知、トランザクション、またはマーケティングに関する電子メールを送信するための Simple Email Service (SES) を提供しています。AWS provides the Simple Email Service (SES) for sending notification, transactional, or marketing emails. Azure では、SendGrid などのサードパーティ製のソリューションによって電子メール サービスを提供します。In Azure, third-party solutions like SendGrid provide email services.

Simple Queueing ServiceSimple Queueing Service

AWS Simple Queueing Service (SQS) は、AWS プラットフォーム内のアプリケーション、サービス、およびデバイスを接続するためのメッセージング システムを提供します。AWS Simple Queueing Service (SQS) provides a messaging system for connecting applications, services, and devices within the AWS platform. Azure には、同様の機能を提供する 2 つのサービスがあります。Azure has two services that provide similar functionality:

  • Queue Storage: Azure プラットフォーム内のアプリケーション コンポーネント間で通信できるようにするクラウド メッセージング サービスです。Queue storage: a cloud messaging service that allows communication between application components within the Azure platform.

  • Service Bus: アプリケーション、サービス、およびデバイスを接続するためのより堅牢なメッセージング システムです。Service Bus: a more robust messaging system for connecting applications, services, and devices. Service Bus は、関連する Service Bus Relay を使用して、リモートでホストされているアプリケーションとサービスにも接続できます。Using the related Service Bus relay, Service Bus can also connect to remotely hosted applications and services.

Device FarmDevice Farm

AWS Device Farm は、デバイス間のテスト サービスを提供します。The AWS Device Farm provides cross-device testing services. Azure では、Xamarin Test Cloud によって、モバイル デバイス用のデバイス間フロントエンド テストを提供しています。In Azure, Xamarin Test Cloud provides similar cross-device front-end testing for mobile devices.

フロントエンド テストだけでなく、Azure DevTest Labs によって、Linux 環境と Windows 環境向けのバックエンド テスト リソースも提供しています。In addition to front-end testing, the Azure DevTest Labs provides back end testing resources for Linux and Windows environments.

関連項目See also

分析とビッグ データAnalytics and big data

Cortana Intelligence Suite は、大量のデータを取得、整理、分析、および視覚化することを目的とする Azure の製品とサービスのパッケージです。The Cortana Intelligence Suite is Azure's package of products and services designed to capture, organize, analyze, and visualize large amounts of data. Cortana スイートは、次のサービスで構成されています。The Cortana suite consists of the following services:

  • HDInsight - Hadoop、Spark、Storm、または HBase を含む、管理された Apache ディストリビューションです。HDInsight - managed Apache distribution that includes Hadoop, Spark, Storm, or HBase.

  • Data Factory - データ オーケストレーションおよびデータ パイプライン機能を提供します。Data Factory - provides data orchestration and data pipeline functionality.

  • SQL Data Warehouse - 大規模リレーショナル データ ストレージです。SQL Data Warehouse - large-scale relational data storage.

  • Data Lake Store - ビッグ データ分析ワークロード用に最適化された大規模ストレージです。Data Lake Store - large-scale storage optimized for big data analytics workloads.

  • Machine Learning - データの予測分析を構築して適用するために使用されます。Machine Learning - used to build and apply predictive analytics on data.

  • Stream Analytics - リアルタイムのデータ分析を行います。Stream Analytics - real-time data analysis.

  • Data Lake Analytics - Data Lake Store と連携するように最適化された大規模分析サービスData Lake Analytics - large-scale analytics service optimized to work with Data Lake Store

  • PowerBI - データの視覚化を促進するために使用されます。PowerBI - used to power data visualization.

関連項目See also

モノのインターネット (IoT)Internet of Things

関連項目See also

モバイル サービスMobile services

通知Notifications

Notification Hubs は SMS または電子メール メッセージの送信をサポートしていないため、これらの配信の種類では、サード パーティが提供するサービスが必要です。Notification Hubs do not support sending SMS or email messages, so third-party services are needed for those delivery types.

関連項目See also

管理と監視Management and monitoring

関連項目See also

次の手順Next steps