Azure 向けの Microsoft Cloud 導入フレームワーク

クラウドは、企業によるテクノロジ リソースの調達と利用の方法を根本的に変えます。 従来は、インフラストラクチャからソフトウェアまで、あらゆる側面のテクノロジの所有権と責任が企業にあることが前提になっていました。 クラウドにより、企業は必要な場合にのみリソースをプロビジョニングして使用することができます。 設計の選択という点で、クラウドは多大な柔軟性をもたらしますが、企業が求めているのは、一貫性のある実証済みのクラウド テクノロジ導入手法です。 Azure 向けの Microsoft Cloud 導入フレームワークはこのニーズを満たし、クラウド導入全体の意思決定の指針として役立ちます。

ただし、クラウド導入は、終了に向けた一手段です。 効果的なクラウドの導入は、クラウド プラットフォームのベンダーを選択するずっと以前から始まっています。 これは、ビジネスと IT の意思決定者が、クラウドによって特定のビジネス変革の目標を促進できることに気付いた時点に開始されます。 クラウド導入フレームワークは、目的とするビジネス成果を達成するようにビジネス、文化、および技術的な変更についての戦略を調整するのに役立ちます。

クラウド導入フレームワークは Microsoft Azure の技術的なガイダンスを提供します。 お客様がまだクラウド ベンダーの選択段階にある可能性があるため、このフレームワークでは、より優れた決断を下せるように、可能な場合にはクラウドにとらわれないガイダンスを提供します。

製品ロードマップ

Azure 向けの Microsoft Cloud 導入フレームワークは、現在パブリック プレビューとして提供されています。 このフレームワークは、それに対して期待されている目標に達したときに一般提供 (GA) される予定です。 このプレビュー リリースで最も重視している領域は、クラウド ガバナンスクラウド移行です。 クラウド導入フレームワークは、一般提供に近づくにつれて、頻繁に拡張される予定です。 詳細については、クラウド導入フレームワークのロードマップに関する記事を参照してください。

対象ユーザー

このガイダンスは、企業のビジネス、テクノロジ、および文化に影響を与えます。 影響を受けるロールには、基幹業務の指導者、ビジネスの意思決定者、IT の意思決定者、財務、エンタープライズ管理者、IT 運用、IT のセキュリティとコンプライアンス、ワークロード開発所有者、ワークロード操作所有者が挙げられます。 各ロールでは、さまざまな専門用語が使用されます。 それぞれの目的や主要業績評価指標も異なります。 コンテンツの単一のセットでは、これらの対象者それぞれに効果的に対処することはできません。

クラウド アーキテクトは、 クラウド アーキテクトは、これらの対象ユーザーをまとめる思想的リーダーおよび進行役の役割を果たします。 このガイド コレクションは、クラウド アーキテクトが適切な対象ユーザーと適切なコミュニケーションを取り、必要な決定を促すことをサポートするために設計されています。 クラウドによって実現されるビジネスの変革は、ビジネスおよび IT 全体に渡る決定を導くクラウド アーキテクト ロールにかかっています。

クラウド導入フレームワークの各セクションは、クラウド アーキテクト ロールのさまざまな特性やバリアントを表しています。 また、これらのセクションでは、クラウド アーキテクトのチーム全体にクラウド アーキテクトの責任を分散する機会も示されます。 たとえば、ガバナンス セクションは、技術的なリスクを軽減することに熱意を持つクラウド アーキテクト向けに設計されています。 一部のクラウド プロバイダーは、これらのスペシャリストをクラウド カストディアンと呼びます。Microsoft では、クラウド ガーディアン、または総称して_クラウド ガバナンス チーム_と呼んでいます。

Azure 向けの Microsoft Cloud 導入フレームワークの使用方法

企業が Azure にまだ馴染みがない場合は、「クラウド導入フレームワークの概要」を読むことから始めます。 この概要には、エンタープライズのデジタル変革に関する規範的ガイダンスが含まれており、プロセスを順を追って説明します。

企業で Azure を利用したことがあり、特定の分野について、さらに詳細なガイダンスとベスト プラクティスが必要な場合は、「ガバナンスの内容」と「アーキテクチャの決定ガイド」をご覧ください。 一般提供のリリースに近づくにつれ、さらにセクションが追加される予定です。