エンタープライズ向けの FSLogix

Azure
Backup
Files
Storage
GitHub
Office
Visual Studio
Windows

この記事では、大企業向けの Microsoft FSLogix プロファイル コンテナー ソリューションの設計、サイズ設定、実装についての詳細な情報を提供すると共に、運用環境でのパフォーマンスの問題を回避する方法についても説明します。This article provides insights on designing, sizing, and implementing a Microsoft FSLogix Profile Container solution for large enterprises, as well as shows how to avoid performance problems in production. この記事は、エンタープライズ規模の Windows Virtual Desktop に関する記事を拡張したものです。This article is an extension of the Windows Virtual Desktop at enterprise scale article.

FSLogix は、非永続的な Windows コンピューティング環境を強化、有効化、簡素化するソリューションのセットです。FSLogix is a set of solutions that enhance, enable, and simplify non-persistent Windows computing environments. FSLogix ソリューションは、パブリック クラウドとプライベート クラウド両方の仮想環境に適しています。FSLogix solutions are appropriate for virtual environments in both public and private clouds. これらのソリューションは物理デバイスを使用して、より移植性の高いコンピューティング セッションを作成するために使用することもできます。These solutions may also be used to create more portable computing sessions when using physical devices.

FSLogix と、Azure 上のデスクトップ仮想化ソリューションとしての Windows Virtual Desktop を組み合わせる場合は、「Windows Virtual Desktop の FSLogix プロファイル コンテナーのストレージ オプション」で説明されているように、Azure Files または Azure NetApp Files にプロファイルを格納します。For combining FSLogix with Windows Virtual Desktop as a desktop virtualization solution on Azure, store your profiles on either Azure Files or Azure NetApp Files as described in Storage options for FSLogix profile containers in Windows Virtual Desktop. これにより、ゼロ インフラストラクチャを必要とする別の Azure プラットフォーム サービスを利用し、ストレージ環境の管理を簡素化することができます。This way you can leverage another Azure platform service that requires zero infrastructure, and simplify management of your storage environment.

FSLogix のフィルター ドライバーのアーキテクチャFSLogix filter driver architecture

ユーザーがリモート環境にサインインおよびサインアウトするときは、一般に、ネットワークとの間でプロファイルが双方向にコピーされます。It's common to copy a profile to and from the network, when a user signs in and out of a remote environment. 多くの場合、ユーザー プロファイルは大きい場合があるため、サインインとサインアウトの時間が許容できなくなる可能性があります。Because user profiles can often be large, sign in and sign out times often became unacceptable. FSLogix コンテナーを使用すると、ユーザー プロファイルはネットワーク上の場所にリダイレクトされます。FSLogix Containers redirect user profiles to a network location. プロファイルは VHDx ファイルに配置されて、実行時にマウントされます。Profiles are placed in VHDx files and mounted at run time. ネットワーク上のプロファイルをマウントして使用すると、ファイルのコピーが行われるソリューションに関連する遅延が解消されます。Mounting and using a profile on the network eliminates delays often associated with solutions that copy files.

次のアーキテクチャの概念図では、オペレーティング システム内での FSLogix の動作が示されています。The conceptual architecture diagram below shows how FSLogix works within the operating system. Windows サービス エージェントを VDI イメージにインストールする必要があります。The Windows Service agent needs to be installed in the VDI image. インストールが完了すると、2 つのフィルター ドライバーがオペレーティング システムに組み込まれます。Once the installation is completed, two filter drivers are injected into the operating system. その後、適切なレジストリ (または ADMX) エントリを設定して、VHDx コンテナーをファイル システムや SMB 共有の場所 (下の図に示すように Azure Storage) に配置することができます。Thereafter, you can set appropriate registry (or ADMX) entries, to place a VHDx container on a file system or SMB share location (Azure Storage as shown in the diagram below).

FSLogix の概念アーキテクチャ

プロファイル コンテナーと Office コンテナーProfile Container and Office Container

FSLogix の プロファイル コンテナーOffice コンテナーは、"ローミング" ユーザー プロファイルを Windows Virtual Desktop に格納するために Microsoft によって提供されるソリューションです。FSLogix Profile Container and Office Container are the solutions provided by Microsoft to store roaming user profiles in Windows Virtual Desktop.

Office コンテナーは、プロファイル コンテナーのサブセットです。The Office Container is a subset of Profile Container. Office コンテナーのすべての利点はプロファイル コンテナーでも利用できますが、一緒に使用すると便利な場合があります。Although all of the benefits of the Office Container are also available in the Profile Container, there are times when it may be beneficial to use them together. 構成プロセスを完全に理解しておくことが重要です (特に一緒に使用する場合)。It's important to completely understand the configuration process, especially when using them together.

プロファイル コンテナーは、完全なユーザー プロファイルをリダイレクトするために使用されます。Profile Container is used to redirect the full user profile. プロファイル コンテナーは、仮想デスクトップなどの非永続的な仮想環境で使用されます。Profile Container is used in non-persistent, virtual environments, such as Virtual Desktops. プロファイル コンテナーを使用すると、除外されているデータを除くユーザー プロファイル全体がキャプチャされます。When using Profile Container, the entire user profile is captured, except for data that is excluded.

プロファイル コンテナーと Office コンテナーを一緒に使用する理由はいくつかあります。There are several reasons why Profile Container and Office Container may be used together. 詳細については、「プロファイル コンテナーと Office コンテナーの比較」を参照してください。For more information, read the comparison of Profile Container vs. Office Container.

注意

Windows Virtual Desktop では、より簡単な、したがってより堅牢なソリューションのため、Office コンテナーなしでプロファイル コンテナーを使用することが推奨されています。The recommendation in Windows Virtual Desktop is to use Profile Container without Office Container for a simpler and therefore, a more robust solution.

複数のプロファイルの接続Multiple profile connections

同時接続または複数接続とは、複数のホストまたは同じホストに存在する複数のセッションに、同じプロファイルを使用して同時に接続されているユーザーのことです。Concurrent or multiple connections refers to a user connected to multiple sessions, in either multiple hosts or the same host, concurrently using the same profile. これを "マルチセッション" という用語と混同しないでください。マルチセッションとは、複数のユーザーによる同時接続がサポートされているオペレーティング システムのことです。This should not be confused with the term multi-session, which refers to an operating system that supports multiple users to connect simultaneously.

注意

Windows Virtual Desktop では、同時接続または複数接続は推奨されません。Concurrent or multiple connections are discouraged in Windows Virtual Desktop. ベスト プラクティスは、セッションごとに (ホスト プールとして) 異なるプロファイルの場所を作成することです。The best practice is to create a different profile location for each session (as a host pool).

複数接続のデプロイに関する次の制限事項に注意してください。Be aware of the following limitations of a multiple connection deployment:

  • Microsoft OneDrive では、プロファイル ローミング テクノロジを使用した複数の接続環境はサポートされていません。Microsoft OneDrive does not support multiple connection environments using any profile-roaming technology.
  • 複数のプロファイル接続で OneDrive を使用すると、データが失われる可能性があります。Using OneDrive with multiple profile connections may cause data loss.
  • Microsoft Outlook では、複数の接続のサポートが制限されています。Microsoft Outlook has limited support for multiple connections.
  • 予想される結果をエンド ユーザーに伝える必要があります。End-users must be educated on what to expect. "読み取り専用コンテナー" を使用すると、適切なコンテキストのないユーザーのデータが失われる可能性がある特有のエクスペリエンスになります。Using read-only containers result in a unique experience that a user, without proper context, may experience as data loss. 詳細については、「プロファイル コンテナーと Office コンテナーでの同時接続」を参照してください。Read Concurrent Connections with Profile Container and Office Container for more information.

パフォーマンス要件Performance requirements

プロファイル全体のサイズに関する FSLogix の制限またはクォータは、ユーザー プロファイルの VHDx ファイルに使用されるストレージの種類と、VHD/VHDx 形式のサイズ制限に依存します。In terms of overall profile size, limitations or quotas for FSLogix depend on the storage type used for the user profile VHDx files, as well as the size limitations of the VHD/VHDx format.

ネットワーク帯域幅については、使用の種類に応じて、ユーザーごとに 5 から 30 MbPS を計画することをお勧めします。For network bandwidth, depending on the type of utilization it is recommended to plan between 5 and 30 MbPS per user.

さらに、次の表では、FSLogix プロファイルで各ユーザーをサポートするために必要なリソースの数を示します。Additionally, the following table gives an example of how many resources an FSLogix profile needs to support each user. 要件は、ユーザー、アプリケーション、各プロファイルでのアクティビティによって大きく異なる場合があるため、実際の使用量はここに記載されている内容と大きく異なる可能性があります。Requirements can vary widely depending on the user, applications, and activity on each profile, so your actual usage may vary significantly from what is listed here. 表では、1 人のユーザーの例が使用されています。The table uses an example a single user. これを使用して、環境内のユーザーの合計数の要件を見積もってください。Use this to estimate requirements for the total number of users in your environment. たとえば、100 ユーザーに対して約 1,000 IOPS (1 秒あたりの入力および出力操作数) が必要な場合、短時間に多数のユーザーがログインして "ログイン ストーム" が発生するときは、サインイン時とサインアウト時に約 5,000 IOPS が必要になります。For example, you may need around 1,000 IOPS (input/output operations per second) for 100 users, and around 5,000 IOPS during sign-in and sign-out, if a large number of users login during a short period of time creating a login storm.

リソースResource 要件Requirement
安定状態での IOPSSteady state IOPS 1010
サインイン時とサインアウト時の IOPSSign-in/sign-out IOPS 5050

FSLogix プロファイル コンテナー用のストレージ オプションStorage options for FSLogix profile containers

Azure には、FSLogix プロファイル コンテナーの格納に利用できるさまざまなストレージ ソリューションが用意されています。Azure offers multiple storage solutions that you can use to store your FSLogix profile container. ほとんどのお客様のシナリオに対し、Azure Files または Azure NetApp Files に FSLogix プロファイル コンテナーを格納することをお勧めします。We recommend storing FSLogix profile containers on Azure Files or Azure NetApp Files for most customer scenarios. 記事「Windows Virtual Desktop の FSLogix プロファイル コンテナーのストレージ オプション」では、Windows Virtual Desktop の FSLogix ユーザー プロファイル コンテナーに対して Azure で提供されているさまざまなマネージド ストレージ ソリューションが比較されています。The article Storage options for FSLogix profile containers in Windows Virtual Desktop compares the different managed storage solutions Azure offers for Windows Virtual Desktop FSLogix user profile containers.

FSLogix および Windows Virtual Desktop と共に記憶域スペース ダイレクト (S2D) もサポートされています。Storage spaces direct (S2D) is supported in conjunction with FSLogix and Windows Virtual Desktop as well. これは自己管理型のストレージ ソリューションであり、この記事の対象にはなっていません。It is a self-managed storage solution that is out of scope for this article. お客様は、Windows Virtual Desktop の管理を簡素化しながら、Azure Files または Azure NetApp Files の価値を最大限に引き出すことができます。Customers can get most value out of either Azure Files or Azure NetApp Files while simplifying management of Windows Virtual Desktop.

ベスト プラクティスBest practices

次に、FSLogix プロファイル コンテナーの一般的なベスト プラクティスを示します。The following are general best practices for FSLogix profile containers.

  • 最適なパフォーマンスを得るには、ストレージ ソリューションと FSLogix プロファイル コンテナーを同じデータセンターの場所に置く必要があります。For optimal performance, the storage solution and the FSLogix profile container should be in the same data-center location.
  • パフォーマンスのボトルネックを回避するため、プロファイル コンテナー用の VHD(X) ファイルは、ウイルス対策のスキャンから除外します。Exclude the VHD(X) files for profile containers from antivirus scanning, to avoid performance bottlenecks.
  • 2 つのアクティブなセッションを使用して、ホスト プールごとに個別のプロファイル コンテナーを使用することをお勧めします。We recommend to use a separate profile container per host pool, while having two active sessions.

Azure Files のベスト プラクティスAzure Files best practices

次の一覧では、Azure Files を使用するときに注意すべき重要な事柄について説明します。The following list describes some important things to keep in mind when using Azure Files.

  • Azure Files のストレージ アカウント名を、15 文字より長くすることはできません。Azure Files storage account name cannot be larger than 15 characters.
  • Azure Files のアクセス許可を、「Requirements - Profile Containers」 (要件 - プロファイル コンテナー) に記載されているアクセス許可と一致させる必要があります。Azure Files permissions should match permissions described in Requirements - Profile Containers.
  • マスター イメージが含まれるストレージ アカウントを、プロビジョニング対象の仮想マシン (VM) と同じリージョンおよびサブスクリプションに置く必要があります。The storage account containing the master image must be in the same region and subscription as the virtual machines (VMs) being provisioned.
  • Azure Storage の Private Link を使用すると、データ アクセスをより安全にできるだけでなく、セッション ホストからストレージ アカウントへのネットワーク待機時間を短縮できます。Private link for Azure storage could be used to enable a more secure data access as well as to improve the network latency from your session hosts to your storage account. これは、ExpressRoute 接続を使用するハイブリッド シナリオにも役立ちます。This is also beneficial in hybrid scenarios with ExpressRoute connectivity.
  • Azure Files Premium 共有に領域を事前プロビジョニングして、ユーザー用の IOPs に前もって対応できます。You can pre-provision space to your Azure Files Premium share to accommodate more IOPs for your users proactively. これにより、初期のユーザー ログイン中により多くの IOPs を使用できます。This allows you to use more IOPs during the initial user-logins.
  • Azure Files Premium レベルに組み込まれているバースト メカニズムを使用すると、セッションの最初の 60 分間だけ IOPs を 3 倍にできます。Azure Files Premium tier has a built-in bursting mechanism that gives you thrice more IOPs for the first 60 minutes of a session.
  • Azure Files 同期を使用すると、既存のプロファイル コンテナーを Azure Files に簡単にレプリケートできます。Azure Files sync can be used to replicate existing profile containers into Azure Files easily.
  • FSLogix のグループごとの設定 ObjectSpecific を使用すると、異なる Azure Files ストレージ アカウントをフィルター処理して、より多くのユーザーに対応することができます。With the FSLogix ObjectSpecific per-group setting, you can filter different Azure Files storage accounts to accommodate more users. ストレージ アカウントあたりの IOPs の上限は、それらをスタックできないという意味ではありません。The maximum limit of IOPs per storage account doesn't mean you cannot stack them. これは、個人用ホスト プールとプールされたホスト プール両方のシナリオに適用されます。This applies to both personal and pooled host pool scenarios. 次のアーキテクチャ図では、詳細が説明されています。The architecture diagram below explains it in more details.
  • 複数のストレージ アカウントを 1 つの Azure 仮想ネットワーク (VNet) で使用できます。You are able to use multiple storage accounts in one Azure virtual network (VNet). たとえば、AD グループを使用して、異なるネットワーク共有を環境内の特定のユーザー グループに割り当てることができます。For example, you can assign different network shares to specific groups of users in your environment using AD groups.

Files のシナリオ

次の表では、WVD 環境をさらに最適化する方法を示します。The table below shows you how you can further optimize your WVD environment. ファイル共有ソリューションを微調整するために、Azure Files のパフォーマンス目標 (StandardPremium) および 価格についての詳細情報が提供されています。Detailed information of Azure Files performance targets (Standard and Premium) and pricing is available to help you fine-tune your file-share solution.

ワークロードWorkload Examples 推奨レベルRecommended tier
Light データ エントリData entry 同時アクティブ ユーザーが 200 より少ない場合: StandardLess than 200 concurrent active users: Standard
同時アクティブ ユーザーが 200 より多い場合: PremiumMore than 200 concurrent active users: Premium
Medium カジュアル ユーザー、LoB アプリCasual users, LoB apps Premium ファイル共有Premium file shares
ヘビーHeavy ソフトウェア エンジニア、コンテンツ作成Software engineers, content creation Premium ファイル共有Premium file shares
PowerPower CAD、3D、機械学習CAD, 3D, machine learning Premium ファイル共有Premium file shares

Azure NetApp Files のベスト プラクティスAzure NetApp Files best practices

Azure NetApp Files は、FSLogix プロファイルと Windows Virtual Desktop 向けの優れたマネージド ストレージ ソリューションであることが実証されています。Azure NetApp Files has been proven to be a great managed storage solution for FSLogix Profiles and Windows Virtual Desktop. 低待機時間と高 IOPs 量は、大規模な企業にとって優れた組み合わせです。The low latency and the high amount of IOPs is a great mixture for enterprises at scale.

現在、アクティブな VNet あたり最大 1,000 の IP 接続が可能です。Currently, up to 1000 IP connections per active VNet are possible. これらは、共有に対する VNet 上で VM ごとに開かれる接続です。つまり、この制限は、セッションごとではなく VM ごとに適用されます。These are the open connections per VM over the VNet to the share; that is, this limitation is applicable per VM and not per session. これには、VNET ピアリングも含まれます。This also includes VNET Peerings as well. 以下のサブセクションは、環境を事前に設計するのに役立ちます。The following subsections can help you to proactively design your environment. 詳細については、「Windows Virtual Desktop での Azure NetApp Files 利用のメリット」を参照してください。Read Benefits of using Azure NetApp Files with Windows Virtual Desktop for more information.

プール シナリオPooled scenarios

D32as_v4 VM 向けの vCPU あたりの WVD Windows 10 マルチセッション ユーザーの推奨サイズ設定を、軽量または中量のワークロードに基づいて計算する場合、次の図に示すように、1,000 IP の制限に近づく前に、1,000 の仮想マシンで 12 万以上のユーザーに対応できます。If the WVD Windows 10 Multi-session user per vCPU recommendations sizing for the D32as_v4 VM is calculated based on the light or medium workload, more than 120,000 users would fit within 1,000 virtual machines before approaching the 1,000 IP limit, as shown in the following figure.

NetApp Files のプール シナリオ

個人シナリオPersonal scenarios

ユーザーは特定のデスクトップ ポッドにマップされます。Users are mapped to specific desktop pods. 各ポッドの仮想マシンは 1,000 弱であるため、管理 VNet から IP アドレスを伝達するための余地が残されます。Each pod has just under 1,000 virtual machines, leaving room for IP addresses propagating from the management VNet. Azure NetApp Files では、シングルセッション ホスト プールあたり 900 を超える個人デスクトップを簡単に処理できます。Azure NetApp Files can easily handle 900+ personal desktops per single-session host pool. 仮想マシンの実際の数は、1,000 から、ハブ VNet にある管理ホストの数を差し引いた値になります。The actual number of virtual machines is equal to 1,000 minus the number of management hosts found in the Hub VNet.

NetApp Files の個人シナリオ

ストレージのアクセス許可Storage permissions

次の NTFS アクセス許可を使用することをお勧めします。The following NTFS permissions are recommended to use. 適切で安全な使用のためには、プロファイルの作成と使用を許可し、他のユーザー プロファイルへのアクセスを許可しない、ユーザー アクセス許可を作成する必要があります。For correct and secure use, user permissions must be created to allow permissions to create and use a profile, while not allowing access to other users profiles. プロファイル コンテナーのストレージ アクセス許可については、記事「プロファイル コンテナーと Office コンテナーで使用するストレージ アクセス許可を構成する」も参照してください。The Profile Container storage permissions can also be found in the article Configure storage permissions for use with Profile Containers and Office Containers.

ユーザー アカウントUser Account フォルダーFolder アクセス許可Permissions
ユーザーUsers このフォルダーのみThis Folder Only 変更Modify
作成者/所有者Creator/Owner サブフォルダーとファイルのみSubfolders and Files Only 変更Modify
管理者 (オプション)Administrator (optional) このフォルダー、サブフォルダー、ファイルThis Folder, Subfolders, and Files フル コントロールFull Control

ストレージの除外Storage exclusions

ネイティブ プロファイル フォルダーの場所は FSLogix プロファイル コンテナー内に保持することをお勧めします。We recommend keeping native profile folder locations in the FSLogix profile container. ただし、一部のシナリオでは、一時データやキャッシュ データなどのフォルダーを除外するとより効率的な場合があります。However, it could be beneficial in some scenarios to exclude folders to be more efficient, for example, for temporary or caching data. 以下のセクションでは、一般的な FSLogix の除外について説明します。The sections below describe the common FSLogix exclusions.

Teams の除外Teams exclusions

Teams のキャッシュ フォルダー %appdata%/Microsoft/Teams から次のものを除外します。Exclude the following from the Teams caching folder, %appdata%/Microsoft/Teams. これらの項目を除外すると、ユーザーのキャッシュ サイズを縮小して、非永続的なセットアップをさらに最適化するのに役立ちます。Excluding these items helps reduce the user caching size to further optimize your non-persistent setup.

  • .txt ファイル.txt files
  • メディア スタック フォルダーMedia-stack folder
  • meeting-addin\Cache (%appdata%\Microsoft\Teams\meeting-addin\Cache)meeting-addin\Cache (%appdata%\Microsoft\Teams\meeting-addin\Cache)

FSLogix プロファイル コンテナー内で上記の Teams 固有の除外を構成する方法については、FSLogix の除外に関するドキュメントを参照してください。Check the FSLogix exclusions documentation to learn how to configure the Teams specific exclusions above within FSLogix Profile Container.

ウイルス対策の除外Antivirus exclusions

FSLogix プロファイル コンテナーの仮想ハード ドライブで、次のウイルス対策の除外を構成してください。Make sure to configure the following antivirus exclusions for FSLogix Profile Container virtual hard drives. セキュリティ チームと共に次の情報を確認します。Make sure to check the following information with your security team.

  • 除外するファイル:Exclude files:

    • ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxdrv.sysProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxdrv.sys
    • %ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxdrvvt.sys%ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxdrvvt.sys
    • %ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccd.sys%ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccd.sys
    • %TEMP%*.VHD%TEMP%*.VHD
    • %TEMP%*.VHDX%TEMP%*.VHDX
    • %Windir%\TEMP*.VHD%Windir%\TEMP*.VHD
    • %Windir%\TEMP*.VHDX%Windir%\TEMP*.VHDX
    • \\storageaccount.file.core.windows.net\share**.VHD\\storageaccount.file.core.windows.net\share**.VHD
    • \\storageaccount.file.core.windows.net\share**.VHDX\\storageaccount.file.core.windows.net\share**.VHDX
  • 除外するプロセス:Exclude processes:

    • %ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccd.exe%ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccd.exe
    • %ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccds.exe%ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxccds.exe
    • %ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxsvc.exe%ProgramFiles%\FSLogix\Apps\frxsvc.exe

クラウド キャッシュの使用Using Cloud Cache

クラウド キャッシュは、FSLogix に対するアドオンです。Cloud Cache is an add-on to FSLogix. 最初の読み取り後の後は、ローカル キャッシュを使用して、リダイレクトされたプロファイル コンテナーまたは Office コンテナーからのすべての読み取りが処理されます。It uses a local cache to service all reads from a redirected Profile or Office Container, after the first read. また、クラウド キャッシュを使用すると、複数のリモートの場所を使用でき、それらはすべてユーザー セッションの間に継続的に更新され、真のリアルタイム プロファイル レプリケーションが作成されます。Cloud Cache also allows the use of multiple remote locations, which are all continuously updated during the user session, creating true real-time profile replication. クラウド キャッシュを使用すると、ローカル キャッシュで多くのプロファイル操作を処理できるため、リモート プロファイル コンテナーへの接続の短時間の喪失からユーザーを保護することができます。Using Cloud Cache can insulate users from short-term loss of connectivity to remote profile containers as the local cache is able to service many profile operations. プロバイダーで障害が発生した場合は、クラウド キャッシュによりビジネス継続性が提供されます。In case of a provider failure, Cloud Cache provides business continuity.

ローカル キャッシュ ファイルによりほとんどの IO 要求が処理されるため、ローカル キャッシュ ファイルのパフォーマンスによってユーザー エクスペリエンスが決まります。Because the local cache file will service most IO requests, the performance of the local cache file will determine the user experience. このファイルに使用されるストレージは、高いパフォーマンスと高可用性を備えていることが重要です。It is critical that the storage used for this file be high-performing and highly available. ローカル キャッシュ ファイルに使用されるすべてのストレージは、物理的に接続されたストレージであるか、または物理的に接続された高パフォーマンスのストレージと同等かそれを超える信頼性とパフォーマンスの特性を備えている必要があります。Any storage used for the local cache file should either be a physically attached storage, or have reliability and performance characteristics that meet or exceed a high-performing physically attached storage.

クラウド キャッシュは、プロファイル コンテナーを使用するときにビジネス継続性のために考慮できる多くのオプションの 1 つにすぎません。Cloud Cache is only one of many options that may be considered for business continuity when using profile containers. クラウド キャッシュで提供されるユーザー プロファイルのリアルタイムの複製は、クラウド キャッシュ プロバイダーへの接続が失われるとアクティブにフェールオーバーされます。Cloud Cache provides real-time duplication of the user profile, that will actively fail-over if connectivity to a Cloud Cache provider is lost.

クラウド キャッシュを実装するときは、いくつかの考慮事項があります。There are a number of considerations when implementing Cloud Cache. 次のようになります。It should:

  • リアルタイムでプロファイルの高可用性を提供する必要があります。provide real-time profile high availability,
  • ローカル キャッシュの読み書きを処理することで、リモート クラウド キャッシュ プロバイダーに対する接続の短時間の問題から、ユーザーを隔離する必要があります。insulate users from short-term connectivity issues to remote Cloud Cache providers by servicing read/writes from local cache, and
  • REST API により Azure ページ BLOB ストレージを使用できるようにする必要があります。enable the use of Azure Page Blob storage via REST API.
  • 複数 geo 環境を構成するときに、有効なプロファイル ツールになる可能性があります。It can be an effective profile tool when configuring multi-geo environments, and
  • ローカル キャッシュをサポートするには、高パフォーマンスで高可用性のホスト接続 (または同等の) ストレージが必要です。requires high-performing and highly available host-attached (or equivalent) storage to support local cache,
  • ホスト上で実行され、プロセッサ、メモリ、ネットワーク、ストレージ リソースを利用します。It is executed on the host, utilizing processor, memory, network, and storage resources.
  • 高可用性のためのソリューションとして使用する場合、クラウド キャッシュには、ローカル キャッシュ ファイルに加えて、ユーザー プロファイルの複数の完全コピーが必要です。When used as a solution for high availability, Cloud Cache requires multiple, full copies of the user profile, in addition to the local cache file.

リソースの使用量のため、FSLogix プロファイル コンテナーに対しては別のバックアップおよびディザスター リカバリー ソリューションを検討する方がコスト効率が高くなる可能性があります。Because of the resource utilization, it may be more cost effective to consider alternate backup/disaster recovery solutions for FSLogix profile containers. クラウド キャッシュは、一般に、そのいずれかの機能によってリアルタイムのプロファイルの高可用性のような他では得られない価値が提供される場合に使用します。Cloud Cache is generally used when one of its features provides unique value, such as real-time profile high availability. 別の形式のバックアップを使用して環境を適切に処理できる場合、多くの場合、クラウド キャッシュより経済的です。If an environment can be adequately serviced with an alternate form of backup, it is often more economical than Cloud Cache.

障害復旧Disaster recovery

複数の国への大規模な Windows Virtual Desktop のデプロイでは、異なるリージョンでユーザー プロファイルを利用できることが必要になる場合があります。Large multi-national Windows Virtual Desktop deployments could require availability of the users profile across different regions. そのため、ホスト プールの Azure リージョンで同じプロファイルを使用できるようにすることが重要です。So it's important to have the same profile available in the Azure region of the host pool.

  • Azure Files には、ストレージ アカウントの冗長性計画で構成されている他のリージョンにストレージ アカウントをフェールオーバーするレプリケーション オプションが用意されています。Azure Files offers the replication option of a storage account fail-over against the other region configured in your storage account redundancy plan. これは、geo 冗長ストレージ (GRS) を使用する Standard ストレージ アカウントの種類に対してのみサポートされています。This is only supported for the standard storage account type using Geo-Redundent Storage (GRS). 他に使用できるオプションとしては、AzCopy や、RoboCopy などの他のファイル コピー メカニズムがあります。Other options to use are AzCopy or any other file copy mechanism such as RoboCopy.

  • Azure NetApp Files では、リージョン間のレプリケーションが提供されています。Azure NetApp Files offers cross-region replication. この機能を使用すると、Azure バックボーンを介して、FSLogix ファイル共有を別のリージョンにレプリケートできます。With this feature, you are able to replicate your FSLogix file share to another region over the Azure backbone.

バックアップと復元Backup and restore

Windows プロファイルを定期的にバックアップすることは、状況によっては有益な場合があります。Making regular backups of your Windows profiles could be beneficial in different situations. ユーザーが誤ってデータを削除して復元が必要なシナリオや、マルウェアの感染によりプロファイルやデータが破損するようなシナリオは、データを Azure に安全に保存する指標となります。Scenarios where a user accidentally removes data and wants to restore, or profile and/or data corruption due to malware infections, could be an indicator to have your data safely stored on Azure.

Azure Files Premium レベルは、Azure Backup と統合されており、FSLogix と共にサポートされています。Azure Files Premium tier integrates with Azure Backup and is supported in conjunction with FSLogix. Azure NetApp Files では、FSLogix プロファイル コンテナーのコピーを作成するための同様のスナップショット メカニズムが提供されています。Azure NetApp Files offers a similar snapshot mechanism to make copies of your FSLogix profile containers.

メンテナンスMaintenance

この記事で既に説明したように、FSLogix プロファイル コンテナーは仮想ディスクと連携して動作します。As explained earlier in this article, FSLogix Profile Container works with virtual disks. 仮想ハード ディスクは、VHD または VHDx ファイル形式です。このツールでは、両方ともサポートされています。The virtual hard disks are in the VHD or VHDx file format; both are supported with this tool. 既定では、作成されるディスクは "固定" 形式ではなく、"動的拡張" 形式になります。By default, the disks created will be in a Dynamically Expanding format rather than Fixed format. これにより、ディスクのサイズが仮想ディスク内の実際のファイルより大きくなる場合があります。This could result in situations where the size of the disk is higher than the actual files inside the virtual disk. そのため、スケジュールに従って仮想ハード ディスクを圧縮した後でメンテナンスを行うのが一般的です (たとえば 1 か月ごと)。So it's common to do maintenance after shrinking the virtual hard disks on a schedule, for example, on a monthly basis. これは、プロファイルの量を減らすことができるスクリプトを使用することで可能です。This can be possible with a script that can decrease the amount of your profiles. このスクリプトは、エンタープライズ規模で動作し、可能な限り短時間で数千のディスクのサイズを縮小するように設計できます。This script can be designed to work at an enterprise scale, to reduce the size of thousands of disks in the shortest time possible. 環境内の任意のマシンから実行できます。It can be run from any machine in your environment. ディスクがホストされているファイル サーバーから実行する必要はありません。It does not need to be run from a file server hosting the disks. Hyper-V の役割がインストールされている必要はありません。It does not need the Hyper-V role installed.

このツールはマルチスレッドであり、スクリプトを実行したマシン上の複数の CPU コアが利用されます。This tool is multi-threaded and will take advantage of multiple CPU cores on the machine from which you run the script. マシンで使用可能なコアのスレッド数の 2 倍より多くの回数実行することは推奨されません。It is not advised to run more than twice the number of threads of the available cores on your machine. また、スレッドの数を使用して、ストレージの負荷を調整することもできます。You could also use the number of threads to throttle the load on your storage.

ツールはこちらからダウンロードしてください。Download the tool here.

注意

このスクリプトは、Microsoft の製品グループではサポートされていません。This script is not supported by the Microsoft product group. コミュニティでサポートされます。It is community driven. このスクリプトでは、固定ファイル形式のサイズの縮小はサポートされていません。This script does not support reducing the size of a Fixed file format.

エンタープライズ向けの設定のベスト プラクティスBest practice settings for enterprises

デスクトップ仮想化環境のユーザーは、一般に、既定の設定 (Enabled、VHDLocations など) に加えて、次の設定を使用します。The following settings are commonly used by our customers in their desktop virtualization environments, on top of the default settings such as Enabled and VHDLocations.

設定Setting Value 理由Reason
DeleteLocalProfileWhenVHDShouldApplyDeleteLocalProfileWhenVHDShouldApply 11 この設定では、既存のローカル プロファイルでログインするときのエラーが回避されます。This setting avoids errors while logging in with an existing local profile. 既に存在する場合、最初にプロファイルが削除されます。It removes the profile first, if any already exists.
SizeInMBsSizeInMBs 3000030000 新しく作成される VHD(X) のサイズを MB 単位で指定します。Specifies the size of newly created VHD(X) in number of MB. 既定値は 30,000 MB つまり 30 GB です。Default value is 30000 MB or 30 GB.
VolumeTypeVolumeType VHDxVHDx PowerShell とメンテナンスのためのその他の機能。More capabilities for PowerShell and maintenance.
FlipFlopProfileDirectoryNameFlipFlopProfileDirectoryName 11 ネットワーク共有上の特定のプロファイル コンテナー ユーザー フォルダーを簡単に検索できます。Makes it easier to search for the specific profile container user folder on the network share.

次のステップNext steps

詳細については、以下の記事を参照してください。Read the following articles for more information: