Microsoft Azure Well-Architected Framework

Azure Well-Architected Framework は、ワークロードの品質向上に使用できる一連の基本原則です。 このフレームワークは、優れたアーキテクチャの 5 つの柱で構成されています。

これらの柱を組み込むことで、高品質で安定した効率的なクラウド アーキテクチャを構築できます。

重要な要素 説明
信頼性 障害から回復して動作を続行するシステムの能力です。
Security 脅威からアプリケーションとデータを保護することです。
コストの最適化 もたらされる価値を最大化するためのコスト管理
オペレーショナル エクセレンス 運用環境でシステムを継続的に動作させる運用プロセスです。
パフォーマンス効率 負荷の変化に対応するためのシステムの能力。

Well-Architected Framework を使用して Azure で優れたワークロードを設計する方法については、次のビデオを参照してください。

概要

次の図は、Azure Well-Architected Framework の概要を示しています。

Well-Architected Framework とサポート要素の図。

中央にあるのが Well-Architected Framework です。ここには、優れたアーキテクチャの 5 つの柱が含まれています。 Well-Architected Framework を囲むのは、次の 6 つのサポート要素です。

ワークロードを評価する

Microsoft Azure Well-Architected Framework に含まれている原則を使用してワークロードを評価するには、「Microsoft Azure Well-Architected のレビュー」を参照してください。

Microsoft Azure Well-Architected のレビューのスクリーンショット。

また、Azure Advisor と Advisor スコアを使用して、ワークロードの体制を改善する機会を特定し、優先順位を付けることをお勧めします。 どちらのサービスも、すべての Azure ユーザーが Well-Architected フレームワークの 5 つの柱に無料で配置できます。

  • Azure Advisor は、ベスト プラクティスに従って Azure デプロイメントを最適化できるようにする、個人用に設定されたクラウド コンサルタントです。 Azure Advisor では、リソース構成と使用量テレメトリを分析します。 Azure リソースの信頼性、セキュリティ、費用対効果、パフォーマンス、オペレーショナル エクセレンスを向上させるために役立つソリューションが推奨されます。 Azure Advisor の詳細情報をご覧ください。

  • Advisor スコア は、Advisor の推奨事項をシンプルで実用的なスコアにまとめる Azure Advisor の中核となる機能です。 このスコアにより、信頼性が高く、セキュリティで保護された、コスト効率の高いソリューションを構築するために必要な手順を実行しているかどうかが一目で確認でき、ワークロードの体制に最大限の改善をもたらすアクションに優先順位を付けることができるようになります。 Advisor スコアは 1 つの総合スコアと、各 Well-Architected の柱に対応するよう更に分類された 5 つのカテゴリ スコアで構成されます。 Advisor スコアの詳細情報をご覧ください。

[信頼性]

信頼性の高いワークロードは、回復性と可用性の両方を備えたものです。 回復性とは、障害から回復して動作を続行する、システムの能力です。 回復性の目的は、障害の発生後にアプリケーションを十分に機能する状態に戻すことです。 可用性とは、ユーザーが必要なときにワークロードにアクセスできるかどうかです。

回復性の詳細については、Azure ワークロードの信頼性の向上を開始する方法を示す次のビデオを参照してください。

信頼性に関するガイダンス

次のトピックでは、信頼性の高い Azure アプリケーションの設計と改善に関するガイダンスを提供します。

信頼性の原則の概要については、「信頼性の柱についての原則」を参照してください。

セキュリティ

設計と実装から、デプロイと運用まで、アプリケーションのライフサイクル全体を通してセキュリティを考えます。 Azure プラットフォームでは、ネットワークへの侵入や DDoS 攻撃など、さまざまな脅威に対する保護を提供します。 ただし、それでもまだ、ご自分のアプリケーションと DevOps プロセスにセキュリティを組み込む必要はあります。

次のビデオを参照して、Azure でのセキュリティで保護されたアプリケーション開発に関する適切な問いを確認してください。

セキュリティ ガイダンス

次の広範なセキュリティ領域を考慮してください。

詳細については、「セキュリティの重要な要素の概要」を参照してください。

コストの最適化

クラウド ソリューションの設計では、増分の価値の早期生成に集中します。 Build-Measure-Learn の原則を適用し、市場投入までの時間を短縮する一方で、資本集約型ソリューションを回避します。

詳細については、コストの最適化に関するページと、Azure コストの最適化を開始する方法に関する次のビデオを参照してください。

コスト ガイダンス

次のトピックでは、ワークロード用の Well-Architected Framework を開発する場合のコスト最適化ガイダンスを提供します。

概要については、コスト最適化の柱の概要に関する記事を参照してください。

オペレーショナル エクセレンス

オペレーショナル エクセレンスの対象は、運用環境においてアプリケーションの稼働を維持する運用とプロセスです。 デプロイは、信頼性が高く、予測可能である必要があります。 デプロイを自動化して、人的エラーの可能性を減らします。 高速で定常的なデプロイ プロセスにより、新機能やバグ修正のリリースが遅れることがなくなります。 同じくらい重要なのは、更新プログラムに問題がある場合に、迅速にロールバックまたはロールフォワードする必要があるということです。

詳細については、Azure での DevOps プラクティスへのセキュリティの導入に関する次のビデオを参照してください。

オペレーショナル エクセレンスに関するガイダンス

次のトピックでは、Azure ワークロードの DevOps プラクティスの設計と実装に関するガイダンスを提供します。

概要については、「オペレーショナル エクセレンスの重要な要素の概要」を参照してください。

パフォーマンス効率

パフォーマンス効率とは、ユーザーからの要求に合わせて効率的な方法でワークロードをスケーリングできることです。 パフォーマンス効率を実現するための主な方法には、スケーリングを適切に使用し、スケーリングが組み込まれている PaaS サービスを実装することが含まれます。

詳細については、「パフォーマンス効率: 猛烈な勢い: 迅速かつ信頼性の高い VM デプロイのための最適化」を参照してください。

今後登場するビデオのパフォーマンス効率のサムネイルのスクリーンショット。

パフォーマンス効率に関するガイダンス

次のトピックでは、Azure ワークロードのパフォーマンス効率態勢を設計および改善する方法に関するガイダンスを提供します。

大まかな概要については、「パフォーマンス効率の柱の概要」を参照してください。

次のステップ

各項目の詳細情報