コスト最適化の原則

コスト効果の高いワークロードは、特定の予算内で維持されたまま、ビジネス目標と投資収益率 (ROI) によって決まります。 コスト最適化の原則は、ビジネス目標とコストの根拠を達成するために役立つ一連の重要な考慮事項です。

Azure Well-Architected Framework に含まれている原則を使用してワークロードを評価するには、「Microsoft Azure Well-Architected のレビュー」を参照してください。

コスト制約内で保持

すべての設計の選択はコストに影響します。 サービスのアーキテクチャ パターン、Azure サービス、または価格モデルを選択する前に、会社によって設定された予算制約を検討してください。 設計の一部として、スケール、冗長性、およびコストに対するパフォーマンスの許容範囲を特定します。 初期コストを推定した後、コストを測定するために、様々な範囲で予算とアラートを設定します。 コスト ドライバーの 1 つとして、無制限のリソースがある場合があります。 これらのリソースは通常、需要を満たすためにスケールする必要があり、より多くのコストを消費します。

スケーラブルなコストを目指す

クラウドの主な利点は、動的にスケールできることです。 ワークロード コストは、需要に応じて直線的にスケールする必要があります。 自動スケーリングによってコストを節約することができます。 使用状況メトリックとパフォーマンスを考慮して、インスタンスの数を決定します。 変動の激しいワークロードには小さいインスタンスを選択し、スケールアウトすることで、必要なパフォーマンスレベルを獲得します。 このオプションを選択すると、コストの計算と詳細な見積もりを行うことができます。

従量課金制

所有するインフラストラクチャではなく、リース モデルを採用します。 Azure には、アーキテクチャ全体を簡略化する多くの SaaS および PaaS リソースが用意されています。 価格モデルに含まれるハードウェア、ソフトウェア、開発、運用、セキュリティ、データセンターの領域のコスト。

また、固定価格で従量課金制を選択します。 このように、消費者は、使用した分だけ課金されます。

適切なリソース、適切なサイズ

ビジネス目標に合わせて適切なリソースを選択し、ワークロードのパフォーマンスを処理することができます。 不適切または誤って構成したサービスがコストに影響を与える可能性があります。 たとえば、高可用性または geo 冗長性を必要としないサービス レベルのときに、複数リージョンのサービスを構築すると、業務上の正当な理由がないのにコストが増加します。

特定のインフラストラクチャのリソースは、固定サイズの構成要素として提供されます。 容量の需要に合わせてこれらのブロックが適切にサイズ設定されていることを確認し、リソースを無駄にすることなく期待されるパフォーマンスを実現します。

監視と最適化

特定の時点のアクティビティではなく、プロセスとしてコストの監視と最適化を扱います。 定期的なコスト レビューを実施し、容量のニーズを測定して予測します。これにより、リソースを動的にプロビジョニングし、需要に応じて拡張することができます。 コスト管理の推奨事項を確認し、ワークロード コストを最適化するためのアクションを実行します。 Advisor スコアを使用 して、ワークロードのコスト最適化の最大の機会を特定します。

このプロセスを開始したばかりの場合は、「クラウド導入の取り組みの途中で成功を実現する」を確認してください。