Azure アプリケーションの 10 の設計原則Ten design principles for Azure applications

次の設計原則に従って、アプリケーションのスケーラビリティを上げて、回復力や管理しやすさを強化します。Follow these design principles to make your application more scalable, resilient, and manageable.

自動修復機能を設計しますDesign for self healing. 分散システムでは障害が発生します。In a distributed system, failures happen. 障害の発生に備えてアプリケーションの自動修復機能を設計します。Design your application to be self healing when failures occur.

すべての要素を冗長にしますMake all things redundant. 単一障害点をなくすようにアプリケーションに冗長性を組み込みます。Build redundancy into your application, to avoid having single points of failure.

調整を最小限に抑えますMinimize coordination. アプリケーション サービス間の調整を最小限に抑えてスケーラビリティを実現します。Minimize coordination between application services to achieve scalability.

スケール アウトするように設計します。需要に応じて新規インスタンスを追加または削除して水平方向に拡張できるようにアプリケーションを設計します。Design to scale out. Design your application so that it can scale horizontally, adding or removing new instances as demand requires.

制限に対処するようにパーティション化しますPartition around limits. パーティション分割を使用して、データベース、ネットワーク、コンピューティングの制限に対処します。Use partitioning to work around database, network, and compute limits.

操作に合わせて設計しますDesign for operations. 運用チームが必要なツールを得られるようにアプリケーションを設計します。Design your application so that the operations team has the tools they need.

管理対象サービスを使用しますUse managed services. 可能であればサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) ではなくサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) を使用します。When possible, use platform as a service (PaaS) rather than infrastructure as a service (IaaS).

ジョブに最適なデータ ストアを使用しますUse the best data store for the job. データに最適なストレージ技術とその使用方法を選択します。Pick the storage technology that is the best fit for your data and how it will be used.

展開を見込んで設計しますDesign for evolution. 成功するすべてのアプリケーションは時間の経過と共に変化します。All successful applications change over time. 展開を見込んだ設計は継続的な技術革新のキーです。An evolutionary design is key for continuous innovation.

ビジネスのニーズに合わせて構築しますBuild for the needs of business. 設計の決定はすべてビジネス要件によって正当化される必要があります。Every design decision must be justified by a business requirement.