Mixed Reality による設計レビュー

Azure Active Directory
Blob Storage
Cosmos DB
Spatial Anchors

ソリューションのアイデア Solution Idea

さらなる情報、実装の詳細、価格ガイダンス、コード例を追加してこの記事を拡張することをお望みの場合は、GitHub のフィードバックでご連絡ください。If you'd like to see us expand this article with more information, implementation details, pricing guidance, or code examples, let us know with GitHub Feedback!

さまざまな業界のビジネスおよびチームは、設計レビューに時間と費用を費やす必要があります。Businesses and teams across industries have to spend time and money on design reviews. 2D イメージでは、重要な詳細とコンテキストが失われ、物理プロトタイプは非常にコストが高くなります。2D images lose essential detail and context, and physical prototypes are extremely expensive. このような複合現実シナリオでは、クライアント、デザイナー、およびオンサイト エンジニアは、環境に応じて、設計を 3D ホログラムとして簡単に共有してレビューし、設計上の決定を促進し、市場投入までの時間を短縮することができます。With this mixed reality scenario, clients, designers, and onsite engineers can easily share and review designs as 3D holograms in the context of their environment, accelerating design decisions and reducing time to market.

ArchitectureArchitecture

アーキテクチャ図 このアーキテクチャの SVG をダウンロードしてください。Architecture diagram Download an SVG of this architecture.

Data FlowData Flow

  1. クライアント アプリケーションのユーザーは、HoloLens またはモバイルデバイスからの Azure Active Directory 資格情報を使用して認証を行います。Users of the client application authenticate using their Azure Active Directory credentials from HoloLens or a mobile device.
  2. デバイス 1 は、Azure Spatial Anchors を使用してアンカーを作成し、アンカー ID を取得します。Device 1 creates an anchor using Azure Spatial Anchors and gets back an anchor ID.
  3. デバイス 1 は、アプリの Web サービスにアンカー ID を送信して、コラボレーション セッションを作成します。Device 1 sends the anchor ID to the app's web service to create a collaboration session. また、 ID を使用して Azure BLOB ストレージで表示するホログラムを指定します。It also specifies which hologram is to be displayed via its ID in Azure Blob storage.
  4. セッションに参加するための 6 桁のコードを含むセッション情報は Azure Cosmos DB に格納されます。Session information, including a 6-digit code to join the session, is stored in Azure Cosmos DB. そのコードがクライアントに返されると、そのデバイスのユーザーが他のユーザーを招待し参加できるようにすることができます。That code is returned to the client, allowing the user of that device to invite others to join.
  5. デバイス 2 はアプリの Web サービスに接続し、セッションに参加するためのコードを入力します (デバイス 1 に表示されます)。Device 2 connects to the app's web service and enters the code to join the session (displayed on Device 1).
  6. Web サービスは、セッションのアンカー ID と、そのセッションに関連付けられているホログラムの ID を Azure Cosmos DB から取得します。The web service retrieves the anchor ID for the session and the ID of the hologram associated to that session from Azure Cosmos DB.
  7. Web サービスは、BLOB ストレージからセッションに関連付けられているホログラムにアクセスするための SAS キーを取得します。The web service retrieves a SAS key to access the hologram associated to the session from Blob storage. 次に、アンカー ID と SAS キーをデバイス 2 に返します。It then returns the anchor ID and SAS key to Device 2.
  8. デバイス 2 は、手順 6 で取得したアンカー ID の座標を取得するために Azure Spatial Anchors を照会します。Device 2 queries Azure Spatial Anchors to get coordinates for the anchor ID retrieved in step 6.
  9. デバイス 2 は、App Service から取得した SAS キーを使用して、BLOB ストレージからホログラムをフェッチします。Device 2 fetches the hologram from Blob storage using the SAS key obtained from the app service.
  10. デバイス 1 とデバイス 2 は、ピアツーピアネットワークチャネル (または任意のサービス リレー) を介して状態情報を交換します。Device 1 and Device 2 exchange state information over a peer-to-peer networking channel (or through a service relay of your choice).

ComponentsComponents

  • Azure Active Directory: オンプレミスのディレクトリを同期してシングル サインオンを可能にAzure Active Directory: Synchronize on-premises directories and enable single sign-on
  • BLOB ストレージ:非構造化データ対応の REST ベースのオブジェクト ストレージBlob Storage: REST-based object storage for unstructured data
  • Azure Cosmos DB:あらゆるスケールに対応するグローバル分散型のマルチモデル データベースAzure Cosmos DB: Globally distributed, multi-model database for any scale

次のステップNext steps