Enterprise Productivity Chatbot

Azure Active Directory
ボット サービス
Cognitive Services
Language Understanding
Monitor

ソリューションのアイデア Solution Idea

さらなる情報、実装の詳細、価格ガイダンス、コード例を追加してこの記事を拡張することをお望みの場合は、GitHub のフィードバックでご連絡ください。If you'd like to see us expand this article with more information, implementation details, pricing guidance, or code examples, let us know with GitHub Feedback!

Azure Bot Service を Language Understanding と簡単に組み合わせて強力なエンタープライズ生産性ボットを構築できます。これにより、組織は Microsoft 365 カレンダーや Dynamics CRM に格納されているカスタマー ケースなどの外部システムを統合することにより、一般的な作業活動を効率化することができます。Azure Bot Service can be easily combined with Language Understanding to build powerful enterprise productivity bots, allowing organizations to streamline common work activities by integrating external systems, such as Microsoft 365 calendar, customer cases stored in Dynamics CRM and much more.

アーキテクチャArchitecture

アーキテクチャ図 このアーキテクチャの SVG をダウンロードしてください。Architecture Diagram Download an SVG of this architecture.

Data FlowData Flow

  1. 従業員が Enterprise Productivity ボットにアクセスします。An employee accesses the Enterprise Productivity Bot.
  2. Azure Active Directory が従業員の ID を確認します。Azure Active Directory validates the employee's identity.
  3. ボットは、Microsoft Graph を介して従業員の Microsoft 365 カレンダーに対してクエリを実行することができますThe Bot is able to query the employee's Microsoft 365 calendar via the Microsoft Graph.
  4. カレンダーから収集したデータを使用して、ボットが Dynamics CRM 内の案件情報にアクセスします。Using data gathered from the calendar, the Bot accessrd case information in Dynamics CRM.
  5. 従業員に情報が返され、その従業員はボットから離れずにデータを絞り込むことができます。Information is returned to the employee, who can filter down the data without leaving the Bot.
  6. Application Insights がランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用状況の情報によって開発を支援します。Application Insights gathers runtime telemetry, to help the development with Bot performance and usage.

コンポーネントComponents

このアーキテクチャの実装に使用される主要テクノロジ:Key technologies used to implement this architecture:

次のステップNext Steps

完全にデプロイ可能なアーキテクチャ:Fully deployable architectures: