ハイブリッド接続

Azure Stack Hub
Virtual Machines
Virtual Network
VPN Gateway

ソリューションのアイデア

この記事にさらに多くの情報 (想定されるユース ケース、代替サービス、実装に関する考慮事項、価格ガイダンスなど) の掲載をご希望の方は、GitHub のフィードバックでお知らせください。

Azure Stack Hub を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイできます。

ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack Hub のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。 このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack Hub のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続の確立に関連しています。 ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack Hub ソリューションに適用できる基本的なブループリントです。

注:これは、パブリックなインターネットから切断されている Azure Stack Hub デプロイには適用されません。

Architecture

アーキテクチャ図 このアーキテクチャの SVG をダウンロードしてください。

Data Flow

  1. Azure と Azure Stack Hub に仮想ネットワークをデプロイします。
  2. Azure と Azure Stack Hub に仮想ネットワーク ゲートウェイをデプロイします。
  3. 各仮想ネットワークに仮想マシンをデプロイします。
  4. ネットワーク ゲートウェイ間にパブリック インターネット経由の VPN 接続を確立します。

Components

  • [仮想ネットワーク]: プライベート ネットワークをプロビジョニングし、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続します。
  • [仮想ネットワーク ゲートウェイ]: 仮想プライベート ネットワーク ゲートウェイである VPN Gateway を構成する方法について説明します。
  • Virtual Machines:Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニングします。
  • Azure Stack Hub は、Azure サービスをオンプレミスで使うことができるハイブリッド クラウド プラットフォームです。

次のステップ