ハイブリッド ID

Azure Active Directory
Azure Stack Hub
Virtual Machines

ソリューションのアイデア

この記事にさらに多くの情報 (想定されるユース ケース、代替サービス、実装に関する考慮事項、価格ガイダンスなど) の掲載をご希望の方は、GitHub のフィードバックでお知らせください。

アプリケーション コンポーネントをオンプレミスで保持する必要があることが、必ずしもクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。 Azure Stack Hub では、アプリのコンポーネントをオンプレミスに配置したまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントと対話できます。 このブループリントを使用すると、チームはクラウド間で一貫性のある方法でユーザーとアプリケーションの ID を管理できます。

Architecture

アーキテクチャ図 このアーキテクチャの SVG をダウンロードしてください。

Data Flow

  1. Azure Active Directory テナントを設定します。
  2. ユーザーを作成します。
  3. Azure と Azure Stack Hub にアプリケーション リソースをデプロイ、管理、運用します。
  4. サービス プリンシパルを作成します。
  5. サービス プリンシパルを使用してデプロイします。
  6. アプリケーション リソースがネットワーク経由で通信できるようになります。

コンポーネント

  • Azure Stack Hub は、Azure サービスをオンプレミスで使うことができるハイブリッド クラウド プラットフォームです。
  • Virtual Machines:Windows および Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニングします。
  • ディレクトリを同期し、Azure Active Directory (Azure AD) によるシングル サインオンを有効にする方法について説明します。

次のステップ