基幹業務拡張機能

Data Factory
関数
SQL Database
Power Apps
Power BI

ソリューションのアイデア

さらなる情報、実装の詳細、価格ガイダンス、コード例を追加してこの記事を拡張することをお望みの場合は、GitHub のフィードバックでご連絡ください。

概要

この例では、新しいプロセスをサポートできないレガシ システムを最新化し、より優れたユーザー エクスペリエンスを提供する方法を示します。 すぐに使えるコネクタまたはカスタム コネクタを使用すると、プロセスの自動化を簡素化し、サード パーティのデータ ソースやレガシ システムに接続できます。 Azure Functions でスケジュールに基づいて計算をスケジュールすることで、ビジネス プロセスを簡素化できます。 Power Apps を使用してデータを処理し、標準のエクスポートによってサード パーティとデータを共有できます。

アーキテクチャ

アーキテクチャの図

Data Flow

このソリューションのデータ フローは次のとおりです。

  1. CDS に保存されている仕入先データは、Data Factory を介して SQL に移動されます。
  2. ERP システムに保存されている注文書 (PO) データは、Azure SQL Database に送信されます。
  3. Azure Functions は、API を使用して PO データを月単位で表示し、ユーザーが確認するためのタスクを作成します。
  4. Power Apps は、API を介して Azure SQL Database からデータを取得します。
  5. ユーザーは Power Apps で PO を確認して更新し、CSV エクスポートによってこのデータを仕入先に送ります。
  6. Power BI は、仕入先の状態の傾向を報告します。

コンポーネント

複数の Azure コンポーネントを使用して、これらの異なるデータ ソースからデータが読み込まれます。

  • Power Apps: プロセスを最新化し、困難な課題を解決するローコード アプリをすばやく構築して、組織全体の俊敏性を高めます。
  • Azure Functions:サーバーレス コンピューティングにより、アプリケーション開発を迅速化および簡素化します。
  • Azure API Management: あらゆる環境にわたる、API のハイブリッド、マルチクラウド管理プラットフォームです。
  • Azure SQL Database:クラウドで管理されたインテリジェントな SQL を使用して、ビジネスのペースに合わせてスケーリングするアプリを構築します。
  • Azure Data Factory: 大規模な ETL を簡素化するハイブリッド データ統合サービスです。
  • Power BI: データを分析し、分析情報を共有するための一連のビジネス分析ツールです。 Power BI を使用して、Analysis Services に格納されているセマンティック モデルに対してクエリを実行することも、Azure Synapse に対して直接クエリを実行することもできます。

次の手順