Azure での Oracle Database の実行

Load Balancer
Application Gateway

ソリューションのアイデア

この記事にさらに多くの情報 (想定されるユース ケース、代替サービス、実装に関する考慮事項、価格ガイダンスなど) の掲載をご希望の方は、GitHub のフィードバックでお知らせください。

このソリューション アーキテクチャは、Azure で Oracle Database Enterprise Edition の高可用性を実現するための標準的なアーキテクチャを示しています。 フロントエンドおよび中間層の高可用性は、Azure Load Balancer または Application Gateway を使用して実現できます。 データベース層における 99.99% の稼働時間の可用性は、Azure Availability Zones と Oracle Active DataGuard の組み合わせを FSFO と共に使用することで実現できます。 可用性の向上やディザスター リカバリーのために、異なる Azure リージョンに別のデータベース VM をデプロイすることを検討し、頻繁に RMAN バックアップをスケジュールしてください。

アーキテクチャ

アーキテクチャ図 このアーキテクチャの SVG をダウンロードしてください。

Data Flow

  1. クライアント システムが、Web 経由で Oracle DB バックエンドを使用してカスタム アプリケーションにアクセスします。
  2. Web フロント エンドは、ロードバランサーで構成されます。
  3. Web フロント エンドが、作業を処理するために適切なアプリケーション サーバーを呼び出します。
  4. アプリケーション サーバーが、プライマリ Oracle Database にクエリを実行します。
  5. Oracle Database は、パフォーマンスと可用性を確保するために、複数の Premium ストレージ ベースの Managed Disks を備えたハイパースレッド化された仮想マシンを使用して構成されています。
  6. Oracle データベースが、HA と DR の目的で Oracle DataGuard (または Active DataGuard) または Oracle GoldenGate を使用してレプリケートされます。
  7. Oracle データベースは、Oracle Enterprise Manager によって稼働時間とパフォーマンスが監視されます。 OEM では、パフォーマンスおよび使用状況の各種レポートを生成することもできます。